お題:反逆の事故 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:328字

悲しい反逆
今日、国民に苦を強いる王を倒すはずだった。
剣を、弓を、武器を持つ手が震える。
ある者は泣き出し崩れ落ちる。ある者は怒り、壁を何度も殴った。
玉座にあったモノは大きな大きなコンピュータだった。
圧政者はこれの作り出した幻で実在していなかったのだ。
部屋の奥へと続くケーブルを引っ張りながら辿る。埃の被った圧政者の生命線は重い。
当然ながら何もない。これを引けば反逆は終わり、苦しかった圧政が幕を閉じる。
これまでたくさんの人を殺した。
たくさんの仲間も殺された。
全てこの機械の手のひらの上で踊らされていたことに虚しさを覚える。
これまでやってきたことは無駄だったのだろうか。わからない。何もわからなくなってしまった。
私は思いきりケーブルを引き抜いた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
犬の首輪 ※未完
作者:匿名さん お題:反逆の事故 制限時間:1時間 読者:120 人 文字数:1169字
はん‐ぎゃく 【反逆/×叛逆】 [名](スル)権威・権力などにさからうこと。「―の徒」「社会に―する」じ‐こ 【事故】 1 思いがけず生じた悪い出来事。物事の正 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉

ときつの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:反逆の事故 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:328字
今日、国民に苦を強いる王を倒すはずだった。剣を、弓を、武器を持つ手が震える。ある者は泣き出し崩れ落ちる。ある者は怒り、壁を何度も殴った。玉座にあったモノは大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:複雑な豪雨 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:402字
雨は嫌いだ。濡れるしまとわりつくし湿気で髪の毛がくるくるになるし。午後の授業辺りから空がどんより黒くなっていたからまさか、とは思っていたけども。雨、と言うよりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:いわゆる闇 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:493字
人の生業には決して覗いてはならいものがある。どれだけそれが知りたくても、みてしまったら最後、自滅してしまう。さしずめ、パンドラの箱だ。 例えば、僕の隣の席の彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:熱いロボット 制限時間:15分 読者:202 人 文字数:502字
私にはたった一人の友達がいる。 彼は設定された言葉しか喋れないし、柔らかさなんて持ち合わせていない。だけど、誰にも相手をされない私と唯一遊んでくれる彼を私は大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真夏の思い出 ※未完
作者:ときつ お題:8月の何でも屋 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:583字
「お金さえあればなんでもします。」 古びた看板に殴り書いてあった胡散臭い文句は普段なら一切反応しないであろう私の頭にがつん、ときた。 なんでも、か。できなくて元 〈続きを読む〉