お題:紅茶と天国 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:217字

紅茶と永劫回帰
紅茶を飲みながら考えていた
このままがずっと続くのか
一見、世の中は見えてこない
踏み出さないと本当のところが見えてこない
しかし踏み出すのは楽しくない
楽しくないけど踏み出さないと
何も得られることはなく
踏み出している人間にとられる結果となる
人が人を食っている
そんな風に感じるのは僕だけか?
職場にいくと人が人を食っていると実感する
町を歩くと人が知らぬまに食われている
本日は新たな免許を手にしてた
そして未来に思いを馳せた
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:未熟な挫折 必須要素:美しい情景描写 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:619字
ヤドカリは遠くを見ていた。目の先には大きな殻があった。そこへたどり着きたいなそう思いながら使い古した殻を背負って海沿いの道路沿いを歩いていた。ビューと強い風が吹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:悲観的な螺旋 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:108字
上を見上げて君を待つひらっひらひらと舞い落ちる羽それはゆっくりと窓から差し込む光を散らしながら下から見上げる私は蟻を待つ蟻地獄のよう待てど来ないけど動けない飛べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:紅茶と壁 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:100字
自宅で匠は考え事していた。すると、なにやらのぞき込む顔が現れた。「なんだ、あの彼女か。」疑問がはれて匠はもやもやが晴れた。そして再び考え事にもどった。不安そうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:うわ・・・私の年収、体験 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:427字
年収をみて哲は生活を考えたどうにかしてお金を増やさなきゃ哲はなぜこのような事態なのかわからなかったこれでは何もできないではないか鬱鬱したので町に出向いたすると皆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:プロの敗北 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:514字
昔昔、ある食料の豊かな山に虎と狼と羊が住んでいました。羊はいつもお腹を空かせていました。というのも食べたいものを他の二匹に取られてしまうからです。そこで羊は、ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:素人の昼下がり 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:122字
ああ道がわからないもうじき夜になるただでさえ迷っているのに夜がさらに迫って辺りは真っ暗になったああ神は私を味方しないそして間も無く青年は逝った彼は素人だったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:清い足 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:238字
がさがさ仕事おわらないよ~おっ!?なんだい助けてあげようか?ありがとう、これお願いばたんまだ仕事をやってたのか助けようか?ありがとう、これお願いねかきかきまわり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:狡猾な湖 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:283字
湖には宝が沈んでいたあるとき勇者が宝をとりに湖にむかったするとそこに看板があったこの湖で帰ってきたものはいない勇者は怖くなり引き返そうとしたが村人になっていいわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:天国のババァ 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:181字
天国のババァは異文化交流が好きだったとにかく自分と違うものを求めていた外国人がいる場所に行っては物足りなさを感じていたのだ「もう天国じゃだめだ、そうだ地獄へ行こ 〈続きを読む〉