ユーザーアイコンmee
お題:緩やかな模倣犯 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1577字

入眠 ※未完

 夢が始まった瞬間に、これが悪夢であることはすぐに分かった。あなたの姿があったので。

 *

 おぼろげな霧の向こうに一人ぶんの影が淀んでいる。川べりにたまったそれは、それほどよい見た目をしていない。わたしは小さく首を振って、ため息をひとつこぼし、やれやれと一人ごちてみせた。本当は呆れてなんていないし、ため息をつきたくなるほどの感傷も持ち合わせていない。でも、むかしはそれらを知っていた。だからわたしは「こういうとき」には人は溜息をつきたくなるものだと、感覚ではなく経験で知っている。
 空しいような、しかし何もないような。
 不思議な感覚だった。

 空白。

 こころのなかにそれが生まれたのがいつだったのか、わたしは覚えていない。
 雛がエサを丸呑みするように周囲の人間の言葉を信じるなら、約三年ほど前から。
 始まりのころは、これほど酷くはなかったように思う。ただ、いつもなら楽しめるはずの音楽にたいし、なんとなく心が動かなくなった。普段なら面白いと思えそうな本を、読み進めるのがつらくなった。
 とはいえ、それは悲しみではなかったし、一時的な不調だろうと、わたしは楽観的に受け止めていた。というよりも、いまも楽観的であり続けている。
 たとえるならそれは、嵐の前にほんのすこしだけ海が静かになるのに似ていて、遠くから潮騒がするのに、鳥の姿はなく、ヤドカリたちも消えうせていて、砂浜のうえには人っ子一人いない。
 胸を魔剣で刺されるような痛みでも、体中が光子になって吹き飛んでしまいそうな圧力でもない、ただ、しずかな退屈としずまる波の単調さが、わたしのなにかを殺していた。いまではもう、わたしにこころがあるなんて、口が裂けても言えたものじゃない。
 あなたの姿を認めて、わたしはもういちどため息をつく。もしもあなたに耳があったら、わたしの溜息をすぐに見つけて、きっと嫌そうに笑っただろう。そうすればひょっとするとわたしの心ってやつも多少は息を吹き返して、あなたに笑いかけたかもしれないのだ。なんて。
 ありえないことを楽しくおしゃべりしている場合じゃない。
 わたしはあなたに向かって一歩、一歩と、タッタ歩いてゆく。あなたは顔をあげる。わたしのことを知らなさそうな顔をしている。あなたはだれ、とでも聞かれたら、わたしも多少は傷つくだろうと考える。わたしはあなたを見ている。見ている――。
「きみは」
 だれ、と聞かれるまえにわたしは、
「――だよ」
 と答えた。
 あなたに名前を聞かれる女になりたくないというのが、わざわざ急いで口を挟んだいちばんの理由だった。
 ときたまに会いたい男というのがいるとして、恋愛関係ではないのだけれど、でもたまには顔を見ておきたい男がいるとして、かれに連絡をとるときに、わたしたちはひょっとすると忘れられていやしないかと、すこしだけ心配をする。その心配をよそに、あいてから嬉しそうな連絡が帰ってきたときにも、あるいは、誰だっけと言いたげないっそ丁寧で礼節ある返事がきたときにも、どちらもわたしにはつらい。
 ひとつでも、あなたとの関係のあいだで再利用できるものがあればいいと望んでいる。でも、それをわたしはいまのところ見つけられていなくて、あなたが見つけてくれる気配もいまのところない。なんとも味気ないものだ、と思う。わたしはあなたの姿を見ている。空白を抱えながら。
 そしてこの場所が夢だったことをわたしは思い出す。
 夢だから、つまり空は飛べるし、あなたと会話もできる。ひょっとしたらここにいるあなたはわたしの想像のなかのあなただから、わたしに酷いことを言わないのかもしれないし、あるいはあなたを観測することで、わたしが望むあなたというやつを知ることができるかもしれない。人は誰しも、自分にとって希ど
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

meeの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:mee お題:日本式のフォロワー 必須要素:力士 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:3705字 評価:0人
僕は自分で、自分の心臓を動かせない。 ☆が光る、♡が笑う。 どなたもご存じの通り、感情は生き物だ。しあわせでわがままで、蛇のように自由。 リツイートの報せが届 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:黄色い銀行 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1781字
たったひとつ、たったひとつだけでも、握りしめて離せない愛すべき思い出があればそれでいい、それだけでいい。そんなの、映画だって、小説だって、人生だって、ひとつの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:苦し紛れのハゲ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1590字
荒野。真白に続く大地の中央にぽっかりと開いた口のような穴の奥から、こぽり、と泡が生まれている。順繰りに浮上してくる白片のうち、気に入ったものだけを拾い上げて完 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1878字
「うしなわれてしまった自分の”ギフト”について考えるのって、どんな気持ちなんですか?」 言ってしまってから、しまった、とおもった。でもこの世界のたいていのストレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:意外!それは雲 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1683字
「君とはじめて会ったのって二歳頃だっけ」 と、ボブカットにしたばかりのきみが言う。腕のなかにはきみそっくりの赤子がよだれで唇濡らしている。それをふき取ってやるき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
さびしさ ※未完
作者:mee お題:マンネリな爆発 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1406字
感情のなかでもっとも忘れがたいのは恋かもしれないけれど、いちばん簡単に手放してしまえるのは寂しさだとおもう。 恋。愛。楽しさ、切なさ。嫉妬の心、怒りの気持ち、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪と時刻 ※未完
作者:mee お題:奇妙な雪 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1060字
目をつぶっているだけのほうが、幸せだよ。ほんとうは暗闇のなかで死んだようにしているのがいちばんいい。――それが本当だっていうのなら、どうしてわざわざ生まれてき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
手記 ※未完
作者:mee お題:箱の中のところてん 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1112字
きみの諦観も信念も愛情もまっすぐさも、すべてがまともに生まれ変わるといいとおもうよ。ほんとうに心のそこから、これだけは純真に、そう思っている。___ひとつの手記 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:人妻の花 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:965字
水面に月が揺らめき、潮の香りをふくんだ空気が鼻腔いっぱいに広がる。波音が一定のリズムを持って鳴っている。まるでなにかの楽器のようだと感じて、そういえばこの音を音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くりかえし ※未完
作者:mee お題:美しい味 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1365字
空が思ったよりもまっしろで驚いた。帰り道はどこか橙色の記憶を持っていて、青白い夕暮れとのコントラストで実際よりもずいぶん綺麗に思い出せる。記憶のなかに入り込める 〈続きを読む〉