お題:進撃の略奪 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:1002字

待ちきれなくて。 ※未完
家具が次々に運ばれていく。タンス、テーブル、本棚、洗濯機と長年連れ添ってきた仲間が屈強な男たちによって外へと持ち拐われいく様を、僕は呆然と眺めていた。
一体何が起こっている? 騒々しい物音で目を覚ませば、既にこのありさまだった。パジャマ姿であちこち髪がはねたままの僕を男たちは見向きもせず、黙々と作業を進めていた。
引っ越し業者を手配した覚えはない。僕はまだまだ今のアパートに住む予定で、契約更新をつい先日大家さんとしたばかりだ。
何より、目の前の男どもは明らかに引っ越し業者の風貌ではない。少し地味めの作業服に軍手、などという出で立ちではなく、彼らは全員黒服だった。おまけに黒いサングラスまでかけている。どこぞの非合法組織の構成員と紹介されればきっと僕は納得してしまうだろう。
もしかして借金の取り立て?
どこかに借金をした覚えは僕にない。けれど、このご時世、連帯保証人として名前などを勝手に使われてしまうケースがあるという。その不幸に僕は見回れてしまったのかもしれない。
ならば、ここは毅然な態度で挑まねば。法治国家日本、いくら情の薄い世の中になったとはいえ、ここまでの横暴がまかり通るはずがない。多少費用はかかるだろうが、出るとこに出れば道理が僕の方にあると立証されるはずだ。
「あの」
「なんでしょう」
僕の呼び掛けに男の一人が振り向いた。意外とすんなり対話に応じてくれたことに面食らいながらも僕は言葉を接いだ。
「僕は借金をしたことも誰かの保証人になったこともない。 何かの手違いじゃありませんか?」
「いいえ、間違いありません」
「」
「証拠の書類がここに」
男は懐から取り出した一枚の紙を僕に差し出す。どうせ偽造書類に違いない。僕は法学科の出ではない。けれど、隅々まで内容を把握し、しかるべき時に指摘できるようにしてやる。
そんな心持ちで書類を受け取り、内容を確認した。
その直後、僕は固まってしまった。
「……これ、原本ですか?」
「いえ、コピーです。原本は市役所に提出済みだと聞いています」
「大家さんには?」
「既に話は通してあります」
僕はしばらく黙り込んだ。そして、こう言わざるを得なかった。
「……作業を続けてください」

「ようこそ、私の家へ!」
僕の前には一際きらびやかな豪邸。そしてその前で一人の女性が僕を歓迎していた。
僕の妻となる女性が。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:五代雄介 お題:進撃の略奪 制限時間:4時間 読者:271 人 文字数:157字
「ヒャッハー、略奪だぁっ!」 どこかで見たことがあるモヒカンの男達が略奪をしていく。 彼らが略奪するのは、病気や悪い運気、マイナスの感情だ。「てめぇら、悪いもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:進撃の略奪 必須要素:ご飯 制限時間:4時間 読者:185 人 文字数:755字
「遊びに来たよー!」「呼んでいない。帰れ。」彼女に対してひどいなー、と笑いながらこちらの声を無視して上がっている彼女。鼻唄を歌う姿が小憎らしい。どちらにしろ無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:穏やかな太陽 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:618字
夕方4時。いつもこの時間になると山の緑の後ろに太陽が隠れていくところが見える。その光景を4年間ほど見続けてきた。この場所は良くも悪くも静かだった。気づけば太陽は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼の春雨 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:453字
私が塾の塩田先生から聞いた話。休み時間に先生は冷蔵庫を開けた。疲れていて半分目が閉じた状態で、先生はその中にあったりんごジュースを出した。そして飲んだ。その時、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風魔小太郎 お題:商業的な計算 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1066字
俺は東北の都市に生まれた。仙台、それが俺の生まれた町だ。今でこそ、蔵王山脈と太平洋に挟まれ、復興から立ち直るこの美しい街を誇りに思うことができる。 ただ15歳 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く失望 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1321字
「私も昔はねえ…」祖母はよく昔のことを語って聞かせてくれた。学生時代に取った賞のこと、若い頃はモテモテだったこと、祖父との出会いのこと、昔の電化製品のこと、昔あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:朝の外資系企業 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:828字
混雑する駅構内を抜けても続く、慌ただしく行き交う人の群れ。 照りつける朝日とは対照的に、雑踏を歩くスーツを身にまとった人々は、どこか陰鬱だ。 これから夜まで仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那の、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:643字
桜がもう時期満開になるそうだ。まだ寒いこの大地では咲く気配は全くない。時々、桜の花びらの代わりに雪が手のひらに落ちていく。雪は手のひらに落ちると一瞬にして溶けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:薫女 お題:楽しかった宗教 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1820字
私は今、冷たい水底に沈んでいる。息をする必要がなくなったのは何百年前だろうか。空の蒼さが水底にまで届かないと知ったのはどれくらい経った頃だろうか。手を伸ばして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:不屈の誰か 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1594字
家庭ごみは、収集される当日の朝6時から8時までの間に所定の位置へ持っていくこと。というのがここ、喜楽荘の入居者規則ではあるのだが、いい子ちゃんして守っている住 〈続きを読む〉

akariの即興 小説


ユーザーアイコン
夕焼けの熱 ※未完
作者:akari お題:それいけ太陽 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:316字
赤く、赤く燃えている。灼熱のような眩しさに思わず目を細める。「絶好のコンディションだ」 翔は呟く。口の端に獰猛な笑みを湛える彼はこれ以上なく頼もしい。「準備し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:幸福な雨 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1525字
――質の悪い冗談みたい。 窓の外を眺めながら、私は思う。 外には緑に生い茂った桜の木。旬の季節は過ぎたというのに、木の葉が陽射しを受けて輝いている。相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:素朴な想い 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1104字
病室の扉を引き開ける。部屋の奥、変わらぬその場所に日向はいた。「やあ。また来たよ」 ベッドの近くに置かれたスツールに僕は腰を下ろす。できる限りにこやかな笑顔を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:永遠の小説トレーニング 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1762字
遊覧船のデッキにて、孝は由奈と食事をしながら夜の海を眺めている。 暗く静かな海。淡く輝く月を鏡のように写し出す光景は幻想的で、思わず見とれてしまうほどに美しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:黄金の空想 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:514字
店先のベルが鳴り、入ってきた年老いた男性。彼は何やら思い詰めた顔をしていた。 ――またこの手の客か……。 店主の満はため息をつく。彼の目的におおよその見当がつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:永遠の極刑 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1313字
「ほら、風船のお礼」「クマさんありがと」 ペンギンのようなお辞儀を見せた後、少年が母親に手を引かれて去っていく。母親と笑い合う彼の横顔に曇りはなく、幸せに満ちて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:夜とにおい 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:467字
芳しい香りに誘われて来てみれば、道の中央、そこに一軒の屋台があった。人気のない真っ暗闇の中、淡く灯る照明は暖炉の火のようで、気づけば謙二は暖簾を潜っていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
内へ、奥へ ※未完
作者:akari お題:幸福な螺旋 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:282字
下へ下へ。ただただ階段を降っていく。それだけのことなのに、私は確かに幸福を感じている。 手すりなどない縁から階下を見下ろせば、何百人もの人間が立っている。まる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:幸福な巨人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:184字
休日の昼下がり。茜は公園のベンチでぼうっとしている。青空の下、日の光に照らされる身体は縁から溶けていくように感じられた。 不意に、耳元で囀りが聞こえた。視線を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:禁断の君 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:646字
「やっと出会えた……」 三朗は歓喜にうち震えていた。 これまでずっと想い続け、追い求めた彼女が目の前にいる。夢にも見た瞬間に立ち会えたという至福に恍惚とした表情 〈続きを読む〉