お題:つらい駄作 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:918字

寄生
「何か、これが自分だ。みたいな作品はありますか?」
電話でそう聞かれて、言葉に窮した。これが自分だ?これが和委志千雅っていうの?なんだそれ?何者だ?

「あ、あ、いったん、すいませんいったん電話切ります」
そういうと相手の言葉も待たずに一方的に電話を切って黙って考えることにした。

なんだそれ?って。

何が私か?そもそも私にそういうのはあるんだろうか?

すりガラスの窓の向こうで木々の影が揺れているのが見える。不安になる。デッドコースターの何かに、そういうシーンがあるのを思い出した。木々の枝の影が、なんかよおく見ると死神かなんかの指みたいに見えて、それがどんどんと対象者に伸びてきているみたいに見えるシーンがあって、それを思い出した。

あ!

そういえばと、昔、まだ今の自分がネットでこういう事をやると思っていなかった頃に書いたのがあるなあ。そう思い当たった。

で、それが私といえば私らしいかもしれない。他人のパクりをして自分の話みたいにしていたやつがあるぞ。

久方ぶりに探してみる。

ない。

部屋のどこかにしまったはずである。

見当たらない。

どこにしまったのか覚えていない。

あの頃は、手でペンで紙に書いていた。キーボードでこうやって書くことに比べてなんと不便な事だろうと、今はとても思う。当時どうしてそういうことをしていたのかはもう思い出せない。

「どこだ!?」

見つからない。

捨てたんだろうか?

「まさか」
いやそれはない。絶対にない。

恥ずかしくて捨てられない。捨てるんだったら絶対にシュレッダーにかけるはずだ。かけた記憶はない。びりびりに破いてコンロで燃やした記憶もない。床下の土を掘り返してそこに埋めた記憶もない。

絶対にあるはずだ。

今読み返したらきっと、ゲロ吐くだろうな・・・。

そういう恐怖もあったけども、とにかく探した。

「あ!」
見つかった。

どうしてそんなところに置いてたのかは全く思い出せないけども、冷蔵庫の裏から件の紙束は出てきた。ボロボロの紙束。そして、

「・・・」
しめじが生えてた。

「うわあ・・・」
寄生されてる。

当時の私が寄生されている。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のアパート 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:481字
目を覚ますと、彼女の寝顔と僕の顔の間にシメジが一房生えている。僕は寝ぼけて回らない頭を起こして、それをもぎっと毟った。けれどあたりにはまだもう何房か生えている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカイP@0/120000字 お題:今の絵描き 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:620字
「『オコジョ@絵描き垢』さんは、しめじたんを描かないんですか?」 今朝、ふとTwitterを開くとダイレクトメールが届いていた。 しめじ? 何のことだ? 【オコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:右の目 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:739字
私には、右目がない。なぜだろう、穴が空いているのだ。それはもう、先天的なもので、どうしようもないらしい。親はそんな私を、嫌っていた。憎んでいた。私だって、好きで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の、と彼女は言った 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:290字
野菜室を見て、手が止まった。 よく作ったシチュー。いつもこっそりと忍ばせておいた、あの人の苦手な野菜。そして何より嫌っていた、しめじ。もう5年も昔の思い出なの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スカートめくりカレンダー お題:メジャーな宇宙 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:460字
グルメリポートってあるよな、なんてボンヤリ考えた。味を表現するのにいろんな語彙を駆使して、よくもあんなに喋れるもんだよな。俺なんて「うまい」しか言えねえよ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アブノーマルな昼下がり 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:478字
その日は良く晴れた日だった俺は本を読みながら木陰で休んでいた。「楽しそうですね」 どこからか聴こえた声に俺は驚き辺りを見渡した。「ここですよ」そう言われても俺は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緩やかなライオン 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:662字
ある日、ライオンくんはひとり、昼寝をしていました。数えられないほどたくさんの木の影、草のベッドですやすや寝ていました。ライオンくんはにこにこと夢をみます。「ぅが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yui お題:都会の結婚 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:367字
田舎出身の早苗はきのこが大好きだ。俺の我儘で都会の一等地で結婚式をする代わりに、この田舎娘はウェディングケーキはきのこだらけのレシピがいいというぶっ飛んだ要求 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キルユーベイベー お題:記録にないバラン 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:626字
「な、なんだこれ……!?」学校。昼休み。今朝、早起きして気合を入れて作った唐揚げ弁当箱を開けて見ると……バランが敷き詰められていた。緑色のトゲトゲした、隣のおか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六華創作工房@短編量産中 お題:薄汚い音楽 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:516字
『貴女の演奏は素晴らしい!』うるさい。『貴女は才能があるわ』うるさい。『他にも演奏してみないかい?』うるさい。『ほら、この曲はどう?』うるさい!もうほっといてよ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:薄汚い男祭り! 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:931字
友達の子供が家に来て、うちの子と遊んでいる。ありがたいことであった。私はその間に洗濯物を済ませて、掃除をした。晩御飯の献立の事も考えれたし、アマゾンの受け取りも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鋭い運命 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1019字
専門的な技術もなければ、その経験もなく、親がそれ関係という事もなければ、隣の家がそれを生業としているという事もない。のにもかかわらず、他人のプチ整形がわかる。僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:孤独な笑い声 必須要素:犯人は主人公 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1065字
お酒も飲んだしそろそろ寝ようかと思って、イヤフォンを外してパソコンを消し、部屋の電気も消そうかと思っている段になって急に、「あはっはははっははは」という声が部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:計算ずくめのコメディ 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1101字
最近の体験の相手は幼女であった。ほら、初体験とかそういうのがあるでしょう?そういう体験。行為。性の行為。S〇X。ただしかしながら、申し上げておきたいのは私から進 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:同性愛の人体 必須要素:阿部寛 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:834字
私は女性だ。そんで彼女も女性だ。いわゆる百合という感じのやつになる。団塊の世代系の人たちが残らず死んでしまえば、私と彼女のそういう思考、癖みたいなものに対しても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:子供の就職 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:884字
昨今どういう情勢になっているのかは知らないが、妻が我が子を子役にするという様な事を言いだして、「え?マジで?」という感情があった。「ほんとに?大丈夫なの?」ああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:今日のゲストはクリスマス 必須要素: 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1034字
「鬱だわ・・・」クリスマスさんはそういうと、深いため息をつきました。いったいどうしたというのでしょう?「クリスマスさんがこの時期そんなに沈痛な面持ちではいかんの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:阿修羅武器 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1046字
「とっさの時使えるように、小刀を忍ばせています」という人がいて感銘を受けた。「ふおおわああ」って思った。そうか、そうだよなあ。そういうことはあるかもしれないなあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:3月の恋愛 必須要素:東京 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:842字
連投する気はなかったんだけども、連投できそうだったのでもう一回やってみたら、お題と必須要素を見て公開・・・後悔した。「さっきの後で!どんなギアチェンでやればいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:スポーツの地下室 必須要素:鶏肉 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1001字
自転車で20分弱のところにある市役所に併設されている体育館にはスポーツジムのようなものが付いており、プールもあり、しかも8コースもある。8コースというとなかなか 〈続きを読む〉