お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:837字

伸ばした手の行方
虚空へ向けて手を伸ばす。

何度も、何度も、手を伸ばしてきた。

だけど、捕まえられたものは一つもなかった。

いつからだろう、現実に嫌気が指したのは。

何度やっても届かないこの想いは止むことをしらない。

涙は枯れることなく、嘆きの湖から零れ落ちる。

いつになったら、私は満ち足りるんだろう。

その答えすら見つけられないまま。

今日も私は生き続ける。

この牢獄の中で。

天井から微かに見える光。

それだけが今の私の、たった一つの救い。

暗くジメジメしたこの場所は、人の精神を病ませる。

胸の鼓動も跳ね返り、生を体感する。

トクン、トクン。

いつまで、この″嫌な音″は奏で続けるのだろう。

目障りだ。

こんなものがあったから、私は…!

壁に手を当てる。

打ち所が悪かったのか、手から血が溢れる。

その感覚に、後悔と快楽を覚える。

血を舐める瞬間、全てが私の中に入ってくるような…。

そして、身体から重要な何かが抜け出してしまうような…。

なんとも言えない感覚。

だけど、それは現実。

今の私が生きているのは、痛みがあるからだ。

もしも痛みがなければ、私は幸せだったのだろうか。

そんなことを考え続けても意味がない。

人が人である以上、痛みから逃れることはできない。

それは、人類が古来に犯した原初の罪。

もしも、なんてものはないけれど、彼らの原罪がなければ、私はいなかったかもしれない。

だけど、それで得られる世界が平和で構築されるものなら、どれだけ嬉しいことなのだろう。

全ては憶測でしかなく、今日も時は緩やかに進む。

掴むことができなかった左手も、今では十分に動く。

だけど、それは本当に正しいのだろうか。

今まで溢してきた私が、誰かに手を伸ばすだなんて。

そうして、始まりの思考に戻る。

結局、私は目に見えるものしか興味がない。

たとえそれで世界が崩壊しようとも。

あぁ、だけど、やっぱり、人は…
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
見失い ※未完
作者:たまきっぱい お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:594字
「…開かないねえ。」「そうだな。」陽の光が差さず、暗くうすら寒い。勝手に地下だと思い込んではいるがその確証すらない施設で、ひたすら歩き回っている。方向音痴の彼ひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒い逃亡犯 ※未完
作者:ぽぽ (小説) お題:黒い逃亡犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:252字
「やっと見つけた。観念しろ。」 俺は薄暗いバーの奥に座っている黒いロングコートの男に声をかける。「追いかけっこは終わりですか?まだ遊び足りないのでは?」「ふざけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Motaはスパイダーマン観て興奮中 お題:来年の理由 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:665字
「僕は未来から来るはずだった者だ、来れなかったわけじゃないんだ、ただ気が進まなくってでも機械を起動させて過去に1年前の僕に会いに行ったはずなんだ、」と急に脳にテ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:斬新な海辺 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:763字
「はいこちら斬新な海辺と話題のワイワイビーチに来ています! 見るところいたって普通ですが、一体なにが斬新なんでしょう? 海水浴客の方々に聞いてみましょう! こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Motaはスパイダーマン観て興奮中 お題:求めていたのは交わり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:636字
僕はマイネス・アウリアという人を10年間探し求めてきた、しかし、彼女は男になり、名前も変え、更には整形もしたという僕はアウリアの居場所も知らない、いや知っていた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
Museum of Gold ※未完
作者:匿名さん お題:黄金の美術館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:358字
旧知の友人から突然のLINEが入ってきた。「黄金の美術館があるのを知っているか?」と聞いてきたのは友人のNだった。彼の結婚式から会ってはいないことになるので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:死にぞこないの神話 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:279字
メメント・モリ。遍く生命の輝きは死の瞬間にこそ集約せり。クライスト以前から、人は涙よりも血に、存続よりも滅亡に、そして生よりも死に心を動かされてきた。だからとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:近いオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:290字
もう何時間たったんだっけ。ゲームのきりのいいころでヘッドホンをとり小休憩をとろうとして、ふと時間を知りたくなりアキラは右背後にあるテーブルの上にある置時計を見よ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:東京の消費者金融 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1026字
「東京の方から連絡があった」 大阪小規模消費者金融連合の会合で、連合の会長である「ニッコリローン」のオーナー・虎島ムネノリがそう切り出した。「東京の消費者金融、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の春 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:333字
『この手紙をあなたが読んでいると言うことは、私はもうここにいないのでしょう』 手紙はそう始まっていた。『桜が見たい。私はそう思って長く耐えてきました。ですが世界 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:腐ったテロリスト 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1382字
廃れた洋館で、少女はただ一人、還らぬ人を待つ。何年も、何十年も、未来永劫、ずっと…。それは、彼が残した"呪い"。彼にとって、"祝い"であった"それ"は、口が災い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:昼間の尿 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1197字
物語が始まるとは、どういうことだろう。連続した主観の中に生まれる、"誰か"の思考。それが、物語の始まりであると私は思う。時間軸の繋がっている自我の中で、他人が割 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:絵描きの転職 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1502字
人生常に崖っぷち。そんな言葉を言った人が、過去には何人もいた。後世にそんな言葉を残したということは、きっとその人の人生も崖っぷちだったのだろう。いつか来る終わり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:高いダイエット 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1292字
表と裏。二分された世界。片や陽に照らされ煌めくものであれば、一方で常闇に誘われて暗きものである。その二つは決して相容れることはない。何故なら、光あるところに闇が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:理想的な犯人 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1229字
この世界の入り口は何処にある?それについて考えた人はどれくらいいるだろうか。目の前に答えが提示されているからこそ、抱かない疑問。母の中より、胎児として生まれ落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:天才のエデン 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1421字
今日の私。昨日の私。時間という連続性がある以上、昨日と今日は一致している。そこに不確定要素はない。そう、本来であればそう考えるのが妥当だ。けれど、それを根底から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:ちっちゃな百合 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1322字
「……ッ!」こんなの、聞いてない。手汗がにじみ出て、寒気が身体に迸る。いつから?いや、一体どこから違和感があった?その答えは、きっと過去にある。遠い昔でもなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:朝の小説修行 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1088字
「嘘…だろ…?」目の前の光景に息を呑む。瞳に映るのは、大きなカプセル。コポコポと泡を立てながら、稼働しているその中にあるもの。「……なんだよ……これ」そのどれも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:飢えた抜け毛 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1198字
「ねぇ…」小さく問いかける。「…聞こえてる、かな」「……」返事は戻ってこない。「…私ね、頑張ったんだよ」「……」「今まで…ずっと…貴方のことを見ていたの」いつの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:光の国 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1347字
毎夜毎夜、どこからか声が聞こえてくる。(ねぇ…)私は、その声に知らないふりをし続けていた。次の日も、その次の日も。どんなに声が聞こえても、決して反応しない。それ 〈続きを読む〉