ユーザーアイコンmee
お題:求めていたのは家 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1223字

mement/mori 2 ※未完


 ”その他”に分類されうるものが好きだ。

 *

 油彩画。水彩画。彫刻。エッチング。リトグラフ。彫刻。小説。詩。劇作。――”その他”。
 古典主義。写実主義。印象派。キュビズム。後期印象派。アールヌーヴォー。アールデコ。ダダイズム。ポップアート。現代アート。――”その他”。
 ロック。バロック。クラシック。ポップス。レゲエ。エレクトロニカ。――"その他"。

 その他、other、Alioquinには、大きな海のような懐深さとそして存在感がある。結局のところ”その他”は掃きだめのようにゴミ箱のようにトイレの便器みたいに、なんでも受け入れて、そしてなんでも流してしまう。すべてを消し去って、あたかも最初からなにもなかったみたいに。あるいは捨てられるために生まれてきたかのように。ゴミ箱のなかが彼らの居場所だと、そういう風に規定する――”その他”。

 ”その他”はかならず最後に取り扱われる。一通りすべてのものを説明し終えてから”その他”がやってくる。”その他”がどれほど多数派だったとしても、アンケートでは最終項目として扱われる。1位の項目は20パーセントの人が選択――2位の項目は13%の人が選択――3位の項目は6%の人が選択――そして二十項目ほど以下省略、最後に、28%の人はこれを選んでおりました――”その他”。

 だからこそ”その他”は意味深で、空白で、そして無力だ。

 まるで僕みたいに。


 なんて言ってもつまらない。なんて一人ごちてもなにも変わらない。僕たちは――いや、あるいはきみだけは、”その他”のなかから抜け出でなくてはならない。混濁のなかから光のもとへ、姿を現して、きみがほんとうはいったい果たして何者だったのか、知らなくてはならない。

 もちろん、これには危険が伴う。
 なぜならきみは”その他”のなかにいる限りは、枠のなかに存在していられる。たとえ命名してもらえないほど小さい存在だったとしても、きみには”その他”の称号が与えられていて、たとえこの名前がきみだけのためのものではなかったとしても、ただゴミ箱に貼られた「ごみはくずかごへ」のラベルとたいして変わらないものだったとしても、これはたしかに大切なきみの名前のひとつだ。

 しかしそれを脱ぎ去り、金網のなかから飛び出そうとするとき、きみは紛れもなくか弱いなにかになり果てる。それはただ「誤差」として切り捨てされるような類の、つまり光にあたったら消えてしまうほどの、そういうものすごくつまらない存在かもしれないってこと。だから、きみは”その他”のなかで、ある種守られているともいえる。なんだかんだ世界の28%は、きみとおなじラベルを貼られているわけだし?

 それでもここを出て行かなくてはならない。

 そうだった、ぼくはきみを説得する立場にある人間なのだった。光のもとへ、たとえきみが消えてしまうとしても、あるいは消えてしまうからこそ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは家 制限時間:4時間 読者:116 人 文字数:851字
ブランコを一漕ぎすると、冷たく、気持ちの良い風が頬を撫でた。キィ……と鳴る音は何処か寂しく、ここに僕以外の誰の姿も認められないことを暗に示している。空を仰ぐと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:寒いピアニスト 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:773字
もう限界、これは本当にやばい、いやいやもう無理でしょ、というところまで来て、私は指を止めた。鍵盤の音が止み、外で暴れる吹雪の音が、柔らかい地鳴りのように聞こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:冷静と情熱の間にあるのは能力者 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:437字
「この婚活アプリで知り合いました!」「本当に相性のいい相手と出会えます!」そんな謳い文句を掲げる最近人気の婚活アプリがある。このアプリの使用者には、恋情に身を焦 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな終身刑 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:587字
「船長、北に怪しい船があります。」若い船員が私を呼ぶ。私は船員から双眼鏡を受け取り、示された方角を確認した。「旋回する。あの船に近づいてはいけない。」私は直ちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:SADAO お題:魅惑の悲劇 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:160字
喜劇があるということは、悲劇もあるということ。 両腕を高々に上げ喜ぶ人がいる対に膝から崩れ落ち泣いて悲しむ人がいる。 あの頃の僕は『自分』のことだけしか考えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の夜 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:480字
空が茜色に染まっていた。もうすぐ、日が落ちる。 僕は、冷え込みが激しくなってきた季節の空を恨めしく見上げて、マフラーに顔をうずめる。それでも露出した顔が、針に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:かたい四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:431字
「龍撃砲撃ちます!」狩人渾身の一撃を喰らった。体が動かない。支えを失い大地に倒れ伏した。「おつかれ〜」「乙乙」「O2、もう一丁」狩人達は口々に挨拶を交わしながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:混沌の慰め 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:825字
夕焼けの海辺。太陽が沈む中、私達に光が当たる。まるで、この世界には私達二人しかいないような、そんな気さえする。私と彼の間に言葉はない。この雰囲気がそうしてくれて 〈続きを読む〉

meeの即興 小説


ユーザーアイコン
mement/mori 2 ※未完
作者:mee お題:求めていたのは家 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1223字
”その他”に分類されうるものが好きだ。 * 油彩画。水彩画。彫刻。エッチング。リトグラフ。彫刻。小説。詩。劇作。――”その他”。 古典主義。写実主義。印象派。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
入眠 ※未完
作者:mee お題:緩やかな模倣犯 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1577字
夢が始まった瞬間に、これが悪夢であることはすぐに分かった。あなたの姿があったので。 * おぼろげな霧の向こうに一人ぶんの影が淀んでいる。川べりにたまったそれは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:天国の電車 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1105字
そもそもわたしは電車というものの存在を、十三になるまでよく知らなかった。 もちろんアニメや映画なんかで見たことはあったし、電車と道路とが交差する部分には踏み切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
プロローグ ※未完
作者:mee お題:つまらない悪役 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:797字
たとえこのまま何もかもが始まらないとしても、それでもいいのかもしれない。* 簡単な仕事だった。おれは足元に落ちていた吸殻を潰した。雨の香りがぐんねりとたちのぼ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:殺された男祭り! 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:1251字
ここから泥をぶちこんでも汚濁レベルはまったく変わらないんじゃないか。 と、思うほどに汚れ切った部屋にストラ・マルデミアは土足で立ち入った。皮靴に付着する汚泥も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒の答案 ※未完
作者:mee お題:昼間の唇 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1278字
開始、の合図と同時にわたしは答案用紙をひっくりかえして、問題用紙には一瞥もくれず、枠線透ける裏紙にまっくろの太陽を描いて、そのまま提出する女生徒になりたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
植木と旗 ※未完
作者:mee お題:嘘の水 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1461字
水をやらなくちゃいけない、と、エアーズロックのミニチュアみたいにヒビ割れてしまった土を見て思った。 *「水?」 梨花の声。うるさいよ、って言いたいけどそんなこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:マイナーな艦隊 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:1127字
季春の頃、一艘の艦隊が水面を揺らしていた。 船体は滑らかな曲線を描き、全体的に銀色に輝く。踊るような動きでちらつくのは金色の蝶、これらは守護の役割を果たす。乗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:とびだせ車 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1710字
なにひとつ出来ることなんてないと分かっていたのに、どうしてか筆をとってしまいました。 最期に、君になにか伝えられることがあるだろうかと、一行分の空白を使ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:愛、それは年賀状 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1419字
突然私は書かなければならないような衝動に襲われた。 それはもはや理屈や論理を抜きにした強烈な引力であり、林檎が手に落ちるように、彗星が何百年もかけて太陽の周り 〈続きを読む〉