お題:アルパカの船 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:386字

温もりにくるまれて
白。白。白。視界に入るのはそれだけだった。
まるで雲の中にいるような船内。空間全体を柔らかそうな毛玉が包み込んでいる。床も右に同じで、地面を踏んだ感触がしなかった。
アーティスティックなコンセプトで作られたこの船の航海は一度限りの航海。外は通常の船と同じ素材でできているらしいが、どうしても耐久性に難があるそうだ。
まあ、それで別に構わないんだけど。
「まもなく出発いたします」
ようやくの船出だ。この瞬間を待ちわびていた。
私はベッドに身を委ねた。相変わらずの柔らかさが私を包み込む。不快なもの、肌をさすもの、こわいもの。そんなものは何一つない。このまま心地よい微睡みに堕ちていきそうだ。
「それでは穏やかな眠りをお楽しみください」
おやすみなさい。私は静かに目を閉じた。
ちなみにこの船に目的地はない。あてどなくさ迷い、辿り着いた先が全ての終点なのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:情熱的な幻想 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1298字
彼女との出会いは数ヶ月前、それは周期的に月が燃える、その始まりの夜であった。街では老若男女問わずに、燃え盛る月の由来なんて知らずに浮かれ騒ぎ、祭りを楽しんでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りぜ お題:彼女の高給取り 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1443字
社会人になって3年目。何事も3年続ければ変わるとはよくいったもので、ようやく仕事にも慣れてきた。働き出して一番嬉しいことは、彼女とデートをするときに支払ってあ 〈続きを読む〉

akariの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:akari お題:白い性格 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:422字
「そっか、それは大変だったね……」「ほんと? 教えてくれてありがとね」「そうなんだ……。気づかなくてごめんね」 思い付いた言葉をとりあえず口にする。すると上手く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
後も先も ※未完
作者:akari お題:俺は勝利 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:250字
俺は鼻歌交じりで先を行く。 足取りは軽い。何たって、俺が背負っているのは小さな麻袋一つ。家にある食料を適当に詰め込んだものだが、それもすぐになくなって手放すこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
名残の感触 ※未完
作者:akari お題:昨日食べた裏切り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:438字
「……あはは」 何度思い返しても笑いが込み上げてくる。おかしくて仕方がない。 ――本当に滑稽ね。 彼には私が道化に見えていたに違いない。何も知らず、今の生活がず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:2784字
「――だからね私、今の彼とは相性最高だと思うのよ。もう一生離れたくないってくらい」「そうなんですか……。そのままゴールインする予定で?」「私的にはそうしたい。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
しのにむ ※未完
作者:akari お題:汚れた食事 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:545字
「これ入れといて」「……」 居酒屋の厨房、私が取りかかっているお造りの皿の横に、一枚の皿が置かれる。 その上には食べ残された数枚の刺身がのっていた。「……醤油が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:名前も知らないサッカー 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:614字
「パス」「パス」「パス」 ひぐらしの声が遠くに聞こえる中、私たち三人はボールを蹴り続ける。高架下の河川敷、薄暗いその場所でひっそりと蹴り続ける。 それが今の私た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:頭の中のテロリスト 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:631字
うるさい。静粛に。お願いだから静かにして。 何度も頼み込んだのに、声はちっとも鳴りやまなかった。 私はただ平穏を求めていたのに。それ以外は何もいらなかった。む 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:彼女が愛した魚 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:612字
一摘まみの餌を振り撒けば、魚たちが我先にと上へ昇っていく。やがて水面から顔を出すと、彼らは必死にその口をぱくつかせ始めた。 飼い始めた頃は生き汚いとあまり良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
差し引きゼロ ※未完
作者:akari お題:つらい平和 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:701字
『本日、この国は記録を再び塗り替えました』『素晴らしいことですね。ここ三十年、我が国ではインフレもデフレも生じていない。経済の安定率にかけては諸外国の追随を許さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:今日のゲストは夜中 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1140字
「夜分遅くに失礼いたします」「………」 恭しく頭を下げる男を俺は憎々しげに睨み付けている。現在の時刻は深夜2時。たとえ緊急の用があったとしても電話かメールで済ま 〈続きを読む〉