お題:女同士の夕飯 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:283字
[削除]

女同士の夕飯 ※未完
 「谷崎潤一郎ってわかる? なんか耽美っていうと春琴抄でしょって雰囲気あるから読んだんだけどさ。あれってアタシらの知る耽美とは違うよね?」
 久しぶりに予定を合わせていい店でちょっと豪華な食事を楽しんでいるというのに、この女にだけは雰囲気もへったくれもない。開始早々当たり障りのない仕事の話や最近あったことでも話して感じのいい時間を作れたらいいなという私の願いは崩れ去った。引きずっても仕方ないので諦めていつも通りの会話を始める。
 「まぁ読んだことあるけど、どうせアンタの言う耽美って角川ルビー文庫とかあの辺のでしょ。そりゃ比べるのが間違いって気もするけど?」
 
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:かゆくなる光 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:210 人 文字数:568字
大学のレポートで、谷崎潤一郎について調べ、好きな作品をひとつ選んで感想を述べよ、というレポートが出た。イマドキの俺としては、ウィキペディアで軽く済ませて短編の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Silly@筋トレしろデブ お題:愛と憎しみの喜び 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:1117 人 文字数:2013字
『私はこれから、あまり世間に類例がないだろうと思われる私たち夫婦の間柄について、できるだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままの事実を書いてみようと思います。』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:緩やかな第三極 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:409 人 文字数:1282字
さて、この場合だと君にどの話をするべきなのだろうか?私の読んだ本の話をするかね?ん?昔読んだ、谷崎潤一郎の話をするかい?どうだね?君は何の話が聞きたい?・・・。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:か。@猛暑に敗北 お題:ダイナミックな御曹司 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:422 人 文字数:2326字
「あぁ、なんということだろう」 西洋住宅も増えてきたとはいえど、日本建築が多いこの国で、珍しい洋館。 白亜の館といわれるこの豪邸に住む男は、大袈裟な態度で落胆を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ねこ飯 お題:誰かとプロポーズ 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:698 人 文字数:1190字
谷崎潤一郎、という名前を聞いて誰を思い浮かべるだろうか。うん、あの人ですよね。その人のことはまず一旦忘れてください。俺、彼と名前の漢字が同じなので。ただし同姓 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:たった一つの青春 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:212 人 文字数:726字
『細雪』は読んだことがないなあ、と、悠は言った。「そもそも日本の純文学?っての、昔はあまり判らなくて、まあ年相応に今で言うライトノベルとか推理ものとか、あとは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:physarum(もじほこり) お題:斬新なしきたり 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:373 人 文字数:525字
その部屋では、外が明るいときほど窓にカーテンが引かれていた。しかも、きちんと窓全体を覆うわけではなく、ほんの少しだけ隙間を残すようにして。明るい光を入れることも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:刹那の血液 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:478字
子どものころから破天荒でならした兄が、結婚すると言い出した。長らく別居中の妻子がいる身でありながら。動転した母親が俺に泣きついてきたので、しょうがない。5年ぶり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:戦争と靴 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:651字
ショッピングモールの休憩スペースは、僕らと同じように、なんだかげんなりとした男性の姿が多く見えた。きっと同じ境遇の人達だろう。同情的な気分を抱きつつ、僕は隣で本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:くだらない音 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:727字
そこには白と黒のモノトーンの世界が広がっていた。不思議な光景だ。ふらふらとした足取りで、白と黒が交互に折り重なる階段を進む。ここはどこだろう。どうやってやってき 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強いカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:500字
それは…ある夜のことだった……ドゴォォォン!!爆音が鳴り響いたぐっ!?僕は一瞬で気絶してしまった…???「キョウスケ…キョウスケ!」自分を呼ぶ声がした、彼女のミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日のゲストはモグラ 必須要素:足の小指 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1036字
「それで、なんと呼べばよいのでしょうか。えー、ミスター?」私は目の前に座る小太りな老人に尋ねた。老人はゆっくりとのんびりとした口調で答える。「モグラでいいよ。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたパラダイス 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:688字
私は長年使い古したカメラを持ってその地を訪ねた。今となっては廃墟となった家屋が奥行きをもって並んでいた。23年前、自由と平和を求めた薬物中毒者達は所有者不明とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、年賀状 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:440字
日々を世話し玖珠ごて年末年始さえも忙殺されたあとに一通届けられた年賀状は、現在のわたしの窮状を笑うものであった!いいだろう!このような年賀状を送りたいのなら送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の神話 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:244字
「あなたは、どれくらい有名な人なの?」「そうだなー……」 質問を受けた青年は、動くたびに周囲をキラキラと輝かせながらうーんと考えた。「僕は人気者だからね……10 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:儚い海辺 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:382字
「ゆうじ」みまは、木の枝で、砂にそう書いた。漁に出たまま、3年帰ってこない恋人の名前。みまは、時間さえあれば、この砂浜に来て、ゆうじがいるはずの海の彼方を見つめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した息子 必須要素:ペットボトル 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:513字
▶▷中々ひどいです◁◀嗚呼何故あの時あの子を助けれなかったのだろう私の妻はあの子をこの世に生みだした瞬間に亡くなった彼女は言った「私はあの子を残せただけでも良か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:腐った山 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:774字
あの子が子供のころ、積み木遊びが好きだったのをよく覚えている。それも円柱に三角を載せて満足するようなものではなく、ちょっと驚くような積み方をするのだ。誕生日、ク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真紅の怒りをまといし秘部 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜と悲しみ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:175字
松子は、夜毎に月と共に浮かぶ迷いにうなされて、ここ数日は全く眠ることもできなくなってしまった。幾度寝返りを打っても、気晴らしに階下へ降りて喉を潤してみても、ただ 〈続きを読む〉