お題:疲れた音 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:1886字
[削除]

日本国に外国から優秀な人材は来ません
 お題小説が思いつかないのでブログです。
 今回は、日本国に優秀な人材が来ないし、この先も来ることがないことが確定している理由です。
 日系企業の組織形態ってFamilyですが、殆どの国の企業形態はMilitaryです。
 前者は全国転勤や部署をたらい回しにするが、解雇がないので安心して定年まで働くことができます。後者はプロスポーツ選手で結果が全てであり、良ければ契約継続で悪ければ即契約解除です。
 給与面では前者は首にならないし年功序列なので役職とともに右肩上がりなので、生涯年収は最低で約3億円が保証されます。また、これに福利厚生が沢山付きます。後者は基本給と業績連動ボーナスだけという形態か、年間契約ベースでの契約年俸みたいな感じです。福利厚生はほとんどありません。よって、日系企業のような生涯年収は望めません。つまり、給与・待遇面で見れば日系企業が圧倒的に良いのです。
 日本国以外の企業は、1970年代まで日系企業のような組織形態でした。しかし、その当時の日本国のGDP世界第2位としての席巻で、各国政府が生き残るために会計法を今で言う四半期決算に改良し、短期間ベースでの結果を求めるようにし、更には好きなように解雇できるように雇用等の法律を大幅改正し、教育機関で経営のプロを育成し、その人たちに各企業の経営を担わせました。こうなると、ものづくりは捨てるしかありません。物によっては何十年の月日が必要なものがありますが、そういったものは、政府主導の軍事技術に託しました。だから、ビジネスがサービス業に近いものばかりです。
 では、政府主導の軍事技術とはどういうものかというと、大学院の研究が全てそれに繋がっています。新しい技術はすべて軍事技術からの登場です。
 GAFAといった巨大IT企業への税金問題が国際化していますが、この企業群はすべてIT面の軍事技術を民間に転用して経営しているサービス業です。
 一方、日本国は会計法と雇用法は世界水準になりましたが、経営のプロはいないし組織形態は未だにFamilyです。これは、ものづくりから抜け出せていないという証拠です。そのものづくりは東南アジアと中国に侵食されています。
 ではなぜ抜け出せないのかというと、世界各国と同じように、ものづくりを政府主導の軍事技術に託して、大学院の研究が全てそれに繋げられないからです。
 第二次世界対戦で敗戦国となった日本は、軍事技術を全面に出した産業をできないように国連・アメリカに規制されてしまいました。また、政府主導で軍事国家になろうとすることも禁止されました。だから、つい最近解禁されて話題になった航空技術が大失敗に終わっていますが、これは当たり前の話で、ものづくりとして何十年もの積み上げが必要な分野だったにもかかわらず、その蓄積がないからです。
 戦前の日本国は今で言う北朝鮮・中国のような富国強兵軍事国家でした。だから、その当時において技術力は世界トップレベルだったんでしょう。ただし、財閥国家というもう一つの顔を持っていたので、今で言う韓国のような悲惨な現状を抱えていたのも事実です。
 もう分かると思いますが、日本国にはキャリアを磨けるチャンスのカケラもないんです。英語が通じないとかそんなのは理由ではありません。彼らは金になればれどんな言語でも覚えるし、文化にも馴染みます。
 このままだと、日本国はジリ貧になり後進国入りすることは間違いなしです。教育機関で経営のプロを育成し、その人たちに各企業の経営を担わせ、ものづくりを政府主導の軍事技術に託すしかありません。けれど、全大学が猛反発するわ、政府主導で軍事技術をもって中小企業を復活させようとしたが企画倒れになるわで、何一つできないまま時間を浪費しています。
 戦後、財閥体質になってしまった企業(NTT・電通・キー局クラスの全テレビ局・トヨタ・東芝・NEC・ゼネコン等々)がいくつもありますが、これらを潰すしかないでしょう。最近出てきたソフトバンクでさえ、財閥体質化しつつあります。かつてのようにGHQが解体してくれればよいのですが、そんなことはもうないので、誰かがやる必要があります。今から政治家を目指して総理大臣になってやるという野心溢れた何者かが現れるんでしょうかwww。その時は多すぎる官僚の大リストラを伴った政府機関の縮小・多すぎる政治家の大リストラを伴った国会規模の縮小を追加でお願いしますwww。
 GAFAといった巨大IT企業について触れてしまいましたが、別の機会に述べたいと思います。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:北田玄冬 お題:疲れた音 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:2022字
父さんが帰ってくるとき、かならず玄関先で大きな音を出す。ドアを開けたら、ドン、と壁をつく音だ。握りこぶしで殴ったような音だが、実際殴っている。といっても別にわざ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒカラシ お題:疲れた音 制限時間:30分 読者:448 人 文字数:541字
関節には人が住んでいるのである。指に変な風に力を加えるとボキボキと音が鳴るが、あれは中の人々が地震のように揺らされ押しつぶされそうになり、悲鳴を上げているのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:穏やかな太陽 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:618字
夕方4時。いつもこの時間になると山の緑の後ろに太陽が隠れていくところが見える。その光景を4年間ほど見続けてきた。この場所は良くも悪くも静かだった。気づけば太陽は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風魔小太郎 お題:商業的な計算 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1066字
俺は東北の都市に生まれた。仙台、それが俺の生まれた町だ。今でこそ、蔵王山脈と太平洋に挟まれ、復興から立ち直るこの美しい街を誇りに思うことができる。 ただ15歳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:幸福な雨 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1525字
――質の悪い冗談みたい。 窓の外を眺めながら、私は思う。 外には緑に生い茂った桜の木。旬の季節は過ぎたというのに、木の葉が陽射しを受けて輝いている。相変わらず 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:素朴な想い 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1104字
病室の扉を引き開ける。部屋の奥、変わらぬその場所に日向はいた。「やあ。また来たよ」 ベッドの近くに置かれたスツールに僕は腰を下ろす。できる限りにこやかな笑顔を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那の、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:643字
桜がもう時期満開になるそうだ。まだ寒いこの大地では咲く気配は全くない。時々、桜の花びらの代わりに雪が手のひらに落ちていく。雪は手のひらに落ちると一瞬にして溶けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:薫女 お題:楽しかった宗教 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1820字
私は今、冷たい水底に沈んでいる。息をする必要がなくなったのは何百年前だろうか。空の蒼さが水底にまで届かないと知ったのはどれくらい経った頃だろうか。手を伸ばして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:不屈の誰か 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1594字
家庭ごみは、収集される当日の朝6時から8時までの間に所定の位置へ持っていくこと。というのがここ、喜楽荘の入居者規則ではあるのだが、いい子ちゃんして守っている住 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅山車 お題:重い奈落 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2323字
湯船には半分近く水が溜まっていた。ゆるく捻られた蛇口から、絶え間なく細く流れ出る水を、私はただ湯船の縁に肘を置いて、ぼうっと眺めていた。 もうどれほどこうして 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家のブランド品 必須要素:バナナ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:237字
箱を開けてみる、また入ってる。毎日送られてくる段ボール。送り主は父の名前。父は小説家で、小学生の時に亡くなった。気味が悪い。箱の中身をのぞくと、ブランドのカバン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼の春雨 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:453字
私が塾の塩田先生から聞いた話。休み時間に先生は冷蔵庫を開けた。疲れていて半分目が閉じた状態で、先生はその中にあったりんごジュースを出した。そして飲んだ。その時、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:360字
「随分と、特殊な経歴をお持ちですね……」「そうなんです……あはは」 目の下にクマのある、ひどく病弱そうにやせた男は空笑いをした。「義務教育を終える前に出国して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:真実の平和 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:538字
「今日、悪い人が逮捕されました」悪い人ね、悪い人。本当に彼は悪いのか。──────────「白澤くん?どうした?顔色悪いぞ。」一体誰のせいだと言うのか。「いえ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い負傷 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:89字
ある日、俺は、重い怪我をした。入院中、俺はふと思った。(映画みたいな…)そう思った俺は、そう思った俺は、ne◯flexで斉木楠雄の災難をみた。なんとも面白いこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:群馬の女 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:606字
と、言われてまず思い出したのは中学からの友人のことである。彼女とは高校まで同窓生だったのだが、不思議と一度たりも同じクラスになることはなかった。部活も別、委員 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く失望 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1321字
「私も昔はねえ…」祖母はよく昔のことを語って聞かせてくれた。学生時代に取った賞のこと、若い頃はモテモテだったこと、祖父との出会いのこと、昔の電化製品のこと、昔あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ちっちゃなユートピア 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:242字
「これは、誰もが憧れるユートピアの模型です。ジオラマです」「ほー、これが」 覗き込むと、驚くことに中で人が動いている。日常をなぞるように、何か特殊なことが起きた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の窓 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:411字
カチャ…静寂を窓の開く音できりさいた。(ああ、平和だな)と心の中で呟くと、いきなり無数のカチャ…という音が聞こえる。(そういえばここら辺まどが1000あるんだっ 〈続きを読む〉