お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:660字
[削除]

人生の分かれ目
水が一杯に入ったコップがある。僕はそれに口をつけて、向かいに座る彼女を見た。
「本題に入るね」
重たい口を開けば、彼女はいつも通り柔らかな笑みを浮かべて頷いた。「どんな話でも、真剣に聞くから安心して」
ぽつぽつと溢れる言葉が、少しかさの減ったコップに吸い込まれていく。
「僕と君はもう一緒に住んで、何年になるかな。とにかく、結構長く一緒だと思うんだ。それで」
「うん」
「こう、僕は話すのが下手だから、うまく伝わってないと思うけど。ちゃんと君が好きで」
「うん」
もう一度コップに口をつけて、少し深呼吸をした。
心臓の音がうるさい。自分が何を言いたいのかわからなくなりそうだ。
「えっと、だから、その」
「うん」
「け、結婚、しよう」
下に落とした視線は、上げられなかった。おもむろに取り出した指輪を、震える手でテーブルに乗せた。
うつむいたまま指輪を差し出す僕は、さぞおかしく映ったに違いない。ふふ、と彼女の声が聞こえた。
「…うん、ありがとう。これからよろしくお願いします」
少し涙ぐんだ彼女は、今まで見た中で一番綺麗だった。
「本当はこないだ、レストランに行った時にする予定だったんだ。でも、いざってなると緊張して」
「緊張、してたね。でも美味しい料理を一緒に食べられて嬉しかったの」
もちろん、おうちでゆっくり先のお話をするのも好きだけれど。彼女はティッシュで鼻をかみながら言った。
夜景の見えるレストランで花束を用意、なんてする必要はなかったのだ。
家で水を飲みながらでも、ちゃんと「好き」伝えられるのだから。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にここ お題:簡単な水 制限時間:1時間 読者:810 人 文字数:2824字
ぎんたま二次創作 土沖?微々たるものですが、死体損壊系のちとえぐい描写が入ります。のでご注意。目が覚めると口中がひどく乾いていた。着替えも漫ろに便座の並ぶ洗面所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:うるさいギャグ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:462字
おかんは湯を沸かしていた。てきぱき皿を洗ってると思ったらお気に入りのジュリーを流しながらバランスボールだ。万年変わらないその体型の何を変えようと言うのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の小説 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:506字
その部屋の主はいつも本を読んでいる。 学校の教室ほどの広さのその部屋は、壁一面が本棚で覆われ、陽の光が入ってくる場所もない。背表紙が焼けないから好都合だよ、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:宿命の豪雨 必須要素:ケチャップ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:361字
豪雨の中で、二人の男が互いに拳銃を突き付けあっている。場所は港の倉庫街。荒れ狂う海を背景に、二人の男は対峙していた。「君はなんとも思わないのか!? ジェーンは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
危険な殺人鬼 ※未完
作者:匿名さん お題:死にぞこないの殺人 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:470字
探偵はバーにいる。そこでタバコを吹かして、仲介屋の歌姫、マドンナから、仕事を紹介されていた。「死にぞこないの殺人鬼? なんだ、そりゃ? 新手のオカルト・ホラー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つまらない復讐 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:737字
私が真剣に向き合ってきたのに、あなたはいつもただ笑っているばかりで、目を伏せてきた。私が真剣にあなたを愛していたのに、あなたはいつもただ笑っているばかりで、背を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の能力者 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:417字
我輩は別名『新緑の魔術師』とも呼称される『守護者』である。「22番」「・・・・こちらでよろしいでしょうか?」「・・・・・」「五百八十円になります」「・・・・・」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:メジャーな作品 必須要素:右手 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:427字
俺は子供の頃から野球が好きだった。小学五年生の頃に野球部に入ったが、どうしても他の奴には着いていけなかった。まず、投球がうまく定まらない。俺は左利きで投げるのも 〈続きを読む〉