お題:黒尽くめのダンス 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:797字

マンイン・ダンス
黒と黒の間を縫うように歩いていると、足先が思わずステップを踏んでいる。
両脇は、スーツばかり。背負ったままのリュックはどうにかしてほしい。足をそっと付けると踵までくっつかなかったり膝をほどよく曲げた状態で静止したりする。
ギリシャ彫刻並みのよくわからないポーズを決めて横に走っていく。
時折、急停止して舌打ちをする輩がいるが怒ったって仕方ないだろう。君も一緒にここにいるわけだし。
香水振りかけすぎの女性はじわじわときつい。
しかもそういう女性に限って何故か背中に寄りかかってくる。とても不快だがだからと言って舌打ちしたり肘打ちしたりするのは、またエゴであるだろうと思っているのでただ耐える。
特に肘打ちは好かない。
誰もがこの空間を好いているわけでもないし、人波に押され流され圧がかかってしまうという、自分だけではどうしようも無い問題を肘打ちという形でたった一人の他人に押し付ける。これを八つ当たりと呼ばないで何というのか。
こんなんだから社会がよくならないのだろう、とか思っているが降りてしまえばすっかり忘れて仕事のことばかりに頭がいっぱいになってしまう。
うーん、その点、人間としては好印象な能力だと思う。こういう風に自分を誉めてあげないとこの空間は耐えられない。そろそろ足全体で体重を支えたいのだが。
「次はーー駅、ーー駅……」
お、降りないと。と思った瞬間、後ろからものすごい力で押される。歩くからそんなに押さないでくれ。どうしてそんなに他人に横暴なんだ。
ホームに降りれば再び戦場。
階段を上るまでの時間が耐えられない人達が横から割り入ってくる。いいよ、いいよ。分かったから、時間はあるからとりあえず上らせてほしい。
後ろから舌打ちが来る。その舌打ちは誰に向けているのか。
ざっざっざ、と歩く姿はさながら兵隊のおもちゃ。
皆おもちゃ箱を目指して分散していく。
今日も仕事が始まる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と僕 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:2005字
君と僕が出会ったとき、僕の家の庭にはシオンが咲いていた。母が大事にしていた庭に亡くなった父がせっせと侵食するように植えたものだった。それは両親を亡くした僕にと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:独☆蟲 洋ゲー大好き侍 お題:闇の理由 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:699字
僕が生まれる丁度二年前くらいに、世界は闇に包まれた。 突如として太陽がその活動を終え地球にその暖かな光が差す事はもう、無い……。「神山君、申し訳無いね。折角非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:その辺のゴミクズ お題:弱い暴走 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:4959字
不思議な感覚だった。 泣いている私を、私が見ている。その涙の理由もわからないまま、私はそこに突っ立っている。私だとわかるのは、昔大事にしていたぬいぐるみをその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:isi お題:オレだよオレ、水 制限時間:2時間 読者:34 人 文字数:7540字
さて、時折に不可思議なものというものは存在するものであり、誰がいつそれに当たるかは神のみぞ知るような事柄である。今日の天気は雨ではあったが、俺は自転車で登校し、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒剣 お題:同性愛の小説 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:2124字
ちょっと(恋)愛のカタチについてのメモ。人間てのは複雑なもんで。恋をするんですね~~。 他の生物は恋愛するんでしょうか?脳ミソが勘違い、錯覚を起こしてって言う説 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:臈たし お題:日本式の天才 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:914字
オフィスから吐き出され帰途につく人々が道に流れをつくりはじめる夕暮れ時、フェルメール展の入り口で、高層ビルの脇をかすめて射す西陽を受け、妖艶なワインレッドのド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美紗 お題:黒い山 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:3951字
気持ちのいい風が吹いている。汗をぬぐった手を見下ろしていると、冷たい水を飲みたい欲求がますます高まる。「ももか、そっちはどう?終わりそう?」川を挟んだ向こう岸か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RYO@なろう/カクヨム お題:ラストはブランド品 制限時間:2時間 読者:42 人 文字数:3855字
組織のエージェント兼暗殺者としては身につける物は吟味しなければならない。 カルバンクライン、アレンエドモンズ、5.11タクティカル、マックスペディション、ベン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kk お題:どうあがいても姉妹 制限時間:2時間 読者:22 人 文字数:1833字
ここは、どこにでもある日本の現代。物語はここから始まる。そしてここは富山県砺波市。「兄貴がほしいいいいいいいいいいいいいいいい」私は南子、ごく一般的なサラリーマ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kk お題:臆病な扉 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:808字
「ひええ!怖い!怖いよおおお」俺は今恐れている。この先を進むことを、この扉の先には、未来がある。――未来に進む扉があるって?町の居酒屋で飲んだくれていた冒険者の 〈続きを読む〉

絹糸の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:誰かとお尻 必須要素:テニスボール 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:725字
金屋:ねぇ、尻の間にテニスボール挟まった場合どうしたらいい?スズ:は?ww待って詳しく教えて金屋:いや、いつも通り電車乗って座ったらテニスボールすっぽりはまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:少女の家事 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:956字
少女は生まれたときから家族を知らなかった。物心付いたときには回りにはたくさんの同じくらいの子供と、先生達に見守られていた。少女は家族を知りたいとは思わなかったけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:暗い幻覚 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1052字
眠るのが怖い時がある。目を閉じて視界が暗くなるその状態で、意識を飛ばすのがとても怖い。誰かに襲われたらどうしようとか、一人でいることがとても怖くなる。だからいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:8月のキス 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:852字
8月は甘くない。夏は開放的になるから、誰だってふしだらがあって当たり前だ。私だって高校生の時は好きでもない奴等と好き勝手に体を重ねていた。制服で食われるのは今し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:ありきたりな国 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:790字
がつんと食べたいという気もきっと起こらないのかもしれない。私が眺めていたのは、食堂のメニュー。大きさは「並」しかない。「なあ、お姉さん。大盛とかないの?」「おお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:黒尽くめのダンス 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:797字
黒と黒の間を縫うように歩いていると、足先が思わずステップを踏んでいる。両脇は、スーツばかり。背負ったままのリュックはどうにかしてほしい。足をそっと付けると踵まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:思い出のサーカス 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:902字
(冷たい牢に閉じ込められた大きな猛獣。火の上を渡る人間と空を飛ぶ少女。大きなブランコから手を降る少年と、玉に乗って怪しげに微笑む道化師。)…ああ。これがきっとサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:とんでもない死 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:1061字
夜寝ている間に死んでいた私の気持ちを誰が分かるだろうか。変哲の無い1日の終わりに、私は命まで終わらせてしまった。本当に特別なにもしていない。死んでしまったことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:うへへ、電話 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1527字
初めて付き合った彼女はバーチャルに近い。俺達はオタクしか集わない、言わばオタク専用のマッチングアプリで出会った。当たり前だが、オタクなので精通している場所が一緒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:生きている話 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:801字
今日もいつも通り、お昼前に目が覚める。布団を上げてぼんやりと空を見る。空腹を感じてくる頃は大体お昼時だ。こんな貧乏だと気分が良い時や上げたい時にツナ缶をひとつ食 〈続きを読む〉