お題:寒い教室 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:708字

冬の教室
 なぜいまだにこんな古いストーブを使っているんだろう。朝、登校するたびに私は思う。今どき、家でも外でも、こんなものを使って暖をとっているところなんてない。使っているのは学校くらいのもんだ。小学生だったとき、初めて迎えた冬にこいつを見たときには驚いたな。アニメでお餅焼いてるやつだーって。
 けれど、きっと予算だとか場所だとかの都合で仕方ないのだろう。なんてったって公立だ。私立にいったかつての友達は、一教室に一台ついた大型エアコンで夏も冬も快適だと笑っていた。そのときばかりは、なぜ中学受験をしようと思わなかったのか、少しだけ本気で後悔した。まあ、そんなこと今さら言っても仕方ないのだけれど。
 だから私は、今日も仕方なく灯油式の古びたストーブに当たる。授業の合間の休み時間がくるたびに最後尾の席を立って、ストーブの周りをすでに取り囲み始めている人垣に体をねじ込むようにして。教室の中には平気そうな顔をして自分の席で友達と談笑しているやつらもいるけれど、私には気が知れない。休み時間の間だけでも体を温めておかないと、次の授業の間に凍死してしまう。だから、そう、仕方なく私はストーブに当たる。何人かのクラスメイトも、仕方なくストーブに当たっている。そのうちの誰かと、肩が当たってしまうのも、まあ、仕方ない。
 教壇の端に腰かけてストーブに当たりながら、隣に座る北村の様子をちらっとうかがってみる。こいつは、気づいているのだろうか。私たちの肩が触れていることに。仕方なく、私が肩を当てていることに。いつも通りむすっとした顔からは、何も読み取れない。けれど、まあそれでいいのだ。
 私は温かいこの時間が、とても好きだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:天塚 臥文 お題:セクシーな海 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:691字
「海でもいこっか」 と、彼女が言った。 季節は冬、正月休みも終え、親友との新年女子会でのことだった。 年が明けてもやることがない、と私がこぼしたことに端を発した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:孤独な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:664字
並々とビールの注がれたジョッキを片手に、何の勉強にもならないような深夜のバラエティーをテレビに映す。あまり使われない折り畳み机の上には、コンビニで買って帰った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:打算的な村 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:944字
村外れにひとりの男が倒れているのを発見したとき、住人たちは「ついにきた」と思った。近隣の村から噂は伝わってきていた。その者はたとえば老婆だったり、ちいさな子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:死にかけの人体 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:586字
なんなんだよ、いったい!!ただの好奇心だった。ほんの出来心だった。わずかな慢心だったのかもしれない。【立ち入り禁止】 【危険】 【引き返せ】などなどの立て看板が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と痛み 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:355字
ひどい痛みに襲われる時、黒い人影がベッドの傍らに現れるようになった。影は何も言わず、僕のことを見ているようだった。影が見えるようになって数日後、痛みを紛らわせる 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:348字
「食べ物が小さくなってる」「上司からのセクハラ」「勘違いした男が言い寄ってきてうざい」などと、私達は4人で居酒屋で女子会をしながら口々に言い合っていた。だが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:でかい音楽 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1016字
会場全体に響き渡る音楽が流れたら、そこには一人の男ではなく、観客の求めるスターに変れる。 花道を歩いている時、自分自身の中で問いかける。俺は誰だ。お前は誰だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:死にぞこないの整形 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1030字
容姿を変えて名前を変えて住まいを変えて経歴を変えて何もかもを変えたところで、一度死んだという事実は変わらない。 もちろん肉体的には死んだわけではない。だが全て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:希望の別れ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字
シャンパンでの乾杯から始まり前菜を食べ終えた頃から、私は前々から計画していたことを実行し始めた。向かいに座る、顔はそこそこでお金もまあまあ持っているお上りさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜と天井 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:454字
「そろそろ眠ろうか」 父は時計をみてそう言った。 一日あくせく働いて、夜は自分の子を寝かしつける日々。 顔に似合わない青色ベースの水玉模様のパジャマを着こなし 〈続きを読む〉

小宇佐銀次郎の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:617字
改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。「『できない君』も『できる君』に!」 どうやら近くに学習塾ができたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:寒い教室 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:708字
なぜいまだにこんな古いストーブを使っているんだろう。朝、登校するたびに私は思う。今どき、家でも外でも、こんなものを使って暖をとっているところなんてない。使って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とうひ ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:熱い医者 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:458字
医者である父さんのことが自慢だった。 家にはお金がいっぱいあって、経済的な不便は一度だって感じたことなんかなかった。塾だって大手のいいところに通わせてもらえて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ブランコ ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:遠い父 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:503字
二丁目の公園で、ブランコが揺れていた。誘われているみたいで、僕はその幼い黄色と赤のブランコに座って軽く地面を蹴った。鎖がギイギイと辛そうに軋んで揺れる。公園に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:商業的な狼 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:588字
部屋はぬめりと重たい空気に満たされていた。肌にまとわりつくような、もはや湿度というよりは粘度というのが相応しい、不快な嫌らしさだった。それを掻き分けて、茶封筒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異種族採用 ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:危ない就職 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:409字
「はい、次の方どーぞー」 椅子の背もたれに思い切り寄りかかりながら、ドアの外へやる気のない声を放る。朝から始めた採用面接も、もう佳境。窓の外には夜の帳が落ちてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:茶色い囚人 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:695字
夜が明けていく。東の空が白んでいく。どこからか聞こえるテレビの音、癇に障る笑い声。くだらない。クダラナイ。僕はそっと目を閉じる。 僕たちは夜に生まれる。夜の帳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初夏の記憶 ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:どす黒いテロリスト 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:791字
あの日のことで思い出すのは、いつも父さんの後ろ姿だ。「待って! お父さん、待ってよ!」 どんなに叫んだって父さんが待ってはくれないことを、僕は知っていた。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:いわゆる電車 制限時間:15分 読者:172 人 文字数:772字
人間、頑張りにも我慢にも限界がある。それが来てしまったら、もう何かにすがるしかなくなるものだ。 キーホルダーにただ一つだけついた鍵を挿し、重い鉄製のドアを開い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:壊れかけの育毛 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:634字
部長の指がイライラと机を叩いている。パタパタと。爪がきちんと切られた、柔らかい音だった。「一体どうしろってんだ……!」「まあまあ」 小企業とはいえ、二十八歳の 〈続きを読む〉