お題:今日のゲストはクリスマス 必須要素: 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1034字

長年のクリスマス沙汰
「鬱だわ・・・」
クリスマスさんはそういうと、深いため息をつきました。いったいどうしたというのでしょう?

「クリスマスさんがこの時期そんなに沈痛な面持ちではいかんのではないでしょうか?」
私は勝手ながら所感を述べさせていただきました。

「おい、わかってないぞきさん」
クリスマスさんは目をかっと見開いて言いました。今にも噛みついてきそうです。

「あ、あの、どういう事でしょう?」
噛みつかれるという事を想像するとき私はいつもドーベルマンかなんかの大型犬が首にかみついて来ることを想像してしまいます。

「この時期、ハロウィン終わってから二か月くらい、一か月半かな・・・」

「はい」

「この間の期待感!」
テーブルをバンとたたきました。その衝撃で水の入ったグラスが少しぐらっとしました。あぶねって思いました。

「この期待感が半端ないわ!」
クリスマスさんは叫びました。眉毛を互い違いにして、今にも泣きそうな顔をしていました。私にもそういう経験はあります。不意に映画の最後の感じとかを思い出して、ぶり返し感動するんです。それで不意に泣きそうになったりします。ノッティングヒルの恋人とかの最後の感じとか、そんでエンディングでエルヴィス・コステロが歌いだしたりして、不意にこう来るときがあります。そういう時、何かもう一押しあると涙がぽろりっとしますし、心のダムも決壊します。その経験からそういう顔をしている人には話しかけないことにしています。

「どいつもこいつもプレゼントねだってくるしさあ!」
「雪が降ったらホワイトクリスマスだねとかいうしさあ!」
「街路樹は明るいしさあ!」
「ケーキだ七面鳥だってうるさいしさあ!」
「ラブホは満員になるしさあ!」
「十月十日したら子供が生まれるしさあ!!」

「・・・」
あらー、これは思った以上に病んでるなあ。私はそう思いました。深いようです。クリスマスさんは長年のクリスマス沙汰に対してかなり迷惑しているようでした。

「こないだなんて全幼稚園児の分ですっていって山盛りのプレゼントの書かれた紙渡されたぜ!?」

「全部燃やしてやりてえよ!」

「なんとかライダーの刀とか書いてるやつもいたぜ!刀なんて清水寺かどっか観光地に行って買ってこい!」

相当病んでる。ああ、すごいなあ。

私は思いました。

で、次の切れ間を待ってクリスマスさんをうどんに誘おうかと思いました。

「緑も赤も嫌いなんだよ!白も嫌いだね!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:あきれた許し 必須要素: 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:579字
(#8) 首筋に青白く煌めく切っ先。 微動だにできぬ緊張感が若い侍にのしかかっていた。 視線を移動させるだけでも殺られる――自分が死線の淵にあることを認識してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:僕とアルパカ 必須要素: 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:763字
アルパカと出会ったのは太陽がとても近いある夏のことだった。僕は川辺で小便をしていた。すると川の水と混ざった小便が急に意思を持ち出して、ひとつの液体の塊になった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
灰色の探偵 ※未完
作者:匿名さん お題:灰色の探偵 必須要素: 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:495字
足の筋が痛んだ。伸びもしないスーツで動き回ったからだ。こんな使い方では長くは持たないな、と思いながら膝をさする。わずかに生地が薄くなっていた。高く飛び上がり右脚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:謎の儀式 必須要素: 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1101字
ご公儀の命は絶対。そうやって老若男女問わず、謀反の疑いありとみなされた民草を捕らえ、切って捨て、そうやって一所懸命に努めてきた。とはいえ、このような場合はどう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やわらかい少数派 必須要素: 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:444字
「ここに飾ってる刀、素敵ですね」 さびれた街にひっそりとたたずむ美術館に、女のつぶやきがひびく。「この刀にはある伝説が残っています」「伝説ですか」 退屈まぎれに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:朝の曲 必須要素: 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:292字
朝起きて、トップ歌手の朝美咲の曲を繰り返し歌いながら踊る。 仕事へ向かう途中もイヤホンから流れる曲を聴き続ける。 仕事では、常に小刀を隠し持ちながら練習した朝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた14歳 必須要素: 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:267字
バングラデシュのスラムで目にしたその少年は、常に愛に飢えていた。衛生環境の悪さから母は幼い頃に他界したため、親の愛情というものを彼は知らない。そんな彼は、廃材か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高いサラリーマン 必須要素: 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:718字
日々の生活のタイムテーブル計算され尽くした中で、今日という日の駒をすすめる。昨日から続く今日は、必ず明日への戒めとなり得ると、豪語し、胸を張って、自信たっぷりの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メンヘラ共和国(仰天摩天楼) お題:秋のゴリラ 必須要素: 制限時間:15分 読者:339 人 文字数:785字
刀を研ぎ澄ませても、ずっと使い続けていれば、かけていってしまう。精神の刃が徐々に刃こぼれして、町田すみれは情緒不安定になることが多かった。今日も6錠くらい、薬を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恥ずかしい吐息 必須要素: 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:621字
東京は目黒から15分ほど渋谷に向かう国道のそばにある小さな刀道場。ここで俺は生を受け、また、ここで俺は師範代として生まれたての剣士を一人前の剣士にしている。会 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:空前絶後の任務 必須要素:自殺エンド 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:866字
「これしないと、大変だよ。地球が」とか、言われても現実味が無かった。「あのーほんとの事言ってます?」私が気にしたのはそれだ。急にちょっとって言われて呼び止められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:絵描きの言い訳 必須要素:チューペット 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1055字
日高屋で一人で、野菜たっぷりタンメンと餃子を食べながら、「ああ、至高、これ至高」などと考えていると、一人掛けではない後ろの席で、「あらかじめ今日まで待ちますと伝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:オレだよオレ、野球 必須要素:哲学的な思想 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:2347字 評価:0人
寒い。超寒い。昨今急に寒い。ついこないだまで秋めいた気候だったのに、ある時雨が降ってから以降恐ろしく寒くなった。急に舞台転換のスイッチを押したようにそんでガチャ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:もしかして結婚 必須要素:文豪 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1121字
年末だ。もうすぐ年を越す。平成最後の冬になる。というわけで、新年号に移る前に読書をしようと思った。年末の大掃除は年末にやるから年末の大掃除と言われるわけだし、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:薄汚い男祭り! 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:931字
友達の子供が家に来て、うちの子と遊んでいる。ありがたいことであった。私はその間に洗濯物を済ませて、掃除をした。晩御飯の献立の事も考えれたし、アマゾンの受け取りも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鋭い運命 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1019字
専門的な技術もなければ、その経験もなく、親がそれ関係という事もなければ、隣の家がそれを生業としているという事もない。のにもかかわらず、他人のプチ整形がわかる。僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:孤独な笑い声 必須要素:犯人は主人公 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1065字
お酒も飲んだしそろそろ寝ようかと思って、イヤフォンを外してパソコンを消し、部屋の電気も消そうかと思っている段になって急に、「あはっはははっははは」という声が部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:計算ずくめのコメディ 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1101字
最近の体験の相手は幼女であった。ほら、初体験とかそういうのがあるでしょう?そういう体験。行為。性の行為。S〇X。ただしかしながら、申し上げておきたいのは私から進 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:同性愛の人体 必須要素:阿部寛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:834字
私は女性だ。そんで彼女も女性だ。いわゆる百合という感じのやつになる。団塊の世代系の人たちが残らず死んでしまえば、私と彼女のそういう思考、癖みたいなものに対しても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:子供の就職 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:884字
昨今どういう情勢になっているのかは知らないが、妻が我が子を子役にするという様な事を言いだして、「え?マジで?」という感情があった。「ほんとに?大丈夫なの?」ああ 〈続きを読む〉