お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:594字

見失い ※未完
「…開かないねえ。」
「そうだな。」

陽の光が差さず、暗くうすら寒い。
勝手に地下だと思い込んではいるがその確証すらない施設で、ひたすら歩き回っている。
方向音痴の彼ひとりを行動させるわけにもいかず一緒についてきたら
こんなことになってしまった。
ここを無事に出られたら損害賠償を請求してやる、と笑いながら話していたのも
何時間前だったのか定かではない。

「というかさっきから同じとこ歩いてる?」
「景色が変わらんから分からんな。」
「だよね…っていうか方向音痴に聞いた僕がバカでした…。」

携帯電話は通じない、ずっと圏外のままだったのでもう電源を切っている。
腕時計なんて持っていないしおかげで時間も分からない。
この地下らしき場所は部屋だけはたくさんあるのに、部屋と部屋が繋がっていたり、
通路だと思っていたものが部屋だったりその逆だったりととにかくつかみどころがなく、
なぜこんなところに入り込んでしまったのかすら謎だ。

「これ点呼時間絶対過ぎてるよねえ~誰か探しに来てくれるかな…。」

階段に座り込む。
歩こうと思えば体力的にはまだ歩けるだろうが、何の指針もなしでは心細さが勝っている。

「探しには、こない。」
「…は?」

ぽつりとつぶやく彼を見上げ、出た声はなんとも気が抜けたものだった。
探しに来るとか来ないとか、迷っている自分たちに分かるはずはないのに。


作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:837字
虚空へ向けて手を伸ばす。何度も、何度も、手を伸ばしてきた。だけど、捕まえられたものは一つもなかった。いつからだろう、現実に嫌気が指したのは。何度やっても届かない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい光 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:561字
「日産自動車会長のカルロス・ゴーンが逮捕されるってテレビで報道してたけど、知っているかい? 俺、日産の株持ってるんだけど大丈夫かな」と、山田が投資仲間の佐藤に聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいつと怒り ※未完
作者:匿名さん お題:あいつと怒り 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:269字
直人は優しい男だった。自分が馬鹿にされても、悪口を言われても、あるいは、どんな理不尽な扱いを受けても決して怒ることはなかった。いつも静かで、穏やかに笑っている姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨種 お題:悲観的な夕方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:520字
あとは、これを上に乗せれば――。 息を詰めながら、そっと袋から最後の一枚を取る。擦れてパリと、小さな音がなる。沿った楕円形をした薄く小ぶりの板状のものを、トラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦い口 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:964字
「うえっ……なんだこれ」箸で一口サイズに割って口に運んだその料理を、僕は即座に吐き出した。今食べているのは春巻き定食。春巻き、キャベツ、みそ汁、ご飯、漬物のラン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生かされたダンジョン 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:618字
東京では、新宿ダンジョンというものが有名らしい。 各線新宿駅の改札が集まり、無数の入り口が存在し、混とんとした道を歩けば、今何階にいるのか、そもそも構内なのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犬の光景 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1256字
たまには一人の時間を持ちたい。 そう言うと、夫は犬小屋を買って来てリビングの隅に置いた。 これをわたしの部屋にしろということなのだろうか。滅茶苦茶さに呆れてモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昨日の艦隊 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:755字
「主砲、一斉掃射!」マーズ帝国艦隊司令官フレイマンの号令と共に、戦艦各自から無数の光線が敵・ジュピタ連邦共和国の戦列に突き付けられ、無数の光球を宇宙空間に現出せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恋の伝承 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:911字
(#82) 遺伝子というものは全く恐ろしいものである。 絶対に恋なんてしないと決めていた私の心に芽吹いた春の予感、それは確実に遺伝子の仕業なのであろう。 そもそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
青い小説家 ※未完
作者:ぽぽ (小説) お題:青い小説家 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:155字
波の音のする浜辺、波打ち際で男が何やら書いている。 何をやっているのですか?実は私は小説家なのです。こうやって浜辺に小説を書き、この青い海に届けてもらうのです。 〈続きを読む〉

たまきっぱいの即興 小説


ユーザーアイコン
見失い ※未完
作者:たまきっぱい お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:594字
「…開かないねえ。」「そうだな。」陽の光が差さず、暗くうすら寒い。勝手に地下だと思い込んではいるがその確証すらない施設で、ひたすら歩き回っている。方向音痴の彼ひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:どこかの貯金 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:985字
うちの玄関には貯金箱が二つある。一つは缶の貯金箱で、玄関で気が向いたときに500円貯金ができるやつだ。中身が見えないのでいくらぐらい入ってるかは分からないが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:僕の人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:569字
「では紹介します!これが僕のお嫁さんなんです!」この世で自分が一番幸せだと信じ切った笑顔で彼は扉を開ける。陽の光が扉から入るので思い切り逆光だ。どんな舞台効果か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:走るローン 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:673字
「住宅ローンの支払いがやばいよおぉお~……。」さめざめと泣かれてもこっちが困る。第一に俺は仕事中であり、自分の仕事とこの人のローンは関係なく、第二に年齢は現役学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:昨日の警察官 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:879字
うだるような暑さの中で、ただ立っているのはなんともしんどかった。夏だけでも授業は夜間にすればいいのに、とつくづく思う。暑さも相まって信号が全然変わらないように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:1443字 評価:1人
「お、スリングショットじゃん懐かし~!」散らかった部屋の中、兄は箪笥の上に置かれたY字型のそれを手に取り撃つふりをする。一見古そうに見えるがゴム部分はまだ伸び縮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:私の霧雨 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:408字
耳をすませば衣擦れのようなさあっとした音が聞こえてくる。人気のない森の中、私に寄り添うような優しい音。風もなく、まるでこの森を私だけが独占しているような、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:哀れな夕方 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:732字
僕らの仕事は守ることだ。そして敵は当たり前だがこちらの都合なんて全く考えず、昼夜問わず襲い掛かってくる。もちろんいついかなる時でも対応ができるように人員を配置し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:右の、と彼は言った 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:460字
「その説明じゃあ分かんないっつってんですよ!」「さっきからそればっかりじゃないか!」ぎゃんぎゃんと部屋から叫び声が響いてくる。扉がきっちり閉まっていないらしく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:群馬の育毛 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:718字
突然に「演劇部ですべらない話しよう」というあまりにその場のノリすぎる企画が立ち上がり、映像ではなくボイスラジオ形式で即興劇のような形で作ることになってしまった。 〈続きを読む〉