ユーザーアイコンmee
お題:緩やかな模倣犯 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1577字

入眠 ※未完

 夢が始まった瞬間に、これが悪夢であることはすぐに分かった。あなたの姿があったので。

 *

 おぼろげな霧の向こうに一人ぶんの影が淀んでいる。川べりにたまったそれは、それほどよい見た目をしていない。わたしは小さく首を振って、ため息をひとつこぼし、やれやれと一人ごちてみせた。本当は呆れてなんていないし、ため息をつきたくなるほどの感傷も持ち合わせていない。でも、むかしはそれらを知っていた。だからわたしは「こういうとき」には人は溜息をつきたくなるものだと、感覚ではなく経験で知っている。
 空しいような、しかし何もないような。
 不思議な感覚だった。

 空白。

 こころのなかにそれが生まれたのがいつだったのか、わたしは覚えていない。
 雛がエサを丸呑みするように周囲の人間の言葉を信じるなら、約三年ほど前から。
 始まりのころは、これほど酷くはなかったように思う。ただ、いつもなら楽しめるはずの音楽にたいし、なんとなく心が動かなくなった。普段なら面白いと思えそうな本を、読み進めるのがつらくなった。
 とはいえ、それは悲しみではなかったし、一時的な不調だろうと、わたしは楽観的に受け止めていた。というよりも、いまも楽観的であり続けている。
 たとえるならそれは、嵐の前にほんのすこしだけ海が静かになるのに似ていて、遠くから潮騒がするのに、鳥の姿はなく、ヤドカリたちも消えうせていて、砂浜のうえには人っ子一人いない。
 胸を魔剣で刺されるような痛みでも、体中が光子になって吹き飛んでしまいそうな圧力でもない、ただ、しずかな退屈としずまる波の単調さが、わたしのなにかを殺していた。いまではもう、わたしにこころがあるなんて、口が裂けても言えたものじゃない。
 あなたの姿を認めて、わたしはもういちどため息をつく。もしもあなたに耳があったら、わたしの溜息をすぐに見つけて、きっと嫌そうに笑っただろう。そうすればひょっとするとわたしの心ってやつも多少は息を吹き返して、あなたに笑いかけたかもしれないのだ。なんて。
 ありえないことを楽しくおしゃべりしている場合じゃない。
 わたしはあなたに向かって一歩、一歩と、タッタ歩いてゆく。あなたは顔をあげる。わたしのことを知らなさそうな顔をしている。あなたはだれ、とでも聞かれたら、わたしも多少は傷つくだろうと考える。わたしはあなたを見ている。見ている――。
「きみは」
 だれ、と聞かれるまえにわたしは、
「――だよ」
 と答えた。
 あなたに名前を聞かれる女になりたくないというのが、わざわざ急いで口を挟んだいちばんの理由だった。
 ときたまに会いたい男というのがいるとして、恋愛関係ではないのだけれど、でもたまには顔を見ておきたい男がいるとして、かれに連絡をとるときに、わたしたちはひょっとすると忘れられていやしないかと、すこしだけ心配をする。その心配をよそに、あいてから嬉しそうな連絡が帰ってきたときにも、あるいは、誰だっけと言いたげないっそ丁寧で礼節ある返事がきたときにも、どちらもわたしにはつらい。
 ひとつでも、あなたとの関係のあいだで再利用できるものがあればいいと望んでいる。でも、それをわたしはいまのところ見つけられていなくて、あなたが見つけてくれる気配もいまのところない。なんとも味気ないものだ、と思う。わたしはあなたの姿を見ている。空白を抱えながら。
 そしてこの場所が夢だったことをわたしは思い出す。
 夢だから、つまり空は飛べるし、あなたと会話もできる。ひょっとしたらここにいるあなたはわたしの想像のなかのあなただから、わたしに酷いことを言わないのかもしれないし、あるいはあなたを観測することで、わたしが望むあなたというやつを知ることができるかもしれない。人は誰しも、自分にとって希ど
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mint お題:去年の唇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
埃っぽい棚周りを小型の箒で一通り叩いてから扉を開いた。去年にここを一時離れてからまともに掃除の一つもしてなかったので、古臭いカビの香りが辺りに舞う。咳を一つし、 〈続きを読む〉

meeの即興 小説


ユーザーアイコン
手記 ※未完
作者:mee お題:箱の中のところてん 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1112字
きみの諦観も信念も愛情もまっすぐさも、すべてがまともに生まれ変わるといいとおもうよ。ほんとうに心のそこから、これだけは純真に、そう思っている。___ひとつの手記 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:人妻の花 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:965字
水面に月が揺らめき、潮の香りをふくんだ空気が鼻腔いっぱいに広がる。波音が一定のリズムを持って鳴っている。まるでなにかの楽器のようだと感じて、そういえばこの音を音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くりかえし ※未完
作者:mee お題:美しい味 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1365字
空が思ったよりもまっしろで驚いた。帰り道はどこか橙色の記憶を持っていて、青白い夕暮れとのコントラストで実際よりもずいぶん綺麗に思い出せる。記憶のなかに入り込める 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
鱗と落下 ※未完
作者:mee お題:楽しかった内側 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1258字
転落。おもたいなにかに引っ張られて、ぐんぐんと下へ、あたかもアリスかなにかのように、寓話的な速度、あるいはアニメーション、そしてすべてが転落していく。転落、転落 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
書き初め ※未完
作者:mee お題:僕の嫌いな宇宙 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1586字
まず初めの一文字目を打つまでに、1分を要した。ひとつひとつ、足りないことばかりだ。しかしそれではなにが欠損しているのだろうと考えてみても、答えは出てこない、とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:早い小説合宿 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1237字
いかがかしら。ガラスに反射したじぶんの顔がそう言うから、微笑みを返した。ガラスのなかのわたしも愛想笑いをうかべてうれしそうにしている。わたしは彼女を置き去りに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:どす黒い列車 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1191字
むかしから恋の話をするのが苦手だった。ひょっとすると呪いがかかっているんじゃないだろうか、と思うぐらいに。♢黒い列車がやってきて、ついにわたしはすうと息を吸い、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コフレ ※未完
作者:mee お題:暗黒のうどん 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1822字
冬はコフレの季節だから、あなたのことがすき。 たいしたこともないものが好き。それはたぶん、大抵のものが「たいしたことない」からで、わたしはいつだってその他大勢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
mement/mori 2 ※未完
作者:mee お題:求めていたのは家 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1223字
”その他”に分類されうるものが好きだ。 * 油彩画。水彩画。彫刻。エッチング。リトグラフ。彫刻。小説。詩。劇作。――”その他”。 古典主義。写実主義。印象派。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
入眠 ※未完
作者:mee お題:緩やかな模倣犯 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1577字
夢が始まった瞬間に、これが悪夢であることはすぐに分かった。あなたの姿があったので。 * おぼろげな霧の向こうに一人ぶんの影が淀んでいる。川べりにたまったそれは 〈続きを読む〉