お題:赤い熱帯魚 制限時間:30分 読者:150 人 文字数:504字

熱帯魚
「熱帯魚飼おうよ」
 彼女にそう言われたときは、正直とても困った。
 何せ生き物の飼育何て、小学校での飼育係をやらされた時以来、一度もない。
 値段だって安くはないし、飼うなら水槽とかも準備しないと。
 そう諭したものの、水槽ならあるし、飼った経験もあると押し切られてしまった。
 水槽とかが届いたのはその翌日。
 本当に大丈夫か?
 後ろから見ていたが、テキパキと組み上げていく所からして、どうやら本当だったらしい。
 買ってきた魚は、ラフラシア何とかというそうだ。
 こうして俺と魚との生活が始まる。
 始めは靴箱の上に鎮座する、決して小さくない水槽に圧迫感を少し感じていた。
 だけど、帰ってくるたび、寄ってきたりするのを見ていると少しづつ愛着がわいてくるもので。
 水槽の掃除とかは彼女がやってくれている。自分がやろうか言ったこともあるのだが、俺に任せると危ないと言われてしまった。
 そんな日々が続いたある日。
 いつものように水槽の掃除をしていた彼女が、突然。
「ねえ、結婚しない?」
 その時俺がどんな顔をしていたか分からない。
 多分、朝日を浴びたラフラシア何とかと同じぐらい赤かったと思う。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:赤い熱帯魚 制限時間:30分 読者:133 人 文字数:1137字
気が付くと、私は小学生。カレンダーはもう8月だというのに、空気はすこしひんやりしていた。窓から外をのぞくと、真っ青な空に真っ赤な桜が満開になっている。どうやら今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:236字
水槽に赤い影が走る。 薄暗い室内。水槽からぼんやりと漏れる光が唯一の光源だった。 色とりどりの小魚が群れて縦横無尽に水槽の中を泳いでいる。 この時が唯一の癒や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うとみやこ お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:778字
精一杯のおしゃれをしてきた。どうもそれが裏目に出ているみたいだ。私は真っ赤なワンピースを着て、パーティー会場を回遊していた。グリーンやライトブルーやピンクの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:441字
俺は赤い熱帯魚。 アソポナ沼の主である。 俺の身体は大きく、ニンゲン共なんて丸呑み出来る程だ。 しかし、そんな事はしない。何故なら、俺は賢いからだ。 ニンゲン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらΨあじ お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:845字
「みみずくみたいな顏してるね」彼女はまじまじと僕の顏を見て言った。僕の顏を見るのは初めてでもないだろうに、南国の珍しい原色の植物でも発見したかのように、キラキラ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
深夜の熱帯魚 ※未完
作者:匿名さん お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:454字
ペットショップの水槽に、ゆらゆらと泳いでいる姿が目に焼き付いて離れなかった。「あそこの赤い熱帯魚、下さい」気付いたときには、そう言っていた。幸い一匹だけなら、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:赤い熱帯魚 必須要素:オタク 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:563字
カーテンの隙間から差し込む光で目が覚めた。外は抜けるような青空でサンサンと太陽が輝いているが、俺にとっては煩わしいばかりだ。いつの間にか眠っていたらしい、匿名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:適当人間―駄文作家 お題:赤い熱帯魚 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:742字
世の中、何でも人任せ。目の前の男も然り。私は、当然のようにこの男のメンツを潰しにかかる。「私、アボカドもエビも食べられないので。」「え?」私は、にっこり笑うとそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
なし崩し ※未完
作者:匿名さん お題:君と俺 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:711字
「俺たちってどんな関係?」 尋ねてみたが、どうせ答えは返ってこないだろう。なにせ俺にとって一番答えに困る質問だ。「別にいいんじゃない、どっちでも」 案の定、気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:君と俺 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1920字
覚えているだろうか? 君と俺が昔、仲が良かった時のことを。 いや、覚えていなくても良い。むしろ覚えていないことのほうが自然だ。 女は別れた相手のことをさっさと 〈続きを読む〉

hogeの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:hoge お題:赤い熱帯魚 制限時間:30分 読者:150 人 文字数:504字
「熱帯魚飼おうよ」 彼女にそう言われたときは、正直とても困った。 何せ生き物の飼育何て、小学校での飼育係をやらされた時以来、一度もない。 値段だって安くはないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:勇敢な耳 制限時間:1時間 読者:150 人 文字数:350字
昔、ある村に老夫妻が住んでいた。 妻は長い間病床にあり、夫は不自由な体に鞭打って妻の看病をしていた。 ある晩の事、妻が枕元にいる夫に語りかけた。「私は、もう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:興奮した沈黙 制限時間:1時間 読者:139 人 文字数:818字
「何故、勝手に行動した」 薄暗い洞窟に怒声が反響する。 幾らかの魔獣が残存していることは、彼女も知っていたはずだ。 なぜなら、その魔獣の駆除するために此処へ来た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:静かな悲劇 制限時間:1時間 読者:113 人 文字数:550字
満月の浮かぶ空。その下に、明々とした天守閣が一つ。 その城は酒宴の真っ最中であり、笑声が響き渡っていた。「此度の戦、誠に見事であったぞ」 すっかり酔いの回った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:複雑なハゲ 制限時間:1時間 読者:112 人 文字数:227字
近年、檀家の減少により寺院の存続が危ぶまれている。 そのような時勢ともなれば、他業種への進出もごく自然な事である。 N県にある光仰寺も、そんな寺の一つ。 参入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:元気な育毛 制限時間:1時間 読者:140 人 文字数:354字
その男は、最適な布団が見つからず悩んでいた。 方々の店を回り試したが、彼が納得できるものは見つからない。 延々と寝具店を巡る中、彼の心にある決心が芽生え始めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:恐ろしい音楽 制限時間:1時間 読者:202 人 文字数:832字
ある高名な作曲家が書いた楽譜が、ちょうど百年後となる年に発見された。 彼の生家が痛んできたので、修復工事をした際、壁の中から見つかったのである。 楽譜はいくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:気高い君 制限時間:1時間 読者:133 人 文字数:728字
実家に帰るのは何年ぶりだろう。 時のすぎるのは早いもので、着の身着のまま家を飛び出してから随分と経つ。 そんな僕が帰省するきっかけを与えたのは、皮肉にも唯一僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:反逆の宿命 必須要素:右肘 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:1439字 評価:0人
昼過ぎから降り出した雨は、未だに止む気配もなく、煤けた街並みを白煙に包んでいる。 私は一軒の宿の前に立っている。店のドアを開くと、ガラガラと鈴の音が鳴り響いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:臆病な映画館 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:493字
都内某所。ビルの谷間にその小さな映画館がある。昭和の空気を感じさせる内装以上に特徴的なのは、その営業時間。なんと、年に一度。それも上映するのは古くてマイナーな 〈続きを読む〉