お題:愛すべき門 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:590字

タケル ※未完
「いってきまーす。」

「ちょっと、香住!朝ごはん食べたの?」

「時間が無いからいいー!」

母親の声を背中に、私は玄関の扉を開けた。

「うう、寒いッ……。」

昨日の天気予報によれば今日はこの冬一番の冷え込みだ。
冷たい空気が顔に痛い。
えい、と自分に喝を入れて、私は家の門をかけ出た。

その時、目の端に移った向かいの家の様子に私は足を止めた。

廃屋となって久しい、お向かいの家。
その家の横に重機が止まっていた。
私は直感した。
ーーついに、この日が来たのだと。



小学生の頃、向かいの家には男の子が住んでいた。
タケルと言う名前の元気な子だった。

当時、体の弱かった私は、学校を休みがちだった。
学校を休んだ日は二階の自分の部屋から、元気そうにかけていくタケルを見るのが少ない楽しみだった。
しかし、ある日を境にタケルの姿を見なくなった。
次第にタケルの家の庭には雑草が生い茂り、家は朽ちていった。

あとから親に聞いたところ、どうやら夜逃げをしたという事らしい。



向かいの家なのに話をしたことすら無かったタケル。
いざ取り壊されると思うと、あの頃の事を唐突に思い出す。

元気よく門を開けて、かけていった姿。

すっかり錆びついた門は錆びついた音を立てながら木枯らしに吹かれて揺れる。

「どうしてんのかなぁ……。」

その時、作業員の男の火とが
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:いわゆる暴走 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:915字
はじめのうち何が起こったのかわからなかった。ぼくを含めたクラス全員、全員、口をぽかんと開けて状況を見つめているだけだった。とてつもないことが起こっている、という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:打算的な希望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:851字
「これ言ったの、お前だけだから」そう言われて頬を染める私は、きっと愚かで可哀想なんだろう。そして自分を可哀想と思うのは、きっと悲劇のヒロインぶって・・・・・・と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:愛すべきバラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:833字
僕は、ふらりと居酒屋に立ち寄った。 取引相手先からの帰りだ。もう日はとっくに暮れている。 最寄りの駅で電車に乗らなければならないのだが、家に着いたら、シャワー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
断罪 ※未完
作者:えむろ お題:10の処刑人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:522字
誰しもが聖人ではない。あるいは偉大な聖人として多くの群衆から崇められる聖人であっても、多かれ少なかれ罪を犯し、それを心に抱えながら人は生きている。しかし、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
レメ ※未完
作者:サトT お題:団地妻の液体 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:550字
これから突入する。いいか、三秒後だ。 その言葉にそれぞれがうなずく。 さん、にい、いち。 男は扉を突き破り、内部へと侵入を図る。 「ポルマトの自警団だ! 直ち 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:サトT お題:バイオ心 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:535字
それは今朝、突如として起こった。ベッドの上で深い眠りについていた僕は飛び起きた。心臓に激痛が走ったのだった。休日だというのにこんな早朝に起こされるのは不愉快な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
王子様 ※未完
作者:ビビリ お題:暴かれた王子 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:529字
女子高 演劇部の王子 透けるようなきれいな黒髪のショートヘア、切れ長の目もと、健康的なきめの細かい肌、長い手足。桜の花も散りかけの頃、ローファーのかかとを鳴らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:unique お題:猫の衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:518字
懲役700年。 私が言い渡された判決だ。 人間の平均寿命が80年程度だとすると相当なものだ。 どれだけ経ったのだろう――。 静かな牢獄。 ある日を境に受刑者ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見知らぬ夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1271字
「最近暖かくなってきたねえ」「そうだね、もう春だね」 それは何の変哲もない、悪く言えば面白みのない会話だった。「春はいい季節だよねえ。花粉症さえなければ。暖かく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:重い命日 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:667字
命日が憂鬱だ。 ある意味、通夜・葬式の日よりも重いかもしれない。 ただし、その理由は、死者には無かった。 「まだ結婚しとらんのか」 挨拶後の第一声がそれだった 〈続きを読む〉

歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエの即興 小説


ユーザーアイコン
タケル ※未完
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:愛すべき門 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:590字
「いってきまーす。」「ちょっと、香住!朝ごはん食べたの?」「時間が無いからいいー!」母親の声を背中に、私は玄関の扉を開けた。「うう、寒いッ……。」昨日の天気予報 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:空前絶後の船 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:541字
「ここを、こうやって、こうすると……ほら!」小さな手を器用に使って笹の葉を折る女の子。そうして出来上がったのは可愛らしい笹舟だった。「はい、どうぞ。」そう言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:でかい即興小説 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:659字
これまでに私が見た即興小説というのは、推敲ほぼしていないものばかりなので、やはりどうあがいてもスケールの小ささが目につく。加えて、限られた時間内で書き上げられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
HoneyRain ※未完
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:奇妙な霧雨 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:596字
「もう売り切れだって?」近所のコンビニを訪れた私は素っ頓狂な声を上げてしまった。本日発売のコンビニ限定フレーバー。『蒲焼のタレ』コーラ。蒲焼のタレとコーラの味は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:宗教上の理由で俺 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:666字
「いったい誰だ、楊枝を無駄遣いしたやつは!?」学食のテーブルの上に散乱した無数の楊枝。どれもが真ん中でポッキリと折られている。これでは奥歯に詰まった何かを取るこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:楽しい曲 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:412字
私は集中したい時には必ず聞く曲がある。その曲はいわゆる「マーチ」と呼ばれる分類だ。某チョコレート菓子にも使われる、この「マーチ」。「マーチ」は楽しい曲の代名詞と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
他律的空腹 ※未完
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:昼の超能力 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:548字
「馬鹿なっ……。まだ11時前だぞ?」就業中の私を突然襲った空腹。そのあまりの空きっぷりに私はデスクに突っ伏した。「どうして、こんなに腹がへるんだ?」朝ごはんはし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:夜と太陽 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:726字
変死体の報を受けて、私は日の出とともに現場へと向かった。到着するやいなや、被害者の様子を確認する。「こりゃぁ、ひどい」横たわった男性の全身を覆うやけど。それが被 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:ひねくれた軽犯罪 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:443字
僕は夜に小をもよおしたら、必ず行く場所がある。ーーそれは、隣の家の花壇。その花壇には、特に珍しくもないモッコウバラが植えられている。僕は周りに人気がないのを確認 〈続きを読む〉