お題:淡いピアノ 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:525字
[削除]

夕暮れ恋
ピアノにエロスを感じる中学生は僕だけだという自負がある。
だからまだ、誰にも話していない。
放課後、こっそり音楽室へ忍び込み夕焼けに照らされたグランドピアノ。周囲には誰もおらず、ときどき授業で忘れた生徒の落し物が転がっている。

僕はその空間に一人佇み、勃起する性器を学生服の上から優しくまさぐり、そのまま射精する。
それが今の、人生で最も幸福なひとときだった。

ようやくすべての課程が終業し、僕は今日も一人、音楽室を目指す。
あのピアノにエロスを感じるのは音楽担当のせいでもあった。美しく、端正な指先がたまらない。
溢れる妄想を抑えながら音楽室の扉を開いた。

人の気配は無い。
僕はピアノの前に立ち、一緒に夕焼けの陽を浴びながら密かに勃起する。
そして自分の指先を下半身へ誘導したとき、ある音に気づいた。

機械音だ。ブー、ブー、となっている。
音はロッカーの方から聞こえた。
近づき、静かに開く。
音楽担当の先生がいた。
スカートの裾からコードが伸び、その先は先生の手の中にある。
ロッカー内は濡れていた。
先生は紅潮させた顔で僕を見ながら言う。
「いつもあなたで処理しているの。見つかっちゃったね」
僕はただ、はあはあと呼吸を繰り返した。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:怪しいむきだし 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:934字
最近よくむきだす。少し早いかもしれないけども、ドコモのショッピングのサンプル百貨店でミカンを箱買いして、毎日朝昼晩完食夜食ブレックファーストとミカンをむきつづけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:調和した話 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:718字
お仕事の依頼ですよ、という能天気な声の電話に、レイガは即座に通話停止ボタンを押した。続けて電話が着信を知らせるバイブを続けているが、無視して電源を切る。そして、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小説家の小説家 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1000字
本来の私が、私のことを小説という枠組みの中に登場させるというのは、本来の私の中では結構普通の事だ。よくやる。よくやるっていうかもう即興さんとかはそれしかないんじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:春の正義 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:836字
春だからなのか、求人情報がぐっと増えた。「でも、そこまではさすがに私もなんともできませんでよ」というのも、ドコモさんにジョブを紹介してくれるのが誕生して、それに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:せつない蕎麦 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1115字
お財布から百円玉をとろうと思って、五円玉だったり拾円玉だったりしたことがよくあった。子供のころの話だ。駄菓子屋に行って百円出せば、十分に楽しめる頃の思い出。五円 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:ドP お題:愛の善 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:169字
小さい頃は、毎週日曜、両親に手を引かれて教会に通っていた。家からバスで15分くらい、ポプラ並木が整然と並んでいる通りにある大学、その隣にこっそり寄り添っているよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:孤独な動揺 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:929字
午前二十七時、枕もとに置いたスマートフォンのバイブレーションが作動した。一度、二度。メールの場合は一度のはずだから、電話だろうか。二通メールが着信したのかもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
集客実験 ※未完
作者:抹茶飯盒 お題:ぐふふ、深夜 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:431字
「ぐふふ……」 深夜の公園で、男が一人、何やら怪しげな行為を行っていた。「この木にこうスイッチを取り付けて起動、よし完成だ。」 翌日、深夜。そこは人であふれかえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:名付けるならばそれはユートピア 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:1008字
振動が直接脳内にまで伝わる。僕はふと目を覚まし、届く範囲内を手探りで漁るが見当たらない。仮に見当たってどうもおかしい。脳内に振動する携帯電話なんて僕は持っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:奇妙な闇 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:315 人 文字数:1285字
そろそろ契約四年目を迎えるスマートフォンが、バイブレーションでもってメッセージの着信を知らせた。以下は無料て使える某メッセージアプリでのやりとりをなんとなく会 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな水 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:954字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は”貿易摩擦”です。 ファーウェイのCFOが逮捕されました。報復として、何故かカナダ人が逮捕されましたwww。逮捕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚い男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:436字
「今、幕が上がる。」そう、君が呟いた。次の瞬間、目の前には薄汚い男たちが一斉に中央の塔に向かって走る。わけが分からないまま、その光景を眺める。薄汚い男たちは、汗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な冬 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:311字
世間は大掃除も終えて、後はいよいよ新年を待つだけとなった。しかし、その青年は夜も更けているというのに、未だ何かをやり残したような顔でいる。「もう年が明けちゃうよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した列車 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:482字
俺の彼女だった愛佳は、電車が好きだった。いつも一緒にデートプランを考えていたが、最後は決まって夕方であるこの時間でこの丘を通過する電車を見ることになっていた。俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の深夜 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:412字
この空間は長い静寂に支配さらていた。目の前には顔色一つ変えないあいつがいた。こんなことになったきっかけは些細なことだった。ただ、俺とあいつが所属しているクラスで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい百合 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:159字
私は目の前にある綺麗な白い体を指でそっとなでてみると、体は恥ずかしげに揺れてその反応が可愛くて何回も触れてしまう。風が吹くとその体は求めるようにこちら側へ寄り添 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と会話 必須要素:火星 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:572字
『メーデー、メーデー、聞こえてますか。未来の僕へ。僕は今、うちゅうひこうしをめざしています。いっぱいいっぱいやらないことがあるけれど、夢に向かって頑張ります! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる計画 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1095字
きっかけが何だったのかは覚えていない。 だけど彼女は海の絵を描きだしたし、先生は髪の毛を減らし始めたし、僕はもみあげを伸ばしだした。 僕らのスタートには、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中の百合 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:951字
甘栗色の髪も、真っ白で透き通るような肌も、淡い桃色の唇も。貴女の全てが愛おしい。ずっとずっと触れていたい。貴女を私だけのものにしたい。どこにも行って欲しくない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:反逆の微笑み 必須要素:オリーブオイル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:925字
「ワシらの守るべきものはただひとぉつ!」 眼光するどいジジイが言う。彼は剣豪である。 そしてその剣豪の弟子であるククリは、息を飲みながらジジイの言葉を待った。「 〈続きを読む〉