お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:868字
[削除]

物置小屋
いつのまにやら犯罪者。どうしてこうなった。

あたしは冷たいコンクリート製の簡素な独房で目が覚めた。周りを見渡しても誰もいない。約3畳ほどの狭い独房のほかに、同じ感覚で区切られた部屋が見えるのだが。「おーい」「だれかー」。声を出しても返事がない。人の気配もないので、この空間は自分ひとりしかいないのだろうと見当をつけた。

薄暗い部屋の突き当りにドアらしきものが見える。ここが出口なのだろうが、わからない。あたしはここに来るまでの記憶がないのだ。気が付けばこの牢屋に寝転がっていて、ことの経緯がわからない。記憶喪失ならば、犯罪者として裁けるのだろうか?なんとかごまかして釈放されないかな。何も覚えちゃいないので、どうにも楽天的に考えてしまう。だって何も悪いことしてないんだもん、あたし。……おぼえてないけど。

ガチャン

部屋の奥から思い金属がこすれる音がて、間もなくコツコツと足音がする。暗くてよく見えないが、どうやら人が来たらしい。

「ああ、起きていたのか」
顔がよく見えないけど、スーツを着たおっさんみたいな感じだ。
「気分はどうだ?話せるか?」
「……のどがかわいた。そんで、トイレも行きたいんだけど……」

ほとんど反射的にあたしは返事をしていた。なにせ起きたばっかりでなにもわからない。ここはどこ?とか悲壮感たっぷりに訴えるのも面白いかもしんないけど、あたしはとにかく目先の要求を訴えた。

「ふっ……。出ろ。これからはずっと太陽の下で暮らせるぞ」
おっさんは独房の錠を開けてあたしの腕を乱暴につかんで引き寄せた。あいたた、乱暴にしないでったら。
「しかしそっくりだ。王女がまた暗殺されちまったからな。クローン体をいくつも保存していてよかった。2つても3つでもスペアは持っとくもんだな。くく、これで反乱軍のやつらも大義名分を失っておとなしくなるだろうよ」

あたしは起き抜けのぼんやりした頭でおっさんの声を聴いていた。
あたしは今日から、「お姫様」になるらしい。クローンの正しい使い方だそうだけど、あたしわかんないな。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:617字
改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。「『できない君』も『できる君』に!」 どうやら近くに学習塾ができたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死後 ※未完
作者:わんこ お題:早すぎた血液 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
どくどくと血が流れていく。右手の動脈に傷を負い、血液が大量に流れ出していく。もう意識を保てるのもあと少しだろう。手で傷跡を抑えても無駄なようだ。止めどなく血液は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:軽い汁 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1206字
「告白されちゃった」「ぶっ! ぐっほぐっほ……」 啜っていた味噌汁を、彼は吹き出しそうになった。だけどそれを最小限しか零さない所はこういった事態に慣れているとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:不思議な体 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1290字
「ということで、今日はあなたにインタビューをしたいと思います」「どういうこと」「まず、いつ頃からその力が使えるようになったのですか」「え、あ、そうね。うーん、半 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にいろちゃん@Vのモノ お題:今度の孤島 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:204字
また新しい生活が始まった。いつも俺の生活は唐突に終わる。せっかく住み心地がいいようにしたのに。俺が住むことは叶わないらしい。今度の生活はいつも以上に難産だ。無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
bba ※未完
作者:日ノ宮理李@りゅうはきらい お題:暗いババァ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1023字
夜道には不審者が現れるから注意しなさいと担任は話してた。それとあまり遅くならないようにも言ってた。 塾で遅くなるから僕にはどうしようもない。誰か一緒に帰ってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:南野 ツバサ お題:今度の冥界 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:306字
「んん……」 ローズは目を覚ました。 あたり一面には何もない薄暗い空間が広がる。 ひんやりとした空気が肌を撫で、だんだんと頭が冴えてくる。 「そうか……私は… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:春の躍動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1059字
もう四月も半ばを過ぎるというのに雪がちらついている。 気まぐれな春の天気というわけではない。この辺りは、ずいぶんと長い間冬を引きずっていた。 この年になってか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:でよんし お題:緑の水 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:190字
女子学生を中心に爆発的人気で連日長蛇の列が止まらない人気店があるそうだ。何でも緑色の水を出すお店何だそうで...それで緑の水ってじゃあ一体何なんだ? お茶でもな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:元気なセリフ 必須要素:新聞 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:375字
久しぶりに地元に帰った時、子供の時によく見かけた移動式の焼きイモ屋久しぶりに見かけた。別に、そこで焼きいもを食べたことはない。ただ、遠くからポォーっという汽笛の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは光景 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:539字
歳の離れた姉と私の唯一の共通点は、干支がおなじことだった。私が学生の頃、姉はとうに社会で働いており、実家にいた頃は会話どころか顔を会わすことも少なかった。あれか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:イタリア式の映画 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:320字
愛している、とか聞こえたかもしれない。友人がイタリア映画が見たいとかわけわかんないことを言うからそんな感じのやつを借りてきたらがっつり恋愛映画だった。同性と騒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:猫の博物館 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:204字
「あれはなんです?」ぼくはある剥製を指差し聞いた.「なんでも"ネコ"という生き物だそうです.いまから百年前まではあちこちに生きていたそうです」「ふむ.猫というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている電撃 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:379字
午前4時。急に雨が降ってきた。土砂降りだった。深夜に一人でいると雨の音を聞くだけで、元気が出た。わたし一人ではないと思えるから、その音は好きだった。カーテンの隙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
変わらぬモノ ※未完
作者:匿名さん お題:未来の悲劇 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:510字
《変わらぬモノ》「来週辺りに死ぬねぇ」「は?」 占い師から唐突な死の宣告に、私はつい無礼な返事をしていた。「死ぬよ、死ぬ。確実に死ぬ。逆に今まで生きていたの不思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:マイナーな薔薇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:710字
トイレにしか咲かない薔薇をご存知だろうか?それはとてもとても綺麗で、野ばらなんか屁じゃない。臭いがめちゃくちゃ酷いとかいう欠点もあるが、そんなことは気にならない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な映画館 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:742字
「......誰もいないなぁ.......」反響すること無く私のつぶやきは消えた。このド田舎のちっちゃなちっちゃな映画館は、度々私の貸切劇場になるのだ。経営が成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼のわずらい 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:732字
どうしても理解したくなかった。認めてしまったら、全てをあきらめたことになるから。彼が病床に伏してからもう3年経った。私は毎日という程でもないが彼の元へ足しげく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの夢 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:344字
アルパカは夢を見ていた。緑の風が優しくアルパカの毛を撫でている。彼女の足元には若草色の草原が地平線まで広がって何もかもを覆い尽くす青空に勝負を挑んでいる。そん 〈続きを読む〉