ユーザーアイコンDDT
お題:刹那の血液 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:478字

縁起でもねえ
子どものころから破天荒でならした兄が、結婚すると言い出した。
長らく別居中の妻子がいる身でありながら。

動転した母親が俺に泣きついてきたので、しょうがない。
5年ぶりくらいに兄のところにでかけていった。
仕事は自分で会社をやっているとかいっていたが、内容は知らない。

一人暮らし適当の狭いマンションには、机とパソコンと無造作に積み重ねられた書類の束やカタログしか見当たらず、生活感は見られなかった。
しかしそこにはすでに、件の女がいた。

何故か高級そうなお召しを着こんだ女は、背筋を伸ばして正座しつつ、俺にクッションをすすめてきた。
クッションの下にも黄ばんだ紙きれ。
役所でとった誰かの戸籍謄本と思われた。
「なにかヤバい商売でもやってるんじゃないの?」
と聞いたら、突然鋭く甲高い声で女が笑ったので、俺はびくりとした。
のんびり顎をかいている兄が口を開いた。

「ほら、昔からの俺の親友の多胡、おぼえているだろ。彼女ね、奴の奥さん」
にっこりと会釈する女。
「まだ離婚してないんだ」

谷崎潤一郎じゃあるまいし。
幸せそうなふたりをみつめていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:戦争と靴 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:651字
ショッピングモールの休憩スペースは、僕らと同じように、なんだかげんなりとした男性の姿が多く見えた。きっと同じ境遇の人達だろう。同情的な気分を抱きつつ、僕は隣で本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の豪雪 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:828字
今年の冬は豪雪だ。ひどい天気だ。とかいいつつ自分の地域で雪は降っていないから、豪雪がどうかわからない。「死ぬということは、生きているよりいやなことです。けれども 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:くだらない音 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:727字
そこには白と黒のモノトーンの世界が広がっていた。不思議な光景だ。ふらふらとした足取りで、白と黒が交互に折り重なる階段を進む。ここはどこだろう。どうやってやってき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人の耳 ※未完
作者:むぢから お題:マイナーな耳 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:418字
昔の人がやらかしたせいで、人類は少しめんどくさい存在になってしまった。普遍人類に分類された僕は、顔を隠さずに歩くと好機の目にさらされる。異世界とか、科学者のみな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:阿呆鳥 お題:団地妻の発言 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:771字
「私たちは常に性に対して奔放で、旦那の支配から解放される権利があると思うのよ。だって、このかけがえのない一生のセ○クス・パートナーが旦那ひとりだけだなんて、そん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:斬新な少数派 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:332字
大学で谷崎潤一郎が著作の『痴人の愛』に関するある議題が行われた。ネグレクトされている子を引き取ることの是非についてである。勿論、福祉施設がまだ全く整っていなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:見知らぬ同情 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:882字
毎日、本を読むわけではないものの、電車移動がある日とか、文庫本が一冊でもあると安心する。その日、掴んだのは谷崎潤一郎だった。出かけに一切の確認をしないで掴んだた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:どうあがいても別居 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:1044字
「好きな作家は?」の問いかけに「谷崎潤一郎、かな」と少し間を空けて答える。しかし、妻の顔は変わらずに一言だけ「はい、残念」と答える。そして、目の前のトレーに置い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:求めていたのは怒り 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:930字
学校に行くと、アリの巣穴のように多いコミュニティを形成している蟻女子が、「ねえ、こないだ怖い体験したのよー。暗いところを一人で歩いていたらー」と怖い話をしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨音 ♬*¨*•.¸ お題:求めていたのは怒り 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:159 人 文字数:715字
慰み物にされてでももっと愛されたかったんです、と、その本は言っていた。大学の課題で仕方なく読み始めた、谷崎潤一郎の本だった。そのとき私は、将也のことしか頭になか 〈続きを読む〉

DDTの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:未熟なぐりぐり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:465字
「子どもの時の自分に会いたくない?」いきなり幼馴染の優実から聞かれた。「ええー?」正直どうでもいいよクソが、と思いながら愛想笑いしてみせる。そうしたら信じられな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:暗いにわか雨 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:353字
好きで履いているんだから、と何か言われるたびに勢いづいて言い返していた。軽く10年越えて履き続けているわたしの皮靴。皮の靴って、素人が修繕しようと思ってもうまく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:怪しい娼婦 必須要素:○ックス 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:394字
どこで待ち合わせる?思考が停止した。やっぱファミレスじゃダメか。すごい服装の人が来たら困る。露出多めで真っ赤な唇にサングラスみたいな。子ども連れの中では浮くだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:たった一つの円周率 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:415字
運命の女の子がいるとしたら。僕はジブリ映画のポニョを観た時から、ずっと考えていた。あの日、隣の家のマー君と向いの家のユメと一緒くたにされて、母の車でショッピング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:頭の中の警察官 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:271字
0時23分身柄確保。脳内のオレが声を押し殺して呟く。今、通報してやった。道路交通法違反のガキ。ターゲットは原付の二人乗りをして道路を逆走した動画だ。自然と口元が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:求めていたのはカラス 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:490字
少年アヤちゃんの小説を読んでいたら、「カラス」という人種がでてきた。わたし、知ってる。だってわたしの周りの人、みんなカラスだもん。入学早々つまづいて、わたしはも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:犯人は借金 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:662字
男は切り立った岩に言葉を刻んだ。「ここは異世界。ふとしたはずみに、この世からのパイプラインを見つけてしまった俺。詳細はここには書かない。俺の静謐な世界に、趣味の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:捨てられた「うりゃぁ!」 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:459字
ふられた。あんな子正直まったく眼中になかったのに。下級生が2人組で、なんかにやにやしながらオレのまわりをうろうろしているなあと思ったら、ちょっとぽっちゃりしたほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:彼が愛した巨人 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:427字
手でふれる。シャーペンを持つ。ハサミで開封する。糸くずをつまみ上げる。りんごを剥く。通りすがりに犬の頭をなでる。布団をはたく。日々行うさまざまな行為のたび、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:猫の罪人 必須要素:女使用不可 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:492字
私は満員電車には乗らない。痴漢に間違われるリスクを避けるためだ。というよりも、もうできる限り電車には乗らない。不本意な状況の回避に、最善を尽くすのが私のやり方だ 〈続きを読む〉