お題:刹那の四肢切断 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1043字

謎ギミック
「いや、だからさ……。何なのこれは?」
 とある玩具会社の会議室で、試作中の玩具を挟んで、デザイナーに企画の担当者が詰め寄っていた。
「何なのって言われてもね、そういうギミックっていうか、民芸品があってさ、それを参考に……」
「いやさ、そういうのあるんだろうけどさ」
 企画の担当者である山川は、デザイナーの梶が上げてきた人形を持ち上げる。
 人形の胴体からは四本のひもが伸び、その先に腕と足がだらりと垂れさがっている。背中にはレバーがついており、それを引くと人形の四肢が外れて今のような状態になるという玩具だ。
 梶の言うように、民芸品にありそうなギミックだ。木の体をしたシンプルな人形が思い浮かぶ。
「これさ、ヒーロー物の玩具だから……。しかも、放映開始と同時に発売する看板商品!」
 だが、山川の言うように、今回の企画はテレビで放映前の特撮ヒーロー番組の人形なのだ。カラフルな衣装を着た子供たちのヒーローが、背中のレバーで四肢脱落ではしまらない。というか、トラウマ必至であろう。
「ヒーロー物って教育物じゃん。だから、民芸品的なギミックを入れとくことで伝統を学ぶっていうことでさ……」
「いや、ないだろ。というかこんなん悪影響しかないわ。四肢切断ギミックなんてよぉ……」
「切断じゃないでしょ。ほら、ちゃんと繋がってる」
「そういう問題じゃねえよ!」
 胴体と手足を繋いでいるひもを摘まむ梶に、山川は目を三角にした。
「ともかくこれは没だから」
「ええー……」
「いや、現場怒ってくるよこれ。何でうちのヒーローがバラバラなんですか、って」
「ひもで繋がってるってば」
「意味ねぇよ、だから!」
 結局、全身16か所可動の無難なフィギュアの企画となり、そのヒーロー番組「フォトンマン」の放映開始とともに発売されることになった。梶は不満そうだったが、「安全面に配慮できるなら腰の可動を入れていい」というお達しに気を良くし、そのギミックの開発に取り組んだ。


 それから半年後、「フォトンマン」が始まってちょうど3か月経ったある日、そのエピソードは放映された。

「あやうし、フォトンマン! 刹那の四肢切断!」

 放映後、梶からの電話を山川は取った。
「見た? 今日の『フォトンマン』! バラバラになってんじゃん!」
 サブタイトル通り、この日のエピソードでは敵怪獣にフォトンマンがバラバラにされるというショッキングな映像が流れた。
「だからあの企画のまま出しとけばよかったのに!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:すずめ@スタマイ お題:刹那の四肢切断 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:476字
「気持ちわるい・・・」勇気を出して差し出したプレゼントも、愛の言葉も、青ざめた彼女の一言に叩き潰される。呼吸ができない。はあはあと浅い呼吸を繰り返す俺を、彼女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:レンボ お題:刹那の四肢切断 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1128字
……そう、気が付いたら私の手足はなくなっていた。20xx年某日某所、ひどい交通事故だった。ドライバーの男は何かしらの薬物を使っていたらしい高速道路を逆走し正面衝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keito@小説家になろう お題:刹那の四肢切断 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:443字
先輩に彼女が出来たという噂が私の耳に伝わったのは昨日の3限目の休み時間だった。生徒会で先輩と一緒に働いている友達からの情報で、相手は藤沢先輩という人らしい。バレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒い逃亡犯 ※未完
作者:ぽぽ (小説) お題:黒い逃亡犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:252字
「やっと見つけた。観念しろ。」 俺は薄暗いバーの奥に座っている黒いロングコートの男に声をかける。「追いかけっこは終わりですか?まだ遊び足りないのでは?」「ふざけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Motaはスパイダーマン観て興奮中 お題:来年の理由 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:665字
「僕は未来から来るはずだった者だ、来れなかったわけじゃないんだ、ただ気が進まなくってでも機械を起動させて過去に1年前の僕に会いに行ったはずなんだ、」と急に脳にテ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:斬新な海辺 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:763字
「はいこちら斬新な海辺と話題のワイワイビーチに来ています! 見るところいたって普通ですが、一体なにが斬新なんでしょう? 海水浴客の方々に聞いてみましょう! こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Motaはスパイダーマン観て興奮中 お題:求めていたのは交わり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:636字
僕はマイネス・アウリアという人を10年間探し求めてきた、しかし、彼女は男になり、名前も変え、更には整形もしたという僕はアウリアの居場所も知らない、いや知っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Museum of Gold ※未完
作者:匿名さん お題:黄金の美術館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:358字
旧知の友人から突然のLINEが入ってきた。「黄金の美術館があるのを知っているか?」と聞いてきたのは友人のNだった。彼の結婚式から会ってはいないことになるので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:死にぞこないの神話 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:279字
メメント・モリ。遍く生命の輝きは死の瞬間にこそ集約せり。クライスト以前から、人は涙よりも血に、存続よりも滅亡に、そして生よりも死に心を動かされてきた。だからとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:近いオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:290字
もう何時間たったんだっけ。ゲームのきりのいいころでヘッドホンをとり小休憩をとろうとして、ふと時間を知りたくなりアキラは右背後にあるテーブルの上にある置時計を見よ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:東京の消費者金融 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1026字
「東京の方から連絡があった」 大阪小規模消費者金融連合の会合で、連合の会長である「ニッコリローン」のオーナー・虎島ムネノリがそう切り出した。「東京の消費者金融、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの狸 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1076字
「『昔話オールスターバトル・アルティメットウォーズ』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルが最早童話じゃないわね……」 大鷺高校文芸部室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:走る青春 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1113字
「青春時代は走ることに費やしてきたからなあ」 太田はいつもそんなことばかり言っている。高校時代は陸上部で、その時のことを指しているのだろう。だが、前にサークルの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの光 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1077字
腰から下の感覚がない。 右胸が焼けるように痛む。 まぶたが意思に反してどんどん落ちてくる。 霞んでいく視界に入ってくる映像は、自分の体に起きている異常の原因を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:幼い出会い 必須要素:サスペンス 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:3550字 評価:1人
こんな状況、小説やマンガの中でしかないものだと思っていた。 僕は窓の向こうを見やる。雪が激しく踊っている。猛烈な勢いで、転から地上に引っ張られているかのように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やば、地獄 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1197字
ユイのことを時間にルーズな人間だとは思っていたが、まさか1時間も遅刻してくるなんて。 と言っても、彼女に告白した時点である程度振り回されることは覚悟していたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:人妻の地下室 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1184字
「ようこそ、封印回廊へ……」 大都会の地下に、その場所は広がっていた。 3メートルほどの幅しかない通路を挟んで、どこまでも続くかのような石造りの壁が立ち、そこに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ねじれたにわか雨 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1424字
市内全域は雨らしい。 スマホのウェザーアプリを見ても、そう書いてある。このアプリは気象台のデータの他、その地域に住んでいる人間の口コミも見られるのだが、それで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:気高い夏 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1035字
近年の夏は下品だ。 無遠慮に35℃以上の猛暑日を連日繰り返す。ゲリラ豪雨と称される短期間に記録的な大雨を降らせる様などは、熱帯を髣髴とさせる。「やはりこれは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:熱い悲劇 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1125字
我が家のお茶はとびきりに熱い。 母親が「お茶を入れる時は絶対に沸騰に近い温度の熱湯でなくてはいけない」と信じ込んでいるせいだ。どんないい茶葉であっても、彼女は 〈続きを読む〉