お題:くさい動機 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:305字

習作105
 ドアを叩く音が聞こえる。
 おれは焦った。やつら、とうとうここまで来やがった。
 何度も強くドアが叩かれる。
 逃げなくては。
 おれは着の身着のまま窓からこっそりと外へ出ようとした。
 そして逃げようとしたところ、声が上がる。見つかった。
 間一髪で家を後にする。全力で走った。

 何人もの人間が追ってくる。やつらはどこにでもいるんだ。
 正義の盲信者。
 “悪”と見なしたものは、なんであれ許さない集団。
 どんな罪でも、罪とすら言えないようなものでもやつらは断罪する。

 おれは、おれは逃げ切ってやる。
 後ろから伸びた手が、服をつかむ。

 やつらの持つ、無数の棍棒が一斉におれに叩き降ろされた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢い絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1219字
知り合いが「とてもいいモノを買った」と自慢してくるので見せてもらうことにした。 この知り合いは同人で漫画を描いていて、それにとても役に立つものらしい。 そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:今日のゲストはバラン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:698字
「ようこそ、お越しくださいました」 寿司屋の出迎えにしては、大人しい。 「二名で」 「カウンター席でよろしゅうございますか」 「テーブル席で頼む」 「かしこま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された汁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:541字
秘伝の出汁。関東で1番旨い親子丼を作る父が昔から使い続けている秘密のレシピなのだが、彼のもとで修行を続けて3年経った今でも教えてもらうことは叶っていない。「そり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:情熱的な夜中 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:561字
ここは霊の通り道。ひとことで霊といっても、オレはこの均質な“世界”と思われているものの、空間や時間軸からズレてはみ出したものすべてだと感じている。だから別段怖く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:興奮した血 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:605字
懇願する姿が見たくて、愛しいお前を、僕は殴るんだよ。やめて、と涙をそうっと流して、噛み締めた歯がぎりりと聞こえるくらい。至近距離で見ると、お前はやっぱりとてもき 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作110 ※未完
作者:夢路 お題:シンプルなネット 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:242字
「ねぇねぇ、Aはさ、SNSやってないの?」そう突然聞かれて面食らう。わたしの席の隣で、何人かの友達と話していたEがふとこちらを向いて、そう質問してきたのだ。「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作109 ※未完
作者:夢路 お題:汚い馬鹿 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:142字
あるところに一人の少年がいた。どこにでもいるストリートキッズ。生まれはゴミ溜め。名前もない。誰からも馬鹿にされ、蔑まれた。生きるため、生き残るため、彼は何でもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:臆病な同性愛 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:382字
携帯電話のメッセージの履歴を見る。彼女から、何件ものメッセージが来ていた。心がぎゅうと締め付けられた。わたしとあの子が仲良くなったのは、学校で同じクラスになっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:捨てられたぺろぺろ 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:440字
雨の中に、それはいた。汚れだらけで弱々しく佇んでいた。わたしもその時、とても弱っていた。彼氏に振られて、顔面泣き腫らして。メイクも溶けてぐちゃぐちゃになってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:素朴な勇者 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:370字
自然豊かで穏やかなこの世界に、突如として魔王と呼ばれる存在が現れた。魔王は人間に仇なす存在、魔物を世界中に放ち、世界を混乱の渦に落としていた。 この異物に対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:くさい動機 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:305字
ドアを叩く音が聞こえる。 おれは焦った。やつら、とうとうここまで来やがった。 何度も強くドアが叩かれる。 逃げなくては。 おれは着の身着のまま窓からこっそりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:236字
水槽に赤い影が走る。 薄暗い室内。水槽からぼんやりと漏れる光が唯一の光源だった。 色とりどりの小魚が群れて縦横無尽に水槽の中を泳いでいる。 この時が唯一の癒や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作103 ※未完
作者:夢路 お題:悲観的な冤罪 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:288字
「おいテメー何しやがる」 手首をきつく握られる感触に心臓が高鳴る。 敵意のこもった声が誰に向けられたかはその感触ですぐに分かった。「この、痴漢野郎!!」 怒鳴り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:熱いサラリーマン 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:439字
「おはよう!今日もいい日だな!」 今日も鼓膜を震わせる大声のあいさつが聞こえた。 おはようございます、と返す。 声の主は目から炎でも出ているかのように煌めかせ 〈続きを読む〉