お題:夜の作品 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1387字

夜空の表情
なんだか寝付けない夜。誰しもそんな夜を経験したことがあると思う。
今日の俺がその一人だ。

そんな夜には部屋の隅からある物を取り出すのが俺の習慣になっている。
あれだ、いわゆる入眠儀式とか言うやつだ。

俺は部屋の隅からその望遠鏡を取り出して窓辺に設置する。

自分で買った物じゃない。かといって誰かに買って貰った物でもない。
小学生のころ、某通信教育教材のご褒美に送られてきた物だった。

あれから何年経っただろうか。この望遠鏡もずいぶんと色が褪せてきた。

こんな季節に窓を開けたものだから冷たい風が入り込んでくる。
俺はたまらずにベッドから毛布を剥ぎ取って自分の肩から羽織る。

あーこれは明日の朝、身体の痛みを感じながら床で目を覚ますんだろうな。
と自分の中でハッキリと予想がつく。いつものお決まりなんだ。

毛布をかぶってまるで蓑虫の様になりながらも望遠鏡を覗き込む。
今日の夜空は一体どんな|表情<かお>をしているのだろうか。

「あっ」

呆気にとられる。という表現が適切だろうか。覗いたその先にあったのは、
その名の通り、真っ赤に燃えているかのような|惑星<ほし>。火星それが目の前に現れたのだ。

こんな偶然があるのだろうか。たしか火星が地球に接近するのは二十六ヶ月に一度。つまりは二年二ヶ月に一度。それが偶然寝付けない夜の俺の部屋の窓の目の前、望遠鏡を設置したその先にあった。

いや、常識的に考えてこんな偶然があるわけがない。つまりはこういうことだ。今の状況が偶然ではなく『火星がそこに在ったから、俺が寝付けなかったんだ』。

「……ったく、俺はお星さまほど暇人じゃねーんだけどな」

なんて、俺の事を起こしてくれやがった火星に悪態をつく。
なんたって俺は忙しいんだ。
期末試験は終わったものの、年末年始の長期休暇はバイトの書き入れ時だ。
明日の終業式は……まぁ寝ていればいいが、その後に校舎裏に呼び出されている。
相手が男ならエロ本を用意しておくか、ぶん殴ってやればいいから簡単だったんだが。
そうじゃないから、どうすればいいのか俺には皆目見当がつかない。

「どーしたらいいと思います?ヴィーナスさん」

いや、違うな。火星はマーズだ。ヴィーナスは他の惑星だ。
星空に語りかけるなんて、俺はなんてロマンチストなんだ。
こんなところ例のお相手に見られたらドン引きされること請け合いだ。
なんて考えてしまったからだろうか、見上げた夜空の視界よりはるか下方。
家の前の道路から聞きなれた声が聞こえた。

「あ、せんぱーい!なにしてるんですか?」

噂をすれば影。なんでこんな時間に?と思いここで俺は初めて時計を確認した。
現在時刻、十字過ぎ。最近学習塾に通い始めた近所の彼女がちょうど帰ってくる頃合いだった。
通りで眠れない訳だ。火星なんて全く何の関係もなかった。
無視するのも何なので、ちゃんと答えを返してやる。

「火星を見てたんだ。きれいだぞ」
「ホントですか!見てみたいです!」
「だめだだめだ。もう夜中だぞ、帰れ」
「えへへぇ。ご心配感謝です!」

なんてそんな風に呑気に笑う彼女の笑顔が脳味噌に融けていく。
そんな|表情<かお>をされたら、冬の夜空みたいに冷え切ってた俺の気持ちだって
元旦の日の出みたいな温かさを感じてしまうものなんだ。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ひぐ お題:夜の作品 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:746字
なかよウプラとロレンシオはある冬の日に家出をした。 ふたりで手をつないで、落ちてくる氷柱をきゃあきゃあ言いながら避けて雪の森へ一直線に駆けていき、そして消えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:11011式 お題:夜の作品 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:824字
真夜中にランプを灯しながら小説を書いていたが、途中でインクが無くなってしまった。予備のインクは残っていなかった。 私は窓を開いた。暗闇の世界に、白い光がポツポ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:阿修羅罰 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1021字
ある小さな国に、今日この日まで何人も何人も人を殺した男がいた。その数は三百と六十四。その神をも恐れぬ所業に、誰もが恐れ、おののいた。 男は、人を○すたびに金品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よしづきゆうら お題:凛とした傑作 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:900字
ひとくみのわかいカップルと、老年に差しかかった男性がテーブルをかこんでいる。高層階に位置するレストランの窓のそとは、無数の光でみちた都市の夜景だ。 オードブル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鶴川 お題:やば、事故 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:178 人 文字数:657字
君と僕の流れる時間は違うけれど、似ている。しかし、所詮は似て非なるものに過ぎない。二番目の彼女を僕はいつも見ていたいと思う。けれども三番目の君が間に入るものだか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:木原裕樹 お題:謎の音 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:168 人 文字数:465字
わたしの家の真向かいには、さなえさんという身体と顔の不格好な赤ちゃんがいます。けらけらと笑う気持ちの悪い赤ちゃんです。 わたしは、さなえさんのお母さんが好きで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いず お題:かたい夏休み 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:1436字
8月31日という日は、大昔はかなり忙しい日だったらしい。 古いマンガや小説で見ただけで詳しくは知らないけれど、特に私くらいの年齢の少年少女がこの日に泣きながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七塚圭 お題:オレだよオレ、消費者金融 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:257 人 文字数:798字
ある日、怒号とともに目が覚めた。もうその日が夏だったか、冬だったかも覚えていない。あれからどれだけの時間が経ったのだろう。 逃げた。逃げに逃げた。最低限の荷物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい第三極 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:233 人 文字数:668字
今は遥か昔、人類は汚染された地球からの脱出を試みた。向かう先は火星。同じ太陽系に属するこの星で、新たな歴史を築くため。選ばれた人類は新たな星へと旅立った。・・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忍冬 お題:恐ろしい第三極 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:235 人 文字数:1065字
地球での生命活動が困難になった人類は、次なる母星を火星に定めた。ど偉い学者が、人類が火星で生きる術を考え出したのだ。そのため、昔は荒野そのものであった火星は、 〈続きを読む〉

すなふじちゃんの即興 小説


ユーザーアイコン
美しい奥さん ※未完
作者:すなふじちゃん お題:人妻の戦争 必須要素:夏目漱石 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1107字
うちのアパートの隣の部屋には若い夫婦が住んでいるようだ。外で会うたびに、隣の奥さんは僕とあいさつを交わす。清楚な印象ですれ違うと柔らかな香りがする「うん、おはよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すなふじちゃん お題:夜の作品 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1387字
なんだか寝付けない夜。誰しもそんな夜を経験したことがあると思う。今日の俺がその一人だ。そんな夜には部屋の隅からある物を取り出すのが俺の習慣になっている。あれだ、 〈続きを読む〉