お題:意外!それは恨み 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:858字

フォアグラ
(#54)

 フォアグラって知ってる?
 高級食材だから、一般庶民が口にする機会は微々たるものだと思うけれど。
 あのねっとりと脂っこい料理が美味に感じるのは、きっとある程度老いてから。
 だから子供は知らなくていいのよ、まだ、ね。
 美しさの裏には無垢な命を犠牲にしていることなんて、見て見ぬ振りが出来るようになるまでは。

 集合住宅の一室。
 二人の子供たちが二段ベッドの上下に分かれて、気持ちよさそうに眠っている。
 二人は小学生だろうか。ベッドの脇には赤色と黒色のランドセルが並んで置かれている。
 時計の針が午前七時を示す位置まで到達する頃、パタパタと軽い足音が子供部屋に近づく。
 優しく扉が開かれて、現れたのは桃色のエプロンを身につけたうら若き女性だ。
 髪の色は明るい栗色で、ゆるくウェーブがかっている。
 朝早い時間帯であるけれど、既にメイクは済ませているようで、長いまつげと艶めく唇の色が彼女の顔を輝かせていた。
 ほら、起きなさい、朝よ。
 優しい声をかけながら、いやいやをする二人の子供たちを覚醒させる。
 今朝はあなたたちの好きなフレンチトーストを作ったのよ。
 好物の話をされた子供たちは、先ほどまで駄々をこねていたのが嘘のように、布団を蹴り上げたかと思えば、ダイニングの方へ消えていった。
 口角を上げ、右手を口元へやって、上品に微笑む彼女。
 子供部屋の向かい側には夫婦の寝室がある。
 三回、リズミカルにノックをした後で、彼女は扉を開けた。
 キングサイズのベッドが部屋の中央に鎮座している。
 六畳ほどの寝室は、ほとんどベッドだけで埋まっていた。
 布団が山のように盛り上がっている。
 彼女は優しく布団をはいだ。すると丸々と太った男性が仰向けになって眠っていた。
 自らの脂肪が喉元を圧迫しているのか、苦しそうな寝息を立てている。
 彼女は嬉しそうに笑顔を見せた。
 もっと太ってちょうだい。私のために。
 あなたは私にとってのフォアグラなのだから。
 彼女は陰惨に笑った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な想い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1185字
高山くんの告白を、アキコは断ったらしい。 高山くんと言えば、クラス一のイケメンと言うわけではないが、まあ三番ぐらいには入る。別に暗いとかそういうわけでもないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚い男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:436字
「今、幕が上がる。」そう、君が呟いた。次の瞬間、目の前には薄汚い男たちが一斉に中央の塔に向かって走る。わけが分からないまま、その光景を眺める。薄汚い男たちは、汗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:孤独な笑い声 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:941字
声が聞こえてきた。小さな子どもの声だ。鳴いている。いや、泣いている。いや、哭いている。雑踏の中で掻き消えそうな。でも確かにその叫びは祈りはひしひしと私に突き刺さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:イギリス式の花 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:860字
美化委員会が学園の手腕を握るのはおそらくイギリス仕様にした学園のデザインによるもの。 文化祭でいったことのある妹の学校はドラマや、アニメなどに出てくるよくある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な冬 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:311字
世間は大掃除も終えて、後はいよいよ新年を待つだけとなった。しかし、その青年は夜も更けているというのに、未だ何かをやり残したような顔でいる。「もう年が明けちゃうよ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した列車 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:482字
俺の彼女だった愛佳は、電車が好きだった。いつも一緒にデートプランを考えていたが、最後は決まって夕方であるこの時間でこの丘を通過する電車を見ることになっていた。俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:彼女が愛したパイロット 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:685字
目の前で改札に吸い込まれていく磁気定期券を見て、昨日もこの後ろを通ったと思う。目の前の後頭部、黒いショートカットの後ろ側、見覚えがある背中だった。磁気定期券が吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ダイナミックな団欒 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:502字
段々と陽が沈んでいく。秋なら、私たち女性陣は眩しくて仕方なかっただろうけれど、年も明け春の気配が迫った今日は、もう日差しは席までは届いては来ない。 意外そうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日食べた孤島 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
おなかが空いていたからと言って、あれはなかった。絶対、腹を下すってと誰かが止めていたらこうはならなかった。今朝は下痢を繰り返し、どんより不調だ。「おまえ、昨日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:未熟なぐりぐり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:465字
「子どもの時の自分に会いたくない?」いきなり幼馴染の優実から聞かれた。「ええー?」正直どうでもいいよクソが、と思いながら愛想笑いしてみせる。そうしたら信じられな 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:僕の好きな善意 必須要素:ウイスキー 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:685字
(#98) 大人色の液体。僕にとってはそれがウイスキーだ。 少し前にテレビ番組で特集されていたウイスキー製造工場、僕は今そこに居る。 扉を開いただけで、あの芳醇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:輝く電話 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:799字
(#97) 自分たちとは違うという認識は他者を迫害する。 まるで肉体に宿っている免疫細胞がウィルスを攻撃するように。 全てが薄い砂色の街だった。 建物は土を固め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:不本意な道 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:705字
(#96) 男は走っていた。 息を切らして、喉はカラカラで燃えるように熱い。 もう走ることをやめて、このまま倒れ込んでしまいたい。 けれど、それは男にとって死を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:地獄の母性 必須要素:グミ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:682字
(#95) 童話に出てくる鬼。 上半身が裸で、かろうじて下半身をシマシマの布で隠して、頭髪はクルクルとカールしていて。 頭には一本あるいは二本(もしかすると三本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:フォロワーの男 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:715字
(#94) 数字を増やすことが私の生き甲斐なの。 初めて登録した時なんて、フォロワーの数が少なすぎて自尊心が傷つけられたけど。 でもね、聞いて! 友達から教えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:名前も知らないコンサルタント 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:723字
(#93) 家庭教師がやってきた。 薄い栗色の髪、鳶色の瞳、スラリと伸びた手足、低くて心地よい声色。 初対面の挨拶をする時に、彼はやわらかい微笑みと共に私に握手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:簡単な墓 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:760字
(#92) 私が死んだら、この世界は一体どうなるだろう。 窓の外は雨。通りを行き交うカラフルな傘を見下ろしながら他愛ないことを考える。 きっと、何も変わらない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:俺と娘 必須要素:ケチャップ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:696字
(#91) 夜の住宅街。外灯が少なく、辺りは全体的に闇に沈んでいる印象だ。 俺以外に他の人の姿は見えない。 ある意味で安全で、ある意味で物騒な場所。そこで俺と娘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な兄 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:757字
(#90) 高校の友人たちが囃したてる。「ねぇ、○○ちゃんのお兄ちゃんって、超イケメンなんでしょ?」「私も噂で聞いたよ~。会いたいよ~」 目をハートの形にさせな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:ねじれた視力 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:752字
(#89) いじめられている風景。 それは家庭でも、学校でも、会社でも、道端でも見られる普遍的な光景だというと語弊があるだろうか。 けれど、誰かが定義づけること 〈続きを読む〉