お題:不本意な道 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:705字

交差点
(#96)

 男は走っていた。
 息を切らして、喉はカラカラで燃えるように熱い。
 もう走ることをやめて、このまま倒れ込んでしまいたい。
 けれど、それは男にとって死を意味する。
 後ろを振り返る余裕もなく、ひたすら前だけを見据えて男は走り続けていた。
 いつか理想郷に辿り着けるのだと信じて。

 女は歩いていた。
 うつむき加減で、後ろ向きに移動していた。
 見えているのは自分の足元ばかりで、だから一歩を踏み出すのがとても怖かった。
 自然と歩幅は狭くなり、どれだけ時間が過ぎても彼女のテリトリーは殆ど広がらない。
 けれど、女はそれで良かった。
 自分だけの世界にこもっている方が心地よかったのだ。

「わっ!」
「きゃっ!」
 男と女がぶつかって、声を上げて倒れた。
 特に女の方は前のめりに転んだせいか、なかなか起き上がれないでいる。
 男は自分が足を止めてしまったことに動揺している様子だが、すぐに気を取り直して女に近づいた。
「大丈夫ですか?」
 女は膝を痛めたようだ。
「大丈夫…じゃないかも」
 道に座り込む姿勢で女は自分の両膝をさする。
 男は心配そうにしゃがみ込み、女の様子を観察する。どうやら血は流れていないようだ。
「心配なので、今から病院に行きましょうか」
 男が提案すると、女は、
「いえいえ、どうか気にしないで下さい。私は一人で大丈夫ですから」
 と恥ずかしそうに答えた。
 けれどその内心は、久しぶりに誰かと話が出来ていることに喜びを感じているようだった。
 男もまた、自分が自然に足を止め、誰かと会話していることに驚いていた。
 二人は顔を見合わせて自然と笑顔になった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:不本意な道 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1300字
不本意な道?そんなお題はガン無視だ。 今日は日本国について講義する。 今となっては、第二次世界大戦直後、当時のアメリカの民主党が等の理想を目指した国の種を植え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天塚 臥文 お題:セクシーな海 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:691字
「海でもいこっか」 と、彼女が言った。 季節は冬、正月休みも終え、親友との新年女子会でのことだった。 年が明けてもやることがない、と私がこぼしたことに端を発した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:孤独な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:664字
並々とビールの注がれたジョッキを片手に、何の勉強にもならないような深夜のバラエティーをテレビに映す。あまり使われない折り畳み机の上には、コンビニで買って帰った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:打算的な村 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:944字
村外れにひとりの男が倒れているのを発見したとき、住人たちは「ついにきた」と思った。近隣の村から噂は伝わってきていた。その者はたとえば老婆だったり、ちいさな子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:死にかけの人体 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:586字
なんなんだよ、いったい!!ただの好奇心だった。ほんの出来心だった。わずかな慢心だったのかもしれない。【立ち入り禁止】 【危険】 【引き返せ】などなどの立て看板が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と痛み 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:355字
ひどい痛みに襲われる時、黒い人影がベッドの傍らに現れるようになった。影は何も言わず、僕のことを見ているようだった。影が見えるようになって数日後、痛みを紛らわせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:348字
「食べ物が小さくなってる」「上司からのセクハラ」「勘違いした男が言い寄ってきてうざい」などと、私達は4人で居酒屋で女子会をしながら口々に言い合っていた。だが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:でかい音楽 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1016字
会場全体に響き渡る音楽が流れたら、そこには一人の男ではなく、観客の求めるスターに変れる。 花道を歩いている時、自分自身の中で問いかける。俺は誰だ。お前は誰だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:死にぞこないの整形 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1030字
容姿を変えて名前を変えて住まいを変えて経歴を変えて何もかもを変えたところで、一度死んだという事実は変わらない。 もちろん肉体的には死んだわけではない。だが全て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:希望の別れ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字
シャンパンでの乾杯から始まり前菜を食べ終えた頃から、私は前々から計画していたことを実行し始めた。向かいに座る、顔はそこそこでお金もまあまあ持っているお上りさん 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:バイオ火 必須要素:ラガーマン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:767字
(#137) 自国で世界的なラグビーの大会が開かれる。 そのニュースを聞いた瞬間、きっと国の誰もが飛び上がって喜びを表現しただろう。 かく言う私もまた、隣に偶然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絵描きのボーイ 必須要素:聖書 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:847字
(#136) 見渡す限り白い靄に包まれている。 それらは空気中に含まれている水分なのだと知っているから、少年は口を開けて靄を摂取していた。 たとえ食べる物が無く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:神のうどん 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:728字
(#135) キラキラと輝く白くて太い縄状の集まり。 それは薄らと金色がかった透明度の高い液体の中で優雅に泳いでいる。 ところどころツンとした刺激的な香りを発し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:自分の中の処刑人 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:752字
(#134) 自分の脳内には天使と悪魔が棲んでいて、様々な選択時に登場してはバトルを繰り広げている。 そんな言い回しは腐るほど聞いていたのだけれど、まさか自分の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:今度の行動 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:830字
(#133) 予め自分の未来を知ることが出来る権利があるならば、あなたはそれを使うだろうか。 未来を知らないからこそ、何が起こるかわからないことが楽しみで生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:僕と軽犯罪 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:885字
(#132) 男性が生まれつき持っている欲望は、理性で制御できるほど甘いものではない。 それを知っているのは、愛の国と呼ばれる「かの国」だけなのかもしれない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恥ずかしい君 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:845字
(#130) 空を飛べると信じたことはあるかい? そんな問いかけを真剣な表情で放つ君。 私はいつも「そんな難しい質問には答えられない」と曖昧な笑顔を浮かべてかわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:795字
(#129) グツグツグツ…。 異様な臭気が漂っている四畳半ほどの小さな部屋。 そこは地下室であるためか、開口部は出入り口である木製のドアひとつだけしか見当たら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:日本式の不動産 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:286字
(#128) 持ち家って何の価値があるのかと疑問だったけれど、要は資産形成の為のツールだと気付いた。 ほとんどの人々は自分の家を所有することが人生の目的であるか 〈続きを読む〉