お題:阿修羅武器 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1046字

のび待ち
「とっさの時使えるように、小刀を忍ばせています」
という人がいて感銘を受けた。「ふおおわああ」って思った。
そうか、そうだよなあ。そういうことはあるかもしれないなあ。いざというときのために。うん。地震が来るかもしれないから乾パンと水。病気になるかもしれないから貯金しておく。

うん。とっさの時のためにね。うん。

あるいは少し前にdTVで北川景子さんの花のあとの事を観たのでそう思ったのかもしれない。とっさの時のために。うん。

私も何か考えることにした。とっさの時のための武器。しかしながら、武器なんて常日頃日常的に持ってたりしたらよくないかもしれない。

銃刀法違反とかそういうのがあるかもしれない。昔自転車漕いでるとき、家に帰れるという事がうれしすぎてちょっと軽く唄を歌ってたら警察に止められたことがある。もちろん素面だったし、ギリチャリでもなかった。家に帰れるのがうれしかっただけだ。

それにみんながみんなそうだとは言わないけども、ナイフとか持っていたらそこから漏れ出た魔力に犯されるかもしれない。

例えば、ギザギザのついた大型のナイフ。かっこいい。眺めるのが好き。手にもってグリップのところの感触を確かめる。光を反射させてみたりして、ああ綺麗。素敵。かっこいい。みたいな事を考える。

そうしているうちにそのナイフで何かを切ってみたくなったりして、最初は肉とか魚とか切ってたんだけども、だんだんとそれでは満足できなくなってきて、そのうち外出時もそれを持つようになったりして、いつも身近において、何か困ったことがあった時とかそれをご神体の様にあがめたりして、

そのうち生きている何かを切ってみたくなったりして、

そんで・・・、

みたいなことになるかもしれない。私にはそういう弱い所がある思う。だから携帯のゲームもしないし、ナイフももっていない。眺めるのも別に好きじゃない。

というわけで、そういうのはよくない。

警察にはいちょっと止まってください。って言われた時どうする?汗ばーって出てくる。おでことかから。

というわけで、そういうのは持てない。

んで、

考えた挙句、もみあげを武器にしようと思った。

ギルティギアではミリアさんが好きなので、そのアイデアはよいと思った。

ただ、

問題は昨日一切合切髪の毛を刈ってしまったという事だ。

床屋さんに行って三ミリにしてもらったのだ。

もみあげも、耳の上まで刈ってもらった。

今度のびてくるまで待とうと思う。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる計画 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1095字
きっかけが何だったのかは覚えていない。 だけど彼女は海の絵を描きだしたし、先生は髪の毛を減らし始めたし、僕はもみあげを伸ばしだした。 僕らのスタートには、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な洞窟 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:834字
だからこの夜に私は一度終わり、そして再び蘇るのだろう。 詩的にそんな言葉を思い浮かべる。絶望の詩編、その一片だ。 ぐぎゅるるるぅ……? と私のお腹は鳴った。ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪山ユウグレ お題:栄光の狐 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:696字
熱いですからね、気を付けてくださいね。そう念を押された。リコは神妙な顔でその忠告を聞き、そしてその神妙な面持ちのままそうっと両手を差し出す。女将はリコの手にこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:恐ろしいお茶 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:333字
恐ろしいお茶アランはイタリア人だ髪は金だが黒初めしたもみあげがチャームポイントもともと母国でパスタのオーナーシェフをやっていたのだが来日して茶会を開くことにした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:餅水 お題:恐ろしいお茶 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:780字
恐ろしいお茶 俺は緊張していた。 目の前の少女が出したお茶があまりにも異様だったのだ。 「なあ、”ソレ”は本当にただのお茶なんだよな?」 俺の問いに少女はニヤリ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:観月らず お題:恐ろしいお茶 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:822字
僕の好きなナガノさんは、今日も長い髪をポニーテールにまとめている。もみあげの部分は結ばずに垂らしているあたりが、活発かつ嫋やかな印象を与えていることを、本人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:昼の草 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:1080字
昼休み、学校を抜け出して、近くの草むらへ行った。高校に入ってから急激に加速した先生嫌いは悪化の一途を辿っていて、今日も今日とて副担にイライラし、担任に落胆してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:奇妙な湖 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:909字
静かに引き抜かれた刃、それと同時に衣擦れの余韻を残して少女の躯は静かに厳かに大地へと倒れ伏した。傷口から広がる赤黒いシミは夥しく醜悪にそして美しく、大地へと広 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山の端 お題:苦し紛れの悪魔 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:555字
旦那様が、すぐそこで寝ている。かつて、私をお腹に宿した母を、無慈悲に館から追い払った男が、無防備に、もみあげを晒して。 それなのに、私は……復讐の刃を胸に抱い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桐枝 お題:打算的な声 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:377字
水曜日の購買部はハムカツサンドが安い。金曜日はコロッケパン。週に2日、私は昼休みのチャイムと共に駆け出すランナーになる。最前列に陣取り、特売のパンとチョココロネ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:空前絶後の任務 必須要素:自殺エンド 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:866字
「これしないと、大変だよ。地球が」とか、言われても現実味が無かった。「あのーほんとの事言ってます?」私が気にしたのはそれだ。急にちょっとって言われて呼び止められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:絵描きの言い訳 必須要素:チューペット 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1055字
日高屋で一人で、野菜たっぷりタンメンと餃子を食べながら、「ああ、至高、これ至高」などと考えていると、一人掛けではない後ろの席で、「あらかじめ今日まで待ちますと伝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:オレだよオレ、野球 必須要素:哲学的な思想 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:2347字 評価:0人
寒い。超寒い。昨今急に寒い。ついこないだまで秋めいた気候だったのに、ある時雨が降ってから以降恐ろしく寒くなった。急に舞台転換のスイッチを押したようにそんでガチャ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:もしかして結婚 必須要素:文豪 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1121字
年末だ。もうすぐ年を越す。平成最後の冬になる。というわけで、新年号に移る前に読書をしようと思った。年末の大掃除は年末にやるから年末の大掃除と言われるわけだし、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:薄汚い男祭り! 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:931字
友達の子供が家に来て、うちの子と遊んでいる。ありがたいことであった。私はその間に洗濯物を済ませて、掃除をした。晩御飯の献立の事も考えれたし、アマゾンの受け取りも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鋭い運命 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1019字
専門的な技術もなければ、その経験もなく、親がそれ関係という事もなければ、隣の家がそれを生業としているという事もない。のにもかかわらず、他人のプチ整形がわかる。僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:孤独な笑い声 必須要素:犯人は主人公 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1065字
お酒も飲んだしそろそろ寝ようかと思って、イヤフォンを外してパソコンを消し、部屋の電気も消そうかと思っている段になって急に、「あはっはははっははは」という声が部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:計算ずくめのコメディ 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1101字
最近の体験の相手は幼女であった。ほら、初体験とかそういうのがあるでしょう?そういう体験。行為。性の行為。S〇X。ただしかしながら、申し上げておきたいのは私から進 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:同性愛の人体 必須要素:阿部寛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:834字
私は女性だ。そんで彼女も女性だ。いわゆる百合という感じのやつになる。団塊の世代系の人たちが残らず死んでしまえば、私と彼女のそういう思考、癖みたいなものに対しても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:子供の就職 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:884字
昨今どういう情勢になっているのかは知らないが、妻が我が子を子役にするという様な事を言いだして、「え?マジで?」という感情があった。「ほんとに?大丈夫なの?」ああ 〈続きを読む〉