お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:594字

見失い ※未完
「…開かないねえ。」
「そうだな。」

陽の光が差さず、暗くうすら寒い。
勝手に地下だと思い込んではいるがその確証すらない施設で、ひたすら歩き回っている。
方向音痴の彼ひとりを行動させるわけにもいかず一緒についてきたら
こんなことになってしまった。
ここを無事に出られたら損害賠償を請求してやる、と笑いながら話していたのも
何時間前だったのか定かではない。

「というかさっきから同じとこ歩いてる?」
「景色が変わらんから分からんな。」
「だよね…っていうか方向音痴に聞いた僕がバカでした…。」

携帯電話は通じない、ずっと圏外のままだったのでもう電源を切っている。
腕時計なんて持っていないしおかげで時間も分からない。
この地下らしき場所は部屋だけはたくさんあるのに、部屋と部屋が繋がっていたり、
通路だと思っていたものが部屋だったりその逆だったりととにかくつかみどころがなく、
なぜこんなところに入り込んでしまったのかすら謎だ。

「これ点呼時間絶対過ぎてるよねえ~誰か探しに来てくれるかな…。」

階段に座り込む。
歩こうと思えば体力的にはまだ歩けるだろうが、何の指針もなしでは心細さが勝っている。

「探しには、こない。」
「…は?」

ぽつりとつぶやく彼を見上げ、出た声はなんとも気が抜けたものだった。
探しに来るとか来ないとか、迷っている自分たちに分かるはずはないのに。


作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:鈴の音は耳に残りて お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:837字
虚空へ向けて手を伸ばす。何度も、何度も、手を伸ばしてきた。だけど、捕まえられたものは一つもなかった。いつからだろう、現実に嫌気が指したのは。何度やっても届かない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:矢水びん お題:憧れの食器 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:679字
光が一粒もない暗闇の中を、さまよい続けてどれくらいの時間がたったのだろう。 なにせ、ここには昼夜がない。朝日もなければ月もない。 ただただ、暗闇があるだけだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子供の帝王 ※未完
作者:イグモ お題:子供の帝王 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:454字
あの厄介な男が僕の前に現れたその日、僕は鬼川原公園の砂場で黙々と城を作っていた。この公園は僕の通う鬼川原小学校の学区であり、すなわちそれは我ら鬼川原小3-2組の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Frannie お題:急な死 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:243字
女は少年を押し倒すと、彼の服を剥いだ。そうして露わになったのは、当然、まだ幼い少年の身体である。女は狂ったように、まだ女を知らない少年の身体を愛撫する。少年は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強いカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:500字
それは…ある夜のことだった……ドゴォォォン!!爆音が鳴り響いたぐっ!?僕は一瞬で気絶してしまった…???「キョウスケ…キョウスケ!」自分を呼ぶ声がした、彼女のミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
現を忘れて ※未完
作者:akari お題:意外!それは朝日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:275字
――……嘘でしょ。 愕然とした。今の状況が信じられない。目の前のブラックスクリーンに映る私の顔にはキーボードの痕がくっきり残っている。時計なんて見たくない。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文字の戦争 ※未完
作者:かの歌 お題:小説の中の戦争 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:261字
私は今小説の中にいる。小説を読んでいたら突然、小説の中に入ってしまったのだ。しかも読んでいた小説のジャンルは戦争ものだった。 異世界に入り込んだ私はある違和感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、年賀状 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:440字
日々を世話し玖珠ごて年末年始さえも忙殺されたあとに一通届けられた年賀状は、現在のわたしの窮状を笑うものであった!いいだろう!このような年賀状を送りたいのなら送 〈続きを読む〉

たまきっぱいの即興 小説


ユーザーアイコン
見失い ※未完
作者:たまきっぱい お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:594字
「…開かないねえ。」「そうだな。」陽の光が差さず、暗くうすら寒い。勝手に地下だと思い込んではいるがその確証すらない施設で、ひたすら歩き回っている。方向音痴の彼ひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:どこかの貯金 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:985字
うちの玄関には貯金箱が二つある。一つは缶の貯金箱で、玄関で気が向いたときに500円貯金ができるやつだ。中身が見えないのでいくらぐらい入ってるかは分からないが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:僕の人 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:569字
「では紹介します!これが僕のお嫁さんなんです!」この世で自分が一番幸せだと信じ切った笑顔で彼は扉を開ける。陽の光が扉から入るので思い切り逆光だ。どんな舞台効果か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:走るローン 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:673字
「住宅ローンの支払いがやばいよおぉお~……。」さめざめと泣かれてもこっちが困る。第一に俺は仕事中であり、自分の仕事とこの人のローンは関係なく、第二に年齢は現役学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:昨日の警察官 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:879字
うだるような暑さの中で、ただ立っているのはなんともしんどかった。夏だけでも授業は夜間にすればいいのに、とつくづく思う。暑さも相まって信号が全然変わらないように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:1443字 評価:1人
「お、スリングショットじゃん懐かし~!」散らかった部屋の中、兄は箪笥の上に置かれたY字型のそれを手に取り撃つふりをする。一見古そうに見えるがゴム部分はまだ伸び縮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:私の霧雨 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:408字
耳をすませば衣擦れのようなさあっとした音が聞こえてくる。人気のない森の中、私に寄り添うような優しい音。風もなく、まるでこの森を私だけが独占しているような、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:哀れな夕方 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:732字
僕らの仕事は守ることだ。そして敵は当たり前だがこちらの都合なんて全く考えず、昼夜問わず襲い掛かってくる。もちろんいついかなる時でも対応ができるように人員を配置し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:右の、と彼は言った 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:460字
「その説明じゃあ分かんないっつってんですよ!」「さっきからそればっかりじゃないか!」ぎゃんぎゃんと部屋から叫び声が響いてくる。扉がきっちり閉まっていないらしく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:群馬の育毛 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:718字
突然に「演劇部ですべらない話しよう」というあまりにその場のノリすぎる企画が立ち上がり、映像ではなくボイスラジオ形式で即興劇のような形で作ることになってしまった。 〈続きを読む〉