お題:求めていたのは蟻 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:688字

求めていたのは蟻
 二人の男が話し合っている。
「それで、蟻の巣は見つかったのか?」
「はい、空からのドローンでの偵察。加えてソナーを使い、ようやく発見しました」
「ふむ。ようやく……だな」
「はい、長かったですね」

 二人の服装、装備はモノ物しい。蟻を相手にするにはいささか過剰といえるだろう。
「それで、蟻の様子はでどうだ?」
「我々の目を盗み、その規模はかなり拡大していました、早急に対処する必要があるかと。いかがなさいますか?」
「ふむ、炙りだせ。我々が直接巣に乗り込むことはできんからな」
「はっ。してその方法は?」
「ふふふ。奴らの好物は分かっているだろう? それを鼻先でちらつかせてやればよい。さすれば、ワラワラとでてくるであろうよ」
「流石であります! では早速、例の物を用意しましょう」

 二人は勝利を確信してほくそ笑む。

「待て。その前に一つ確認だ。女王の存在は確認したか?」
「そこまでは…・・。内部での個体判別は無理です」
「そうか。万が一にも、女王を逃がしてはいけない。あれがターゲットなのだからな」
「はっ! わが命に代えましても、その勅命を成就します」
「ふむ。よろしい。君は中々優秀な兵士のようだね。此度の作戦、見事成就した暁には昇進を約束しようではないか」
「ありがたき幸せ!」

 二人は急に示し合わせたように笑った。

「ぶ、あははは! 武ちゃん、演技に入り込みすぎ!」
「最初に言いだしたのはお前だろうに。さ、早く資料を採取しちゃいましょう」
「蟻にはやっぱり砂糖だね」
「教授に叱られる前に集めちまおう」

 求めていたのはありそのものであった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mint お題:去年の唇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
埃っぽい棚周りを小型の箒で一通り叩いてから扉を開いた。去年にここを一時離れてからまともに掃除の一つもしてなかったので、古臭いカビの香りが辺りに舞う。咳を一つし、 〈続きを読む〉

ばんくの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:神の経歴 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:874字
おほん。最初に言っておこう。私は現在、死んでいる。 死んでいるのに何をしているのかって? ふふ、教えてやろう。なんと人間死ぬと魂になって天界に上がる。それは本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:求めていたのは蟻 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:688字
二人の男が話し合っている。「それで、蟻の巣は見つかったのか?」「はい、空からのドローンでの偵察。加えてソナーを使い、ようやく発見しました」「ふむ。ようやく…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:綺麗な目 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:701字
クリスマスの夜。私は、とある家に仕事の都合でお邪魔することにした。私の仕事は人に見つかってはならない部類のモノである。正面玄関から堂々と入るなんてことはナンセン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:見憶えのある水たまり 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:528字
僕には、ここ三年よりも前の記憶がない。警官という職業上、ある事件に巻き込まれてしまったらしい。だけど存外、記憶喪失というのは大変なものではない。僕は記憶はないけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:ひねくれた許し 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:796字
ゴクリ。溢れてきた唾を飲み込む。腕は震え、呼吸もいつものようにはいかない。目の前には、体育職員室がある。俺は今から、この脳筋の巣窟に入りそして謝罪しなければな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:彼と夕日 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:653字
私には一人、とても困った息子がいる。今日はそいつの事を皆さんに相談したい。彼――私の弟はそうは言っても、そこまで問題のある人間ではない。今では大手の商社に勤務し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:やわらかいカリスマ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:861字
私は大人気な国民的なテレビ番組、プロジェクトサックスにディレクターを任されている。そんな私の双肩にかかる期待の重圧は半端なモノではない。私は局と、そして私と、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:遅い狂気 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:860字
やぁこんにちは。隣いいかな? バスを待つ間、かなり暇なんだ、話相手になっておくれよ。うん、ありがとう。こんな田舎に君はどうして来たんだい? ふむ、観光。なるほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:贖罪の整形 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:603字
狭い部屋に二人の男がいる。片方は生真面目に制服をきっちりと着た中年。どうやら警察官らしい。もう片方はラフな格好の若者。こちらの若者は神妙そうな顔で俯いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:振り向けばそこに空想 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:643字
自宅への帰宅中。 このド田舎にある家路は、どうにも暇すぎる。 駅から自宅までの三十分。何もすることもなく、ただただ丸で同じ田んぼ道を眺め続けるしかない。 そん 〈続きを読む〉