お題:不本意な道 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:705字

交差点
(#96)

 男は走っていた。
 息を切らして、喉はカラカラで燃えるように熱い。
 もう走ることをやめて、このまま倒れ込んでしまいたい。
 けれど、それは男にとって死を意味する。
 後ろを振り返る余裕もなく、ひたすら前だけを見据えて男は走り続けていた。
 いつか理想郷に辿り着けるのだと信じて。

 女は歩いていた。
 うつむき加減で、後ろ向きに移動していた。
 見えているのは自分の足元ばかりで、だから一歩を踏み出すのがとても怖かった。
 自然と歩幅は狭くなり、どれだけ時間が過ぎても彼女のテリトリーは殆ど広がらない。
 けれど、女はそれで良かった。
 自分だけの世界にこもっている方が心地よかったのだ。

「わっ!」
「きゃっ!」
 男と女がぶつかって、声を上げて倒れた。
 特に女の方は前のめりに転んだせいか、なかなか起き上がれないでいる。
 男は自分が足を止めてしまったことに動揺している様子だが、すぐに気を取り直して女に近づいた。
「大丈夫ですか?」
 女は膝を痛めたようだ。
「大丈夫…じゃないかも」
 道に座り込む姿勢で女は自分の両膝をさする。
 男は心配そうにしゃがみ込み、女の様子を観察する。どうやら血は流れていないようだ。
「心配なので、今から病院に行きましょうか」
 男が提案すると、女は、
「いえいえ、どうか気にしないで下さい。私は一人で大丈夫ですから」
 と恥ずかしそうに答えた。
 けれどその内心は、久しぶりに誰かと話が出来ていることに喜びを感じているようだった。
 男もまた、自分が自然に足を止め、誰かと会話していることに驚いていた。
 二人は顔を見合わせて自然と笑顔になった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:不本意な道 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1300字
不本意な道?そんなお題はガン無視だ。 今日は日本国について講義する。 今となっては、第二次世界大戦直後、当時のアメリカの民主党が等の理想を目指した国の種を植え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:憧れの汗 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:553字
窓から景色を眺めると自分は朝から何もしていない事に気づく。思えばベッドから身動きすら取ってない。時間を見てみようとスマホを見てみたら時間は15時。何処かへ行こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:いわゆる暴走 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:915字
はじめのうち何が起こったのかわからなかった。ぼくを含めたクラス全員、全員、口をぽかんと開けて状況を見つめているだけだった。とてつもないことが起こっている、という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:打算的な希望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:851字
「これ言ったの、お前だけだから」そう言われて頬を染める私は、きっと愚かで可哀想なんだろう。そして自分を可哀想と思うのは、きっと悲劇のヒロインぶって・・・・・・と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:愛すべきバラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:833字
僕は、ふらりと居酒屋に立ち寄った。 取引相手先からの帰りだ。もう日はとっくに暮れている。 最寄りの駅で電車に乗らなければならないのだが、家に着いたら、シャワー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
断罪 ※未完
作者:えむろ お題:10の処刑人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:522字
誰しもが聖人ではない。あるいは偉大な聖人として多くの群衆から崇められる聖人であっても、多かれ少なかれ罪を犯し、それを心に抱えながら人は生きている。しかし、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
レメ ※未完
作者:サトT お題:団地妻の液体 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:550字
これから突入する。いいか、三秒後だ。 その言葉にそれぞれがうなずく。 さん、にい、いち。 男は扉を突き破り、内部へと侵入を図る。 「ポルマトの自警団だ! 直ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サトT お題:バイオ心 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:535字
それは今朝、突如として起こった。ベッドの上で深い眠りについていた僕は飛び起きた。心臓に激痛が走ったのだった。休日だというのにこんな早朝に起こされるのは不愉快な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
王子様 ※未完
作者:ビビリ お題:暴かれた王子 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:529字
女子高 演劇部の王子 透けるようなきれいな黒髪のショートヘア、切れ長の目もと、健康的なきめの細かい肌、長い手足。桜の花も散りかけの頃、ローファーのかかとを鳴らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:unique お題:猫の衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:518字
懲役700年。 私が言い渡された判決だ。 人間の平均寿命が80年程度だとすると相当なものだ。 どれだけ経ったのだろう――。 静かな牢獄。 ある日を境に受刑者ど 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恥ずかしい君 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:845字
(#130) 空を飛べると信じたことはあるかい? そんな問いかけを真剣な表情で放つ君。 私はいつも「そんな難しい質問には答えられない」と曖昧な笑顔を浮かべてかわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:795字
(#129) グツグツグツ…。 異様な臭気が漂っている四畳半ほどの小さな部屋。 そこは地下室であるためか、開口部は出入り口である木製のドアひとつだけしか見当たら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:日本式の不動産 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:286字
(#128) 持ち家って何の価値があるのかと疑問だったけれど、要は資産形成の為のツールだと気付いた。 ほとんどの人々は自分の家を所有することが人生の目的であるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:帝王の学校 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:678字
(#127) 家柄が悪くとも、育ちが良ければ器の大きな人間が創れるはずだ。 そのような信念を掲げた学校、それが「キングダム」である。 路上生活をしている子どもた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:急な平和 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:865字
(#126) 寝る前に胸の前で十字を切る、それが我が家の習慣だ。 自分のベッドの前で跪き、十字を切った後で両手を合わせ、目を閉じて祈る。 そうすると心が穏やかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:鳥の声 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:792字
(#125) 美しい歌声が聞こえる。 私は重い瞼をゆっくりと開く。 高い天井、白く塗装された木目、薄い灰色をした樹木の影。 ずっとこのままシーツの間に身を横たえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:失敗の闇 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:701字
(#124)「はぁーい! あなたは不正解でしたので、階段を降りてもらいまぁーす!」 黄色と白のストライプシャツを身に着けたピエロが楽しげにアナウンスする。 愉快 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:彼女が愛したふわふわ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:555字
(#123) 好きな色はピンク。 身に着けている物はいつもやわらかいピンク色がメインカラーだ。 髪も丁寧にカールしていて見た目も触り心地もやわらかい。 どんな寒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:でかい家事 必須要素:ボールペン 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:926字
(#122)「今日はオマエが行けよ」「嫌だよ。昨日も僕が行ったんじゃないか」「そう言わずにさ、ジャンケンで決めようぜ」「……」「ジャンケンポン!」 と言うわけで 〈続きを読む〉