ユーザーアイコンmee
お題:緩やかな模倣犯 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1577字

入眠 ※未完

 夢が始まった瞬間に、これが悪夢であることはすぐに分かった。あなたの姿があったので。

 *

 おぼろげな霧の向こうに一人ぶんの影が淀んでいる。川べりにたまったそれは、それほどよい見た目をしていない。わたしは小さく首を振って、ため息をひとつこぼし、やれやれと一人ごちてみせた。本当は呆れてなんていないし、ため息をつきたくなるほどの感傷も持ち合わせていない。でも、むかしはそれらを知っていた。だからわたしは「こういうとき」には人は溜息をつきたくなるものだと、感覚ではなく経験で知っている。
 空しいような、しかし何もないような。
 不思議な感覚だった。

 空白。

 こころのなかにそれが生まれたのがいつだったのか、わたしは覚えていない。
 雛がエサを丸呑みするように周囲の人間の言葉を信じるなら、約三年ほど前から。
 始まりのころは、これほど酷くはなかったように思う。ただ、いつもなら楽しめるはずの音楽にたいし、なんとなく心が動かなくなった。普段なら面白いと思えそうな本を、読み進めるのがつらくなった。
 とはいえ、それは悲しみではなかったし、一時的な不調だろうと、わたしは楽観的に受け止めていた。というよりも、いまも楽観的であり続けている。
 たとえるならそれは、嵐の前にほんのすこしだけ海が静かになるのに似ていて、遠くから潮騒がするのに、鳥の姿はなく、ヤドカリたちも消えうせていて、砂浜のうえには人っ子一人いない。
 胸を魔剣で刺されるような痛みでも、体中が光子になって吹き飛んでしまいそうな圧力でもない、ただ、しずかな退屈としずまる波の単調さが、わたしのなにかを殺していた。いまではもう、わたしにこころがあるなんて、口が裂けても言えたものじゃない。
 あなたの姿を認めて、わたしはもういちどため息をつく。もしもあなたに耳があったら、わたしの溜息をすぐに見つけて、きっと嫌そうに笑っただろう。そうすればひょっとするとわたしの心ってやつも多少は息を吹き返して、あなたに笑いかけたかもしれないのだ。なんて。
 ありえないことを楽しくおしゃべりしている場合じゃない。
 わたしはあなたに向かって一歩、一歩と、タッタ歩いてゆく。あなたは顔をあげる。わたしのことを知らなさそうな顔をしている。あなたはだれ、とでも聞かれたら、わたしも多少は傷つくだろうと考える。わたしはあなたを見ている。見ている――。
「きみは」
 だれ、と聞かれるまえにわたしは、
「――だよ」
 と答えた。
 あなたに名前を聞かれる女になりたくないというのが、わざわざ急いで口を挟んだいちばんの理由だった。
 ときたまに会いたい男というのがいるとして、恋愛関係ではないのだけれど、でもたまには顔を見ておきたい男がいるとして、かれに連絡をとるときに、わたしたちはひょっとすると忘れられていやしないかと、すこしだけ心配をする。その心配をよそに、あいてから嬉しそうな連絡が帰ってきたときにも、あるいは、誰だっけと言いたげないっそ丁寧で礼節ある返事がきたときにも、どちらもわたしにはつらい。
 ひとつでも、あなたとの関係のあいだで再利用できるものがあればいいと望んでいる。でも、それをわたしはいまのところ見つけられていなくて、あなたが見つけてくれる気配もいまのところない。なんとも味気ないものだ、と思う。わたしはあなたの姿を見ている。空白を抱えながら。
 そしてこの場所が夢だったことをわたしは思い出す。
 夢だから、つまり空は飛べるし、あなたと会話もできる。ひょっとしたらここにいるあなたはわたしの想像のなかのあなただから、わたしに酷いことを言わないのかもしれないし、あるいはあなたを観測することで、わたしが望むあなたというやつを知ることができるかもしれない。人は誰しも、自分にとって希ど
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と逃亡犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:224字
僕は逃亡犯のニュースを見て、大変だなあとしかおもってなかった。しかし、ある出来事で僕は変わった。その逃亡犯を見かけてしまったのだ。今すぐ警察に通報しようとおもっ 〈続きを読む〉

meeの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:mee お題:早い小説合宿 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1237字
いかがかしら。ガラスに反射したじぶんの顔がそう言うから、微笑みを返した。ガラスのなかのわたしも愛想笑いをうかべてうれしそうにしている。わたしは彼女を置き去りに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:どす黒い列車 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1191字
むかしから恋の話をするのが苦手だった。ひょっとすると呪いがかかっているんじゃないだろうか、と思うぐらいに。♢黒い列車がやってきて、ついにわたしはすうと息を吸い、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コフレ ※未完
作者:mee お題:暗黒のうどん 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1822字
冬はコフレの季節だから、あなたのことがすき。 たいしたこともないものが好き。それはたぶん、大抵のものが「たいしたことない」からで、わたしはいつだってその他大勢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
mement/mori 2 ※未完
作者:mee お題:求めていたのは家 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1223字
”その他”に分類されうるものが好きだ。 * 油彩画。水彩画。彫刻。エッチング。リトグラフ。彫刻。小説。詩。劇作。――”その他”。 古典主義。写実主義。印象派。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
入眠 ※未完
作者:mee お題:緩やかな模倣犯 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1577字
夢が始まった瞬間に、これが悪夢であることはすぐに分かった。あなたの姿があったので。 * おぼろげな霧の向こうに一人ぶんの影が淀んでいる。川べりにたまったそれは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:天国の電車 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1105字
そもそもわたしは電車というものの存在を、十三になるまでよく知らなかった。 もちろんアニメや映画なんかで見たことはあったし、電車と道路とが交差する部分には踏み切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
プロローグ ※未完
作者:mee お題:つまらない悪役 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:797字
たとえこのまま何もかもが始まらないとしても、それでもいいのかもしれない。* 簡単な仕事だった。おれは足元に落ちていた吸殻を潰した。雨の香りがぐんねりとたちのぼ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:殺された男祭り! 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:1251字
ここから泥をぶちこんでも汚濁レベルはまったく変わらないんじゃないか。 と、思うほどに汚れ切った部屋にストラ・マルデミアは土足で立ち入った。皮靴に付着する汚泥も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒の答案 ※未完
作者:mee お題:昼間の唇 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1278字
開始、の合図と同時にわたしは答案用紙をひっくりかえして、問題用紙には一瞥もくれず、枠線透ける裏紙にまっくろの太陽を描いて、そのまま提出する女生徒になりたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
植木と旗 ※未完
作者:mee お題:嘘の水 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:1461字
水をやらなくちゃいけない、と、エアーズロックのミニチュアみたいにヒビ割れてしまった土を見て思った。 *「水?」 梨花の声。うるさいよ、って言いたいけどそんなこ 〈続きを読む〉