お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:868字
[削除]

物置小屋
いつのまにやら犯罪者。どうしてこうなった。

あたしは冷たいコンクリート製の簡素な独房で目が覚めた。周りを見渡しても誰もいない。約3畳ほどの狭い独房のほかに、同じ感覚で区切られた部屋が見えるのだが。「おーい」「だれかー」。声を出しても返事がない。人の気配もないので、この空間は自分ひとりしかいないのだろうと見当をつけた。

薄暗い部屋の突き当りにドアらしきものが見える。ここが出口なのだろうが、わからない。あたしはここに来るまでの記憶がないのだ。気が付けばこの牢屋に寝転がっていて、ことの経緯がわからない。記憶喪失ならば、犯罪者として裁けるのだろうか?なんとかごまかして釈放されないかな。何も覚えちゃいないので、どうにも楽天的に考えてしまう。だって何も悪いことしてないんだもん、あたし。……おぼえてないけど。

ガチャン

部屋の奥から思い金属がこすれる音がて、間もなくコツコツと足音がする。暗くてよく見えないが、どうやら人が来たらしい。

「ああ、起きていたのか」
顔がよく見えないけど、スーツを着たおっさんみたいな感じだ。
「気分はどうだ?話せるか?」
「……のどがかわいた。そんで、トイレも行きたいんだけど……」

ほとんど反射的にあたしは返事をしていた。なにせ起きたばっかりでなにもわからない。ここはどこ?とか悲壮感たっぷりに訴えるのも面白いかもしんないけど、あたしはとにかく目先の要求を訴えた。

「ふっ……。出ろ。これからはずっと太陽の下で暮らせるぞ」
おっさんは独房の錠を開けてあたしの腕を乱暴につかんで引き寄せた。あいたた、乱暴にしないでったら。
「しかしそっくりだ。王女がまた暗殺されちまったからな。クローン体をいくつも保存していてよかった。2つても3つでもスペアは持っとくもんだな。くく、これで反乱軍のやつらも大義名分を失っておとなしくなるだろうよ」

あたしは起き抜けのぼんやりした頭でおっさんの声を聴いていた。
あたしは今日から、「お姫様」になるらしい。クローンの正しい使い方だそうだけど、あたしわかんないな。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:617字
改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。「『できない君』も『できる君』に!」 どうやら近くに学習塾ができたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天塚 臥文 お題:セクシーな海 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:691字
「海でもいこっか」 と、彼女が言った。 季節は冬、正月休みも終え、親友との新年女子会でのことだった。 年が明けてもやることがない、と私がこぼしたことに端を発した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:孤独な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:664字
並々とビールの注がれたジョッキを片手に、何の勉強にもならないような深夜のバラエティーをテレビに映す。あまり使われない折り畳み机の上には、コンビニで買って帰った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:打算的な村 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:944字
村外れにひとりの男が倒れているのを発見したとき、住人たちは「ついにきた」と思った。近隣の村から噂は伝わってきていた。その者はたとえば老婆だったり、ちいさな子供 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:死にかけの人体 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:586字
なんなんだよ、いったい!!ただの好奇心だった。ほんの出来心だった。わずかな慢心だったのかもしれない。【立ち入り禁止】 【危険】 【引き返せ】などなどの立て看板が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:でかい音楽 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1016字
会場全体に響き渡る音楽が流れたら、そこには一人の男ではなく、観客の求めるスターに変れる。 花道を歩いている時、自分自身の中で問いかける。俺は誰だ。お前は誰だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:死にぞこないの整形 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1030字
容姿を変えて名前を変えて住まいを変えて経歴を変えて何もかもを変えたところで、一度死んだという事実は変わらない。 もちろん肉体的には死んだわけではない。だが全て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:希望の別れ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字
シャンパンでの乾杯から始まり前菜を食べ終えた頃から、私は前々から計画していたことを実行し始めた。向かいに座る、顔はそこそこでお金もまあまあ持っているお上りさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:何かの冥界 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:694字
北極を目指して、長い道のりを歩いてきた。 極寒の寒さの中、水と食料をできる限り節約し、睡眠不足でもうろうとする頭、関節一つ曲げるだけで意識して動かさなくてはな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と痛み 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:355字
ひどい痛みに襲われる時、黒い人影がベッドの傍らに現れるようになった。影は何も言わず、僕のことを見ているようだった。影が見えるようになって数日後、痛みを紛らわせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:348字
「食べ物が小さくなってる」「上司からのセクハラ」「勘違いした男が言い寄ってきてうざい」などと、私達は4人で居酒屋で女子会をしながら口々に言い合っていた。だが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:212字
世の中には何かにつけて悲観的な人々がいる。 例えば家の両親だ。 この間も俺が車の免許を取ると宣言したら、オトンは「バカなことを言うな!」「現実を直視しろ!」な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のガール 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:228字
岩塩?ただの塩と一体何がちがうのだろうか?一般人と芸能人ぐらい?アニメと漫画ぐらい?まあいい、それは問題じゃない岩塩と書かれたものを買えばいいのだから。それより 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜と天井 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:454字
「そろそろ眠ろうか」 父は時計をみてそう言った。 一日あくせく働いて、夜は自分の子を寝かしつける日々。 顔に似合わない青色ベースの水玉模様のパジャマを着こなし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの冥界 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:413字
ぜえ、ぜえ、と自分の息遣いだけが煩く響く。既に周囲から緑は消え失せ、疎らに白が散った岩肌のみが続いている。雲間から覗く下界はただ緑が広がり、原始の風景のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦の借金 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:807字
ネットオークションで売っていたのが、まさかの戦艦。うん千万するし、どこに置いておけるんだという気がしないでもないが、落札してしまった。200万円程、銀行から借金 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと春 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:897字
朝、目を覚ました春は、隣にいる妻を起こす。「おい起きてくれ、朝だぞ」「おはよう、春」 挨拶を交わすと、二人は洗面台で軽く身支度を整える。「おい、『毛の生えた髪の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた復讐 必須要素:ピアノ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:633字
私、天翔茜は幼い頃から英才教育を受けていました。何一つ不自由の無い生活を送っていましたが、唯一の不満は母が教育ママ過ぎた事です。4歳の頃からピアノを習い始めて… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
厠皇子 ※未完
作者:匿名さん お題:不屈の御曹司 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:424字
男は精神以外の強さを持っていなかった。貴族の次期当主と言えばよくも聞こえるだろうが、現実は厳しい。没落した家には財が無く、卓越した知力や武の才も彼には与えられな 〈続きを読む〉