お題:進撃の略奪 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:1002字

待ちきれなくて。 ※未完
家具が次々に運ばれていく。タンス、テーブル、本棚、洗濯機と長年連れ添ってきた仲間が屈強な男たちによって外へと持ち拐われいく様を、僕は呆然と眺めていた。
一体何が起こっている? 騒々しい物音で目を覚ませば、既にこのありさまだった。パジャマ姿であちこち髪がはねたままの僕を男たちは見向きもせず、黙々と作業を進めていた。
引っ越し業者を手配した覚えはない。僕はまだまだ今のアパートに住む予定で、契約更新をつい先日大家さんとしたばかりだ。
何より、目の前の男どもは明らかに引っ越し業者の風貌ではない。少し地味めの作業服に軍手、などという出で立ちではなく、彼らは全員黒服だった。おまけに黒いサングラスまでかけている。どこぞの非合法組織の構成員と紹介されればきっと僕は納得してしまうだろう。
もしかして借金の取り立て?
どこかに借金をした覚えは僕にない。けれど、このご時世、連帯保証人として名前などを勝手に使われてしまうケースがあるという。その不幸に僕は見回れてしまったのかもしれない。
ならば、ここは毅然な態度で挑まねば。法治国家日本、いくら情の薄い世の中になったとはいえ、ここまでの横暴がまかり通るはずがない。多少費用はかかるだろうが、出るとこに出れば道理が僕の方にあると立証されるはずだ。
「あの」
「なんでしょう」
僕の呼び掛けに男の一人が振り向いた。意外とすんなり対話に応じてくれたことに面食らいながらも僕は言葉を接いだ。
「僕は借金をしたことも誰かの保証人になったこともない。 何かの手違いじゃありませんか?」
「いいえ、間違いありません」
「」
「証拠の書類がここに」
男は懐から取り出した一枚の紙を僕に差し出す。どうせ偽造書類に違いない。僕は法学科の出ではない。けれど、隅々まで内容を把握し、しかるべき時に指摘できるようにしてやる。
そんな心持ちで書類を受け取り、内容を確認した。
その直後、僕は固まってしまった。
「……これ、原本ですか?」
「いえ、コピーです。原本は市役所に提出済みだと聞いています」
「大家さんには?」
「既に話は通してあります」
僕はしばらく黙り込んだ。そして、こう言わざるを得なかった。
「……作業を続けてください」

「ようこそ、私の家へ!」
僕の前には一際きらびやかな豪邸。そしてその前で一人の女性が僕を歓迎していた。
僕の妻となる女性が。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:五代雄介 お題:進撃の略奪 制限時間:4時間 読者:259 人 文字数:157字
「ヒャッハー、略奪だぁっ!」 どこかで見たことがあるモヒカンの男達が略奪をしていく。 彼らが略奪するのは、病気や悪い運気、マイナスの感情だ。「てめぇら、悪いもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:進撃の略奪 必須要素:ご飯 制限時間:4時間 読者:180 人 文字数:755字
「遊びに来たよー!」「呼んでいない。帰れ。」彼女に対してひどいなー、と笑いながらこちらの声を無視して上がっている彼女。鼻唄を歌う姿が小憎らしい。どちらにしろ無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:彼女と眠り 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:2126字
僕の席は教室の一番奥の列、その一番後ろの席だ。少し顔の角度を変えればクラスメイトの様子を見ることができる。まぁ、実際にはクラスメイト全員が席に着くと人と人が被 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:遅い罰 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1381字
鐘がなった。 教室前の扉が開いて、教師が入ってくる。教壇に立った教師の視線が生徒たちの頭上をなめていくが、一瞬前に騒いでいた生徒たちはすでに席に着いている。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真紅の怒りをまといし秘部 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1字


ユーザーアイコン
作者:わなり お題:かたい土 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:448字
今日も掘る。僕は毎日掘っている。身長160と小さな身体でひたすらに掘っている。生まれてから10年でこの仕事を任され、そこから約20年掘っている。僕が生まれる前は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
創作活動部 ※未完
作者:匿名さん お題:僕と屍 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:805字
”相変わらず凄いわねぇ” サマーバケーションとウィンターバケーションの年2回、政府が芸術を通して、福祉政策を国民に理解してもらうための啓蒙活動を行っている。 こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くさい信仰 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1180字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は”社会性”です。 日本人は世界各国の人と比べると礼儀正しいと見られるらしいです。これは、悪く言われている”同調圧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:どす黒いお金 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2542字
学校の帰り道。一人で歩いていると街の掲示板にとあるポスターが貼られていた。それには近所の城の掘の中にある水を抜いて、その堀の底にあるであろう歴史的遺物を探す、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美紗 お題:男同士の猫 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:305字
「また、ダメだったね……。」花菜は唯の手を握りながら泣いた。冷たい床は、二人の身体から流れた血に反射した月の光で輝いていた。喉を槍で貫かれた唯は、花菜に応えるこ 〈続きを読む〉

akariの即興 小説


ユーザーアイコン
現を忘れて ※未完
作者:akari お題:意外!それは朝日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:275字
――……嘘でしょ。 愕然とした。今の状況が信じられない。目の前のブラックスクリーンに映る私の顔にはキーボードの痕がくっきり残っている。時計なんて見たくない。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:かっこ悪い愉快犯 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:264字
軽い気持ちだった。思い出らしいものを一つぐらい残したい。そう思ったがゆえの行動だった。「一応……成功かな」 扉を何度も叩く音がかすかに耳に届く。騒ぎを聞き付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:彼と女の子 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1878字
茜色に染まるブランコ。普段は思わずカメラを構えたくなるその場所で今、とても醜い光景が繰り広げられている。「おじさんの家に来てくれないかな。お菓子ももっとあげる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:猫の風 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:201字
彼女はいつも陽だまりの中にいる。 一人で、されど寂しいという雰囲気を一切感じさせることなく、ただただ気ままに歩いていく。 その背に付いていこうと時々思うけれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:夏の公認会計士 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:800字
「フランクフルト三本よろしく」「かき氷二つお願いします」「焼きとうもろこし五本で」「かしこまりました! 少々お待ちを!」 海開きから一週間。大勢の客が海の家に押 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:やわらかい復讐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:861字
リビングに入った途端、私は思わず鼻元を覆った。 ――何この匂い……。目に染みるような刺激臭。うちはインド料理屋でも営んでいたのか、そう一瞬錯覚してしまうほどの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:黄色い王 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:322字
私は想う。 彼の王はいつも笑っておられた。「なんて穏やかなお顔」「心根の優しい方なんでしょうね」「あの笑顔こそ国が豊かである証だ」 彼の王はいつも笑っておられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:青い道 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:580字
山で遭難する人間は数いれど、そのうちでも雪山での遭難は指折りの絶望的な状況だろう。 今の僕はその渦中にいる。『白フクロウの写真が欲しいなぁ……』 憧れのあの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:マイナーな経歴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:476字
――……これは。 私は唖然とした。面接官である私は今、一人の求職者と正対している。既婚者らしい彼、その履歴書が私の手の中にあるが、そのうちの一つに一際目を引く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:左の神様 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:3100字
「きみ、何か願い事を持っていないだろうか?」 不意に隣から声がした。その時の私は窓から見える一面の雪景色を目で追うのに忙しく、どうせ他人事だと思って流した。けれ 〈続きを読む〉