お題:意外!それは恨み 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:858字

フォアグラ
(#54)

 フォアグラって知ってる?
 高級食材だから、一般庶民が口にする機会は微々たるものだと思うけれど。
 あのねっとりと脂っこい料理が美味に感じるのは、きっとある程度老いてから。
 だから子供は知らなくていいのよ、まだ、ね。
 美しさの裏には無垢な命を犠牲にしていることなんて、見て見ぬ振りが出来るようになるまでは。

 集合住宅の一室。
 二人の子供たちが二段ベッドの上下に分かれて、気持ちよさそうに眠っている。
 二人は小学生だろうか。ベッドの脇には赤色と黒色のランドセルが並んで置かれている。
 時計の針が午前七時を示す位置まで到達する頃、パタパタと軽い足音が子供部屋に近づく。
 優しく扉が開かれて、現れたのは桃色のエプロンを身につけたうら若き女性だ。
 髪の色は明るい栗色で、ゆるくウェーブがかっている。
 朝早い時間帯であるけれど、既にメイクは済ませているようで、長いまつげと艶めく唇の色が彼女の顔を輝かせていた。
 ほら、起きなさい、朝よ。
 優しい声をかけながら、いやいやをする二人の子供たちを覚醒させる。
 今朝はあなたたちの好きなフレンチトーストを作ったのよ。
 好物の話をされた子供たちは、先ほどまで駄々をこねていたのが嘘のように、布団を蹴り上げたかと思えば、ダイニングの方へ消えていった。
 口角を上げ、右手を口元へやって、上品に微笑む彼女。
 子供部屋の向かい側には夫婦の寝室がある。
 三回、リズミカルにノックをした後で、彼女は扉を開けた。
 キングサイズのベッドが部屋の中央に鎮座している。
 六畳ほどの寝室は、ほとんどベッドだけで埋まっていた。
 布団が山のように盛り上がっている。
 彼女は優しく布団をはいだ。すると丸々と太った男性が仰向けになって眠っていた。
 自らの脂肪が喉元を圧迫しているのか、苦しそうな寝息を立てている。
 彼女は嬉しそうに笑顔を見せた。
 もっと太ってちょうだい。私のために。
 あなたは私にとってのフォアグラなのだから。
 彼女は陰惨に笑った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:楽しかった昼食 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:973字
(#138) 誰かのことが自分にとって大切な存在だったのだと知るのは、いつも誰かが自分の前から去った後。 理屈では解ったつもりになっているけれど、いつだって同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:バイオ火 必須要素:ラガーマン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:767字
(#137) 自国で世界的なラグビーの大会が開かれる。 そのニュースを聞いた瞬間、きっと国の誰もが飛び上がって喜びを表現しただろう。 かく言う私もまた、隣に偶然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絵描きのボーイ 必須要素:聖書 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:847字
(#136) 見渡す限り白い靄に包まれている。 それらは空気中に含まれている水分なのだと知っているから、少年は口を開けて靄を摂取していた。 たとえ食べる物が無く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:神のうどん 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:728字
(#135) キラキラと輝く白くて太い縄状の集まり。 それは薄らと金色がかった透明度の高い液体の中で優雅に泳いでいる。 ところどころツンとした刺激的な香りを発し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:自分の中の処刑人 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:752字
(#134) 自分の脳内には天使と悪魔が棲んでいて、様々な選択時に登場してはバトルを繰り広げている。 そんな言い回しは腐るほど聞いていたのだけれど、まさか自分の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:今度の行動 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:830字
(#133) 予め自分の未来を知ることが出来る権利があるならば、あなたはそれを使うだろうか。 未来を知らないからこそ、何が起こるかわからないことが楽しみで生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:僕と軽犯罪 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:885字
(#132) 男性が生まれつき持っている欲望は、理性で制御できるほど甘いものではない。 それを知っているのは、愛の国と呼ばれる「かの国」だけなのかもしれない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恥ずかしい君 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:845字
(#130) 空を飛べると信じたことはあるかい? そんな問いかけを真剣な表情で放つ君。 私はいつも「そんな難しい質問には答えられない」と曖昧な笑顔を浮かべてかわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:795字
(#129) グツグツグツ…。 異様な臭気が漂っている四畳半ほどの小さな部屋。 そこは地下室であるためか、開口部は出入り口である木製のドアひとつだけしか見当たら 〈続きを読む〉