お題:鈍い絶望 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:699字

サヨナラ絶望の一歩手前
 無様に逃げ回るので精一杯だった。
 勢いよく近くの岩陰に潜り込む。瞬間、先ほどまで自分がいた場所に、勢いよく猛火が放たれる。回避があと少しでも遅れていれば、自分の肉体は灼熱で焦がされていただろう。わずかにはみ出ていた、ロングスカートの端が、一瞬で灰と化した。
 間一髪だった。その間一髪を、もう何十回も繰り返している。運動と緊張で乱れた息を、音を殺しながら整えようと努める。
 「――惨めだな。獣のように、あちらこちらと、行ったり来たり」
 その時、岩陰の向こうから、低く厳かな声がした。猛火を放った張本人であり、私を仕留めようとしているヤツ。その言葉からは、圧倒的な余裕と、私への蔑みを感じ取ることができる。姿の見えない相手を、忌々しく思い、岩壁を通してキッと睨みつける。
 反撃できるものなら、そうしている。だが、相手はカスりでもしたら致命的に成り得る、高威力の攻撃を立て続けに放ってくるのだ。全力で回避することに集中せざるを得ず、とても反撃の隙をうかがうことはできない。
 どうすればいい――どうしていいか分からない。
 「観念したらどうだね。大人しくするなら、一瞬で葬ってあげることができるのだが?」
 そんな私の焦りなどいざ知らず、相変わらず高慢な態度で語りかけてくる。
 ふと、足に鈍い痛みを感じた。まさか、という焦りを抱きながら、スカートを膝までまくり上げて、痛みを感じた部分を手で探る。明らかに、腫れている。
 痛みはそこまで強くない。だが、これが次第に積み重なっていったら?
 詰将棋のように、じわじわと追いつめられていく自分を想像した。
 冷たい血が全身を駆け巡る。

 
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:俺とぺろぺろ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:557字
彼女が蔑んだ目で見ている。が、俺は無実だ。厳密に言えば過去の俺のセンスが悪い。いまは悪いとは思いたくないのだ。そうして名付けられた漆黒の闇を吸い取ったような毛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい朝飯 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1033字
朝目覚めると、お父さんが台所に立っていた。珍しいこともあるものだと思い、僕はお父さんの背に向けて、声をかける。「おはよう。何つくってるの?」 僕の声を聞いたお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃校のしらせ ※未完
作者:水床海老 お題:哀れな教室 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1567字
昼休み、職場での食事中にスマートフォンで流し見していたニュースの見出しに、古い記憶が引きずり出された。 母校が廃校になるらしい。 感傷、というほど強いものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:正しい汗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1061字
木島にはちょっと変わったところがある。目ん玉が見えないことだ。 障害があるとかそういう重い話ではなく、常に笑っているので、細目でいつも目ん玉が見えない顔だとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あだごと ※未完
作者:akari お題:天才の夏 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:456字
「身辺整理をしようと思うんだ」 唐突な琢海の発言に、私は思わず呆けた顔を見せてしまった。「……何かあったの?」「特には。けれど、色々と煩雑になってきたから一度奇 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:淡い女の子 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:821字
教室の窓側にふと目をやると1人の少女が黙々と読書をしていた。あの子はいつも1人で読書をしている。誰とも話さずに。僕は何故だか気になってしまった。どんな本を読んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:不本意なサーカス 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:353字
僕は、とあるサーカス団で働いていた。サーカスの舞台に立って、たくさんの人を驚かせたり笑顔にするのが昔からの夢だった。けど現実は厳しいのだ。テントを設営したり仮設 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と衝撃 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:257字
恋の始まりはきっと衝撃的だ一目見たら心臓が体全体を鳴らし,顔は焼け,胸は張り裂けるものなんだろうそこからきっと私の人生は華やかになる木漏れ日が指す土の道を,白い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
しぶしぶ ※未完
作者:akari お題:ありきたりなコメディ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:697字
笑わせてやろう、そう思った。「………」 ブランコで項垂れている少年。地面に届かないその足をぶらつかせもせず、ただその場に座りこんでいる。 ――しけた面。 彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
蜜柑 ※未完
作者:匿名さん お題:誰かの決別 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:407字
「私たち別れた方が幸せかもね」 僕は妻からの突然の決別宣言に驚きを隠せなかった。 その時僕らは朝食でパンを齧りながら、いつもと変わりない時間を過ごしていた時だ 〈続きを読む〉

afternoon runnnerの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:灰色の同情 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:880字
「悲しいかい」 小さな森の中でひとり。膝をかかえて、寒い日の猫みたいに丸くなって、あたしは泣いていた。 いつだったか思い出せない、それでも針のように鋭くとがっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:今日のゲストは秋雨 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:708字
一匹の狐が傘を差して交差点の真ん中でぽつんと佇んでいる。 漆に塗られた傘を肩に乗せ、何かを考えるようにあごをしゃくる。 細い雨粒が傘を優しく叩く音と、その合間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:朝の怒り 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:844字
「どうしてアンタはいつもいつも!」 またか、と思った。ごはん茶碗が飛んできて、額ににぶい痛みが走る。 うんざりした顔で、私は正面に座っているお母さんを、悲し気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:薄汚い哀れみ 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:862字
銃口が冷たい眼差しを俺に向けている。 「その程度かい、愛弟子」 口の端をニィっと吊り上げ、拳銃を構える男が言った。 「もっと期待してたんだがな、残念無念だよ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:捨てられた地下室 必須要素:全力のグロテスク 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:846字
グチャグチャという粘り気の混ざった不快な足音が聞こえる。少し離れたところで、恰幅のいい大男がいそいそと歩いているのが見える。医者が手術中に着るような薄緑色のエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:夏の妻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:1451字 評価:0人
夏の人妻ほどいいものはない。大学の友人であるサイトウは言ってた。 うなじから首元へ流れる汗、透けてはりつく服、くっきりと浮き出る体のライン、暑さも忘れてベタベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:鈍い絶望 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:699字
無様に逃げ回るので精一杯だった。 勢いよく近くの岩陰に潜り込む。瞬間、先ほどまで自分がいた場所に、勢いよく猛火が放たれる。回避があと少しでも遅れていれば、自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:昨日の宇宙 必須要素:ラー油 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:907字
――さて。 神は考える。人間がいくら哲学を極めても、到底達することのできない、現世界とは概念すらかけ離れた場所で、神は考える。神には、観測できるような実体とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:春の平和 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:804字
春の風が吹いた。 窓際に座って読んでいた本が、ハラハラと揺れる。 顔を上げて外を見る。広く澄み渡っている青さの空。電気を点けていない薄暗い六畳間と比べて、とて 〈続きを読む〉