お題:未熟なカップル 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:2003字

幻の彼氏
「こら、もう下校時間だぞ」

夕方、廊下の隅で朱里と無駄話に興じていると、音楽教師の”熊髭”に注意された。
”熊髭”とはもちろんあだ名で、顔の下半分を覆う繁みのような髭に由来している。
音楽室に飾られているチャイコフスキーに似ているともいわれ、ふざけてそちらをあだ名にする生徒もいる。
俺としてはビートルズ解散間際のポール・マッカートニーの方が近いと思うのだが、残念ながら今のところ賛同者は皆無である。

「すいません、もう帰ります」

殊勝に頭を下げて音楽教師をやり過ごした後、朱里はまた無駄話に興じるのだった。

「でさ、どうやら美郷の奴、最近彼氏ができたらしいのよ」

この時の話題はもっぱら色恋話である。
同級生の桜井美郷にどうやら彼氏ができたという話を、しきりに吹っ掛けられた。
正直女子の恋愛話になどまるで興味がないのだが、我が幼馴染どのはおかまいなしである。

「このところ、放課後うちの制服をきた男子と連れ立って、それも腕を組んで歩いている姿がしょっちゅう目撃されているの。ところが」

その相手の男子というのが何者なのか、一向に判明しない。
本人に問い詰めても「えーしらない、見間違いじゃないの?」の一点張りである。
アルバムやら生徒名簿やらを総ざらいして全校男子の顔を照合しても(怖いぞ…)、見かけられた男子の容貌は発見できなかったというのだ。

「私も一度見たことがあるんだけどね。背が高くて彫りが深い、外国の俳優をちょっと残念にしたようなイケメンなのよ」
女子は男子の容貌の形容には極めて繊細である。
おかげで繊細な男子の心がしばしば蔑ろにされるのだが…

「そんなんどうでもいいじゃんか。桜井が誰と付き合おうと、ほっといてやれよ」
「ダメ。一人だけ勝手に彼氏つくるなんて裏切りだもん、徹底的に問い詰めてやる」

窓から差し込む夕日の中で少女は執念に燃えるのだった。

「でも本当にあれは誰なんだろう?今の現役生の中にはあんな顔した人いないし、かといってあれは間違いなくうちの制服だし…」
「そんなに気になるなら、教えてやろうか?」

え、と不思議そうにみつめてくる朱里を差し置いて、俺はすたすたと廊下を歩き出す。

「ちょっと、そっちは…」

言いかけた言葉を飲み込んで、朱里は俺の後をついてきた。

やがて職員室の前を通りかかったとき、ちょうど先ほど俺たちに注意をくれた、”熊髭”が出てくるのとでくわした。

「なんだ、まだいたのか、お前たち」

最早あきれたような調子でいう熊髭に、俺はさりげなく伝えてやった。

「先生、髭づれてますよ」
「え…」

虚をつかれたように固まる熊髭の隙をついて、俺は音楽教師の顔面に手を伸ばす。
朱里があっと声を上げる。
音楽教師のトレードマークの髭は俺の右手につかまれて、すんなりとその顔を剥がれたのだった。

「おい…」

熊髭―もはや髭はないが―は、明らかに狼狽した声を上げる。
どう反応したらいいかわからなかったらしい。

「すみません、さっきずれてるのをみて、もしやと思ったら、どうしても気になっちゃって。他意はないんです、許してください」

俺は平身低頭して髭―つけ髭―を返してやった。

「…まったく、わけわからんやっちゃな」

熊髭はいかにもあきれたような様子を装いながら、職員室の中に戻っていった。
しかしその顔がやや青ざめているのは隠しようもなかった。
まるで、さも何か後ろ暗いことが発見されてしまったように…

―――

「あの顔よ、美郷と腕を組んでいたのは!」

帰路、興奮したように朱里は俺にまくしたてた。

「教師と生徒がおおっぴらに恋人やるわけにもいかんからな。生徒に化けていたんだろう」

つけ髭は元々ファッションだったのではないだろうか。
しかしいざ桜井美郷と恋人関係になった時、髭の下の容貌が知られていないということは恰好のカムフラージュになった。
音楽教師は髭を外し、自分の体格にあった学生服を着用し、幻の生徒と化して、堂々と教え子の彼氏に変貌したというわけだ…

「なるほど、相手が教師じゃ、美郷も言えないわけねえ」
「本人たちの問題だからな、そっとしておいてやれよ」
「わかってるわよ。それにしても…」

朱里は大きくため息をついた。

「あーあ、私にもはやく彼氏できないかなあー」

…朱里の慨嘆を聞いて、俺は密かにため息をつきたい気分になった。
幼馴染だからといって今でも平然と四六時中俺といる朱里。
他の生徒からは半ば公然と彼氏彼女のようにみられていることに、こいつは気づいてないのだろうか?

「どうしたの?」

渋い表情を浮かべる俺を不思議そうにみる朱里に、俺は「なんでもないよ」と返してやった。
…まあ、いいか。
俺自身、もう少しこの形のない未熟な状態に、甘んじていたい気持ちもあったから。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼とむきだし 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1465字
私は、どうしてこうも弱いのだろうか。どこかの暗がりに、私はさまよい歩く。光も何もないのに、足取りだけはしっかりとしている。どのようにしてここまで来たか、もうそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すらいむですよろしくおねがいします お題:名付けるならばそれは囚人 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1239字
薬袋博は大陸浪人である。帝都を中心に中国と日本とを行き来し、向こうの珍しい品物を買い付けて本国で売る商売人、のはずなのだが、常に金欠に陥っている。まず中国への渡 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたパラダイス 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:688字
私は長年使い古したカメラを持ってその地を訪ねた。今となっては廃墟となった家屋が奥行きをもって並んでいた。23年前、自由と平和を求めた薬物中毒者達は所有者不明とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:季森 お題:初めての民話 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1560字
地平線のもっともっと向こうの方まで続いている、群青の空。ちぎられた雲が所々に散らばっている。地平線にはまばらに大きな山脈が小さくその身を覗かせていた。延々と続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すらいむですよろしくおねがいします お題:苦し紛れの傑作 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1427字
「ああ、どうしましょう」ずらっと並んだ食材の前で執事である柏木稔は悩んでいた。その理由は先ほど主人から申しつけられたらお願い、いや、滅多にない彼の我儘に起因する 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:腐った山 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:774字
あの子が子供のころ、積み木遊びが好きだったのをよく覚えている。それも円柱に三角を載せて満足するようなものではなく、ちょっと驚くような積み方をするのだ。誕生日、ク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授賞叙事詩 ※未完
作者:ゼリーマン(60kb) お題:猫の作家デビュー 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1526字
ふと、西野高之は文学賞を受賞し、作家としての己の実力を試してみたくなった。 作家、である。足立区が生んだ真理人、宇宙の摂理をその手に掴み、哲学の深奥を究めた西 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冬琶 蜻蛉 お題:突然の夫 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1017字
悪魔が嫁を娶るなんて、聞いたことがなかった。フレインは、とある田舎町から出てきた靴売りの青年だ。帝都の活気ある大通りに面した、伝統を受け継ぐ靴屋の見習い。今日も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すらいむですよろしくおねがいします お題:突然の夫 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1421字
穏やかな昼下がりの午後、御巫探偵事務所のベルが鳴った。どうぞ、とこの事務所の主人ー御巫八雲が呼びかけると、恐る恐るといった様子で1人の若い女性が入ってきた。「よ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:わなり お題:群馬の表情 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:679字
友達の話だ。彼とは昔からの付き合いだ。よく覚えている思い出の一つを紹介しよう。小学校の時の話だ。都道府県を全て覚えるという授業があった。よくある授業だ。全部言え 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:トカゲのエリート 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1601字
トカゲと呼ばれる忍者がいる。周囲と同化し、存在感を消し、その存在を何者にも悟られることがない。対峙した標的はトカゲが目の前にいることにも気づかないまま、いつの間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:腐ったライオン 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1127字
第三高校のライオン、不良番長浦上がUFOに願ったのは、「子猫をくれ!」ということだった。下校途中、いつもどおりおらつきながら歩いていると、突然上空からUFOが降 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1008字
隣国のA国に突然戦争を仕掛けられ、B国は恐慌に陥った。慌てふためく群臣に向けて、しかし一人だけ落ち着いた物腰を保っていた王は毅然と言い放った。「騒ぐな!どう対処 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:男同士の誰か 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1200字
街中を歩いていると、向こうから千堂さんが急ぎ足で歩いてきた。びっくりした。もう会うことはないだろう、と思っていた。驚きのあまり私は硬直してしまい、急ぐ彼の行く手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:凛とした学校 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1407字
「首都からの救援は…ありません」学園長が告げた残酷な知らせが、その場に集まった見習い魔導士達の悲鳴を引き起こした。ここ、国境沿いの魔導学園は、突如隣国の侵攻を受 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:明日の探偵 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1056字
僕が先生の探偵事務所に助手として雇われて1か月、ようやく事件らしい事件の依頼が舞い込んできた!旧家の屋敷の中で、当主の老人が何者かに殺されたというのである。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:どす黒い春 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1110字
春、職場に新人が入ってきた。その新人とは中学時代の同級生、井深さんだった。名前は変わっていたが、井深さんに間違いなかった。ぼくが彼女を見間違うはずがない。「はじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:ありきたりな昼 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1128字
普段と何ら変わらない、穏やかな昼下がりだった。4月の日差しが柔らかく降り注ぎ、閑静な住宅街には人気もまばらだ。近所で一番大きな高橋さんの家から、愛犬ガネーシャの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:つらい話 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1701字
魔界―一面に続く不毛の荒野。押し寄せる魔王の大軍勢。迎え撃つ勇者一向。決戦を間近に控え、勇者の顔は青ざめ引きつっていた。それは敵への恐怖からではない。彼は―トイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉