お題:求めていたのは蟻 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:688字

求めていたのは蟻
 二人の男が話し合っている。
「それで、蟻の巣は見つかったのか?」
「はい、空からのドローンでの偵察。加えてソナーを使い、ようやく発見しました」
「ふむ。ようやく……だな」
「はい、長かったですね」

 二人の服装、装備はモノ物しい。蟻を相手にするにはいささか過剰といえるだろう。
「それで、蟻の様子はでどうだ?」
「我々の目を盗み、その規模はかなり拡大していました、早急に対処する必要があるかと。いかがなさいますか?」
「ふむ、炙りだせ。我々が直接巣に乗り込むことはできんからな」
「はっ。してその方法は?」
「ふふふ。奴らの好物は分かっているだろう? それを鼻先でちらつかせてやればよい。さすれば、ワラワラとでてくるであろうよ」
「流石であります! では早速、例の物を用意しましょう」

 二人は勝利を確信してほくそ笑む。

「待て。その前に一つ確認だ。女王の存在は確認したか?」
「そこまでは…・・。内部での個体判別は無理です」
「そうか。万が一にも、女王を逃がしてはいけない。あれがターゲットなのだからな」
「はっ! わが命に代えましても、その勅命を成就します」
「ふむ。よろしい。君は中々優秀な兵士のようだね。此度の作戦、見事成就した暁には昇進を約束しようではないか」
「ありがたき幸せ!」

 二人は急に示し合わせたように笑った。

「ぶ、あははは! 武ちゃん、演技に入り込みすぎ!」
「最初に言いだしたのはお前だろうに。さ、早く資料を採取しちゃいましょう」
「蟻にはやっぱり砂糖だね」
「教授に叱られる前に集めちまおう」

 求めていたのはありそのものであった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ばんくの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:神の経歴 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:874字
おほん。最初に言っておこう。私は現在、死んでいる。 死んでいるのに何をしているのかって? ふふ、教えてやろう。なんと人間死ぬと魂になって天界に上がる。それは本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:求めていたのは蟻 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:688字
二人の男が話し合っている。「それで、蟻の巣は見つかったのか?」「はい、空からのドローンでの偵察。加えてソナーを使い、ようやく発見しました」「ふむ。ようやく…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:綺麗な目 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:701字
クリスマスの夜。私は、とある家に仕事の都合でお邪魔することにした。私の仕事は人に見つかってはならない部類のモノである。正面玄関から堂々と入るなんてことはナンセン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:見憶えのある水たまり 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:528字
僕には、ここ三年よりも前の記憶がない。警官という職業上、ある事件に巻き込まれてしまったらしい。だけど存外、記憶喪失というのは大変なものではない。僕は記憶はないけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:ひねくれた許し 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:796字
ゴクリ。溢れてきた唾を飲み込む。腕は震え、呼吸もいつものようにはいかない。目の前には、体育職員室がある。俺は今から、この脳筋の巣窟に入りそして謝罪しなければな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:彼と夕日 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:653字
私には一人、とても困った息子がいる。今日はそいつの事を皆さんに相談したい。彼――私の弟はそうは言っても、そこまで問題のある人間ではない。今では大手の商社に勤務し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:やわらかいカリスマ 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:861字
私は大人気な国民的なテレビ番組、プロジェクトサックスにディレクターを任されている。そんな私の双肩にかかる期待の重圧は半端なモノではない。私は局と、そして私と、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:遅い狂気 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:860字
やぁこんにちは。隣いいかな? バスを待つ間、かなり暇なんだ、話相手になっておくれよ。うん、ありがとう。こんな田舎に君はどうして来たんだい? ふむ、観光。なるほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:贖罪の整形 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:603字
狭い部屋に二人の男がいる。片方は生真面目に制服をきっちりと着た中年。どうやら警察官らしい。もう片方はラフな格好の若者。こちらの若者は神妙そうな顔で俯いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:振り向けばそこに空想 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:643字
自宅への帰宅中。 このド田舎にある家路は、どうにも暇すぎる。 駅から自宅までの三十分。何もすることもなく、ただただ丸で同じ田んぼ道を眺め続けるしかない。 そん 〈続きを読む〉