お題:刹那の四肢切断 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1043字

謎ギミック
「いや、だからさ……。何なのこれは?」
 とある玩具会社の会議室で、試作中の玩具を挟んで、デザイナーに企画の担当者が詰め寄っていた。
「何なのって言われてもね、そういうギミックっていうか、民芸品があってさ、それを参考に……」
「いやさ、そういうのあるんだろうけどさ」
 企画の担当者である山川は、デザイナーの梶が上げてきた人形を持ち上げる。
 人形の胴体からは四本のひもが伸び、その先に腕と足がだらりと垂れさがっている。背中にはレバーがついており、それを引くと人形の四肢が外れて今のような状態になるという玩具だ。
 梶の言うように、民芸品にありそうなギミックだ。木の体をしたシンプルな人形が思い浮かぶ。
「これさ、ヒーロー物の玩具だから……。しかも、放映開始と同時に発売する看板商品!」
 だが、山川の言うように、今回の企画はテレビで放映前の特撮ヒーロー番組の人形なのだ。カラフルな衣装を着た子供たちのヒーローが、背中のレバーで四肢脱落ではしまらない。というか、トラウマ必至であろう。
「ヒーロー物って教育物じゃん。だから、民芸品的なギミックを入れとくことで伝統を学ぶっていうことでさ……」
「いや、ないだろ。というかこんなん悪影響しかないわ。四肢切断ギミックなんてよぉ……」
「切断じゃないでしょ。ほら、ちゃんと繋がってる」
「そういう問題じゃねえよ!」
 胴体と手足を繋いでいるひもを摘まむ梶に、山川は目を三角にした。
「ともかくこれは没だから」
「ええー……」
「いや、現場怒ってくるよこれ。何でうちのヒーローがバラバラなんですか、って」
「ひもで繋がってるってば」
「意味ねぇよ、だから!」
 結局、全身16か所可動の無難なフィギュアの企画となり、そのヒーロー番組「フォトンマン」の放映開始とともに発売されることになった。梶は不満そうだったが、「安全面に配慮できるなら腰の可動を入れていい」というお達しに気を良くし、そのギミックの開発に取り組んだ。


 それから半年後、「フォトンマン」が始まってちょうど3か月経ったある日、そのエピソードは放映された。

「あやうし、フォトンマン! 刹那の四肢切断!」

 放映後、梶からの電話を山川は取った。
「見た? 今日の『フォトンマン』! バラバラになってんじゃん!」
 サブタイトル通り、この日のエピソードでは敵怪獣にフォトンマンがバラバラにされるというショッキングな映像が流れた。
「だからあの企画のまま出しとけばよかったのに!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:すずめ@スタマイ お題:刹那の四肢切断 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:476字
「気持ちわるい・・・」勇気を出して差し出したプレゼントも、愛の言葉も、青ざめた彼女の一言に叩き潰される。呼吸ができない。はあはあと浅い呼吸を繰り返す俺を、彼女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:レンボ お題:刹那の四肢切断 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1128字
……そう、気が付いたら私の手足はなくなっていた。20xx年某日某所、ひどい交通事故だった。ドライバーの男は何かしらの薬物を使っていたらしい高速道路を逆走し正面衝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keito@小説家になろう お題:刹那の四肢切断 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:443字
先輩に彼女が出来たという噂が私の耳に伝わったのは昨日の3限目の休み時間だった。生徒会で先輩と一緒に働いている友達からの情報で、相手は藤沢先輩という人らしい。バレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:561字
「日産自動車会長のカルロス・ゴーンが逮捕されるってテレビで報道してたけど、知っているかい? 俺、日産の株持ってるんだけど大丈夫かな」と、山田が投資仲間の佐藤に聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいつと怒り ※未完
作者:匿名さん お題:あいつと怒り 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:269字
直人は優しい男だった。自分が馬鹿にされても、悪口を言われても、あるいは、どんな理不尽な扱いを受けても決して怒ることはなかった。いつも静かで、穏やかに笑っている姿 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨種 お題:悲観的な夕方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:520字
あとは、これを上に乗せれば――。 息を詰めながら、そっと袋から最後の一枚を取る。擦れてパリと、小さな音がなる。沿った楕円形をした薄く小ぶりの板状のものを、トラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦い口 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:964字
「うえっ……なんだこれ」箸で一口サイズに割って口に運んだその料理を、僕は即座に吐き出した。今食べているのは春巻き定食。春巻き、キャベツ、みそ汁、ご飯、漬物のラン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生かされたダンジョン 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:618字
東京では、新宿ダンジョンというものが有名らしい。 各線新宿駅の改札が集まり、無数の入り口が存在し、混とんとした道を歩けば、今何階にいるのか、そもそも構内なのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昨日の艦隊 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:755字
「主砲、一斉掃射!」マーズ帝国艦隊司令官フレイマンの号令と共に、戦艦各自から無数の光線が敵・ジュピタ連邦共和国の戦列に突き付けられ、無数の光球を宇宙空間に現出せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恋の伝承 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:911字
(#82) 遺伝子というものは全く恐ろしいものである。 絶対に恋なんてしないと決めていた私の心に芽吹いた春の予感、それは確実に遺伝子の仕業なのであろう。 そもそ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犬の光景 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1256字
たまには一人の時間を持ちたい。 そう言うと、夫は犬小屋を買って来てリビングの隅に置いた。 これをわたしの部屋にしろということなのだろうか。滅茶苦茶さに呆れてモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:計算ずくめの自動車 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1058字
画期的な自動ブレーキシステムを搭載した自動車が発表されるということで、多くの報道陣が会見場に詰めかけた。 その自動車をシステムを開発したのはとある地方の零細企 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日食べた狼 必須要素:ご飯 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:2825字 評価:3人
会議室のカーペットタイルに鮮血が飛び散る。赤いしたたりが顎を通って口から落ちていく。 噛み千切った肉をずるりと飲み込んで、倒れ伏したそれを僕は見下した。 お腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:うるさい眠り 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1229字
君と寝ることはできない、と彼女は言った。 寝る、とは単なる睡眠のことではない。僕らはお付き合いをしていて、肉体関係に対して概ね合意が形成されている。 それでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:無意識の笑い声 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1047字
「あいつ、俺を笑いやがったんだ。指差して大声で、笑いものにしやがったんだ」 だから刺し殺した。 そのニュースを聞いた時、物騒な奴もいるもんだな、と思った。 犯人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:8月の同情 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1357字
寒い。先週まで暖かったのに、急激に寒くなりやがった。 最近の気候は極端が過ぎる。まあ、もう十一月だから仕方ないのだが。 衣替えがおっつかず震えていると、同じ大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アブノーマルな地獄 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1110字
モテ薬というものを手に入れた。 その名の通り、飲めば性の別を問わずにモテるようになる薬だという。 同性にモテてどうするんだ、というような意見もあるだろうが、嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昔の検察官 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1001字
規律にやたらとうるさくて、やたらに注意してくる女子というのは、どこにでもいただろう。 大抵は「委員長」とか「ぶりっ子」だとか揶揄されている。 俺が小学生の時に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:闇の窓 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1339字
先生のアトリエは天井が高いのだけれど、その天井付近の絶対に手が届かないところに窓があった。 小さな窓だ。遠く離れているから目算だが、長辺でも20センチもないだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:3675字 評価:2人
ヤバい、帝王だ……! 囁き合うような声が廊下に走り、生徒たちは隅に寄った。 その真ん中を、まさしくのっしのっしという足取りで歩いてくる者がいた。他の生徒よりも 〈続きを読む〉