お題:反逆の事故 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:328字

悲しい反逆
今日、国民に苦を強いる王を倒すはずだった。
剣を、弓を、武器を持つ手が震える。
ある者は泣き出し崩れ落ちる。ある者は怒り、壁を何度も殴った。
玉座にあったモノは大きな大きなコンピュータだった。
圧政者はこれの作り出した幻で実在していなかったのだ。
部屋の奥へと続くケーブルを引っ張りながら辿る。埃の被った圧政者の生命線は重い。
当然ながら何もない。これを引けば反逆は終わり、苦しかった圧政が幕を閉じる。
これまでたくさんの人を殺した。
たくさんの仲間も殺された。
全てこの機械の手のひらの上で踊らされていたことに虚しさを覚える。
これまでやってきたことは無駄だったのだろうか。わからない。何もわからなくなってしまった。
私は思いきりケーブルを引き抜いた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
犬の首輪 ※未完
作者:匿名さん お題:反逆の事故 制限時間:1時間 読者:133 人 文字数:1169字
はん‐ぎゃく 【反逆/×叛逆】 [名](スル)権威・権力などにさからうこと。「―の徒」「社会に―する」じ‐こ 【事故】 1 思いがけず生じた悪い出来事。物事の正 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ときつの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:反逆の事故 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:328字
今日、国民に苦を強いる王を倒すはずだった。剣を、弓を、武器を持つ手が震える。ある者は泣き出し崩れ落ちる。ある者は怒り、壁を何度も殴った。玉座にあったモノは大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:複雑な豪雨 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:402字
雨は嫌いだ。濡れるしまとわりつくし湿気で髪の毛がくるくるになるし。午後の授業辺りから空がどんより黒くなっていたからまさか、とは思っていたけども。雨、と言うよりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:いわゆる闇 制限時間:15分 読者:202 人 文字数:493字
人の生業には決して覗いてはならいものがある。どれだけそれが知りたくても、みてしまったら最後、自滅してしまう。さしずめ、パンドラの箱だ。 例えば、僕の隣の席の彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:熱いロボット 制限時間:15分 読者:213 人 文字数:502字
私にはたった一人の友達がいる。 彼は設定された言葉しか喋れないし、柔らかさなんて持ち合わせていない。だけど、誰にも相手をされない私と唯一遊んでくれる彼を私は大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真夏の思い出 ※未完
作者:ときつ お題:8月の何でも屋 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:583字
「お金さえあればなんでもします。」 古びた看板に殴り書いてあった胡散臭い文句は普段なら一切反応しないであろう私の頭にがつん、ときた。 なんでも、か。できなくて元 〈続きを読む〉