お題:今の勇者 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:683字
[削除]

今の勇者
昔の勇者と言えば、歴史の教科書によくよく載っている。悪逆非道の暴君を倒したり、荒廃した村を立て直したり、そういったことをやってのけた人物は、何千年も経った今となっても紙の本の中に生き続けている。しかしそれは昔の勇者の話である。
今の勇者は、下駄箱に生きている。

「下駄箱に住んでるとさ」
勇者は小さな背をピンと張って、もったいぶった口調で話した。「色んなことがわかるんだよ。靴を見ているだけで。この靴底の擦り切れ具合は、アレだな、昨日、デートに行ったな、とか」
「長年、靴を見続けていると、そうなるんですか」
僕は、勇者が座っている段と背丈を合わせるように下駄箱にもたれかかっていた。放課後の学校はすっかり人気が無くなっていて、僕は夕日に照らされたまま勇者といつまでも喋り続けることができた。
「そうだな。で、俺が今居座っているこの下駄箱は、お前の好きな子の靴が入っている下駄箱なんだよな」
「そうですね」
勇者は急に真剣な目で僕を見据えた。わかってますって、と僕は無感情に答える。勇者はニヤリと笑った。
「結論から言うとな、この子はおっさんと付き合ってるよ。金をもらって」
僕は返事をしなかった。勇者は一層笑みを深めて、「靴底を見たら一目瞭然だな」と決め台詞のように言った。
大きな反応を見せたくはなかったが、ふぅ、と気づけば僕はため息を漏らしていた。小さな勇者は僕に目配せをした。
「で、お前はどうするんだ?」
「どうするって」
「どうにかするのか?」
沈黙が訪れた。
どうにかするよ、と僕は答えている。
「今の勇者は、せいぜいそんなことしかできないからね」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:東京の俺 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:406字
三鷹に引っ越してきてからもうすぐ半年が経とうとしていた。心配していたほど田舎者扱いされることもなく、新しい友達もできて、まあそれなりの高校生活を送れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーなぬめぬめ 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1234字
バレンタインデーもつつがなく終わり、世間はもうひな祭りの準備を始めている。スーパーなどにも、バレンタインのチョコは無くなり、その代わりにひなあられなどが並んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:知らぬ間の彼女 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:534字
この話は墓場まで持っていこうとしましたが、これを誰にも知れぬというのは、自身が書いた文章であっても些か不憫に思い、書き記すことにしました。なに、これは青春時代、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お茶 ※未完
作者:まんしょ お題:難しいお茶 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:266字
お茶の時間よ、と言った姉の声に、凛は身をこわばらせた。そんな。まさか。だって昨日したばかりだと言うのに。今済ませばしばらくは解放されるんだ、今だけ我慢すればい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きさ お題:鋭い星 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:1016字
下駄箱に、何か入ってる。 隙間から白い何かがのぞいているのだ。 稔は不思議そうに蓋を開いた。 入っていた物は手紙だった。 それは妙に日に焼けて色あせた便箋だっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
反逆学校未完 ※未完
作者:ゾ夢@ツインテールを愛する紳士 お題:反逆の血 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:612字
偉大なる反逆者エリグラスが唯一犯した過ちがあるそれは反逆者の血を次世代へと残してしまったこと反逆者としての意思は受け継がれ今の世にも反逆者が存在する反逆の意味を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:D お題:見憶えのある税理士 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:568字
夕暮れ。下駄箱に、白い封筒。ハートをかたどったシール。「あなたへ」 周りの目を気にしながら封を切る。「愛するひとへ」 もういちど周りを見回し、そそくさと人気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
  ※未完
作者:針野六四六 お題:箱の中の家事 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:218 人 文字数:516字
キッカケは何だっただろうか。ときどき、そんなことを考える。 それは自己の探求に等しい。自分とはいったい何者であるだろうか、と。そんなことを馬鹿みたいに模索し続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツキノア お題:軽い料理 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:273 人 文字数:620字
さーてと引越しのものもあらかた片付いたし、軽く料理でもしますか。そう思い下駄箱から調理器具を準備する。なんで下駄箱にそんなもの入れてるのかって言われてもワンルー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春卿_はるぴょ お題:希望の病院 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:312 人 文字数:1169字
誰もいない。下駄箱を開けて、靴を履きかえる。靴を土間に落とす音も、上履きを下駄箱に入れる音も、靴下と靴が擦れる音すらもよく耳に響いた。 汗ばんだ足を、ぼんやり 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは交わり 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:625字
一人暮らしの生活にも慣れ、一人の孤独にも慣れた。今日も一人で同じようにコンビニで買ってきた弁当を食う。ふと、弁当の中に入っていたバランに目がいく。バランはもちろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Museum of Gold ※未完
作者:匿名さん お題:黄金の美術館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:358字
旧知の友人から突然のLINEが入ってきた。「黄金の美術館があるのを知っているか?」と聞いてきたのは友人のNだった。彼の結婚式から会ってはいないことになるので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の春 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:333字
『この手紙をあなたが読んでいると言うことは、私はもうここにいないのでしょう』 手紙はそう始まっていた。『桜が見たい。私はそう思って長く耐えてきました。ですが世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穢された電撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:834字
帝国と共和国の、長年に渡る政治的対立。 それは、ついに武力衝突へとなだれ込もうとしていた。 両国の狭間に位置する、とある小さな谷。 帝国側に広がる森の中に、隠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京カラス 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:847字
かぁ、とどこかでカラスが鳴いた。スマートホンの画面に釘付けだった僕の視線は、その声に導かれるかのように空へと向けられた。東京の空は鈍色に染まっていた。分厚い雲が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強い狐 必須要素:下駄箱 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2995字
下駄箱に紙が入っていた。『今日の夜七時 三丁目の東屋公園で待ちます 強い狐より』果たし状を受け取った。しかも自ら強いと名乗るキツネである。いや、もしかしたらそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い会話 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:747字
とある昼下がりのことだった。僕たち三人は肝試しのために、学校の裏山にある廃墟まで来ていたのだった。「しっかし……こんな昼から肝試しなんて意味があるのか?」「でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:356字
「ミーン ミーン・・・」。暑い暑い日、セミが鳴いていた。私は森にいた。川の音がしたので、奥に進むと、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くさいプレゼント 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:341字
それは、ずいぶんと古ぼけた木箱だった。私は足元にあった壊れた椅子を足がかりにして、ホコリのかぶった木箱を棚からおろそうとした。箱を持ち上げるとカビ臭いホコリが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とびだせ目 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:833字
君はもし、特殊能力が手にはいるとしたらどんなものを望むだろうか。空を飛ぶ? 透明になる? 物を浮かせる? まあ、そんなもんだよな。僕だってそういうのが良かった 〈続きを読む〉