お題:絵描きの衝撃 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:833字

 人に努力を見られるわけにはいかない。
「あのね、授業中は授業に集中してほしいわけ」
 が、講師の目に触れれば当然怒られる。
「特待生だからといって何をやってもいいってわけじゃないの」
 特別教室ーーただの面談練習用の教室。授業が終わると私はそこに呼ばれた。
「私は絵を毎日提出しなければならないので、授業を聞いてる暇はないです」
 それに
「試験できちんと点数とってるじゃないですか。ダメなんですか」
 勉強はあまりしない。
 絵を記憶、計算という形にすることで覚えてはいるが、それが勉強なのかと言われれば違う。絵を描いてる事実に変わりない。
「だからといって特別扱いはできないわ。学年の主席に近い点数をとっててもね」
「特別だから特待生になってるのではないでしょうか」
「そういう特別じゃないわ」
 この人は提出の締切があることを理解してるのだろうか。
 学校が勝手に私の絵画展を開くぐらいの量を求めてくることを当然に思ってるのだろうか。
 家で絵を描き、勉強(?)をし、睡眠時間をなくせと命令してるのだろうか。
 冗談じゃない。私が絵を描きたいのは、私の意思。誰かの操り人形じゃない。やりたいことやるのに理由なんてない。
「注意はしたからね。次は気をつけるように」
 話が終わったと講師は席を立つと、扉の前へと歩いた。
「ばれないようにします」
 クラスメイトは応援してくれてる。
 絵画展の評価もくれる。
 悪いことは講師たちにしかない。
「そう。態度の評価を下げるしかないな」
 廊下に講師が出ていくと、ため息がもれた。
「……」
 文句をいってくるのはあの講師ぐらいだ。
 目の敵にしてるのだろう。自分が好きな生徒が伸びず、授業中に絵を描いて遊んでる生徒に負けてることに。
 生徒と肉体の関係があると噂されてるのはあながち嘘ではないのかも知れない。
 次の提出する絵はそんなテーマにしてみよう。

 どうせ絵の価値なんて講師にはわからないだろう……し。 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:寒いピアニスト 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:773字
もう限界、これは本当にやばい、いやいやもう無理でしょ、というところまで来て、私は指を止めた。鍵盤の音が止み、外で暴れる吹雪の音が、柔らかい地鳴りのように聞こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:冷静と情熱の間にあるのは能力者 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:437字
「この婚活アプリで知り合いました!」「本当に相性のいい相手と出会えます!」そんな謳い文句を掲げる最近人気の婚活アプリがある。このアプリの使用者には、恋情に身を焦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな終身刑 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:587字
「船長、北に怪しい船があります。」若い船員が私を呼ぶ。私は船員から双眼鏡を受け取り、示された方角を確認した。「旋回する。あの船に近づいてはいけない。」私は直ちに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:SADAO お題:魅惑の悲劇 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:160字
喜劇があるということは、悲劇もあるということ。 両腕を高々に上げ喜ぶ人がいる対に膝から崩れ落ち泣いて悲しむ人がいる。 あの頃の僕は『自分』のことだけしか考えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の夜 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:480字
空が茜色に染まっていた。もうすぐ、日が落ちる。 僕は、冷え込みが激しくなってきた季節の空を恨めしく見上げて、マフラーに顔をうずめる。それでも露出した顔が、針に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:かたい四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:431字
「龍撃砲撃ちます!」狩人渾身の一撃を喰らった。体が動かない。支えを失い大地に倒れ伏した。「おつかれ〜」「乙乙」「O2、もう一丁」狩人達は口々に挨拶を交わしながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:混沌の慰め 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:825字
夕焼けの海辺。太陽が沈む中、私達に光が当たる。まるで、この世界には私達二人しかいないような、そんな気さえする。私と彼の間に言葉はない。この雰囲気がそうしてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ昆布の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:絵描きの衝撃 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:833字
人に努力を見られるわけにはいかない。「あのね、授業中は授業に集中してほしいわけ」 が、講師の目に触れれば当然怒られる。「特待生だからといって何をやってもいいっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:たった一つの町 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:862字
人の噂を頼りにすることは何も間違ったことじゃない。 地図も、電車も、あらゆる情報は誰か知らない人が作り出したもの。そしてごくあたりまえのことだけど、それで仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:君の霧雨 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:840字
葬儀を終えて教室に戻ると、彼女は泣いてた。「……大丈夫?」「う、ん、へいき。もういっぱい泣いた」 静かに彼女が座る席の隣へ。「キレイな顔だったね」「うん、美人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:遅い映画館 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:932字
開店するショッピングセンターの中に映画館ができるそうだ。 少し電車に乗って移動しなければ見ることが出来なかったので、ボクも含めて住民からかなりの協賛を得られた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:日本、と彼は言った 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1015字
彼の故郷は日本だという。 地図上に確かにその国は存在するが、人が住んでたのは数百年も前の話。今じゃ日本人というのは存在せず、野生児と呼ばれる人間の一歩前の動物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
みみあめ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:死にかけの耳 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:764字
水の落ちる音を聞きすぎたせいか、マンションのホールに入っても同じ音が脳内で響いてる。 気にしないのが一番だが、これから彼女と落ち合うのだから元に戻さないと。聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
112.0 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:殺された芸術 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:749字
一般受けしないものを作ると異端と言われる。変態、天才。カテゴリーが違ってもわかるのは人とは違うなにかを持ってるということ。 それにしたって好きなものは好きなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
がいぶ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:栄光の新卒 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1083字
新卒とは未来を作る人材のことをさす。 そのために、「部長と課長を首にします」 いつまでも居座り、実績をあげないものをきる必要がある。「どうしてですか?」「どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
0106 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:最強の門 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:891字
自分を主人公にした物語を書いて。 それが彼女が最後に残した言葉。「……」 彼女が眠る墓石にその内容を伝え、添える。 添えるといっても壊れたUSBメモリ。実際に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:ひねくれたモグラ 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1002字
陽の光を浴びれば、すぐに立ちくらみをすることから彼女はモグラ、あるいは吸血鬼と呼ばれてる。「……しぬ」「早く着替えて……また遅刻するよ」 あぅと怪しい擬音を発 〈続きを読む〉