お題:素朴な娼婦 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:703字

正体見たり枯れ尾花
(#75)

 あいことばを知らなければ相手にしてもらえない。
 そんな噂が巷に流れているものの、性的な興味が芽生えていない私にとっては馬の耳に念仏だった。
 大きな川に架かっている木造の橋、それをあちらの村方面に向かって右側の柳の下。
 毎晩そこに女が立っているらしい。
 いつも濡れた髪をしていて、柳のように下を向きながら客を待っている。
 暗がりにチラと見え隠れする長い黒髪の上を、星のように煌めく水滴が女を装飾している。
 遠くからでも判別できる女の肉感的な肢体に、男は灯りに群がる羽虫の方に引き寄せられていく。
 けれど、大抵の輩は瞬時に女に追い返されている。
 あいことばってェのを言わなきゃア、駄目なんだってよゥ。
 鼻をへし折られた男どもはこぞってそう愚痴を漏らしていたとのことだ。
 子供心に私は野心を抱いた。
 女をものにしてやる。

 元服を迎え、大人の男性として世に認められるようになった私は、友人に連れられて筆おろしを済ませた後、その足で大きな川へと急いだ。
 その夜はちょうど満月で、月明かりが川の流れを明確に映し出していた。
 白い波頭がチラホラと幾つも確認できる。
 私は肌の白い自分の姿も月明かりによって浮き彫りにされている気がして、懐に忍ばせていた藍色の大風呂敷を頭に巻き付けた。
 橋を渡るとギィギィと木材が軋む音がする。
 普段は気にすることなどないけれど、自分が大人になって体重が増えたせいだと勝手に思い込んだ。
 急ぎ足で橋を渡ると、右手の柳の下に人影が見えた。
 髪が長い。女のやわらかい曲線が影になっていても分かる。
 私の心の臓が早鐘のように鼓動し始めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で霧雨 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:618字
祭壇のその上に十数人の年老いた男女がひざまずいていた。さらに上の段、一人のおばあさんが手に白い笹みたいなものを持った。それを振りながら、大きな声で言った。「我 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぱるりんな。 お題:冷たい信仰 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:575字
「雪が降り始めたわ」薄暗い部屋に差し込む光を背に、その人物はやけに大きく見えた。一歩ずつ彼女が部屋に入ってくるに連れて影は広がり、光は細く薄暗くなっていく。起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ガワ北アユム お題:アブノーマルな床 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:132 人 文字数:816字
ある夏の日、僕は急にバイトに行くのが嫌になり、ファミリーマートではなく、新幹線のホームに気づいたら立っていた。手に握られているのは東京行きの切符。新幹線の自由 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けー お題:美しい耳 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:351字
遂に捕まえた。私の生物学における採取作業において、革命的な一種。今まで見た事もない美しさだ。私が長年費やしてきた時間に見合う、研究の成果になる。この島に新種がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かたい失踪 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:191字
私は今土の中にいる。かたい土の下で死んでいる。ばあさんの形見の花袋を手に安らかに眠っている。失踪者リストという名の死亡者リストに私の名前は記されただろうか私のよ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
tes ※未完
作者:匿名さん お題:残念なサーブ 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:514字
「つまりよぉ、何事も最初が肝心ってこったな」 男はいかにもな無精髭を手のひらでゾリゾリと撫で、至極当然といった様子で顔を伏せた。「スタートダッシュに遅れちゃあ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アルガニステ・アルトラ@即興小説15分勢 お題:愛と死の博物館 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:727字
今日はおじいちゃんの70歳の誕生日だ。そして、おばあちゃんのサンカイキだ。 おじいちゃんは、自分の誕生日をお祝いしない。おばあちゃんが死ぬ前からそうだった。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と光景 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:484字
夏の海には、黄色いクジラが住み着く。私の地元では昔からそういわれているのだ。この地に生まれて45年の月日が流れたがいまだにここ以外の町を知らない。ここで育ち、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天才の消しゴム 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:297字
「コードネームは肺活量、はじめての遠足で知った裏切り、恋人は鍛高譚」「何の話ですか?」 自涜前の少年を対象とした悩み相談テレフォンサービスを始めて3ヶ月になるが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:全力乙女成瀬ちゃん お題:熱い独裁者 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:191 人 文字数:168字
ある年。熱い独裁者に制裁がくだされる日。熱い火を持って正義を掲げよ。なにもかも新しくやりなおすのさと若者。やいやいと騒ぎながら、捕らえて囲んで引きずって。魂が消 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:愛と欲望のうどん 必須要素:牛肉 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:891字
(#114) 宗教によって牛肉を食べられない人々がいる。 他にも、豚肉を食べられない人々や、そもそも獣肉を口にすること自体がタブーな人々がいる。 けれど、一度食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:闇の火事 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:829字
(#113) 女性に流行の脱毛サロン。 高価な支払いと、何度もお店に通う労力と時間を引き換えにして、彼女たちはムダ毛のない皮膚を手に入れる。 最近では男性がヒゲ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:うわ・・・私の年収、アパート 必須要素:ダイアモンド 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:804字
(#112) 私の人生は全て偶然によって構成されている。 家族も、学校も、配偶者も、子孫も、私の周りは全て偶然の産物だ。 その中でも一番の偶然についてお話ししよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:やわらかい復讐 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:690字
(#111) 外気温が三十度を超えている。 蝉の声がうるさい。ただでさえ暑さにやられているというのに、あの騒音は堪えがたい。 畳に寝転がっている俺は、自分自身か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦争と土地 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:881字
(#110) 土地に値段がついたのは一体いつからだろう。 歴史の講義中にふとそんな疑問が頭をよぎった。 僕が生まれた時には既に、人々は自分たちが住んでいる土地や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:静かな御曹司 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:877字
(#109) 二つ折りになっている端末を片手で開く。 すると名刺サイズほどの画面がぼんやりと発光し始める。 中央に文字らしき記号が表示されるけれど、僕には意味を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:日本独裁者 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:834字
(#108) この国は戦争に負けてから変わってしまった。 国民の全てを兵士として洗脳し、命をかけて攻撃と防衛に当たらせたのは朕の責任ではあるが、果たしてあの時代 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:苦しみの会話 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:796字
(#107) 毎朝、私は家族全員分のお弁当を詰める。 結婚した当初は夫の分のお弁当を。 子どもが生まれて学校に通うようになれば、子どもの分のお弁当が追加された。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:凛としたあいつ 必須要素:武田鉄矢 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:743字
(#106) 肩のラインで揃えた黒髪が風になびいている。 肩を怒らせて歩く癖のある彼は、見た目も性格も骨太の武士のような男なのだけれど、その美しい黒髪だけを見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:10の家事 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:582字
(#105) 今日の任務を羅列してみる。 掃除機をかける。 水拭きをする。 お風呂を洗う。 ガラスを拭く。 換気扇フィルタを取り替える。 洗濯を干す。 アイロン 〈続きを読む〉