お題:黒いテロリスト 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1323字
[削除]

深夜の遭遇 ※未完
不審な物音で目が覚めた。
枕元のスマートフォンの画面に目を向ける。
上部に表示された時刻は深夜2時を少し過ぎた頃だ。
明日は朝からアルバイトのシフトが入っている。大学の授業も無いので朝から夜まで入れれるだけのシフトを入れた。
学費の足しにするつもりで始めたコンビニのアルバイトだが、綺麗な先輩と同じ職場と言う事もあり気に入っている。
朝の5時には家を出なければ行けない。ギリギリまで寝ていたいのだが、不審な物音は未だ続いてる。
ビニールの袋を揉みくちゃにしたような音が耳に入ってくる。
大きな音―-と言う訳でもないのだが、夜の静けさの中では耳障りだ。

「まだ寝てられるな」

と思わず声に出した。アラームが4時30分にセットされている事を確認してもう一度瞳を閉じて夢の世界に戻ろうとした。
不審な音はまだ続いている。
一度気になりだした夢の世界に戻る事なんて、それこそ夢の又夢――眼を閉じるとより鮮明にガサゴソだとか音が迫ってくる。


「チッ」


思わず舌打ちが零れる。再びスマートフォンを手に取る。時計は2時30分と表示されている。
スマートフォンで光源を確保した。布団の周りを照らしながら物音の元凶を探す。
灯りに照らされた部屋は独り暮らしの大学生の男子の例に漏れず、ビールの缶やコンビニのビニール袋。週刊誌などが散乱している。


「そろそろ掃除しなきゃなぁ」


物音の原因は見つからない。
次の休みは部屋の掃除をしようと心に決めた。
起き上がって電気をつけるのも手間に思ってスマートフォンを右に左に動かしていた。

「あっッッ」

思わず悲鳴が零れた。灯りに照らされたのは口に出すのも恐ろしい黒いテロリスト。
世間一般ではGだとか、ゴキちゃんだなんて可愛い名前で呼ばれているが、実際は恐怖の対象である。
家族と住んでいたアパートでは黒いテロリストに遭遇した事が無かった俺は自慢じゃないが耐性が無い。
ネズミは沢山見たことがあるが、コイツはダメだ。
子どもの頃から昆虫――虫はダメなんだ。
永遠とも思える時間を感じた。実際は一瞬の出来事だったと思うが、長く感じたのだ。
灯りに驚いたのか、黒いテロリストは逃走を図る。キッチンの冷蔵庫の下に逃げ込んだ。

布団から跳ね起きる。
こんな所で寝てられるかよと黒いテロリストと臨戦態勢に入る。
部屋の電気をつける。荒れた部屋が浮彫になる。
冷蔵庫の下から出てくる気配はない。

「どうすっかなぁ」

俺の独り事が静かな夜に目立つ。隣りからの苦情が心配だが、声に出さずにはいられなかったんだ。
冷蔵庫は決して大きい物では無いが、ここは災害大国とも言われる日本だ。
地震で倒れるのを防ぐ為の器具で固定されている。冷蔵庫を動かす事は出来ない。
持久戦だ。出てきた所を掃除機で吸いこんでやる。
コンセントに繋がっているのを確認するためにスイッチを入れると唸り声を上げた。
睡眠を妨げる小さな物音から始まった戦争だが、今は形振り構っていられないんだ。
待つ、待つ。
出てくる気配はない。
静かな夜に戻ったが、一度黒いテロリストに遭遇した恐怖は抜けない。
俺の闘いはまだ始まったばかりなのだ。




この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:とくなき。 お題:黒いテロリスト 必須要素:頭痛 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:586字
一人暮らしの部屋は小さく狭く、一つしかないフロアにキッチンが取り付けられている。最悪、寝るだけのはずのこの部屋には、私の荷物が溢れている。同居人の道具、洋服、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:枯葉野 晴日 お題:臆病な闇 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:868字
真っ暗な闇の中に、私はいた。耳をつくのは雨音だけ。雨が迫ってくるような、そんな夜だった。 あの日、少しだけ勇気を出せていたなら。そう思わずにはいられない。降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー お題:忘れたい絵画 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:453字
王宮には1枚の絵画が飾られている。こちらを憂うように見つめる、貴婦人の肖像画。それは国内外に知られる有名な画家が描いた作品のひとつで、大変高く評価されていた。し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:同性愛の暴走 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:367字
あの頃は毎日のようにキャッチボールをしていたね。別に野球部でもないし、ピッチャーでもなかったのに、とにかく夢中で投げたよね。君はすごい。ただただ速い球を投げるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:永遠の小説トレーニング 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1762字
遊覧船のデッキにて、孝は由奈と食事をしながら夜の海を眺めている。 暗く静かな海。淡く輝く月を鏡のように写し出す光景は幻想的で、思わず見とれてしまうほどに美しい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
野球 ※未完
作者:いちづき お題:地獄の野球 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:877字
よく晴れた秋空の下。グラウンド横に植えられた大きなイチョウの木は、色鮮やかな黄色に染まっている。まさに体育祭日和って感じだ。 俺は校庭のフェンス際に立っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
蝸牛 ※未完
作者:バクロ婆 お題:俺と爆発 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:798字
春が来た。高校生活が始まる15の春、今まで浮いた話に一切縁のなかった僕に、春が来た。出会いはごくごく普通、どこぞの漫画にあってもおかしくないような展開。出席番号 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:かゆくなる関係 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1687字
先王アルベルトが己の後継に末の弟ティグリスを指名したことは、王国に激震をもたらした。この指名に殊更憤懣を覚えたのは先王の長兄ナイルと妃イリスである。前者は本来先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽぽ (小説) お題:馬鹿な修道女 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:350字
夕暮れの礼拝堂で修道女は祈りを捧げていた。一人の男が倒れこんできた。ぼろぼろでぐったりとしている。「追われているのです。少し休ませてください。すぐに行きます。」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海梨 お題:怪しい運命 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:2301字
苦しみという名の鎖を、君は知っているだろうか。「おーい、そこちょっと持ってくれ」「おおう、こっちか??」 手を伸ばして風に揺れている縄に背伸びする。ギリギリで 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは交わり 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:625字
一人暮らしの生活にも慣れ、一人の孤独にも慣れた。今日も一人で同じようにコンビニで買ってきた弁当を食う。ふと、弁当の中に入っていたバランに目がいく。バランはもちろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Museum of Gold ※未完
作者:匿名さん お題:黄金の美術館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:358字
旧知の友人から突然のLINEが入ってきた。「黄金の美術館があるのを知っているか?」と聞いてきたのは友人のNだった。彼の結婚式から会ってはいないことになるので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の春 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:333字
『この手紙をあなたが読んでいると言うことは、私はもうここにいないのでしょう』 手紙はそう始まっていた。『桜が見たい。私はそう思って長く耐えてきました。ですが世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穢された電撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:834字
帝国と共和国の、長年に渡る政治的対立。 それは、ついに武力衝突へとなだれ込もうとしていた。 両国の狭間に位置する、とある小さな谷。 帝国側に広がる森の中に、隠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京カラス 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:847字
かぁ、とどこかでカラスが鳴いた。スマートホンの画面に釘付けだった僕の視線は、その声に導かれるかのように空へと向けられた。東京の空は鈍色に染まっていた。分厚い雲が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強い狐 必須要素:下駄箱 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2995字
下駄箱に紙が入っていた。『今日の夜七時 三丁目の東屋公園で待ちます 強い狐より』果たし状を受け取った。しかも自ら強いと名乗るキツネである。いや、もしかしたらそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い会話 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:747字
とある昼下がりのことだった。僕たち三人は肝試しのために、学校の裏山にある廃墟まで来ていたのだった。「しっかし……こんな昼から肝試しなんて意味があるのか?」「でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:356字
「ミーン ミーン・・・」。暑い暑い日、セミが鳴いていた。私は森にいた。川の音がしたので、奥に進むと、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くさいプレゼント 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:341字
それは、ずいぶんと古ぼけた木箱だった。私は足元にあった壊れた椅子を足がかりにして、ホコリのかぶった木箱を棚からおろそうとした。箱を持ち上げるとカビ臭いホコリが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とびだせ目 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:833字
君はもし、特殊能力が手にはいるとしたらどんなものを望むだろうか。空を飛ぶ? 透明になる? 物を浮かせる? まあ、そんなもんだよな。僕だってそういうのが良かった 〈続きを読む〉