お題:素朴な勇者 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:370字

習作106
自然豊かで穏やかなこの世界に、突如として魔王と呼ばれる存在が現れた。
魔王は人間に仇なす存在、魔物を世界中に放ち、世界を混乱の渦に落としていた。

 この異物に対して、大地母神は大地の力を器となる者、勇者を選びだした。

 勇者は数々の試練を打倒し、ついに魔王の目前にまで迫った。
 そして、今勇者と魔王の世界の命運をかけた戦いが始まる――!

魔王は、一瞬我が目を疑った。
目の前にいるのは、丸みを帯びたボディ。茶色いふさふさした毛並み。
そう、正にくまである。

「あ、お邪魔します」

呑気に頭を下げ、挨拶をするくま。

この丸くて可愛い生き物に魔王四天王が破れたというのか、と静かに思案する魔王。
しかし、手は抜かぬ。全力で相手を、と魔力を出しながら襲いかかった。

「えーと、ごめんなさい!」

くまのぱんちが魔王を粉砕した。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:マミルトン お題:素朴な勇者 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:603字
勇者は素朴な人柄だった。何に対しても深く考えず、受けとったっままに解釈する人間だった。勇者はある日、一人の男と出会った。男はひどくやつれていて無精ひげ、ところど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の罪人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:511字
髪の毛がサラサラだったのだ。少女がクラスメイトに惹かれたのはそれが理由だった。髪の毛がサラサラで浮いた毛が一本もなくて光の反射する形すら美しかった。他の子と同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:僕の好きな情事 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:435字
青崎は一心に地面を掘り返していた。小さい園芸用スコップを慣れた手つきで扱い、柔らかな腐葉土を荒らしていく。今年で18になる彼の、月に2度行う密やかな悪徳だ。何を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツとカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:599字
いくら腕を伸ばそうと袖からは指先しか出ない。いわゆる彼シャツ萌え袖というやつか、感慨深くぶかぶかのワイシャツの襟首を、ぶかぶかともてあそぶ。「こら」バスタオルと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:記録にない火事 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1008字
燃えている。全てが、なにもかもが燃えている。だけれども、それを消し止める者はいやしない。何故ならば、この燃え盛りは誰に目にも見えておらず、どこの記録にも残らな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ssk_ksk お題:きちんとした君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:453字
朝になると部屋の前に立っている君と挨拶を交わす。「おはよう」「おはようございます。本日のご予定は……」ピッチリと整えられた髪型とスーツ姿はそのまま国会議事堂前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心のディナー ※未完
作者:匿名さん お題:当たり前の愛 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:195字
とてつもなく長い歴史を経てしても産まれた以上、必ず立ちはだかる難題、愛人それぞれに形があり、それを感じ取るには当本人でしか知り得ないものもある。与える本人が言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな帝王 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:632字
隣のあいつは生意気だ。僕はペンケースから鉛筆を取るふりをしてそっと様子を伺った。隣に座る佐藤は大口開けてあくびをして、つまらなそうに頬杖をついている。シャーペン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青鈍 お題:ラストはお嬢様 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:886字
パン、と銃声が響いた。音の出どころは自分の手の中、黒い塊の銃口からだ。弾は襲い掛かってきたマフィアの手下らしい男の眉間を貫き、命を奪った。一人処理している間に背 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:うへへ、狙撃手 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1122字
ひとえに皆様、どうしてこうなったのかを説明するにはかなりの時間を要します。 とはいえ……話さないことには話が進まないので語ろうと思います。 それは40分前のこ 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
習作112 ※未完
作者:夢路 お題:オチは紳士 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:260字
「ねぇ、あなた」「どうしたの?どこか痛いの?」「ねぇったら」 手を伸ばしたところで、目が覚めた。 見慣れた天井が目に映る。 寒い。 体が重くて動かない。 体と同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作110 ※未完
作者:夢路 お題:シンプルなネット 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:242字
「ねぇねぇ、Aはさ、SNSやってないの?」そう突然聞かれて面食らう。わたしの席の隣で、何人かの友達と話していたEがふとこちらを向いて、そう質問してきたのだ。「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作109 ※未完
作者:夢路 お題:汚い馬鹿 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:142字
あるところに一人の少年がいた。どこにでもいるストリートキッズ。生まれはゴミ溜め。名前もない。誰からも馬鹿にされ、蔑まれた。生きるため、生き残るため、彼は何でもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:臆病な同性愛 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:382字
携帯電話のメッセージの履歴を見る。彼女から、何件ものメッセージが来ていた。心がぎゅうと締め付けられた。わたしとあの子が仲良くなったのは、学校で同じクラスになっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:捨てられたぺろぺろ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:440字
雨の中に、それはいた。汚れだらけで弱々しく佇んでいた。わたしもその時、とても弱っていた。彼氏に振られて、顔面泣き腫らして。メイクも溶けてぐちゃぐちゃになってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:素朴な勇者 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:370字
自然豊かで穏やかなこの世界に、突如として魔王と呼ばれる存在が現れた。魔王は人間に仇なす存在、魔物を世界中に放ち、世界を混乱の渦に落としていた。 この異物に対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:くさい動機 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:305字
ドアを叩く音が聞こえる。 おれは焦った。やつら、とうとうここまで来やがった。 何度も強くドアが叩かれる。 逃げなくては。 おれは着の身着のまま窓からこっそりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:236字
水槽に赤い影が走る。 薄暗い室内。水槽からぼんやりと漏れる光が唯一の光源だった。 色とりどりの小魚が群れて縦横無尽に水槽の中を泳いでいる。 この時が唯一の癒や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作103 ※未完
作者:夢路 お題:悲観的な冤罪 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:288字
「おいテメー何しやがる」 手首をきつく握られる感触に心臓が高鳴る。 敵意のこもった声が誰に向けられたかはその感触ですぐに分かった。「この、痴漢野郎!!」 怒鳴り 〈続きを読む〉