お題:楽観的な友人 必須要素:栓抜き 制限時間:1時間 読者:138 人 文字数:1198字 評価:1人

泡に消える
悲観の友と思っていた友人が職場で彼女ができてからというもの美容院に通って髪にワックスなど付けたり不要な小物を買いに出かけたり僕にアドバイスなぞするようになったので交流を絶った。アドバイスするというのは今の僕を否定することだ。幸せとは一元的でない。自分の思うしあわせの状態にない人は全てふしあわせではないのだ。ふしあわせの中にこそあるしあわせもある。僕が将来の伴侶にするべきプロポーズはこうだ。「僕と一緒に不幸せになってください」。


深夜の牛丼屋、隣に座った面長の妙に皺のないおじさんにこう言われる。
「君はなかなか良い顔をしているね。」
ゲイに偏見はないがあいにく売春はやっていない。
「はぁ」
「人間というのは齢を取るごとに顔に出るもんだよ。君はまだ若いが人生の全てを知ったような顔をしている。」
人生の全てを知ったつもりはないが確かに現状の坦々とした日々がこの先も続くような気はしている。
「この栓抜きをあげよう。」
おじさんが上着から取り出したのは何の変哲もない栓抜き。
「この栓抜きで瓶を開ければ人生が見えてくる。」
スッと立ち上がり、おもむろに店を後にする。あのおっさん金払ったか?と思った矢先、店員が飛び出して行った。


栓抜きなんて貰っても困る。瓶は捨てるのが面倒くさい。だが栓抜き自体も金属なので捨てるのが億劫で、どこかのゴミ箱に放り投げようかと思いながら入ったスーパーで、瓶ビールが目に入る。酒は眠くなるばかりで楽しくもならないので飲むこともないが妙に説得力のあるおじさんの声が耳に残る。レジに通す。惣菜の手羽先を横に構え、いざ神妙に瓶ビールを開ける。
開けたが、何も起きない。瓶を口につけ冷たい刺激を喉に通してみたがやはり何も起きない。味の濃い手羽先やフライドポテトとともにその香りを楽しんでみたが何も起きなかった。妙に説得力のあるただの変なおじさんだったのだと納得し床に就くと、その日不思議な夢を見た。
始まりは赤ちゃんからで、一人っ子として両親の愛情を一身に受け幼稚園でこそ引っ込み思案であったが小学校では頭はよくないものの友達は多く、6年生では児童会の会長となり寒い冬に雑巾を濡らして床掃除させることをやめさせたりした。中学ではテニス部に入り学友とさわやかな汗を流し県大会止まりではあったが楽しい部活生活を送った。頭の出来は良くなかったが努力は嫌いではなかったため高校では熱心に受験に取り組み、全国で名のある大学の文学部に入った。大いに文学をやりつつ私は恋にバイトに忙しく、毎日今日はいい日だったと呟いて眠りに就いた。
目が覚めると私は僕であった。空虚であった。今までずっと僕であったためにずっと幸せであったが、他人の人生を歩んで見つめてみればこれほどみじめな人生もない。あのおじさんは妙に神様の雰囲気をまとっていたが死神の類だったのかもしれないと思えてくる。

作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽観的な友人 必須要素:栓抜き 制限時間:1時間 読者:168 人 文字数:3370字 評価:2人
大学で知り合ったイガラシは、相当なプラス思考の持ち主だった。 どんな時も明るいし、誰かが挫けたようならば励ます。理想的な人間に最初は見えた。 だが、友達付き合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:楽観的な友人 必須要素:栓抜き 制限時間:1時間 読者:138 人 文字数:1198字 評価:1人
悲観の友と思っていた友人が職場で彼女ができてからというもの美容院に通って髪にワックスなど付けたり不要な小物を買いに出かけたり僕にアドバイスなぞするようになったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:楽観的な友人 必須要素:栓抜き 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:2432字 評価:1人
ついこの前、医者に余命半月を宣告されたばかりだというのに、友人を訪ねてみると元気いっぱいだった。むしろ、病気がわかるまえより元気かもしれない。「だって、あと半 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:楽観的な友人 必須要素:栓抜き 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:2184字 評価:0人
友達のケイはいつでも栓抜きを持っていた。サッカーをするときも、ゲームをするときも、学校で勉強するときも栓抜きを手にしていた。当然、いろんな人から注意されるけど、 〈続きを読む〉

はろーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:はろー お題:かっこ悪いお茶 必須要素: 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:502字
「それで、どうするんですか」「どうするというと?」「これから、どうするんですか?」「そうですね、少し外にでも出ましょうか」「遠くから来て頂いたのにお茶しか出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:昼の蟻 必須要素:つけ麺 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:218字
「これ、おまけ。」思わずため息が出る。ここで5件目だ。「あれ… 梨好きじゃなかった?」「どうも」男たちは次々と貢ぎ物を差し出してくる。私の姉に。姉は教会の奥に隠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:宿命のお天気雨 必須要素:小説 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:549字
スーパーへ買い物に、いつもの川沿いの道路、自転車を駆っているとポツポツと顔に当たるものがあった。空を見上げても青が映るだけだ。前に視線を戻すと同時に、駆動が急に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:絵描きの弔い 必須要素: 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:872字
「ん゛ーーーーー!!!」男が唸りを上げて立ち上がったのと同時にキャンバスをかっさらい避難する。「じゃあ、これはもらっていくから」「ん゛ーー……」男は似たような唸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:突然の怒り 必須要素:イヤホン 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:496字
アドレナリンというと良くない状況のときに出るものと思うかもしれないがこれはかなり便利な代物で運動能力を高めたり脳を覚醒して集中力を上げるという効果がある。アドレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:残念な凡人 必須要素:子供 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:692字
好きなことしかやりたくないってのは一種の才能だろう。俺の場合死ぬほど好きなことなんてないし死ぬほどやりたくないことも無い。親の仕事を継いで農家になったが他にやり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:簡単な彼方 必須要素:骸骨 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:1210字
理奈はすぐに"引っ込んで"しまう。目を見てれば分かる。けど誰もそれに気づかないみたい。今も、みんなとニコニコ話してるリナは彼女自身ではない。彼女は心の奥に引っ込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
引き受ける人 ※未完
作者:はろー お題:すごい消しゴム 必須要素:ラジオ 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:759字
私の姉は病を癒す聖女と言われている。教会には助けを求める病人が後を絶たないが「治す」ことのできる人は軽症で日に3人、重症なら1人が限界だ。最近は噂が広まって不治 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:彼の小説新人賞 必須要素:女使用不可 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:757字
津田が床に積み上げている文庫本、カバーが一つだけめくれて外れていた。「俺のクラスメイトが魔法使い〈クロノスマギカ〉だったんだが。」そうか。正直ラノベにはあまり食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:楽観的な友人 必須要素:栓抜き 制限時間:1時間 読者:138 人 文字数:1198字 評価:1人
悲観の友と思っていた友人が職場で彼女ができてからというもの美容院に通って髪にワックスなど付けたり不要な小物を買いに出かけたり僕にアドバイスなぞするようになったの 〈続きを読む〉