お題:僕の好きなカラス 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:774字

水際6
駅前にはいろんなものが集まりやすく、吸い込まれたり吐き出されたりする人々でいつもごった返している。その中を、誰より早く道を急ぎたい気分になったり、せかせかとするのが馬鹿らしくなってうんと遅く歩いたりする。駅に備え付けられた売店の壁にはサイネージがあり、今日の星座占いを表示していた。上位五つまでしか表示されていない星座の名前に、自分の星座がないことを一瞬見ただけで分かってしまう。少なくとも五位以内ではないってことだ。
どこの会社もクールビズをやめたらしく、先週まで白や青のワイシャツを着ていた人たちが、誰も彼もが黒いジャケットを着込んでいた。一気に黒ずんだ視界に、季節が変わるたびに感じる妙な新鮮さを感じながら、その群に身を埋める。群の向かう方向はバラバラではなく、大体が同じ方に向かって歩いていた。だからこそ群を成せていた。ピッピッピとあちこちから改札を抜ける音が途切れなく聞こえてくる。改札を抜けた先は横断歩道で、信号機やあたりに張り巡らされた電線の上にはびっちと鳥がとまっていた。駅のバスロータリーには木が点々と植わっており、そこをねぐらにしているようだった。あまり鳥の鳴き声が聞こえないのが気になった。きっと、駅の足音の方が大きいのだ。
黒々としたカラスが、歩道と道路の間の柵に止まって、ジッと横断歩道の方を見つめている。家の近くでも見るが、都会の駅の近くにいるカラスの方が、なぜか一回りくらい大きく見えた。カラス自身がほんとうに大きいのかどうかは、分からない。ただそういうような気がするのであり、そうであったらいいなと思っていた。
カラスの羽は、メラニンによって強固さを得ている。そう本で読んだ。自分の髪の毛を指先でつまむ。前を歩く黒いスーツの、背中のシワをみる。ちょっと色あせた黒だった。ぼくたちはそんなにつよくないのだ、それがいい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きなカラス 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:365字
昔からなぜか、黒が嫌いだった。じっとみているだけで、僕の腹の奥底までそれに染まってしまうように深い深い色で、僕はそこが一番嫌いだ。なんて、またいつものようにくだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:ねじれた表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:403字
「あなたって、怒ったり、笑ったりすることあるの? いつも無表情でさぁ。」彼女が不機嫌そうにつぶやく。10分前に運ばれてきた食後のコーヒーにはまだ口をつけていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大学シリーズ ※未完
作者:茂吉 お題:箱の中の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:300字
大学2年のとき、一時期、プラモデルに嵌ったことがあった。戦闘機をよく作っていた。形の美しさに魅せられていたのだと思う。塗料を買って、色も塗って、本格的に仕上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢い絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1219字
知り合いが「とてもいいモノを買った」と自慢してくるので見せてもらうことにした。 この知り合いは同人で漫画を描いていて、それにとても役に立つものらしい。 そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:今日のゲストはバラン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:698字
「ようこそ、お越しくださいました」 寿司屋の出迎えにしては、大人しい。 「二名で」 「カウンター席でよろしゅうございますか」 「テーブル席で頼む」 「かしこま 〈続きを読む〉

カ クの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:たった一つの正義 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:726字
後楽園はだめよだって人がいないから。ロマンスグレーの髪の毛をしきりにいじりながら、大きな声でそうつぶやいている。大きな声なのにつぶやいてるなんてちょっと間違って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:失敗のパソコン 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:245字
冬の朝はほぼ夜のままで、黒々とした暗闇の中で、街灯の白い光が、わずかに緑色に色づきながら一定の範囲を照らしている。まだ星が強く光っていた。冷え切った空気が一枚の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:彼女が愛したパイロット 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:685字
目の前で改札に吸い込まれていく磁気定期券を見て、昨日もこの後ろを通ったと思う。目の前の後頭部、黒いショートカットの後ろ側、見覚えがある背中だった。磁気定期券が吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:煙草と出会い 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:456字
冬になった。吐く息が白くなるのを見ると、毎年のことなのに少し驚く。夏は息のかたちが見えないのに冬は見える、夏に見えて冬に見えるものの正体を眼前にくゆらせる。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:苦しみの冤罪 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:743字
きみが、きみがね、たとえばGoogleMapで「ここではないどこか」を検索したって、ここから徒歩三分もかからないような場所しか出なくって、そしてそれでもそこに向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:プロの男の子 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:670字
丸くて小さい手鏡を買った。カバーが赤色で、鏡自体にはなんの枠もついていない、いたってシンプルなものだった。ウェブサイト上の画像しか見てないから、実際自分の手のひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:588字
朝から強い雨が降っていて、遅刻しそうな身体が、一瞬ひるんですぐに駆け出す。雨のせいかぐんと冷え込んでいて、雨だと暖かくなるときもあるのに、と思う。スタスタと足早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:僕の好きなカラス 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:774字
駅前にはいろんなものが集まりやすく、吸い込まれたり吐き出されたりする人々でいつもごった返している。その中を、誰より早く道を急ぎたい気分になったり、せかせかとする 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:あいつの整形 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:637字
すきっ歯をその笑顔にみとめる。綺麗に並んだ歯は小ぶりで、顎の大きさと少しアンバランスなようだった。きちきちと前歯から並んでいって、犬歯のあたりに隙間がいくつかあ 〈続きを読む〉