お題:絵描きの衝撃 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:833字

 人に努力を見られるわけにはいかない。
「あのね、授業中は授業に集中してほしいわけ」
 が、講師の目に触れれば当然怒られる。
「特待生だからといって何をやってもいいってわけじゃないの」
 特別教室ーーただの面談練習用の教室。授業が終わると私はそこに呼ばれた。
「私は絵を毎日提出しなければならないので、授業を聞いてる暇はないです」
 それに
「試験できちんと点数とってるじゃないですか。ダメなんですか」
 勉強はあまりしない。
 絵を記憶、計算という形にすることで覚えてはいるが、それが勉強なのかと言われれば違う。絵を描いてる事実に変わりない。
「だからといって特別扱いはできないわ。学年の主席に近い点数をとっててもね」
「特別だから特待生になってるのではないでしょうか」
「そういう特別じゃないわ」
 この人は提出の締切があることを理解してるのだろうか。
 学校が勝手に私の絵画展を開くぐらいの量を求めてくることを当然に思ってるのだろうか。
 家で絵を描き、勉強(?)をし、睡眠時間をなくせと命令してるのだろうか。
 冗談じゃない。私が絵を描きたいのは、私の意思。誰かの操り人形じゃない。やりたいことやるのに理由なんてない。
「注意はしたからね。次は気をつけるように」
 話が終わったと講師は席を立つと、扉の前へと歩いた。
「ばれないようにします」
 クラスメイトは応援してくれてる。
 絵画展の評価もくれる。
 悪いことは講師たちにしかない。
「そう。態度の評価を下げるしかないな」
 廊下に講師が出ていくと、ため息がもれた。
「……」
 文句をいってくるのはあの講師ぐらいだ。
 目の敵にしてるのだろう。自分が好きな生徒が伸びず、授業中に絵を描いて遊んでる生徒に負けてることに。
 生徒と肉体の関係があると噂されてるのはあながち嘘ではないのかも知れない。
 次の提出する絵はそんなテーマにしてみよう。

 どうせ絵の価値なんて講師にはわからないだろう……し。 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mint お題:去年の唇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
埃っぽい棚周りを小型の箒で一通り叩いてから扉を開いた。去年にここを一時離れてからまともに掃除の一つもしてなかったので、古臭いカビの香りが辺りに舞う。咳を一つし、 〈続きを読む〉

日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:フニャフニャの神様 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1162字
命の成約が神様には存在する。 奇跡の力をつかえないとか、運が悪くなるとか、泳げなくなるとそんな成約。 守らなくても特にこれといって悪いところがないのが特徴だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いもうと ※未完
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:鋭い紳士 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:934字
電話連絡はしてるがさすがに2週間も家をあけてるなれば親が心配する。 まぁ僕の親ではないから問題はない。「そろそろしゃべる気になったか?」 口に押し込んだネクタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:箱の中の抜け毛 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:909字
配信生活をはじめて、今日は誕生日。 大量のプレゼントが送られてきた。まだ全然登録数がないのに意外だ。可愛くもキレイでもないのに不思議。私より面白い配信者は多い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:激しい罪人 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:901字
罪を具現化させる技術ができたのは最近のこと。 データとして人が人生で背負う罪はおよそ重さにして1㌧。これは年長者の平均で、政治家なんかは汚ないもので、100㌧ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
1193 ※未完
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:オチは修道女 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:814字
『家の前で捨てられてた』と育ててくれた人というか親は事あることに話してくる。 孤児院とかに預ければよかったのにと聞いてみれば、『ちょうど女の子が欲しかった』とサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:小説の中の幻想 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:825字
物語とは妄想だからこそ夢がある。 現実はどれもくそだから夢がない。 どちらも人によっては同じこと。 そう幻想は見えてこない闇に近い。 だから、私は妄想の世界へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:幼い任務 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:922字
友達の子供が嫁に来た。 これだけ聞くと俺がまるでロリコンのように思われるかもしれないが(実際二次元キャラにおいてはその通り)、俺が交際を申し込んだわけじゃない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:清い祖父 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:811字
うちの家計は祖父が管理してる。 他の誰かが管理してもいいのだろうけど、家にある家具やらお金やらを祖父以上完全に理解してる人間はいない。そういうわけで祖父が管理 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
553
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:ひねくれた世界 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:811字
正義も悪もたいして変わらない。 正義の名のもとに殺人を犯すのと、誰でも構わないと殺戮する悪。これに違いはない。正しいことが必ずしも正しいとは限らない。そんな世 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:苦い味 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:720字
学校生活というのは常に痛みを感じるものだった。 朝妹の布団ダイヴからはじまって、通学途中に幼馴染にラリアットをくらい、教室で委員長にハイタッチされる。挙げ句の 〈続きを読む〉