お題:突然の命日 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1379字

人間らしく
 数カ月前、国際連合が全世界に向けて一つの宣告をした。
 半年後、宇宙より飛来する巨大な隕石によって、地球は致命的なダメージを被り、崩壊する。

 初めの内はノストラダムスの大予言のような世迷言であると、誰もが思っていたが、日を経るにつれ、有識者の焦りが如実となるようなニュースが増え、皆が皆、確信に至った。
 犯罪の増加に、インフラの崩壊。文明人が積み上げてきた社会制度も、全人類の余命宣告を前にしては脆くも崩れ去った。

 都市部が見るに堪えない惨状と化す一方で、地方では、場所によって有志が慎ましやかながらも生活基盤を維持し、制度ではなく風習を守り、静かながらに暮らし始めた。
 俺もそんな静かな地方で緩やかに命日を待つ人間の一人だ。

 俺が住む地域は日本円が使える。今の時世では非常に驚くべきことで、場所によってはコンビニも稼働しているし、国連の宣告前と殆ど変わらない生活も可能だ。
 それもひとえに、死ぬ最後の瞬間まで、いつも通りの日常を過ごしたいと願い、今以てその願いの実現に向け行動をしている人達のお陰だ。

 俺はどうしても普段通り過ごすというのが時間の空費ではないかとしか思えなくなり、勤め先の会社を辞めたため、そういった人たちに対して憧憬の感情すら抱く。
 かといって、何か空費と思わぬような物事をしているのかと言われればそうではなかったが。

 そんなある日のこと、食料品を買いに行くため、俺は近くで稼働しているマーケットへ向かった。
 日持ちする食料をかごに突っ込み、レジへ向かう。女性店員にかごを渡し、自分の財布を確認していると、近くに死んでしまうということが嘘のように感じられた。
 ふと、レジ打ちをする店員と目が合った。見た目は宣告前と何らいつもと変わらぬ調子である。

 「なぜ働いているのですか?」

 しまったと思った。本来であれば聞く気のない質問だった。自分の意思に反して、口から零れ落ちたかのようで俺は慌てて

 「いえ、何でもないです」

 と体裁を繕う。
 宣告前では単なる不躾な質問だっただろうが、今の時世あってはそれも違った意味を持つ。
 静かな湖畔に、いたずらに波を立てるような真似はする気がなかった。

 しかしながら女性は作業の手を止め、俺の顔を見て朗らかに笑うと、こう答えた。

 「最期まで人間らしく居たいのです」

 淀みない言葉だったので、もしかすると幾度となく訪ねられたのかもしれない。
 その言葉を聞いたとき、ふと、自分の中で何か腹が据わったような心持がした。

 「人間らしく、ですか」

 言葉を繰り返したのは女性と話を続けたかったというよりも、自分の中で確認をしたかったからだ。
 人間らしく。人間らしく。心の中で幾度もそれを反芻する。

 「ええ」

 俺の様子を見て、女性はやはり柔らかに笑みを浮かべた。

 次の日、俺は久しぶりにスーツへと袖を通し、会社に向かった。
 誰も居ないだろうなという思いに反して、会社には常と変わらぬ面々がいた。

 「おう、久しぶり」

 デスクに座っていた同僚が片手を挙げて微笑んでいる。 

 「何しに来たんだ?」

 底意地悪くにやにやと訪ねてくる同僚に、そういえばこういう奴だったと思い出し、自然に俺も笑う。

 「人間らしくしに来たんだ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:安全な夢 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1602字
私はどうにも夢見が良い方らしい。生まれてこの方、不安になる夢をみたことがない。みたことがないからそもそも不安な夢というのがどのような物かもわからない。夢見が悪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:わみさん お題:3月の冤罪 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1778字
「ヤバイ・・・このままだと間に合わないぞ。」一度は定時に会社を出たが、忘れ物を取りに戻ると部下に泣き付かれ作業を手伝う羽目になった。それが終わって駅へ向かうと今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:もしかして人体 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2486字
レミには他の人とは違った特技を持っていた――特技、というより、人智から飛び出した異能に近いんだけど。 それは、想いの方向を知ることができるってこと。今誰が、誰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:悔しいクリスマス 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1776字
雪が、風になびきながらもゆっくりと私の肩に落ちる。そればかりを見ていた。肩の向こうの視界には忙しない人々の歩行がある。一人なら、家に帰るんだろう。二人なら…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:コーヒーと大雪 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1422字
12月の初旬。私は窓を全開にして、扇風機の風に当たりながら自家製のコーヒーを一口含んだ後、これまたチョコチップクッキーをかじっているとテレビのニュースがこう伝 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:悲観的なエリート 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1503字
今月はここでじっと身を潜めていよう。彼はゆっくりと誰にも気づかれないように腰を下ろした。彼の思ったとおりには行かず地面は少し響き、しかし幸運にも何者かがやって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霜月 青鈍 お題:昼のコンサルタント 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:721字
最後のひとつの濁りを取り除いた私は椅子に深くもたれかかり、商品を曇らせないよう止めていた息を大きく吐いた。 デスクの上にはやっと一円玉ほどの大きさになった透明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:走る血 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:886字
どろどろした液体が、ゆっくりと地を流れている。赤黒く、鉄臭い、――血だ。血が、地を流れている。あまりのくだらなさに内心失笑したが、体はぴくりとも反応しなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:求めていたのは地獄 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1192字
私が住む小さな町ではある問題を抱えていた。野良猫問題である。 最近逃げ出したのかあるいは元々住み着いていたのか定かではないが、十数匹ほどが徘徊しているようだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おゆみ お題:僕と就職 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1081字
こんな夜もあるのねおなかがすいてるのに食べたくないの今日はこっちは星が見えないの重苦しい色の雲が広がってるもの明日はきっと雨が降るわ風もほら、強くふいてるここは 〈続きを読む〉

ppw21の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:僕が愛した宴 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:708字
時折吹き抜ける風が周囲の木々を騒めかせ、煌々と光を放つ熾を爆ぜさせる。 パチリと飛んだ火花が顔の表皮をさらっては熱さを残して消えていく。 「俺さ」 揺蕩う火の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:来年のダンス 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:899字
「俺さ、ダンス苦手なんだよ」 意を決して放った一言に、きょとんと眼を丸くして、それからトニーは鼻で笑った。「あー、いいかマイク。お前には、そのー、ショッキングな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たこやき ※未完
作者:ppw21 お題:暗い哀れみ 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1006字
今以て立ち返るに、僕は所謂「デキる」人間ではなかったと思います。 素行こそは真面目でしたが、学校の成績はどのような時でも学年の中頃で収まるくらいで、運動に至っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:突然の命日 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1379字
数カ月前、国際連合が全世界に向けて一つの宣告をした。 半年後、宇宙より飛来する巨大な隕石によって、地球は致命的なダメージを被り、崩壊する。 初めの内はノストラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:ロシア式の悪 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:1100字
「友よ、ロシア式の悪とはなんだ?」 友人の唐突な質問に俺は図らずも片眉を上げる。 いつものことながら何かにつけ、不躾な奴なのだ。 ついこの間も、弁当の中に入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:意外!それはバラン 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:862字
「こんなはずれに呼びつけて、何用だ? バラン」 クロコダインはぐるりと辺りを見渡す。人里どころか草木の一本も生えていない岩肌の見える荒地だ。 本来であればこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:寒い諦め 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:626字
冬が近づいてくると、俺は決まってあることをする。 ふと、寒いなと感じたときに空に向かって息を吐くのだ。白くなればそれなりに寒くて、白くならなければまあまあ寒い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
所天 ※未完
作者:ppw21 お題:意外なところてん 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:876字
ダイニナカ島に住む島民は少し変わっている。 小さな顔に大きな目をしていて、目には鋭い瞳孔がある。ピンと先の尖った両耳に、お尻からはにょろりと尾が伸びる。 手に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:漆黒の闇に包まれし団欒 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:486字
「随分なところまで来ちゃったな」 どこか疲れたような調子を伴う明の声に、悠里は頷いた。「そうだね」 熾の多くなった焚火を眺めて、思い立ったように悠里は腰を上げる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:悔しい野球 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:834字
私には父親がいない。理由は分からない。 物心がついた頃には父が居なかった。所在をわざわざ母に訪ねるほどの度胸や神経もなかった。 故に今後もなぜ父がいないのか、 〈続きを読む〉