お題:つらい駄作 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:918字

寄生
「何か、これが自分だ。みたいな作品はありますか?」
電話でそう聞かれて、言葉に窮した。これが自分だ?これが和委志千雅っていうの?なんだそれ?何者だ?

「あ、あ、いったん、すいませんいったん電話切ります」
そういうと相手の言葉も待たずに一方的に電話を切って黙って考えることにした。

なんだそれ?って。

何が私か?そもそも私にそういうのはあるんだろうか?

すりガラスの窓の向こうで木々の影が揺れているのが見える。不安になる。デッドコースターの何かに、そういうシーンがあるのを思い出した。木々の枝の影が、なんかよおく見ると死神かなんかの指みたいに見えて、それがどんどんと対象者に伸びてきているみたいに見えるシーンがあって、それを思い出した。

あ!

そういえばと、昔、まだ今の自分がネットでこういう事をやると思っていなかった頃に書いたのがあるなあ。そう思い当たった。

で、それが私といえば私らしいかもしれない。他人のパクりをして自分の話みたいにしていたやつがあるぞ。

久方ぶりに探してみる。

ない。

部屋のどこかにしまったはずである。

見当たらない。

どこにしまったのか覚えていない。

あの頃は、手でペンで紙に書いていた。キーボードでこうやって書くことに比べてなんと不便な事だろうと、今はとても思う。当時どうしてそういうことをしていたのかはもう思い出せない。

「どこだ!?」

見つからない。

捨てたんだろうか?

「まさか」
いやそれはない。絶対にない。

恥ずかしくて捨てられない。捨てるんだったら絶対にシュレッダーにかけるはずだ。かけた記憶はない。びりびりに破いてコンロで燃やした記憶もない。床下の土を掘り返してそこに埋めた記憶もない。

絶対にあるはずだ。

今読み返したらきっと、ゲロ吐くだろうな・・・。

そういう恐怖もあったけども、とにかく探した。

「あ!」
見つかった。

どうしてそんなところに置いてたのかは全く思い出せないけども、冷蔵庫の裏から件の紙束は出てきた。ボロボロの紙束。そして、

「・・・」
しめじが生えてた。

「うわあ・・・」
寄生されてる。

当時の私が寄生されている。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のアパート 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:481字
目を覚ますと、彼女の寝顔と僕の顔の間にシメジが一房生えている。僕は寝ぼけて回らない頭を起こして、それをもぎっと毟った。けれどあたりにはまだもう何房か生えている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカイP@仮想物書き お題:今の絵描き 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:620字
「『オコジョ@絵描き垢』さんは、しめじたんを描かないんですか?」 今朝、ふとTwitterを開くとダイレクトメールが届いていた。 しめじ? 何のことだ? 【オコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:右の目 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:739字
私には、右目がない。なぜだろう、穴が空いているのだ。それはもう、先天的なもので、どうしようもないらしい。親はそんな私を、嫌っていた。憎んでいた。私だって、好きで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の、と彼女は言った 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:290字
野菜室を見て、手が止まった。 よく作ったシチュー。いつもこっそりと忍ばせておいた、あの人の苦手な野菜。そして何より嫌っていた、しめじ。もう5年も昔の思い出なの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スカートめくりカレンダー お題:メジャーな宇宙 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:460字
グルメリポートってあるよな、なんてボンヤリ考えた。味を表現するのにいろんな語彙を駆使して、よくもあんなに喋れるもんだよな。俺なんて「うまい」しか言えねえよ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アブノーマルな昼下がり 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:478字
その日は良く晴れた日だった俺は本を読みながら木陰で休んでいた。「楽しそうですね」 どこからか聴こえた声に俺は驚き辺りを見渡した。「ここですよ」そう言われても俺は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緩やかなライオン 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:662字
ある日、ライオンくんはひとり、昼寝をしていました。数えられないほどたくさんの木の影、草のベッドですやすや寝ていました。ライオンくんはにこにこと夢をみます。「ぅが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yui お題:都会の結婚 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:367字
田舎出身の早苗はきのこが大好きだ。俺の我儘で都会の一等地で結婚式をする代わりに、この田舎娘はウェディングケーキはきのこだらけのレシピがいいというぶっ飛んだ要求 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キルユーベイベー お題:記録にないバラン 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:132 人 文字数:626字
「な、なんだこれ……!?」学校。昼休み。今朝、早起きして気合を入れて作った唐揚げ弁当箱を開けて見ると……バランが敷き詰められていた。緑色のトゲトゲした、隣のおか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六華創作工房@短編量産中 お題:薄汚い音楽 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:184 人 文字数:516字
『貴女の演奏は素晴らしい!』うるさい。『貴女は才能があるわ』うるさい。『他にも演奏してみないかい?』うるさい。『ほら、この曲はどう?』うるさい!もうほっといてよ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:軽い笑い声 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1137字
手の小指があって、それをぽきって鳴らすと、部屋の天井の方から約十秒ほど、泣く声が聞こえる。最近そういう何かしら、わからないけども、最近そうなった。それ以前は小指 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:すごい別居 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1038字
山に住んでいると、不便じゃないですか?的なことをよく聞かれる。山って言っても道通ってるし、道沿いだし。アスファルトの。車があれば、町まで買い物行けるし。たまにア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、成熟 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1169字
「あなたの年収、タイプ別」というサイトがあり、いや、なんだ、アプリメーカーとかっていうので作った類のものなのか、何なのかは知らない。あと、こういう時にこそ、アプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:真実の喪失 必須要素:七五調 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:918字
バレンタインデーが終わったので、チョコを買いに行った。半額でせしめる可能性があるからである。「あったぞ!」果たして半額でチョコは売られており、無残にも値引き品の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕の好きなマンション 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1238字
そんなことはあり得ないと思っていた。私の描いた絵が、人様にパクられるとか、そんな馬鹿なと、私のじゃないだろうと、私が手慰みで描いていた絵が、あなたのどこに、どの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:3324字 評価:2人
「この子は将来、不良になります」と、占いの人に言われて、あちゃーってなった。晩婚で授かった子である。名前は晩子。女子。おなごである。昨今ではエントリーネームに子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけの銀行 必須要素:節分豆 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:957字
ATMで記帳したら通帳の記入欄がパンパンになって、銀行に行って新しい通帳を作ってくださいと言われた。「あーそう」めんどい。そしてめんどい。しかしこういうのは言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:帝王の血痕 必須要素:牛肉 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1118字
ヴァンパイアっていうと、なんか遠慮感が生まれる。かっこいいじゃない。ヴァンパイアって。バンパイアでもなんかこう遠慮が出る。バンパイアって。バイパスみたいでかっこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:とてつもない始まり 必須要素:コンビニ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1384字
公共料金を払いにコンビニに行って、終わって出たら、もう何もなかった。世界が。「は?」ってなった。何じゃいこれは?ってなった。足元から無かった。コンビニの足マット 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:情熱的な空 必須要素:甘栗 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1008字
昔栗山で転んで、イガが刺さったことがあってから栗の類は遠慮している。モンブランは別。栗の炊き込みご飯も大丈夫。しかし甘栗の類は剥き方も知らないし、それをお見舞い 〈続きを読む〉