お題:意外!それは恨み 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:858字

フォアグラ
(#54)

 フォアグラって知ってる?
 高級食材だから、一般庶民が口にする機会は微々たるものだと思うけれど。
 あのねっとりと脂っこい料理が美味に感じるのは、きっとある程度老いてから。
 だから子供は知らなくていいのよ、まだ、ね。
 美しさの裏には無垢な命を犠牲にしていることなんて、見て見ぬ振りが出来るようになるまでは。

 集合住宅の一室。
 二人の子供たちが二段ベッドの上下に分かれて、気持ちよさそうに眠っている。
 二人は小学生だろうか。ベッドの脇には赤色と黒色のランドセルが並んで置かれている。
 時計の針が午前七時を示す位置まで到達する頃、パタパタと軽い足音が子供部屋に近づく。
 優しく扉が開かれて、現れたのは桃色のエプロンを身につけたうら若き女性だ。
 髪の色は明るい栗色で、ゆるくウェーブがかっている。
 朝早い時間帯であるけれど、既にメイクは済ませているようで、長いまつげと艶めく唇の色が彼女の顔を輝かせていた。
 ほら、起きなさい、朝よ。
 優しい声をかけながら、いやいやをする二人の子供たちを覚醒させる。
 今朝はあなたたちの好きなフレンチトーストを作ったのよ。
 好物の話をされた子供たちは、先ほどまで駄々をこねていたのが嘘のように、布団を蹴り上げたかと思えば、ダイニングの方へ消えていった。
 口角を上げ、右手を口元へやって、上品に微笑む彼女。
 子供部屋の向かい側には夫婦の寝室がある。
 三回、リズミカルにノックをした後で、彼女は扉を開けた。
 キングサイズのベッドが部屋の中央に鎮座している。
 六畳ほどの寝室は、ほとんどベッドだけで埋まっていた。
 布団が山のように盛り上がっている。
 彼女は優しく布団をはいだ。すると丸々と太った男性が仰向けになって眠っていた。
 自らの脂肪が喉元を圧迫しているのか、苦しそうな寝息を立てている。
 彼女は嬉しそうに笑顔を見せた。
 もっと太ってちょうだい。私のために。
 あなたは私にとってのフォアグラなのだから。
 彼女は陰惨に笑った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mint お題:去年の唇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
埃っぽい棚周りを小型の箒で一通り叩いてから扉を開いた。去年にここを一時離れてからまともに掃除の一つもしてなかったので、古臭いカビの香りが辺りに舞う。咳を一つし、 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恥ずかしい君 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:845字
(#130) 空を飛べると信じたことはあるかい? そんな問いかけを真剣な表情で放つ君。 私はいつも「そんな難しい質問には答えられない」と曖昧な笑顔を浮かべてかわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:795字
(#129) グツグツグツ…。 異様な臭気が漂っている四畳半ほどの小さな部屋。 そこは地下室であるためか、開口部は出入り口である木製のドアひとつだけしか見当たら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:日本式の不動産 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:286字
(#128) 持ち家って何の価値があるのかと疑問だったけれど、要は資産形成の為のツールだと気付いた。 ほとんどの人々は自分の家を所有することが人生の目的であるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:帝王の学校 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:678字
(#127) 家柄が悪くとも、育ちが良ければ器の大きな人間が創れるはずだ。 そのような信念を掲げた学校、それが「キングダム」である。 路上生活をしている子どもた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:急な平和 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:865字
(#126) 寝る前に胸の前で十字を切る、それが我が家の習慣だ。 自分のベッドの前で跪き、十字を切った後で両手を合わせ、目を閉じて祈る。 そうすると心が穏やかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:鳥の声 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:792字
(#125) 美しい歌声が聞こえる。 私は重い瞼をゆっくりと開く。 高い天井、白く塗装された木目、薄い灰色をした樹木の影。 ずっとこのままシーツの間に身を横たえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:失敗の闇 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:701字
(#124)「はぁーい! あなたは不正解でしたので、階段を降りてもらいまぁーす!」 黄色と白のストライプシャツを身に着けたピエロが楽しげにアナウンスする。 愉快 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:彼女が愛したふわふわ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:555字
(#123) 好きな色はピンク。 身に着けている物はいつもやわらかいピンク色がメインカラーだ。 髪も丁寧にカールしていて見た目も触り心地もやわらかい。 どんな寒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:でかい家事 必須要素:ボールペン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:926字
(#122)「今日はオマエが行けよ」「嫌だよ。昨日も僕が行ったんじゃないか」「そう言わずにさ、ジャンケンで決めようぜ」「……」「ジャンケンポン!」 と言うわけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:綺麗な土 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:892字
(#121) もう少し綺麗な環境で生まれたならば、きっと美しい容姿を持てただろうに。 私は自分の容姿に劣等感を持っている。 少なくとも、他の子たちよりも見栄えが 〈続きを読む〉