お題:鈍い絶望 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:699字

サヨナラ絶望の一歩手前
 無様に逃げ回るので精一杯だった。
 勢いよく近くの岩陰に潜り込む。瞬間、先ほどまで自分がいた場所に、勢いよく猛火が放たれる。回避があと少しでも遅れていれば、自分の肉体は灼熱で焦がされていただろう。わずかにはみ出ていた、ロングスカートの端が、一瞬で灰と化した。
 間一髪だった。その間一髪を、もう何十回も繰り返している。運動と緊張で乱れた息を、音を殺しながら整えようと努める。
 「――惨めだな。獣のように、あちらこちらと、行ったり来たり」
 その時、岩陰の向こうから、低く厳かな声がした。猛火を放った張本人であり、私を仕留めようとしているヤツ。その言葉からは、圧倒的な余裕と、私への蔑みを感じ取ることができる。姿の見えない相手を、忌々しく思い、岩壁を通してキッと睨みつける。
 反撃できるものなら、そうしている。だが、相手はカスりでもしたら致命的に成り得る、高威力の攻撃を立て続けに放ってくるのだ。全力で回避することに集中せざるを得ず、とても反撃の隙をうかがうことはできない。
 どうすればいい――どうしていいか分からない。
 「観念したらどうだね。大人しくするなら、一瞬で葬ってあげることができるのだが?」
 そんな私の焦りなどいざ知らず、相変わらず高慢な態度で語りかけてくる。
 ふと、足に鈍い痛みを感じた。まさか、という焦りを抱きながら、スカートを膝までまくり上げて、痛みを感じた部分を手で探る。明らかに、腫れている。
 痛みはそこまで強くない。だが、これが次第に積み重なっていったら?
 詰将棋のように、じわじわと追いつめられていく自分を想像した。
 冷たい血が全身を駆け巡る。

 
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:希望の汁 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:726字
どうしても、師匠の味を越えられない。 有名ラーメン店で5年修業をした後、独立開業したものの、結局、師匠の味の二番煎じだ。出だしは好調だった。しかし、ラーメン通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:限りなく透明に近い模倣犯 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1076字
「僕じゃあない」 緊張感でひりつく取調室に、少年の声が小さく響いた。自称十七歳のその少年は、伸び放題になっている前髪の向こうから、じっと俺を見つめている。その少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
りんご飴 ※未完
作者:さとりっく お題:わたしの好きな正月 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:269字
日本国旗がはたはたと揺らめく道を、小走りに美智恵は駆けていく。下駄を音高く跳ね上げ、赤い鼻緒が道行く人々の目を止めた。桃色の着物に包まれた可愛らしい姿とは程遠く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
理由 ※未完
作者:南野 ツバサ お題:穏やかな狸 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:613字
夜空に煌びやかに光る星たちの下、二人は草原で寝そべっていた。風で草がこすれる音、虫たちの歌声。 そして、互いの息遣いが静かに聞こえる。二人は何も話さない、草の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:理想的な14歳 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1003字
「こんにちは、お兄ちゃん!」 駅前の広場にあるベンチで休んでいると、そんなふうに声をかけられた。念のため左右を確認してから顔を上げる。すると、目の前にはやたらと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらい秀才 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1089字
何かの分野において秀でること。それは、到達への道筋を無視して、ゴールのみを想像すれば、簡単に思えてくるのだろう。テストで百点を取ること、野球でホームランを打つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:儚い食卓 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:718字
「……ふう」 獣道を歩きながら、額の汗をぬぐう。季節は夏の盛り。森の木々が日差しを遮っているとはいえ、それでも気温は高い。いつの間にか肩からずれ落ちそうになって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の嘔吐 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:9108字
挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:都会の復讐 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:538字
?「賢人~遅刻するわよ~」お母さんの声だ。今は冬の朝。僕は朝の寒さと冬の寒さで起きられない。でも、今日は待ちに待ったスケートボードの練習をしに宿泊学習をする日だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やわらかい料理 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:565字
固く閉じた口をスプーンでつつきながら半開きの目を虚空でさまよわせる老婆に語り掛ける。「山根さーん、お口開けてー」 こちらの言うことなど全く聞こえていないのかな 〈続きを読む〉

afternoon runnnerの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:灰色の同情 制限時間:30分 読者:99 人 文字数:880字
「悲しいかい」 小さな森の中でひとり。膝をかかえて、寒い日の猫みたいに丸くなって、あたしは泣いていた。 いつだったか思い出せない、それでも針のように鋭くとがっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:今日のゲストは秋雨 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:708字
一匹の狐が傘を差して交差点の真ん中でぽつんと佇んでいる。 漆に塗られた傘を肩に乗せ、何かを考えるようにあごをしゃくる。 細い雨粒が傘を優しく叩く音と、その合間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:朝の怒り 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:844字
「どうしてアンタはいつもいつも!」 またか、と思った。ごはん茶碗が飛んできて、額ににぶい痛みが走る。 うんざりした顔で、私は正面に座っているお母さんを、悲し気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:薄汚い哀れみ 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:862字
銃口が冷たい眼差しを俺に向けている。 「その程度かい、愛弟子」 口の端をニィっと吊り上げ、拳銃を構える男が言った。 「もっと期待してたんだがな、残念無念だよ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:捨てられた地下室 必須要素:全力のグロテスク 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:846字
グチャグチャという粘り気の混ざった不快な足音が聞こえる。少し離れたところで、恰幅のいい大男がいそいそと歩いているのが見える。医者が手術中に着るような薄緑色のエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:夏の妻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1451字 評価:0人
夏の人妻ほどいいものはない。大学の友人であるサイトウは言ってた。 うなじから首元へ流れる汗、透けてはりつく服、くっきりと浮き出る体のライン、暑さも忘れてベタベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:鈍い絶望 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:699字
無様に逃げ回るので精一杯だった。 勢いよく近くの岩陰に潜り込む。瞬間、先ほどまで自分がいた場所に、勢いよく猛火が放たれる。回避があと少しでも遅れていれば、自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:昨日の宇宙 必須要素:ラー油 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:907字
――さて。 神は考える。人間がいくら哲学を極めても、到底達することのできない、現世界とは概念すらかけ離れた場所で、神は考える。神には、観測できるような実体とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:春の平和 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:804字
春の風が吹いた。 窓際に座って読んでいた本が、ハラハラと揺れる。 顔を上げて外を見る。広く澄み渡っている青さの空。電気を点けていない薄暗い六畳間と比べて、とて 〈続きを読む〉