お題:恥ずかしい恋 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1027字

そういうことなら家でやってくれ ※未完
 マンガ喫茶におけるカップルシートの存在意義に思いを馳せる。わざわざ「カップル用」と銘打った半個室を用意しておきながら、行為に及ぶのを禁ずるというのは残酷であると思う。間違っていると思う。店側の神経を疑わざるを得ない。
 だから、隣のシートのカップルは店のルールには背いているかもしれないが、道理には背いていないと思う。少なくとも僕は。
 男の「いいだろ」という囁き声。女の「カメラがあるよ」という囁き声。そして何らかのスイッチをカチカチやる音と、それに合わせて鳴っては止む振動音。
 当たりだ。いや外れだ。大外れだ。いや、正直になろう。大当たりだ。頭の緩いカップルの隣のシートをあてがわれたのは。僕は何となく読み進めていたマンガをわきに置いて、壁に耳をつける。咎められる謂われはない。彼らも盗み聞きを承知でことに及ぼうとしているのだ。でなければ本物の馬鹿だ。

「ねぇ、やっぱり駄目だよ」
「いいだろ。大丈夫、バレないって」
「でも、恥ずかしいよ」
「そんなこと言ったって、俺もう今更止めらんねぇよ。お前だってそうだろ?」

 沈黙。肯定も否定もしない。つまり肯定。
 僕は息を殺して始まりの時を待つ。心臓が僕を囃し立てる。
 カチカチと鳴る何かのスイッチと、もうそう意味しか孕んでいない振動音。シート間の仕切りはそう高くなく、覗きこもうと思えば覗きこめてしまう。でも僕はそんなに愚かじゃない。バレたら台無しだし、女の方が美人とも限らない。音だけを楽しむのも一興だ。

「ねぇ、やっぱり駄目だよ。やめようよ」
「またかよ。もういいよ。始めるぞ」

 そうだ、もういい。始めてしまえ。

「そうじゃなくて、ほんとにやめよう」

 振動音がぴたりと止んだ。男は何も言わない。

「こんなの、間違ってるよ」
「……そんなの、分かってるよ」

 なんだか風向きが変わってきた。

「こんなの、普通じゃない」
「じゃあどうすんだよ。『証拠』を持って帰らなきゃ、俺たち家に上げてもらえないぜ」
「どうして?」
「だって、ママがそう言ってただろ」
「だから、ママはなんで私たちにこんなことさせるの?」
「前に言ってたじゃんか。家の外は穢れてるんだ。俺もお前も、家の外の奴らと交わっちゃいけないんだよ」
「お兄ちゃん、本当に信じてる? 私たち、もう高校生だよ?」
「……わかんねぇ」
「私、普通に友だち作りたいし、普通に彼氏がほしいよ」
「わがまま言うなよ。おれ


作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:恥ずかしい恋 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:942字
「はぁ……」 ――黄昏たい。 丘の上から、見える夜景でもって山を登りはじめた。 木々の擦れる音、虫たちのざわめき声は落ち込んだ私の心情を表してるかのようだ。 鎮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:箱崎ユリカにグリマンください お題:恥ずかしい恋 制限時間:15分 読者:341 人 文字数:787字
愛に年齢は関係ないとか、同性愛は認められつつあるとか、正直どうでもいい。だから何。私には関係ない。 今日も私は、部屋一面に貼った彼のポスターやブロマイドを見つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yui お題:幼いホテル 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:1019字
一先ず警察の目は欺いた。しかし、逃げ込んだ先がラブホテルだったとは、童貞の俺には皮肉なものだ。今までチャンスがなかったわけではないが、どうしても行為寸前になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:✞✟りおんちゃん✞✟ お題:マイナーな火事 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:1219字
孕んだのはいくつかの嫌悪感だった。それらは、自身に対してなのか、他者に対してなのか、私には知る由もなく、ただ虚無感が残る。わたしは常に笑っていた。何事も無かった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
叔父の映画 ※未完
作者:堂本 お題:3月の映画 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:200 人 文字数:580字
うちの2階に居候している叔父、新卒で入った会社が倒産してから3年間ニートをやって、実家から勘当されたため、うちに半年以内に職を見つけるという条件で転がり込んで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:保湿 お題:永遠の敗北 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:234 人 文字数:323字
ばればれのトリック、と鼻白んだのも束の間、韋駄天の如き速さで回り込んできた彼女に、背後をとられる。罠だったか。ブロック塀を蹴って寝ていた猫を飛びのかせ、猫アレル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:潮音@ドールオーナー兼創作家スランプ中 お題:永遠の敗北 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:203 人 文字数:584字
広い部屋に一人、寝正月から明けて2日、突然のバイブ音で目が覚めた。 スマホを片手に誰だと画面を見ると絶縁したはずの実家からだった。今更、戻ってどうなると半ば諦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こたつ@創作垢 お題:私と秘部 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:458字
「誰だって良かったの」 面食らう。 一言で、壊れた。「じゃね」 彼女が去る。 いや、彼女だと思っていた人間が去る。 その人間は夜の都会の安っぽい喧騒に消えた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
記録的雷雨 ※未完
作者:にしき お題:空前絶後の闇 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:340 人 文字数:1207字
ついさっきまで雷が鳴っていた。それはもうひどく。雨足も強く、窓をしっかり閉じていても吹き込んでくるような錯覚に襲われた。雨と雷とで外の音はおろか室内の音すらもま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akiさんはログアウトしました。 お題:弱い愛 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:601 人 文字数:809字
「ねぇ。私の話聞いてる?」「え?あぁ、うん」こちらがどれだけ話しても、彼は私に一切興味を示すことなく、ただ横にいるだけ。上の空。ある人物だけしか考えられないよう 〈続きを読む〉

らびの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:らび お題:君の笑顔 必須要素:ゴキブリ 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1848字
伸びきった髪をかき分け、彼女は今日もブロック状の食べ物を口に運ぶ。ボロボロとカスを落としながら食べる。それは私にとってごちそうだけれど、人間を動かし続けるには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1555字 評価:1人
僕のような典型的なナードにとって真夏の海ほど危険な場所はないわけだけれど、じいちゃんの店の手伝いを頼まれた以上、僕に逃れる術はない。ここで水着姿のクラスメート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:気持ちいい正義 必須要素:もみあげ 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1987字
もみあげが、異常に立派であること。それが、花の女子高生である私の、当面の悩みだった。 髪を切ると、その日の夜にはもみあげだけが胸のあたりまででろんと伸びている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:知らぬ間の真実 必須要素:ボールペン 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1956字
不安になるとボールペンをノックし続ける癖がある。例えば、会社で激しく叱責された日の夜。つまり今。 特段心が平穏になるということもない。ではなぜ動悸が激しくなる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:もしかして壁 必須要素:コショウ 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:1707字
幼馴染のトレイシーと、10年ぶりに顔を合わせた。路地裏の小さなバーに入り近況を尋ねあう。今は小さな劇場で女優をやっているらしい。「なんだか、違う世界の人間にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:苦し紛れの男 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:1262字
短いスカートを履いた女性をつけるのが私の日課である。したくてしているのかと言えば、半分はそうで半分は違う、ということになるだろうか。「少々長すぎたようですね」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:今の団地 必須要素:右肘 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:1210字
引っ越しには電車を使う。団地の目の前に駅があって、そこに留まる灰色の電車に乗って僕らは団地間を移動する。 引っ越しをする理由はよくわからない。ずっと昔、まだ生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:恥ずかしい恋 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1027字
マンガ喫茶におけるカップルシートの存在意義に思いを馳せる。わざわざ「カップル用」と銘打った半個室を用意しておきながら、行為に及ぶのを禁ずるというのは残酷である 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:めっちゃ仕事 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1311字
照明を消し、鍵をかけて予備校を出る。暦の上では秋とはいえ、さすがに寒さが堪える時期になってきた。コートの前を閉め、自販機でコーヒーでも買おうと校舎裏に回ると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:近い昼食 必須要素:群像劇 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:984字
公園に吹いた風が前髪を激しく揺らす。そろそろ切らなければとは思うが、散髪にも金がいる。現在無収入である俺には、1,000円カットさえ敷居が高い。自分で切るしか 〈続きを読む〉