お題:阿修羅武器 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1046字

のび待ち
「とっさの時使えるように、小刀を忍ばせています」
という人がいて感銘を受けた。「ふおおわああ」って思った。
そうか、そうだよなあ。そういうことはあるかもしれないなあ。いざというときのために。うん。地震が来るかもしれないから乾パンと水。病気になるかもしれないから貯金しておく。

うん。とっさの時のためにね。うん。

あるいは少し前にdTVで北川景子さんの花のあとの事を観たのでそう思ったのかもしれない。とっさの時のために。うん。

私も何か考えることにした。とっさの時のための武器。しかしながら、武器なんて常日頃日常的に持ってたりしたらよくないかもしれない。

銃刀法違反とかそういうのがあるかもしれない。昔自転車漕いでるとき、家に帰れるという事がうれしすぎてちょっと軽く唄を歌ってたら警察に止められたことがある。もちろん素面だったし、ギリチャリでもなかった。家に帰れるのがうれしかっただけだ。

それにみんながみんなそうだとは言わないけども、ナイフとか持っていたらそこから漏れ出た魔力に犯されるかもしれない。

例えば、ギザギザのついた大型のナイフ。かっこいい。眺めるのが好き。手にもってグリップのところの感触を確かめる。光を反射させてみたりして、ああ綺麗。素敵。かっこいい。みたいな事を考える。

そうしているうちにそのナイフで何かを切ってみたくなったりして、最初は肉とか魚とか切ってたんだけども、だんだんとそれでは満足できなくなってきて、そのうち外出時もそれを持つようになったりして、いつも身近において、何か困ったことがあった時とかそれをご神体の様にあがめたりして、

そのうち生きている何かを切ってみたくなったりして、

そんで・・・、

みたいなことになるかもしれない。私にはそういう弱い所がある思う。だから携帯のゲームもしないし、ナイフももっていない。眺めるのも別に好きじゃない。

というわけで、そういうのはよくない。

警察にはいちょっと止まってください。って言われた時どうする?汗ばーって出てくる。おでことかから。

というわけで、そういうのは持てない。

んで、

考えた挙句、もみあげを武器にしようと思った。

ギルティギアではミリアさんが好きなので、そのアイデアはよいと思った。

ただ、

問題は昨日一切合切髪の毛を刈ってしまったという事だ。

床屋さんに行って三ミリにしてもらったのだ。

もみあげも、耳の上まで刈ってもらった。

今度のびてくるまで待とうと思う。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
朝のカミサマ ※未完
作者:鷲野眼 紘 お題:朝の神話 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:422字
眩い光に包まれて、私は目を開けた。カーテンを閉めていたはずなのに、やけに明るいな。寝過ごしたか……?などと思いつつ目覚めた私の目に映ったのは、光り輝く、ヒトだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ちゃ お題:暑い性格 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:492字
どうして彼はいつもいつも、こうして泣くのだろう。隣に座って泣き噦る姿を見ながら考える。とめどなく溢れる涙にも、少しも心揺れない自分は冷血なやつに違いない。よくも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる計画 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1095字
きっかけが何だったのかは覚えていない。 だけど彼女は海の絵を描きだしたし、先生は髪の毛を減らし始めたし、僕はもみあげを伸ばしだした。 僕らのスタートには、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な洞窟 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:834字
だからこの夜に私は一度終わり、そして再び蘇るのだろう。 詩的にそんな言葉を思い浮かべる。絶望の詩編、その一片だ。 ぐぎゅるるるぅ……? と私のお腹は鳴った。ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪山ユウグレ お題:栄光の狐 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:696字
熱いですからね、気を付けてくださいね。そう念を押された。リコは神妙な顔でその忠告を聞き、そしてその神妙な面持ちのままそうっと両手を差し出す。女将はリコの手にこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:恐ろしいお茶 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:333字
恐ろしいお茶アランはイタリア人だ髪は金だが黒初めしたもみあげがチャームポイントもともと母国でパスタのオーナーシェフをやっていたのだが来日して茶会を開くことにした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:餅水 お題:恐ろしいお茶 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:780字
恐ろしいお茶 俺は緊張していた。 目の前の少女が出したお茶があまりにも異様だったのだ。 「なあ、”ソレ”は本当にただのお茶なんだよな?」 俺の問いに少女はニヤリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:観月らず お題:恐ろしいお茶 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:822字
僕の好きなナガノさんは、今日も長い髪をポニーテールにまとめている。もみあげの部分は結ばずに垂らしているあたりが、活発かつ嫋やかな印象を与えていることを、本人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:昼の草 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:1080字
昼休み、学校を抜け出して、近くの草むらへ行った。高校に入ってから急激に加速した先生嫌いは悪化の一途を辿っていて、今日も今日とて副担にイライラし、担任に落胆してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:奇妙な湖 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:909字
静かに引き抜かれた刃、それと同時に衣擦れの余韻を残して少女の躯は静かに厳かに大地へと倒れ伏した。傷口から広がる赤黒いシミは夥しく醜悪にそして美しく、大地へと広 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にかけの帰り道 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1065字
トレジャーハンターの帰り道、ボロボロになりながら帰路を歩いた。「死ぬかもしれない」死ぬかと思った。天井からとげが出てきたり、壁の穴から毒矢が飛んできたり、大岩が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:すごい駄作 必須要素:ラジオ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1045字
ラジオを聞くと、いいという。即興さんのバトルで優勝したり、なろうに何個も話をあげたり、カクヨムで読ませたりしている人はたいていラジオを聴いているという。「じゃあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:黄金の結末 必須要素:携帯 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1025字
いつもスマホのクーポンを忘れる。ドコモさんでよく来るのに、このクーポンいいじゃない、使おう!って思って、その店に行ったりするのに、いざ会計の段になると忘れる。す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:美しいスキル 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1032字
チューインガムで、美しい鶴を作ったっていう画像を見せられた。「はあ?」ラインできた。そういうのが。写真もついてきた。ぽこ、ぽこ、って連続で来た。そのあと少しおい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:走るモグラ 必須要素:マフィン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1161字
地下道を歩いていると、時たまあかない扉に遭遇する。「開かない」鉄扉で、周りの壁と同じ色で、おそらく目立たないようにして入るんだろうけども、こちとら扉が好きである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:軽い笑い声 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1137字
手の小指があって、それをぽきって鳴らすと、部屋の天井の方から約十秒ほど、泣く声が聞こえる。最近そういう何かしら、わからないけども、最近そうなった。それ以前は小指 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:すごい別居 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1038字
山に住んでいると、不便じゃないですか?的なことをよく聞かれる。山って言っても道通ってるし、道沿いだし。アスファルトの。車があれば、町まで買い物行けるし。たまにア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、成熟 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1169字
「あなたの年収、タイプ別」というサイトがあり、いや、なんだ、アプリメーカーとかっていうので作った類のものなのか、何なのかは知らない。あと、こういう時にこそ、アプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:真実の喪失 必須要素:七五調 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:918字
バレンタインデーが終わったので、チョコを買いに行った。半額でせしめる可能性があるからである。「あったぞ!」果たして半額でチョコは売られており、無残にも値引き品の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕の好きなマンション 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1238字
そんなことはあり得ないと思っていた。私の描いた絵が、人様にパクられるとか、そんな馬鹿なと、私のじゃないだろうと、私が手慰みで描いていた絵が、あなたのどこに、どの 〈続きを読む〉