お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:660字
[削除]

人生の分かれ目
水が一杯に入ったコップがある。僕はそれに口をつけて、向かいに座る彼女を見た。
「本題に入るね」
重たい口を開けば、彼女はいつも通り柔らかな笑みを浮かべて頷いた。「どんな話でも、真剣に聞くから安心して」
ぽつぽつと溢れる言葉が、少しかさの減ったコップに吸い込まれていく。
「僕と君はもう一緒に住んで、何年になるかな。とにかく、結構長く一緒だと思うんだ。それで」
「うん」
「こう、僕は話すのが下手だから、うまく伝わってないと思うけど。ちゃんと君が好きで」
「うん」
もう一度コップに口をつけて、少し深呼吸をした。
心臓の音がうるさい。自分が何を言いたいのかわからなくなりそうだ。
「えっと、だから、その」
「うん」
「け、結婚、しよう」
下に落とした視線は、上げられなかった。おもむろに取り出した指輪を、震える手でテーブルに乗せた。
うつむいたまま指輪を差し出す僕は、さぞおかしく映ったに違いない。ふふ、と彼女の声が聞こえた。
「…うん、ありがとう。これからよろしくお願いします」
少し涙ぐんだ彼女は、今まで見た中で一番綺麗だった。
「本当はこないだ、レストランに行った時にする予定だったんだ。でも、いざってなると緊張して」
「緊張、してたね。でも美味しい料理を一緒に食べられて嬉しかったの」
もちろん、おうちでゆっくり先のお話をするのも好きだけれど。彼女はティッシュで鼻をかみながら言った。
夜景の見えるレストランで花束を用意、なんてする必要はなかったのだ。
家で水を飲みながらでも、ちゃんと「好き」伝えられるのだから。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にここ お題:簡単な水 制限時間:1時間 読者:721 人 文字数:2824字
ぎんたま二次創作 土沖?微々たるものですが、死体損壊系のちとえぐい描写が入ります。のでご注意。目が覚めると口中がひどく乾いていた。着替えも漫ろに便座の並ぶ洗面所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:寒いピアニスト 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:773字
もう限界、これは本当にやばい、いやいやもう無理でしょ、というところまで来て、私は指を止めた。鍵盤の音が止み、外で暴れる吹雪の音が、柔らかい地鳴りのように聞こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:冷静と情熱の間にあるのは能力者 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:437字
「この婚活アプリで知り合いました!」「本当に相性のいい相手と出会えます!」そんな謳い文句を掲げる最近人気の婚活アプリがある。このアプリの使用者には、恋情に身を焦 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:SADAO お題:魅惑の悲劇 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:160字
喜劇があるということは、悲劇もあるということ。 両腕を高々に上げ喜ぶ人がいる対に膝から崩れ落ち泣いて悲しむ人がいる。 あの頃の僕は『自分』のことだけしか考えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:かたい四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:431字
「龍撃砲撃ちます!」狩人渾身の一撃を喰らった。体が動かない。支えを失い大地に倒れ伏した。「おつかれ〜」「乙乙」「O2、もう一丁」狩人達は口々に挨拶を交わしながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:混沌の慰め 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:825字
夕焼けの海辺。太陽が沈む中、私達に光が当たる。まるで、この世界には私達二人しかいないような、そんな気さえする。私と彼の間に言葉はない。この雰囲気がそうしてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:愛と死の消費者金融 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:603字
(#57) 自己破産だけは免れたいと願ってきたが、もう打つ手がない、限界だ。 男は空を見上げた。自分の気持ちが反映されているかのような、どんよりと薄暗い灰色の空 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死のコメディ 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:783字
"人を選ぶ商売"っていうのが世の中にはあります。代表的なのはPCメーカーのAppleですね。ググると信者とアンチの終わりのない論争で溢れかえっています。一昔前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:凛とした狼 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:98字
旧約聖書は好きだ、予言ではないけどどこか退廃しているイメージわたしは仮にあの方舟に乗った数少ない証言者だとしたらおどろくかね。まあ偶然乗り合わせたただの老狼で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く始まり 必須要素:コミケ 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:441字
とある日に、はじめてコミケとやらに暇つぶしがてらに寄ってみた。とくに目的もなかったし、現地で仲間がいる訳でもなし早々に帰ろうと思っとったんだけど、輝く始まるって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな終身刑 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:587字
「船長、北に怪しい船があります。」若い船員が私を呼ぶ。私は船員から双眼鏡を受け取り、示された方角を確認した。「旋回する。あの船に近づいてはいけない。」私は直ちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の夜 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:480字
空が茜色に染まっていた。もうすぐ、日が落ちる。 僕は、冷え込みが激しくなってきた季節の空を恨めしく見上げて、マフラーに顔をうずめる。それでも露出した顔が、針に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのあるおっさん 必須要素:抜け毛 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:381字
週に3回、18時からの4時間が私に割り当てられた仕事の時間だ。利用者数の多い都市部駅中のコンビニに暇な時間はない。大勢の他人が各々様々な品物を抱え列をなして私の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
送別会 ※未完
作者:匿名さん お題:生かされた宴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:410字
俺の送別会が昨晩、駅前の居酒屋で開催された。来週からは、全く土地勘のない地方で、全く経験のない仕事をすることになっている。今回の人事異動は完全に左遷人事だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な多数派 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:611字
「また、会えるよね?」 1人の少女は悲しいそうな表情で問いかける。「うん。サマーバケーションとか長い休みの日だけになるけどね」 腹をくくった様な表情でもう1人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:純粋な電車 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:772字
昔のことで、記憶が朧気だけれどたしか夢でみたんだ。あれはたしかこんな話だったとおもう。夢のなかでは割と普通に忌みきらわれている電車があって、それはただただ絶望し 〈続きを読む〉