お題:苦しみの喜劇 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:783字
[削除]

苦しみの喜劇
 親戚がクソな連中はみんな納得してくれると思うがクソが身近にいると色々とよくない。例を挙げると俺の大叔父と大叔母は相当クソだ。とにかく嫌味を言うことと写真を撮ることしか出来ない大叔父はまだいいが人間関係を保つ方法として“金を渡す”しか持ってない大叔母はまじもんのクソが人の形を取った何かだ。今までの人生でろくに働いたこともない相手から「まだ就職出来ないのか」「お金がないと人間は何もできない」だのと聞かされるのを想像してもらったら俺が受けてきた仕打ちは大体わかってもらえる。ほぼそれで間違いない。そんなもんだから俺は大叔父と大叔母のことがそこそこ苦手だったがそれとは別にうちの親が出張らなければいけない用について行かなければならなくて結構な頻度で会う必要があった。そうして会うたび会うたび小遣い貰う代わりに訳の分からない角度から小言を言われ続けると自分の中で何かが擦り減っていく感覚があって恐かったんだがこれについていつの間にか一線超えてたらしくある時から特にストレス感じる事もなくなって小言フルコースと新しいPCを買ってもらったときなんて結構素直にお礼の言葉を述べている自分がいて衝撃を受けた。
 そうして小遣い貰う代わりに何かするという関係続けてる内に大叔父も大叔母もくたばって葬儀の日、今まであなた達に全部背負わせてごめんねぇごめんねぇと親戚に言われて「はぁ…?」と気の抜けた返事をしながら交わされている会話を聞いているとそこら中で総スカンくらってた大叔母は最後に残った人間関係先であるうちの家族を繋ぎとめようとあの人なりにあの手この手を使っていたようでそれがこんな時になってわかるのも中々葬儀らしくていいなぁと思いながらあの人も苦しんでいたんだなぁけどウケるなぁという感じであり。
 たぶん俺たちを外から見たら当人は苦しんでるんだろうけどかなり喜劇だろうな。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:八等分された日ノ宮理李 お題:苦しみの喜劇 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:1149字
喜びとは大体苦痛の先にある。「だからって、姉さんこれはないんじゃないの?」 部屋の状況を見るに、悲惨という言葉が妥当。「あら、どえむの弟にはこれが一番の躾だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朝野欠月 お題:2つの死 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1081字
「『読点なし』? どういう意味でしょうねぇ……」「さあ、さっぱりわからんなあ。唯一の証拠の遺書がこれだけなんて困るなあ」 学習机とベッドに本棚、衣装ダンスが並ぶ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:私と悪人 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1059字
「あのー……」「なんだ」「これって新しい論文ですか?」「ああ、そうだ。いつも通りワードで清書してくれ」「は〜……博士ってめちゃ悪筆なんだよなあ……読点とかないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:10のにわか雨 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:359字
7色の虹という言葉をよく聞くが実のところそれは間違っている。 アメリカでは6色だしフランスでは5色で世界を見回れば2色だと言うところだってある。 物理学的に見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:及川シノン お題:反逆の王子 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:1360字
アルガルド大陸最大版図を誇る千年帝国サウスタニアは建国以来国家存亡の危機とも言える事態に直面した。皇太子ゲルア=サウスタニアⅢ世が諸侯と手を組み実の父であるマ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:skm_sy お題:コーヒーと愉快犯 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:1104字
無職の僕は平日の昼間からあてもなく街を歩き回っていた。午前中は職安に行ったんだ。求人情報検索のパソコンをスクロールするだけの簡単な作業。もちろんそれだけじゃ求職 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いちじく お題:清い恨み 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:228 人 文字数:1746字
「あなたが憎くて仕様がありません」 目の前に立つ妹は包丁を持ち、悪鬼のような表情になっている。「ちょっと待て、ちょっと待て」 兄である僕は、両腕を上げ、ばんざい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリキン@青月日記 お題:ダイナミックなダンス 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:251 人 文字数:1016字
通念上、踊り子と言えばまず間違いなく女性である。彼女らはスローテンポなダンスで女性らしい曲線美を余すことなく表現し、死地に向かう戦士たちを奮い立たせる。 しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
逃げられない ※未完
作者:つめこ お題:夏のカラス 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:278 人 文字数:613字
ひとを殺した。僕はいそいで身支度をして、歯を磨いた。そうしなければ誰かが僕の部屋にやってきて、僕のくちびるを調べたら、僕が彼を好きだったと知られてしまう。それだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃどくろ お題:悔しい墓 必須要素:読点なし 制限時間:30分 読者:260 人 文字数:230字
死んだ。悔いはない。もう死にたいと願っていたから。病にかかっていた。癌だった。地獄の拷問かと思えた抗癌剤治療。悲しみと哀れみに満ちた娘の目。抜け落ちる泣けなしの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家のブランド品 必須要素:バナナ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:237字
箱を開けてみる、また入ってる。毎日送られてくる段ボール。送り主は父の名前。父は小説家で、小学生の時に亡くなった。気味が悪い。箱の中身をのぞくと、ブランドのカバン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼の春雨 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:453字
私が塾の塩田先生から聞いた話。休み時間に先生は冷蔵庫を開けた。疲れていて半分目が閉じた状態で、先生はその中にあったりんごジュースを出した。そして飲んだ。その時、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:360字
「随分と、特殊な経歴をお持ちですね……」「そうなんです……あはは」 目の下にクマのある、ひどく病弱そうにやせた男は空笑いをした。「義務教育を終える前に出国して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:真実の平和 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:538字
「今日、悪い人が逮捕されました」悪い人ね、悪い人。本当に彼は悪いのか。──────────「白澤くん?どうした?顔色悪いぞ。」一体誰のせいだと言うのか。「いえ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い負傷 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:89字
ある日、俺は、重い怪我をした。入院中、俺はふと思った。(映画みたいな…)そう思った俺は、そう思った俺は、ne◯flexで斉木楠雄の災難をみた。なんとも面白いこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:群馬の女 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:606字
と、言われてまず思い出したのは中学からの友人のことである。彼女とは高校まで同窓生だったのだが、不思議と一度たりも同じクラスになることはなかった。部活も別、委員 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く失望 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1321字
「私も昔はねえ…」祖母はよく昔のことを語って聞かせてくれた。学生時代に取った賞のこと、若い頃はモテモテだったこと、祖父との出会いのこと、昔の電化製品のこと、昔あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ちっちゃなユートピア 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:242字
「これは、誰もが憧れるユートピアの模型です。ジオラマです」「ほー、これが」 覗き込むと、驚くことに中で人が動いている。日常をなぞるように、何か特殊なことが起きた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の窓 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:411字
カチャ…静寂を窓の開く音できりさいた。(ああ、平和だな)と心の中で呟くと、いきなり無数のカチャ…という音が聞こえる。(そういえばここら辺まどが1000あるんだっ 〈続きを読む〉