お題:反逆の事故 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:328字

悲しい反逆
今日、国民に苦を強いる王を倒すはずだった。
剣を、弓を、武器を持つ手が震える。
ある者は泣き出し崩れ落ちる。ある者は怒り、壁を何度も殴った。
玉座にあったモノは大きな大きなコンピュータだった。
圧政者はこれの作り出した幻で実在していなかったのだ。
部屋の奥へと続くケーブルを引っ張りながら辿る。埃の被った圧政者の生命線は重い。
当然ながら何もない。これを引けば反逆は終わり、苦しかった圧政が幕を閉じる。
これまでたくさんの人を殺した。
たくさんの仲間も殺された。
全てこの機械の手のひらの上で踊らされていたことに虚しさを覚える。
これまでやってきたことは無駄だったのだろうか。わからない。何もわからなくなってしまった。
私は思いきりケーブルを引き抜いた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
犬の首輪 ※未完
作者:匿名さん お題:反逆の事故 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:1169字
はん‐ぎゃく 【反逆/×叛逆】 [名](スル)権威・権力などにさからうこと。「―の徒」「社会に―する」じ‐こ 【事故】 1 思いがけず生じた悪い出来事。物事の正 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

ときつの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:反逆の事故 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:328字
今日、国民に苦を強いる王を倒すはずだった。剣を、弓を、武器を持つ手が震える。ある者は泣き出し崩れ落ちる。ある者は怒り、壁を何度も殴った。玉座にあったモノは大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:複雑な豪雨 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:402字
雨は嫌いだ。濡れるしまとわりつくし湿気で髪の毛がくるくるになるし。午後の授業辺りから空がどんより黒くなっていたからまさか、とは思っていたけども。雨、と言うよりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:いわゆる闇 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:493字
人の生業には決して覗いてはならいものがある。どれだけそれが知りたくても、みてしまったら最後、自滅してしまう。さしずめ、パンドラの箱だ。 例えば、僕の隣の席の彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときつ お題:熱いロボット 制限時間:15分 読者:205 人 文字数:502字
私にはたった一人の友達がいる。 彼は設定された言葉しか喋れないし、柔らかさなんて持ち合わせていない。だけど、誰にも相手をされない私と唯一遊んでくれる彼を私は大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真夏の思い出 ※未完
作者:ときつ お題:8月の何でも屋 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:583字
「お金さえあればなんでもします。」 古びた看板に殴り書いてあった胡散臭い文句は普段なら一切反応しないであろう私の頭にがつん、ときた。 なんでも、か。できなくて元 〈続きを読む〉