お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:617字

でもしかティーチャー ※未完
 改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。
「『できない君』も『できる君』に!」
 どうやら近くに学習塾ができたらしい。名前には見覚えがあったのでどうやら大手の塾らしいが、どうにも信用ならない気がした。それはたぶん、「できる君」というフレーズが気に入らなかったからだろう。
 自分も昔は「できる君」だったと思う。大人にはよく褒められた。当然おべっかもあったろうけれど、全部がそうだったわけでもないだろう。勉強も苦手ではなかったし、問題行動を起こした覚えもない。中学も高校も大学も、大人たちが「いい学校だ」と異口同音に言うようなところへ入った。両親や塾の先生の望みに、自分にできる最大限の努力で応えたと思う。
 でも、だからどうだったというのだろう。
「おはようございます」
「おう、お前あれ見たか?」
 職場の入口であいさつをすると、すでに来ていた土方さんがすぐに声をかけてきた。自分の席に荷物を置きながら、駅で見てきたポスターのことが思い浮かぶ。
「駅のやつ、やっぱり土方さんも見ましたか」
「やばいよなあ。あんな大手に来られたら、こんな弱小塾すぐに潰れちまうよ」
 そんなことを言いながら、しかしその声にはそれほど悲観の色は混じっていない。むしろ、土方さんは不適な笑みを浮かべて背もたれに寄りかかっている。「来るなら来い。やってやる」土方さんなら、きっとそう思っているのだろう。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:868字
いつのまにやら犯罪者。どうしてこうなった。あたしは冷たいコンクリート製の簡素な独房で目が覚めた。周りを見渡しても誰もいない。約3畳ほどの狭い独房のほかに、同じ感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の海 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:847字
陸地が減り続けてる現代。なんとか生きてくために人間という個体は、多種族の遺伝子を組み込まれ、亜人へと変わることとなった。 その中でも多いのはネコ科の亜人。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男は佇む ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と時計 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:281字
旧い人間だと嗤われる程度に俺はこの店が好きだ。今時禁煙席喫煙席の区分もなく、便所はボットン。ド田舎の道をドライブしていてふっと現れる幽霊店舗のような佇まいなのだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:朝の模倣犯 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:932字
本当に苛立っていることがある。 私は俳優で主役こそないものの、名前を聞けば半分ぐらいの人は知ってそうな、有名なドラマや映画に脇役として多く出演しているような俳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:消えた血液 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:585字
敷地の外にいたとき、ポケベルが鳴った。 「先生、またタバコですか」 看護師が顔をしかめる。手は空いていても、臭いは隠せないものらしい。 「二徹目だ、何かしてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:10の男の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1159字
ある時期に、全国各地で10歳の少年がいなくなるという事件が起こった。それぞれ別の地域で起こった事件のため、関連性を疑う者はいなかった。 たった一人を除いては。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:私と銀行 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:776字
自販機で缶ジュースを買おうとしたら、小銭を落とした。はずなのに、なんの音もしなかったせいで、しばらく落下地点を見失った。たしかに落とした感覚はあった。100円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

小宇佐銀次郎の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:617字
改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。「『できない君』も『できる君』に!」 どうやら近くに学習塾ができたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:寒い教室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:708字
なぜいまだにこんな古いストーブを使っているんだろう。朝、登校するたびに私は思う。今どき、家でも外でも、こんなものを使って暖をとっているところなんてない。使って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とうひ ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:熱い医者 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:458字
医者である父さんのことが自慢だった。 家にはお金がいっぱいあって、経済的な不便は一度だって感じたことなんかなかった。塾だって大手のいいところに通わせてもらえて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ブランコ ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:遠い父 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:503字
二丁目の公園で、ブランコが揺れていた。誘われているみたいで、僕はその幼い黄色と赤のブランコに座って軽く地面を蹴った。鎖がギイギイと辛そうに軋んで揺れる。公園に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:商業的な狼 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:588字
部屋はぬめりと重たい空気に満たされていた。肌にまとわりつくような、もはや湿度というよりは粘度というのが相応しい、不快な嫌らしさだった。それを掻き分けて、茶封筒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異種族採用 ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:危ない就職 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:409字
「はい、次の方どーぞー」 椅子の背もたれに思い切り寄りかかりながら、ドアの外へやる気のない声を放る。朝から始めた採用面接も、もう佳境。窓の外には夜の帳が落ちてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:茶色い囚人 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:695字
夜が明けていく。東の空が白んでいく。どこからか聞こえるテレビの音、癇に障る笑い声。くだらない。クダラナイ。僕はそっと目を閉じる。 僕たちは夜に生まれる。夜の帳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初夏の記憶 ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:どす黒いテロリスト 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:791字
あの日のことで思い出すのは、いつも父さんの後ろ姿だ。「待って! お父さん、待ってよ!」 どんなに叫んだって父さんが待ってはくれないことを、僕は知っていた。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:いわゆる電車 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:772字
人間、頑張りにも我慢にも限界がある。それが来てしまったら、もう何かにすがるしかなくなるものだ。 キーホルダーにただ一つだけついた鍵を挿し、重い鉄製のドアを開い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:壊れかけの育毛 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:634字
部長の指がイライラと机を叩いている。パタパタと。爪がきちんと切られた、柔らかい音だった。「一体どうしろってんだ……!」「まあまあ」 小企業とはいえ、二十八歳の 〈続きを読む〉