お題:アルパカの船 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:386字

温もりにくるまれて
白。白。白。視界に入るのはそれだけだった。
まるで雲の中にいるような船内。空間全体を柔らかそうな毛玉が包み込んでいる。床も右に同じで、地面を踏んだ感触がしなかった。
アーティスティックなコンセプトで作られたこの船の航海は一度限りの航海。外は通常の船と同じ素材でできているらしいが、どうしても耐久性に難があるそうだ。
まあ、それで別に構わないんだけど。
「まもなく出発いたします」
ようやくの船出だ。この瞬間を待ちわびていた。
私はベッドに身を委ねた。相変わらずの柔らかさが私を包み込む。不快なもの、肌をさすもの、こわいもの。そんなものは何一つない。このまま心地よい微睡みに堕ちていきそうだ。
「それでは穏やかな眠りをお楽しみください」
おやすみなさい。私は静かに目を閉じた。
ちなみにこの船に目的地はない。あてどなくさ迷い、辿り着いた先が全ての終点なのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい百合 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:159字
私は目の前にある綺麗な白い体を指でそっとなでてみると、体は恥ずかしげに揺れてその反応が可愛くて何回も触れてしまう。風が吹くとその体は求めるようにこちら側へ寄り添 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:いわゆる門 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:989字
門ができた。「これは何ですかね。」スーツを着た男が言う。「門だろうよ。見たらわかるだろう。」スーツを着た別の男が言う。「そうなんですか?門なんですかこれ。」「こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やのたつみ お題:犯人は表情 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1292字
顔面死狂羅刹像。古来より日本の発狂寺にて安置され、世界文化遺産にも登録されている石像。世界三大都市の中でも、最も偉大と呼ばれ、日夜多くの観光客が詰めかける群馬の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:優秀なにわか雨 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1331字
こういうのを、何というのだったか。俺は机の上に広げた本の中身を見るともなしに眺めながら、ふとそんなことを思った。かすかにインクの匂いが漂う図書室の、放課後の静け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
好きと好き ※未完
作者:きむかいゆきお お題:同性愛の撃沈 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:775字
結衣とは小学校からの友人だ。 高校も一緒のところに行きたくて頑張って勉強した。 そうして掴み取ったのが、この場所。結衣の隣。 今日も一緒に朝の通学路を並んで歩 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:未熟なサーブ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:734字
嫌だー! 今日から当分体育の授業はバレーボールだ! サボりたい。体育自体苦手だけど特に球技は嫌だ。 運動神経のなさがもろに出る。 しかもチーム競技はまわりの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:748字
この仕事を始めて2年になるがやはり解せない事が多すぎる。それも怪異としか言いようがない存在を相手にしている以上は仕方がない。「とはいえこれは酷えな。」独りごちつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やのたつみ お題:素人の検察官 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:933字
何度目の指摘だろう、「違うでしょう」と言ってもコイツは納得しない。どうして定食屋である私が、知能労働者である検察官に代わって、頭をひねらないといけないのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに孤島 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:2286字
朝、男は必ず歯を磨く。目を覚まして一番に磨かなければ、食事と一緒に雑菌を食べているというのが男の理屈だ。 磨き始めるときいつも男は半分夢の中だ。男は朝強い方で 〈続きを読む〉

akariの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:akari お題:かゆくなる失望 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1877字
相変わらずだと思った。 年に一度、地元の神社で開かれる夏祭り。ここの様子は昔から少しも変わっていない。奥まで屋台がずらりと立ち並ぶ中、焼きそばのソースやとうも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心残り ※未完
作者:akari お題:苦しみの死 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:256字
大地と二人だけの夕食。いつもの日常。けれど、それは今日で最後らしい。「お母さん! お母さん!」 大地が泣きながら私を呼んでいる。そんな我が子に笑顔を返せない自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:コーヒーと冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:425字
「ここの指導はどうなってるの!」「誠に申し訳ございません」「珈琲一杯もろくに入れられないなんて本当にここは喫茶店なの!?」「お支払いただいた代金はお返しいたしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:生きている艦隊 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:2350字
「この社会のごみが!」 怒気をはらんだ男の声。直後、小石が僕に向かって投げつけられた。夜中、みすぼらしい姿で路上に座り込む人間がさぞ目障りだったのだろう。そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:許せない芸術 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1609字
最近、私はちょっとした副業を始めた。 ついこの間、著作権保護を目的に施行された制度。そこから自然に生まれた仕事で、基本誰でも、バイト感覚で取り組むことができる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:彼の場所 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1137字
教室の後ろ、前田が地べたで胡座をかいている。あいつはにこにこ笑っているが一体何が楽しいのか分からない。 それ以前に今は授業中だ。早く席につかないと国語の山梨か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:大きな悪人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:352字
悪党にも種類がある。こそ泥やひったくりのような小物。詐欺師や贋作屋のような小賢しい悪。銀行強盗や誘拐犯のような大胆不敵を取り違えたような野蛮人。 その誰もが欲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:1000の時雨 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1242字
――あと一時間か。 隙間の目立つ時刻表を見て、私は思わず苦笑を漏らす。田舎のバスは本数が少ない。昔は特に異常だと思っていなかったけれど、都会の分刻みのスケジュ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:光の海風 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:276字
潮の薫りが鼻腔をくすぐる。久しぶりの海。あの頃から随分様変わりしてしまったけれど、肌に感じるこの風は今も昔も変わらない。「どうして海に来たかったの?」「そうだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:求めていたのはコウモリ 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:936字
私は人に喜ばれるのが好きだ。「明日の11時、例の企業との会合を」「これ、次の会議の資料だからコピーをとってきてちょうだい」「この事業案について意見をきかせてく 〈続きを読む〉