お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:868字
[削除]

物置小屋
いつのまにやら犯罪者。どうしてこうなった。

あたしは冷たいコンクリート製の簡素な独房で目が覚めた。周りを見渡しても誰もいない。約3畳ほどの狭い独房のほかに、同じ感覚で区切られた部屋が見えるのだが。「おーい」「だれかー」。声を出しても返事がない。人の気配もないので、この空間は自分ひとりしかいないのだろうと見当をつけた。

薄暗い部屋の突き当りにドアらしきものが見える。ここが出口なのだろうが、わからない。あたしはここに来るまでの記憶がないのだ。気が付けばこの牢屋に寝転がっていて、ことの経緯がわからない。記憶喪失ならば、犯罪者として裁けるのだろうか?なんとかごまかして釈放されないかな。何も覚えちゃいないので、どうにも楽天的に考えてしまう。だって何も悪いことしてないんだもん、あたし。……おぼえてないけど。

ガチャン

部屋の奥から思い金属がこすれる音がて、間もなくコツコツと足音がする。暗くてよく見えないが、どうやら人が来たらしい。

「ああ、起きていたのか」
顔がよく見えないけど、スーツを着たおっさんみたいな感じだ。
「気分はどうだ?話せるか?」
「……のどがかわいた。そんで、トイレも行きたいんだけど……」

ほとんど反射的にあたしは返事をしていた。なにせ起きたばっかりでなにもわからない。ここはどこ?とか悲壮感たっぷりに訴えるのも面白いかもしんないけど、あたしはとにかく目先の要求を訴えた。

「ふっ……。出ろ。これからはずっと太陽の下で暮らせるぞ」
おっさんは独房の錠を開けてあたしの腕を乱暴につかんで引き寄せた。あいたた、乱暴にしないでったら。
「しかしそっくりだ。王女がまた暗殺されちまったからな。クローン体をいくつも保存していてよかった。2つても3つでもスペアは持っとくもんだな。くく、これで反乱軍のやつらも大義名分を失っておとなしくなるだろうよ」

あたしは起き抜けのぼんやりした頭でおっさんの声を聴いていた。
あたしは今日から、「お姫様」になるらしい。クローンの正しい使い方だそうだけど、あたしわかんないな。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:617字
改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。「『できない君』も『できる君』に!」 どうやら近くに学習塾ができたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の海 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:847字
陸地が減り続けてる現代。なんとか生きてくために人間という個体は、多種族の遺伝子を組み込まれ、亜人へと変わることとなった。 その中でも多いのはネコ科の亜人。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:消えた血液 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:585字
敷地の外にいたとき、ポケベルが鳴った。 「先生、またタバコですか」 看護師が顔をしかめる。手は空いていても、臭いは隠せないものらしい。 「二徹目だ、何かしてな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:10の男の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1159字
ある時期に、全国各地で10歳の少年がいなくなるという事件が起こった。それぞれ別の地域で起こった事件のため、関連性を疑う者はいなかった。 たった一人を除いては。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:私と銀行 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:776字
自販機で缶ジュースを買おうとしたら、小銭を落とした。はずなのに、なんの音もしなかったせいで、しばらく落下地点を見失った。たしかに落とした感覚はあった。100円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した山 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1360字
彼女は写真を撮るのが趣味だ。色々な風景、動物、旅先での思い出、それらをフィルムにおさめている。僕は彼女に聞いた。「君は昔から写真を撮るのが好きだけどそんなにいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男は佇む ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と時計 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:281字
旧い人間だと嗤われる程度に俺はこの店が好きだ。今時禁煙席喫煙席の区分もなく、便所はボットン。ド田舎の道をドライブしていてふっと現れる幽霊店舗のような佇まいなのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:朝の模倣犯 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:932字
本当に苛立っていることがある。 私は俳優で主役こそないものの、名前を聞けば半分ぐらいの人は知ってそうな、有名なドラマや映画に脇役として多く出演しているような俳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
GAFA評価 ※未完
作者:匿名さん お題:僕の好きな動機 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1635字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は”GAFAの弱点”です。 色々と言われているGAFAですが、筆者はその1つ1つが優れた企業とは思っていません。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の電話 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:499字
それは突然だ。夜、電話が鳴った私[はーい、ゆうかです]相手[、、、ずー&@yいまrwr?!#^!!!]カチャン私[なにこれ!?]これは、ノイズがひどくて聞き取れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪い関係 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:746字
学校の七不思議の一つこれはある事件から怒った、、、じゃない、起こった悠輝[!?死、死体!?]それは突然の出来事だっただがしかしそれはただの殺人事件と思われた。〜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉