お題:求めていたのは蟻 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:688字

求めていたのは蟻
 二人の男が話し合っている。
「それで、蟻の巣は見つかったのか?」
「はい、空からのドローンでの偵察。加えてソナーを使い、ようやく発見しました」
「ふむ。ようやく……だな」
「はい、長かったですね」

 二人の服装、装備はモノ物しい。蟻を相手にするにはいささか過剰といえるだろう。
「それで、蟻の様子はでどうだ?」
「我々の目を盗み、その規模はかなり拡大していました、早急に対処する必要があるかと。いかがなさいますか?」
「ふむ、炙りだせ。我々が直接巣に乗り込むことはできんからな」
「はっ。してその方法は?」
「ふふふ。奴らの好物は分かっているだろう? それを鼻先でちらつかせてやればよい。さすれば、ワラワラとでてくるであろうよ」
「流石であります! では早速、例の物を用意しましょう」

 二人は勝利を確信してほくそ笑む。

「待て。その前に一つ確認だ。女王の存在は確認したか?」
「そこまでは…・・。内部での個体判別は無理です」
「そうか。万が一にも、女王を逃がしてはいけない。あれがターゲットなのだからな」
「はっ! わが命に代えましても、その勅命を成就します」
「ふむ。よろしい。君は中々優秀な兵士のようだね。此度の作戦、見事成就した暁には昇進を約束しようではないか」
「ありがたき幸せ!」

 二人は急に示し合わせたように笑った。

「ぶ、あははは! 武ちゃん、演技に入り込みすぎ!」
「最初に言いだしたのはお前だろうに。さ、早く資料を採取しちゃいましょう」
「蟻にはやっぱり砂糖だね」
「教授に叱られる前に集めちまおう」

 求めていたのはありそのものであった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
噛み合う歯車 ※未完
作者:朱根標 お題:不思議な信仰 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:531字
僕の彼女は独特だ。彼女の朝は、イワシの頭の模型に祈りを捧げることから始まる。初めて見たときは勿論驚いて、いや家がそういう宗教なのだろうか、と問うてみたら。「イワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な想い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1185字
高山くんの告白を、アキコは断ったらしい。 高山くんと言えば、クラス一のイケメンと言うわけではないが、まあ三番ぐらいには入る。別に暗いとかそういうわけでもないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚い男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:436字
「今、幕が上がる。」そう、君が呟いた。次の瞬間、目の前には薄汚い男たちが一斉に中央の塔に向かって走る。わけが分からないまま、その光景を眺める。薄汚い男たちは、汗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:孤独な笑い声 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:941字
声が聞こえてきた。小さな子どもの声だ。鳴いている。いや、泣いている。いや、哭いている。雑踏の中で掻き消えそうな。でも確かにその叫びは祈りはひしひしと私に突き刺さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:イギリス式の花 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:860字
美化委員会が学園の手腕を握るのはおそらくイギリス仕様にした学園のデザインによるもの。 文化祭でいったことのある妹の学校はドラマや、アニメなどに出てくるよくある 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な冬 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:311字
世間は大掃除も終えて、後はいよいよ新年を待つだけとなった。しかし、その青年は夜も更けているというのに、未だ何かをやり残したような顔でいる。「もう年が明けちゃうよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した列車 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:482字
俺の彼女だった愛佳は、電車が好きだった。いつも一緒にデートプランを考えていたが、最後は決まって夕方であるこの時間でこの丘を通過する電車を見ることになっていた。俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:彼女が愛したパイロット 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:685字
目の前で改札に吸い込まれていく磁気定期券を見て、昨日もこの後ろを通ったと思う。目の前の後頭部、黒いショートカットの後ろ側、見覚えがある背中だった。磁気定期券が吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ダイナミックな団欒 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:502字
段々と陽が沈んでいく。秋なら、私たち女性陣は眩しくて仕方なかっただろうけれど、年も明け春の気配が迫った今日は、もう日差しは席までは届いては来ない。 意外そうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日食べた孤島 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
おなかが空いていたからと言って、あれはなかった。絶対、腹を下すってと誰かが止めていたらこうはならなかった。今朝は下痢を繰り返し、どんより不調だ。「おまえ、昨日 〈続きを読む〉

ばんくの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:神の経歴 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:874字
おほん。最初に言っておこう。私は現在、死んでいる。 死んでいるのに何をしているのかって? ふふ、教えてやろう。なんと人間死ぬと魂になって天界に上がる。それは本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:求めていたのは蟻 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:688字
二人の男が話し合っている。「それで、蟻の巣は見つかったのか?」「はい、空からのドローンでの偵察。加えてソナーを使い、ようやく発見しました」「ふむ。ようやく…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:綺麗な目 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:701字
クリスマスの夜。私は、とある家に仕事の都合でお邪魔することにした。私の仕事は人に見つかってはならない部類のモノである。正面玄関から堂々と入るなんてことはナンセン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:見憶えのある水たまり 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:528字
僕には、ここ三年よりも前の記憶がない。警官という職業上、ある事件に巻き込まれてしまったらしい。だけど存外、記憶喪失というのは大変なものではない。僕は記憶はないけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:ひねくれた許し 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:796字
ゴクリ。溢れてきた唾を飲み込む。腕は震え、呼吸もいつものようにはいかない。目の前には、体育職員室がある。俺は今から、この脳筋の巣窟に入りそして謝罪しなければな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:彼と夕日 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:653字
私には一人、とても困った息子がいる。今日はそいつの事を皆さんに相談したい。彼――私の弟はそうは言っても、そこまで問題のある人間ではない。今では大手の商社に勤務し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:やわらかいカリスマ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:861字
私は大人気な国民的なテレビ番組、プロジェクトサックスにディレクターを任されている。そんな私の双肩にかかる期待の重圧は半端なモノではない。私は局と、そして私と、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:遅い狂気 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:860字
やぁこんにちは。隣いいかな? バスを待つ間、かなり暇なんだ、話相手になっておくれよ。うん、ありがとう。こんな田舎に君はどうして来たんだい? ふむ、観光。なるほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:贖罪の整形 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:603字
狭い部屋に二人の男がいる。片方は生真面目に制服をきっちりと着た中年。どうやら警察官らしい。もう片方はラフな格好の若者。こちらの若者は神妙そうな顔で俯いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:振り向けばそこに空想 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:643字
自宅への帰宅中。 このド田舎にある家路は、どうにも暇すぎる。 駅から自宅までの三十分。何もすることもなく、ただただ丸で同じ田んぼ道を眺め続けるしかない。 そん 〈続きを読む〉