お題:未熟なカップル 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:2003字

幻の彼氏
「こら、もう下校時間だぞ」

夕方、廊下の隅で朱里と無駄話に興じていると、音楽教師の”熊髭”に注意された。
”熊髭”とはもちろんあだ名で、顔の下半分を覆う繁みのような髭に由来している。
音楽室に飾られているチャイコフスキーに似ているともいわれ、ふざけてそちらをあだ名にする生徒もいる。
俺としてはビートルズ解散間際のポール・マッカートニーの方が近いと思うのだが、残念ながら今のところ賛同者は皆無である。

「すいません、もう帰ります」

殊勝に頭を下げて音楽教師をやり過ごした後、朱里はまた無駄話に興じるのだった。

「でさ、どうやら美郷の奴、最近彼氏ができたらしいのよ」

この時の話題はもっぱら色恋話である。
同級生の桜井美郷にどうやら彼氏ができたという話を、しきりに吹っ掛けられた。
正直女子の恋愛話になどまるで興味がないのだが、我が幼馴染どのはおかまいなしである。

「このところ、放課後うちの制服をきた男子と連れ立って、それも腕を組んで歩いている姿がしょっちゅう目撃されているの。ところが」

その相手の男子というのが何者なのか、一向に判明しない。
本人に問い詰めても「えーしらない、見間違いじゃないの?」の一点張りである。
アルバムやら生徒名簿やらを総ざらいして全校男子の顔を照合しても(怖いぞ…)、見かけられた男子の容貌は発見できなかったというのだ。

「私も一度見たことがあるんだけどね。背が高くて彫りが深い、外国の俳優をちょっと残念にしたようなイケメンなのよ」
女子は男子の容貌の形容には極めて繊細である。
おかげで繊細な男子の心がしばしば蔑ろにされるのだが…

「そんなんどうでもいいじゃんか。桜井が誰と付き合おうと、ほっといてやれよ」
「ダメ。一人だけ勝手に彼氏つくるなんて裏切りだもん、徹底的に問い詰めてやる」

窓から差し込む夕日の中で少女は執念に燃えるのだった。

「でも本当にあれは誰なんだろう?今の現役生の中にはあんな顔した人いないし、かといってあれは間違いなくうちの制服だし…」
「そんなに気になるなら、教えてやろうか?」

え、と不思議そうにみつめてくる朱里を差し置いて、俺はすたすたと廊下を歩き出す。

「ちょっと、そっちは…」

言いかけた言葉を飲み込んで、朱里は俺の後をついてきた。

やがて職員室の前を通りかかったとき、ちょうど先ほど俺たちに注意をくれた、”熊髭”が出てくるのとでくわした。

「なんだ、まだいたのか、お前たち」

最早あきれたような調子でいう熊髭に、俺はさりげなく伝えてやった。

「先生、髭づれてますよ」
「え…」

虚をつかれたように固まる熊髭の隙をついて、俺は音楽教師の顔面に手を伸ばす。
朱里があっと声を上げる。
音楽教師のトレードマークの髭は俺の右手につかまれて、すんなりとその顔を剥がれたのだった。

「おい…」

熊髭―もはや髭はないが―は、明らかに狼狽した声を上げる。
どう反応したらいいかわからなかったらしい。

「すみません、さっきずれてるのをみて、もしやと思ったら、どうしても気になっちゃって。他意はないんです、許してください」

俺は平身低頭して髭―つけ髭―を返してやった。

「…まったく、わけわからんやっちゃな」

熊髭はいかにもあきれたような様子を装いながら、職員室の中に戻っていった。
しかしその顔がやや青ざめているのは隠しようもなかった。
まるで、さも何か後ろ暗いことが発見されてしまったように…

―――

「あの顔よ、美郷と腕を組んでいたのは!」

帰路、興奮したように朱里は俺にまくしたてた。

「教師と生徒がおおっぴらに恋人やるわけにもいかんからな。生徒に化けていたんだろう」

つけ髭は元々ファッションだったのではないだろうか。
しかしいざ桜井美郷と恋人関係になった時、髭の下の容貌が知られていないということは恰好のカムフラージュになった。
音楽教師は髭を外し、自分の体格にあった学生服を着用し、幻の生徒と化して、堂々と教え子の彼氏に変貌したというわけだ…

「なるほど、相手が教師じゃ、美郷も言えないわけねえ」
「本人たちの問題だからな、そっとしておいてやれよ」
「わかってるわよ。それにしても…」

朱里は大きくため息をついた。

「あーあ、私にもはやく彼氏できないかなあー」

…朱里の慨嘆を聞いて、俺は密かにため息をつきたい気分になった。
幼馴染だからといって今でも平然と四六時中俺といる朱里。
他の生徒からは半ば公然と彼氏彼女のようにみられていることに、こいつは気づいてないのだろうか?

「どうしたの?」

渋い表情を浮かべる俺を不思議そうにみる朱里に、俺は「なんでもないよ」と返してやった。
…まあ、いいか。
俺自身、もう少しこの形のない未熟な状態に、甘んじていたい気持ちもあったから。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気持ちいい笑い声 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:894字
「じゃあ今日も配信始めますね〜。よろしくお願いします」水曜日、夜10時。毎週恒例の配信の時間だ。彼女はいつもこの時間になるとSNSに連携した配信アプリで「おしゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:気向行夫 お題:燃える妻 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:541字
新婚旅行は最初海外に行こうかと考えていた。 しかし、二人共控えめな性格ではないので国内の温泉でゆっくりすることにした。 夕食を済ませ、落ち着いたところで少し館 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:気向行夫 お題:日本電話 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:608字
高校で友達の佳代子と昼食をとっていると、こんな話があった。「高校の近くにある〇〇公園の電話ボックス、出るんだって」「でるって……何が」「決まってるじゃん、幽霊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな墓 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1222字
空は青い。空気はじわじわと迫ってくる。蜃気楼のような空気が震えている様子も見える。ただ僕は汗をかきながら、空を見ている。夏だ。大嫌いなこの季節がやってきた。蝉が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みぺこ お題:ぐちゃぐちゃの処刑人 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:325字
白銀の光を残して刃が駆ける。 街を埋め尽くす異形の群れ。高層ビルを臨む空からは奇怪な体躯の鳥が。路地裏からは目を血走らせ、六の手足を生やした狼が。灯りを失った 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の探偵 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1254字
「ここで僕の推理、聞いてくれませんか?」部屋の真ん中辺りを歩きながら探偵はにっこりと笑う。その推理は確実で、忠実で、繊細。だからこそその答えが導かれる。皆は彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:戦争と貯金 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1172字
戦争と貯金にはお金の使い方で対照的でありながら連関している気配がする。我々の貯金は銀行によって運用されるが、最終的にどこで使われているのだろう。日本の国債はア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:戦争と貯金 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1353字
さきほどグーグルクロームが停止し、書き終わりかけた文章は終了間際に消失した。PC上で作文するものにとっては必ず経験する絶望感に襲われるが、即興小説は停止を許さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:マンネリな川 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1373字
あるところに川がありました見た目はごく普通だけど、実はこの川の中には肉食な魚がたくさんいるらしい少し濁っていてどのくらいの深さなのかは見当もつかないそんな川に散 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mas お題:意外!それはハゲ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:508字
小野頭通りの天気は、このところ雨が続き、ダンスパーティに遅れそうな小鳥の急ぎ足のような音を盛んに響かせていた。車の上げる水しぶきの音は世界の終わりを告げるために 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昨日の艦隊 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:755字
「主砲、一斉掃射!」マーズ帝国艦隊司令官フレイマンの号令と共に、戦艦各自から無数の光線が敵・ジュピタ連邦共和国の戦列に突き付けられ、無数の光球を宇宙空間に現出せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:素人の門 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1004字
「何、あなたも記憶を消したいと」「はい、お願いします」私が記憶を除去する装置を発明してから、様々な人間が記憶の抹消を依頼しに私のもとを訪れた。過去のトラウマを忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:春の兄弟 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:967字
「おいタケオ、薫子ちゃんが来たぞ。しっかりきめろよ」兄ちゃんが僕に囁いたとおり、道の向こうから薫子君が待ち合わせ場所にくるのがみえた。春の光に、つややかな黒髪が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未熟なカップル 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:2003字
「こら、もう下校時間だぞ」夕方、廊下の隅で朱里と無駄話に興じていると、音楽教師の”熊髭”に注意された。”熊髭”とはもちろんあだ名で、顔の下半分を覆う繁みのような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:天国の吐息 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:798字
暗闇の中、何物かの吐息が聞こえる。周囲には誰の姿も見当たらない。というか真っ暗闇で、視界には何も映らない。思考が混濁している。記憶の糸を手繰ってみる。妹の蛍の顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:不屈の躍動 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:805字
山岳地帯でまたしても武装蜂起がおこったと聞き、α帝国皇帝は玉杯を床に叩きつけた。「往生際の悪いネズミどもめが、いつまで叶わぬ夢に固執するつもりだ!」遊牧騎馬民族 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:彼女が愛した食事 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:926字
もう何匹目になるかわからなかったが、俺は襲い掛かってくるトロールを切り伏せた。次元の回廊となっているこの森は、よくモンスターが出没する。とても素人が一人で抜けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:右のカップル 必須要素:漫画 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1660字
とある漫画喫茶の中。私の右に座った一組のカップルが、一冊の漫画を一緒に読みながらはしゃいでいる。「この後主人公が覚醒して、この超つええ敵を倒しちゃうんだぜ」「き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:灰色の天使 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1340字
盲腸で入院した友人の見舞いの帰り、病院の中庭で彼女を見つけた。木漏れ日が降り注ぐ中、車いすに座り、黙って灰色の空を見上げる彼女。パジャマにカーディガンを羽織った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:初めての孤独 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:649字
家のドアをくぐっても、明かりはついていなかった。当然のことだったが、やはり一抹の寂寥を覚えずにはいられなかった。勝手なものだと思う。つい先日までは、その明かりが 〈続きを読む〉