お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:151字

習作111
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。
堅い床に面した体が痛い。
どこだ、ここは。
薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。
何せ、眼の前には、鉄の格子があったからだ。
狹苦しい、陰鬱とした空間。
それが俺のいる場所だった。
けれども、何故おれはここにいる?
全く思い出せない。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:868字
いつのまにやら犯罪者。どうしてこうなった。あたしは冷たいコンクリート製の簡素な独房で目が覚めた。周りを見渡しても誰もいない。約3畳ほどの狭い独房のほかに、同じ感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:617字
改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。「『できない君』も『できる君』に!」 どうやら近くに学習塾ができたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:いわゆる暴走 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:915字
はじめのうち何が起こったのかわからなかった。ぼくを含めたクラス全員、全員、口をぽかんと開けて状況を見つめているだけだった。とてつもないことが起こっている、という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:打算的な希望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:851字
「これ言ったの、お前だけだから」そう言われて頬を染める私は、きっと愚かで可哀想なんだろう。そして自分を可哀想と思うのは、きっと悲劇のヒロインぶって・・・・・・と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:愛すべきバラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:833字
僕は、ふらりと居酒屋に立ち寄った。 取引相手先からの帰りだ。もう日はとっくに暮れている。 最寄りの駅で電車に乗らなければならないのだが、家に着いたら、シャワー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
断罪 ※未完
作者:えむろ お題:10の処刑人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:522字
誰しもが聖人ではない。あるいは偉大な聖人として多くの群衆から崇められる聖人であっても、多かれ少なかれ罪を犯し、それを心に抱えながら人は生きている。しかし、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
レメ ※未完
作者:サトT お題:団地妻の液体 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:550字
これから突入する。いいか、三秒後だ。 その言葉にそれぞれがうなずく。 さん、にい、いち。 男は扉を突き破り、内部へと侵入を図る。 「ポルマトの自警団だ! 直ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サトT お題:バイオ心 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:535字
それは今朝、突如として起こった。ベッドの上で深い眠りについていた僕は飛び起きた。心臓に激痛が走ったのだった。休日だというのにこんな早朝に起こされるのは不愉快な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
王子様 ※未完
作者:ビビリ お題:暴かれた王子 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:529字
女子高 演劇部の王子 透けるようなきれいな黒髪のショートヘア、切れ長の目もと、健康的なきめの細かい肌、長い手足。桜の花も散りかけの頃、ローファーのかかとを鳴らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:unique お題:猫の衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:518字
懲役700年。 私が言い渡された判決だ。 人間の平均寿命が80年程度だとすると相当なものだ。 どれだけ経ったのだろう――。 静かな牢獄。 ある日を境に受刑者ど 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作110 ※未完
作者:夢路 お題:シンプルなネット 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:242字
「ねぇねぇ、Aはさ、SNSやってないの?」そう突然聞かれて面食らう。わたしの席の隣で、何人かの友達と話していたEがふとこちらを向いて、そう質問してきたのだ。「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作109 ※未完
作者:夢路 お題:汚い馬鹿 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:142字
あるところに一人の少年がいた。どこにでもいるストリートキッズ。生まれはゴミ溜め。名前もない。誰からも馬鹿にされ、蔑まれた。生きるため、生き残るため、彼は何でもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:臆病な同性愛 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:382字
携帯電話のメッセージの履歴を見る。彼女から、何件ものメッセージが来ていた。心がぎゅうと締め付けられた。わたしとあの子が仲良くなったのは、学校で同じクラスになっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:捨てられたぺろぺろ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:440字
雨の中に、それはいた。汚れだらけで弱々しく佇んでいた。わたしもその時、とても弱っていた。彼氏に振られて、顔面泣き腫らして。メイクも溶けてぐちゃぐちゃになってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:素朴な勇者 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:370字
自然豊かで穏やかなこの世界に、突如として魔王と呼ばれる存在が現れた。魔王は人間に仇なす存在、魔物を世界中に放ち、世界を混乱の渦に落としていた。 この異物に対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:くさい動機 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:305字
ドアを叩く音が聞こえる。 おれは焦った。やつら、とうとうここまで来やがった。 何度も強くドアが叩かれる。 逃げなくては。 おれは着の身着のまま窓からこっそりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:236字
水槽に赤い影が走る。 薄暗い室内。水槽からぼんやりと漏れる光が唯一の光源だった。 色とりどりの小魚が群れて縦横無尽に水槽の中を泳いでいる。 この時が唯一の癒や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作103 ※未完
作者:夢路 お題:悲観的な冤罪 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:288字
「おいテメー何しやがる」 手首をきつく握られる感触に心臓が高鳴る。 敵意のこもった声が誰に向けられたかはその感触ですぐに分かった。「この、痴漢野郎!!」 怒鳴り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:熱いサラリーマン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:439字
「おはよう!今日もいい日だな!」 今日も鼓膜を震わせる大声のあいさつが聞こえた。 おはようございます、と返す。 声の主は目から炎でも出ているかのように煌めかせ 〈続きを読む〉