お題:絵描きの衝撃 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:833字

 人に努力を見られるわけにはいかない。
「あのね、授業中は授業に集中してほしいわけ」
 が、講師の目に触れれば当然怒られる。
「特待生だからといって何をやってもいいってわけじゃないの」
 特別教室ーーただの面談練習用の教室。授業が終わると私はそこに呼ばれた。
「私は絵を毎日提出しなければならないので、授業を聞いてる暇はないです」
 それに
「試験できちんと点数とってるじゃないですか。ダメなんですか」
 勉強はあまりしない。
 絵を記憶、計算という形にすることで覚えてはいるが、それが勉強なのかと言われれば違う。絵を描いてる事実に変わりない。
「だからといって特別扱いはできないわ。学年の主席に近い点数をとっててもね」
「特別だから特待生になってるのではないでしょうか」
「そういう特別じゃないわ」
 この人は提出の締切があることを理解してるのだろうか。
 学校が勝手に私の絵画展を開くぐらいの量を求めてくることを当然に思ってるのだろうか。
 家で絵を描き、勉強(?)をし、睡眠時間をなくせと命令してるのだろうか。
 冗談じゃない。私が絵を描きたいのは、私の意思。誰かの操り人形じゃない。やりたいことやるのに理由なんてない。
「注意はしたからね。次は気をつけるように」
 話が終わったと講師は席を立つと、扉の前へと歩いた。
「ばれないようにします」
 クラスメイトは応援してくれてる。
 絵画展の評価もくれる。
 悪いことは講師たちにしかない。
「そう。態度の評価を下げるしかないな」
 廊下に講師が出ていくと、ため息がもれた。
「……」
 文句をいってくるのはあの講師ぐらいだ。
 目の敵にしてるのだろう。自分が好きな生徒が伸びず、授業中に絵を描いて遊んでる生徒に負けてることに。
 生徒と肉体の関係があると噂されてるのはあながち嘘ではないのかも知れない。
 次の提出する絵はそんなテーマにしてみよう。

 どうせ絵の価値なんて講師にはわからないだろう……し。 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@いい日旅立ちの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:884字
お前の眠る部屋は家にないからと両親に追い出された俺が向かった先は、子度の頃から一緒に育ったアルパカたちの小屋。アルパカたちは俺を歓迎してくれるようで、キレイな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:栄光のピアニスト 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:985字
「先生っ仕事です!」 勢いよく扉が開け放たれると、助手が息を切らしてた。「まず水を飲んで落ち着くんだ」 その言葉通りにウォーターサーバーがある場所へといって一杯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
実験の日々 ※未完
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:元気なアレ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1023字
動物の変体というのは不思議なもので、足が生えたり、羽が生えたり、しっぽが生えたり、しまいには肉体を生まれ変わるものもいる。 人間は脳だけは進化したが肉体的には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:残念な彼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:791字
「ねぇ今日はまだしてなかったよね?」 彼はにこやかにゴムをとりだして、ゆさゆさとゆらしてくる。「昨日したでしよ」 激しいプレイだった。筋肉痛になるとか考えちゃう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:つらい牢屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1011字
「……脱獄しないか?」 真顔で牢屋のルームメイトは宣告した。それは死刑と判決されるよりも衝撃的だ。「監視されてる中でよくその話題出せるな」 監視カメラがある位置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:最弱の死刑囚 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:958字
この世界には最強と呼ばれる存在と、最弱と呼ばれる存在がいる。 当たり前だが最強は最強でどんな敵にも負けず、魔王を討伐しもした。 とはいえ、殺人は大罪なので最強 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:間違った始まり 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:759字
産まれたのはきっと奇跡だったに違いない。命が産まれるというのは自然界にとっても偉大なことで誰もが感謝する。 けれど、それは母親にとってなだけで自分は、というわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:834字
色とりどりの世界がこの世。 一番綺麗だというのは、自分の血。流すのは簡単、でも痛い。少しずつ少しずつ針を通して、やっと出てくる。 もっとバッサリと切ってしまえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:ワイルドな狐 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1236字
夢の世界で会えたというのなら、それはきっと現実のことなのでしょう。「よしよし」 早朝にチャイムが鳴らされ一体誰なのかと玄関に出てみれば、一匹の狐がそこにいまし 〈続きを読む〉