お題:未熟なカップル 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:2003字

幻の彼氏
「こら、もう下校時間だぞ」

夕方、廊下の隅で朱里と無駄話に興じていると、音楽教師の”熊髭”に注意された。
”熊髭”とはもちろんあだ名で、顔の下半分を覆う繁みのような髭に由来している。
音楽室に飾られているチャイコフスキーに似ているともいわれ、ふざけてそちらをあだ名にする生徒もいる。
俺としてはビートルズ解散間際のポール・マッカートニーの方が近いと思うのだが、残念ながら今のところ賛同者は皆無である。

「すいません、もう帰ります」

殊勝に頭を下げて音楽教師をやり過ごした後、朱里はまた無駄話に興じるのだった。

「でさ、どうやら美郷の奴、最近彼氏ができたらしいのよ」

この時の話題はもっぱら色恋話である。
同級生の桜井美郷にどうやら彼氏ができたという話を、しきりに吹っ掛けられた。
正直女子の恋愛話になどまるで興味がないのだが、我が幼馴染どのはおかまいなしである。

「このところ、放課後うちの制服をきた男子と連れ立って、それも腕を組んで歩いている姿がしょっちゅう目撃されているの。ところが」

その相手の男子というのが何者なのか、一向に判明しない。
本人に問い詰めても「えーしらない、見間違いじゃないの?」の一点張りである。
アルバムやら生徒名簿やらを総ざらいして全校男子の顔を照合しても(怖いぞ…)、見かけられた男子の容貌は発見できなかったというのだ。

「私も一度見たことがあるんだけどね。背が高くて彫りが深い、外国の俳優をちょっと残念にしたようなイケメンなのよ」
女子は男子の容貌の形容には極めて繊細である。
おかげで繊細な男子の心がしばしば蔑ろにされるのだが…

「そんなんどうでもいいじゃんか。桜井が誰と付き合おうと、ほっといてやれよ」
「ダメ。一人だけ勝手に彼氏つくるなんて裏切りだもん、徹底的に問い詰めてやる」

窓から差し込む夕日の中で少女は執念に燃えるのだった。

「でも本当にあれは誰なんだろう?今の現役生の中にはあんな顔した人いないし、かといってあれは間違いなくうちの制服だし…」
「そんなに気になるなら、教えてやろうか?」

え、と不思議そうにみつめてくる朱里を差し置いて、俺はすたすたと廊下を歩き出す。

「ちょっと、そっちは…」

言いかけた言葉を飲み込んで、朱里は俺の後をついてきた。

やがて職員室の前を通りかかったとき、ちょうど先ほど俺たちに注意をくれた、”熊髭”が出てくるのとでくわした。

「なんだ、まだいたのか、お前たち」

最早あきれたような調子でいう熊髭に、俺はさりげなく伝えてやった。

「先生、髭づれてますよ」
「え…」

虚をつかれたように固まる熊髭の隙をついて、俺は音楽教師の顔面に手を伸ばす。
朱里があっと声を上げる。
音楽教師のトレードマークの髭は俺の右手につかまれて、すんなりとその顔を剥がれたのだった。

「おい…」

熊髭―もはや髭はないが―は、明らかに狼狽した声を上げる。
どう反応したらいいかわからなかったらしい。

「すみません、さっきずれてるのをみて、もしやと思ったら、どうしても気になっちゃって。他意はないんです、許してください」

俺は平身低頭して髭―つけ髭―を返してやった。

「…まったく、わけわからんやっちゃな」

熊髭はいかにもあきれたような様子を装いながら、職員室の中に戻っていった。
しかしその顔がやや青ざめているのは隠しようもなかった。
まるで、さも何か後ろ暗いことが発見されてしまったように…

―――

「あの顔よ、美郷と腕を組んでいたのは!」

帰路、興奮したように朱里は俺にまくしたてた。

「教師と生徒がおおっぴらに恋人やるわけにもいかんからな。生徒に化けていたんだろう」

つけ髭は元々ファッションだったのではないだろうか。
しかしいざ桜井美郷と恋人関係になった時、髭の下の容貌が知られていないということは恰好のカムフラージュになった。
音楽教師は髭を外し、自分の体格にあった学生服を着用し、幻の生徒と化して、堂々と教え子の彼氏に変貌したというわけだ…

「なるほど、相手が教師じゃ、美郷も言えないわけねえ」
「本人たちの問題だからな、そっとしておいてやれよ」
「わかってるわよ。それにしても…」

朱里は大きくため息をついた。

「あーあ、私にもはやく彼氏できないかなあー」

…朱里の慨嘆を聞いて、俺は密かにため息をつきたい気分になった。
幼馴染だからといって今でも平然と四六時中俺といる朱里。
他の生徒からは半ば公然と彼氏彼女のようにみられていることに、こいつは気づいてないのだろうか?

「どうしたの?」

渋い表情を浮かべる俺を不思議そうにみる朱里に、俺は「なんでもないよ」と返してやった。
…まあ、いいか。
俺自身、もう少しこの形のない未熟な状態に、甘んじていたい気持ちもあったから。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ほわいと@次はポピパファンミ お題:くさい息子 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:944字
真夏の日中、街中は地獄だと思う。ただでさえ気温は高いし、コンクリートジャングルには熱を和らげてくれるものなんて何もない。だからと言って、河川敷もさほど涼しいわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
フラット ※未完
作者:匿名さん お題:恥ずかしいロボット 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:589字
まっ白な、工場の無菌室。最上級の清潔さが保たれたその部屋に、一体のロボットが安置されている。「……またか」 宮里は何度目ともしれないため息を漏らす。 他のロボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ここで禁酒するなら最初から飲んでねえ お題:君と扉 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1525字
人間が文章を読めるスピードは、文章のタイプにもよるだろうが、おおよそ400文字/分程度だと言われている。日本語の場合、という条件も付け足す。ここで30分の間に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:野球 お題:男の職業 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1110字
すげえ!男女差別だ!ジェンダーだ! 男女差別主義者の俺は快哉を叫んだ。 完全男女平等社会健全育成推進法案が可決したのち、ついに『完全男女同権平等雇用教育機会均 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
火の元商事 ※未完
作者:匿名さん お題:騙された川 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:404字
「本当によいんですか?」「ええ、私共も子供が大好きでしてね。是非とも協力させていただきたい」 柔和な笑みを浮かべる社長。初めて顔を合わせた時は警戒心を抱いたが、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:砂糖あめ お題:俺の死 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:613字
このまま生きていても仕方ないから死んだ。目を覚ましたら俺は死んでいた。死んだのに意識があった。この世に未練があるわけでもないのに、俺は幽霊のようなものになったら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イグモ@小説 お題:思い出の祖母 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:684字
ロッキングチェアに深く体を沈めると、廊下の柱時計が正午の鐘を鳴らした。昼食の準備を放棄しながら、私は、この椅子に座って誰かが過ごしていた時間に思いをはせる。祖母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪いダイエット 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:362字
一也は首を傾げた。「これ、なんだったかな」 訝しむ視線の先、そこにあるのは古びた写真。久しぶりに帰省した実家の物置を整理していたところ、フレーム入りのそれを見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かわうそちゃん お題:男同士のにおい 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:513字
とある川の河川敷。整備されていない区画をあるいていた。そこは雑草が生い茂り、妙な匂いが立ち込めている。「あの河川敷の整備されてないところ・・・出るらしいよ」友人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:下畑耕司@小説家になろう お題:君のクレジットカード 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:652字
「はい。落としたよ。これ」これはさっき、彼女が財布から落としたカードだ。「君のクレジットカード?」彼女から帰ってきた答えは「うん。そう」だった。ありえない。なぜ 〈続きを読む〉

いしゅと@自称モノ書きの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:苦い犬 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1577字
眼前にはハエがたかる犬の死骸が横たわっていた。空腹のあまり、はいつくばってその肉を噛みちぎった。苦かった。とても食えたものではなかった。反射的に吐き出した。「兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:宗教上の理由で大学 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:812字
「離してくれ、俺はもうこんな大学いられないんだ!」そう言って立ち去ろうとする俺の肩を、友人の野上がつかんできた。「おい、いきなりそんなこというなんて、一体どうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:昨日の粉雪 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:850字
龍彦は不機嫌だった。原因は昨日の午前中の積雪にあった。季節外れの異常気象により、四月だというのに雪が降りに降って、ついには一面の銀世界を現出させた。踏めばサクサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:捨てられた風 必須要素:化粧水 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1178字
「いつか空の向こうへ行ってみたいんだ」リアンがそう告げると、出会ったばかりの少女―確かシェーラとか名乗った―は不思議そうに首をかしげた。「どうして、そんなところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:黒い関係 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:832字
「ねー、やっぱりあの2人、怪しいよねえ」昼休み、私は同僚たちと噂話に花を咲かせていた。現在私たちのグループ内では、A子とB男の話で持ちきりである。「いつもこそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:何かのおっさん 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:1060字
世界一強運な男がいると聞き、私は記者として取材にやってきた。男は匿名を希望したので、ここではイニシャルのB・Jとだけ記しておこう。「はじめまして、あなたは世界で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:せつない夢 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1136字
名探偵には、ひとつの大きな夢があった。その夢に出会うために、彼は今日も事件現場に足を運ぶのである。「…以上が、この事件のあらましです」顔見知りの刑事に説明を受け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:かゆくなる関係 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:1687字
先王アルベルトが己の後継に末の弟ティグリスを指名したことは、王国に激震をもたらした。この指名に殊更憤懣を覚えたのは先王の長兄ナイルと妃イリスである。前者は本来先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:臆病な靴 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:951字
その靴は、誰にも買ってもらえなかった。臆病で、ちょっとしたことがあるとすぐ逃げ出すからだ。「この前犬に吠えられただけで勝手に逆方向へ走り出して遅刻しちまった。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:私が愛したエデン 制限時間:15分 読者:138 人 文字数:1039字
跨線橋の上で、僕は去り行く彼女と向かい合っていた。冬だった。雪交じりに吹き付ける風が冷たかった。屋根もなく、左右に欄干が取り付けられているだけの、古い跨線橋だっ 〈続きを読む〉