お題:素朴な娼婦 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:703字

正体見たり枯れ尾花
(#75)

 あいことばを知らなければ相手にしてもらえない。
 そんな噂が巷に流れているものの、性的な興味が芽生えていない私にとっては馬の耳に念仏だった。
 大きな川に架かっている木造の橋、それをあちらの村方面に向かって右側の柳の下。
 毎晩そこに女が立っているらしい。
 いつも濡れた髪をしていて、柳のように下を向きながら客を待っている。
 暗がりにチラと見え隠れする長い黒髪の上を、星のように煌めく水滴が女を装飾している。
 遠くからでも判別できる女の肉感的な肢体に、男は灯りに群がる羽虫の方に引き寄せられていく。
 けれど、大抵の輩は瞬時に女に追い返されている。
 あいことばってェのを言わなきゃア、駄目なんだってよゥ。
 鼻をへし折られた男どもはこぞってそう愚痴を漏らしていたとのことだ。
 子供心に私は野心を抱いた。
 女をものにしてやる。

 元服を迎え、大人の男性として世に認められるようになった私は、友人に連れられて筆おろしを済ませた後、その足で大きな川へと急いだ。
 その夜はちょうど満月で、月明かりが川の流れを明確に映し出していた。
 白い波頭がチラホラと幾つも確認できる。
 私は肌の白い自分の姿も月明かりによって浮き彫りにされている気がして、懐に忍ばせていた藍色の大風呂敷を頭に巻き付けた。
 橋を渡るとギィギィと木材が軋む音がする。
 普段は気にすることなどないけれど、自分が大人になって体重が増えたせいだと勝手に思い込んだ。
 急ぎ足で橋を渡ると、右手の柳の下に人影が見えた。
 髪が長い。女のやわらかい曲線が影になっていても分かる。
 私の心の臓が早鐘のように鼓動し始めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ぱるりんな。 お題:冷たい信仰 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:575字
「雪が降り始めたわ」薄暗い部屋に差し込む光を背に、その人物はやけに大きく見えた。一歩ずつ彼女が部屋に入ってくるに連れて影は広がり、光は細く薄暗くなっていく。起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ガワ北アユム お題:アブノーマルな床 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:816字
ある夏の日、僕は急にバイトに行くのが嫌になり、ファミリーマートではなく、新幹線のホームに気づいたら立っていた。手に握られているのは東京行きの切符。新幹線の自由 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けー お題:美しい耳 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:351字
遂に捕まえた。私の生物学における採取作業において、革命的な一種。今まで見た事もない美しさだ。私が長年費やしてきた時間に見合う、研究の成果になる。この島に新種がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かたい失踪 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:153 人 文字数:191字
私は今土の中にいる。かたい土の下で死んでいる。ばあさんの形見の花袋を手に安らかに眠っている。失踪者リストという名の死亡者リストに私の名前は記されただろうか私のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
tes ※未完
作者:匿名さん お題:残念なサーブ 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:514字
「つまりよぉ、何事も最初が肝心ってこったな」 男はいかにもな無精髭を手のひらでゾリゾリと撫で、至極当然といった様子で顔を伏せた。「スタートダッシュに遅れちゃあ、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:アルガニステ・アルトラ@即興小説15分勢 お題:愛と死の博物館 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:727字
今日はおじいちゃんの70歳の誕生日だ。そして、おばあちゃんのサンカイキだ。 おじいちゃんは、自分の誕生日をお祝いしない。おばあちゃんが死ぬ前からそうだった。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と光景 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:484字
夏の海には、黄色いクジラが住み着く。私の地元では昔からそういわれているのだ。この地に生まれて45年の月日が流れたがいまだにここ以外の町を知らない。ここで育ち、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天才の消しゴム 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:297字
「コードネームは肺活量、はじめての遠足で知った裏切り、恋人は鍛高譚」「何の話ですか?」 自涜前の少年を対象とした悩み相談テレフォンサービスを始めて3ヶ月になるが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:全力乙女成瀬ちゃん お題:熱い独裁者 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:168字
ある年。熱い独裁者に制裁がくだされる日。熱い火を持って正義を掲げよ。なにもかも新しくやりなおすのさと若者。やいやいと騒ぎながら、捕らえて囲んで引きずって。魂が消 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある取材風景 ※未完
作者:帰ってこさせられたiPhone お題:意外な凡人 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:1115字
圧倒的な才能というのは兎角に人の目を惹きがちだが、俺はそんなものは嫌いだ。まずこれはよく言われてる事だが、天才と呼ばれてる人間だって、大半は地道な努力を積み重ね 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恋の伝承 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:911字
(#82) 遺伝子というものは全く恐ろしいものである。 絶対に恋なんてしないと決めていた私の心に芽吹いた春の予感、それは確実に遺伝子の仕業なのであろう。 そもそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:小説家のパラダイス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:732字
(#81) 書ける……書けるぞ! 指が滑らかに動き続けている。自分の脳内で創り出された映像が的確に文字として出力され続けている。それも自動的に。 であるから、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:団地妻の暴力 必須要素:200字以内 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:199字
(#80)「11号棟のN子さんが発狂してるそうよ」「またN子さん?」「彼女の旦那さんが性懲りもなく問い詰めたらしいわ」「勇気があるわね」「きっと心臓に毛が生えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君の食堂 必須要素:ダイアモンド 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:822字
(#79) 僕は人見知りで。 それに他人の幸せそうな様子を目にするだけで心がすさむ。 それならば見なければ良いのに気になって見てしまう行為は、まるで自傷している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:来年の不動産 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:730字
(#78) 不動産の価値も肉体のバイオリズムと同じように定期的に上下運動を繰り返しているという。 その規則的な波に乗れるか乗れないか、不動産投資で利益を出せるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:地獄の女の子 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:845字
(#77) アフリカンのようにチリチリパーマな髪質。 その頭頂部から太い角が一本生えている。 口を閉じても少しだけ覗いている八重歯はまるで中世ヨーロッパの吸血鬼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:平和と絵画 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:879字
(#76) ここには他に誰も居ない。居るのは私と彼女だけ。 流れている空気は冷たく、静かで、穏やかにたゆたっている。 私は彼女と向き合ったまま立ち尽くしている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:素朴な娼婦 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:703字
(#75) あいことばを知らなければ相手にしてもらえない。 そんな噂が巷に流れているものの、性的な興味が芽生えていない私にとっては馬の耳に念仏だった。 大きな川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:神の殺し屋 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:665字
(#74) 携帯端末が振動する。 俺は気怠げ且つ緩慢な動きで、サイドテーブルの上を小刻みに移動している機械に手を伸ばした。 片手で掴み、親指で画面をスライドする 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:突然の夫 必須要素:10円玉 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:700字
(#73) 押しかけ女房という言葉は聞いたことがあるのだけれど、押しかけ旦那はどうなのか。 古い木造家屋の玄関先、煤けた広い土間に正座をし、三つ指ついて頭を垂れ 〈続きを読む〉