お題:突然の命日 制限時間:1時間 読者:75 人 文字数:1379字

人間らしく
 数カ月前、国際連合が全世界に向けて一つの宣告をした。
 半年後、宇宙より飛来する巨大な隕石によって、地球は致命的なダメージを被り、崩壊する。

 初めの内はノストラダムスの大予言のような世迷言であると、誰もが思っていたが、日を経るにつれ、有識者の焦りが如実となるようなニュースが増え、皆が皆、確信に至った。
 犯罪の増加に、インフラの崩壊。文明人が積み上げてきた社会制度も、全人類の余命宣告を前にしては脆くも崩れ去った。

 都市部が見るに堪えない惨状と化す一方で、地方では、場所によって有志が慎ましやかながらも生活基盤を維持し、制度ではなく風習を守り、静かながらに暮らし始めた。
 俺もそんな静かな地方で緩やかに命日を待つ人間の一人だ。

 俺が住む地域は日本円が使える。今の時世では非常に驚くべきことで、場所によってはコンビニも稼働しているし、国連の宣告前と殆ど変わらない生活も可能だ。
 それもひとえに、死ぬ最後の瞬間まで、いつも通りの日常を過ごしたいと願い、今以てその願いの実現に向け行動をしている人達のお陰だ。

 俺はどうしても普段通り過ごすというのが時間の空費ではないかとしか思えなくなり、勤め先の会社を辞めたため、そういった人たちに対して憧憬の感情すら抱く。
 かといって、何か空費と思わぬような物事をしているのかと言われればそうではなかったが。

 そんなある日のこと、食料品を買いに行くため、俺は近くで稼働しているマーケットへ向かった。
 日持ちする食料をかごに突っ込み、レジへ向かう。女性店員にかごを渡し、自分の財布を確認していると、近くに死んでしまうということが嘘のように感じられた。
 ふと、レジ打ちをする店員と目が合った。見た目は宣告前と何らいつもと変わらぬ調子である。

 「なぜ働いているのですか?」

 しまったと思った。本来であれば聞く気のない質問だった。自分の意思に反して、口から零れ落ちたかのようで俺は慌てて

 「いえ、何でもないです」

 と体裁を繕う。
 宣告前では単なる不躾な質問だっただろうが、今の時世あってはそれも違った意味を持つ。
 静かな湖畔に、いたずらに波を立てるような真似はする気がなかった。

 しかしながら女性は作業の手を止め、俺の顔を見て朗らかに笑うと、こう答えた。

 「最期まで人間らしく居たいのです」

 淀みない言葉だったので、もしかすると幾度となく訪ねられたのかもしれない。
 その言葉を聞いたとき、ふと、自分の中で何か腹が据わったような心持がした。

 「人間らしく、ですか」

 言葉を繰り返したのは女性と話を続けたかったというよりも、自分の中で確認をしたかったからだ。
 人間らしく。人間らしく。心の中で幾度もそれを反芻する。

 「ええ」

 俺の様子を見て、女性はやはり柔らかに笑みを浮かべた。

 次の日、俺は久しぶりにスーツへと袖を通し、会社に向かった。
 誰も居ないだろうなという思いに反して、会社には常と変わらぬ面々がいた。

 「おう、久しぶり」

 デスクに座っていた同僚が片手を挙げて微笑んでいる。 

 「何しに来たんだ?」

 底意地悪くにやにやと訪ねてくる同僚に、そういえばこういう奴だったと思い出し、自然に俺も笑う。

 「人間らしくしに来たんだ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:茶色いあそこ 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1982字
「ここか、スズキいい家住んでんなあ」 そう言ってヤマダが見上げた先には洋館というに相応しい趣がある家があった。特に目を惹くのはバルコニーだ。家から大きく乗り出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タイムラグ ※未完
作者:akari お題:漆黒の闇に包まれしアルパカ 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:584字
「あなたほどの人がなぜ堕ちた!」「これが本来の私だ。君たちのやり方は手ぬるいと始めから思っていたのだよ!」 目の前で繰り広げられる三文芝居。パンフレットによると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
gg ※未完
作者:匿名さん お題:僕の別居 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:4字

ユーザーアイコン
作者:akari お題:官能的な消しゴム 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:566字
とりあえず、今日あった出来事を徒に綴ることにする。 『朝起きると、目覚ましが始業三十分前を指し示していた。 慌てて飛び起きて着替えるも、裏表逆でやり直し。朝食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー お題:1000の天国 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2859字
目を閉じていた。たぶん眠っていたのだろう。意識がぼんやりと頭をもたげる。何かあたたかさを感じて、自分はそれを心地よい、と思った。そこではた、と目を開けた。「なあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
組み立てる ※未完
作者:藍沢凪 お題:暑い父 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1596字
都心部を離れると途端に街の明かりが乏しくなるものだけれど、俺たちが車を走らせているところに至っては街灯なんて一つも見当たらない。車のヘッドライトだけが闇夜を切り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ノンストップ ※未完
作者:akari お題:恋の挫折 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1049字
曇天のベンチは人気がない。よって、ハンモック代わりにしても誰からも怒られない。 その事実にいち早く気づいた俺は、部室からこの公園へ居場所を移した。今は梅雨時。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小さな、と彼女は言った 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:336字
(一瞬だ・・一瞬だから大丈夫なはずだ、痛くない・・・痛くない!)『痛くなかったな』これでもう不老不死になれたのか?まぁいいだろう、たった1億円で不老不死になれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い友人 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:605字
鋭い友人今日は君たちに僕の友人を紹介しようと思う。彼女とは、僕が十四の時の時からの付き合いになるんだけれども、僕と彼女との関係は、他の誰も知らないんだ。…という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:君の女 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1584字
タナカは極小のカメラをノートパソコンに接続し、パソコンの映像を大きなTVで映そうとしていた。広いリビングに似つかわしい大きなTV。それにはパソコンの画面が映っ 〈続きを読む〉

ppw21の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:昼の病気 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:505字
朝はいけない。前夜の疲れか、日ごろの不摂生故か。やたら目が乾き、頭は年越し前に坊主が叩く鐘のような音が鳴る。 夜もよくない。一日の疲れがどっと出るようで、瞼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:哀れな時雨 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1041字
空は白々とした布が掛かっているかのようだった。透けて、日光の鈍い輝きが、申し訳程度に差し込んでいる。「どっちつかずだなあ」降りそうでもあり、降らなそうでもある。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:素晴らしい唇 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1688字
空模様は鉛を通り越して鉄のようだった。黒々とした雲からはしとどに雨が降り注ぎ、白い天幕を打って大きな音を立てている。往来を行く人々は傘を差すものもいれば、突然の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:正しい魔物 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:755字
実にあっけない。 最期に思ったのはそんなことだった。 勉学に勤しみ、友と遊び、部活に励んだこの人生も、一度車に跳ねられただけで根こそぎ奪い取られてしまう物なの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:鳥の性格 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:716字
「お前は酉年だから、三歩あるっちまうとコケッ!っと忘れちまうんだな」 忘れもしない小学校の三年生の三時限目さんすうの時間。その終わりに僕はこんなことを担任から言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:信用のない流刑地 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:786字
返却されたテストは赤かった。 丸で囲まれた回答は片手で数えるに足りて、チェックされた回答は両手で数えるに足らない。 海外ではチェックが正解の意味になる場所もあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:去年の帰り道 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:669字
最近は自転車で通勤するようになった。 下を向くと、日毎にお腹の面積が増しているような気がしたからだ。 自転車に乗るようになってからは均衡を保っている。内臓脂肪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:混沌のサッカー 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1473字
石を積んでいる。 滔々と流れる川の岸で薄く平たい石を集めて。 石を積む。 なぜそうしているのか、なぜそうしなければならないのか。 これを始める前に説明されたよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:去年の第三極 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:739字
父と母の喧嘩は絶えたためしがない。少なくとも物心が付いてから今までの間に、俺はあの二人が穏やかな会話をしている光景を見たことが無い。 険悪というと少し違うが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:殺された洞窟 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:940字
街を外れて山道に折入った先に洞窟がある。名は知らないが見たことはある草木で生い茂り、ぱっと見た限りではそうだと気付かない。 けれど、街に住む小学生くらいの年代 〈続きを読む〉