お題:彼女と食卓 必須要素:人間使用不可 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:522字
[削除]

水槽純虚構
僕らの空に、星が降り注いだ。
決まった時間にはじまるそれを僕は食事と呼び、ともに醜く貪るのだった。

くちびるを開き、大して長くもないであろう生命を目的もないまま、この星屑でつなぎとめている。
小さな四角を満たす水のぬるさと、平べったい浮遊の毎日に温度と立体を与えた出来事。彼女がこの牢に落とされたことだ。

満天にはほど遠いものの降る星々は増え、
何しろ彼女と閉じ込められたことだけが僕にとっては真であり
水をひれで切る感覚、天を仰いだ目に膨張する光、星を食べる行為、色のないスパイラルがたちまち青色に姿を変えたのも、出来事による大きな変化だった。


今日も僕らに星が降り注ぐ。
空に広がる小さな粒。彼女の赤い澄んだうろこ。あぶくと合わさりそれはそれは儚げだった。

僕らはみんな纏めて“金魚”と呼ばれているんだと、波紋を通して聞いたことがある。
僕にとって彼女はこの子だけなのに。

僕は半分も食べず、箱の底へからだをしずめた。
彼女の小ぶりな口元がせわしなく動いているのが見える。
いまは、彼女の生命がわずかでもつなぎとめられることだけが、僕の生命の使い道であり理由だ。
僕は黒いひれを小さく動かし、彼女の周りをぐるりと旋回した。


この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:11011式 お題:彼女と食卓 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:701字
確かに俺は今まで数多くの女と一夜を共にしてきた。その関係はたった数時間のものであり、朝が来れば自然と解消される類いのものであった。 今回もそのはずだった。彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美人になりたいはづき お題:平和と狂気 必須要素:人間使用不可 制限時間:1時間 読者:125 人 文字数:2387字
たとえば、たとえばこの世に私たちがいなかったとき、その世の中はどうなるんだろうとダアリヤは思う。花がなければ、人間の生活はどうなるんだろう。あたたかな日差しを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:4x0 お題:明日の娼婦 必須要素:人間使用不可 制限時間:1時間 読者:390 人 文字数:1200字
江戸の町でまことしやかにささやかれているのは、人ならざるものしか出入りすることのできない遊郭がある――という噂である。「一つ目小僧がろくろ首を買うってか。笑わせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:鈍い車 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:441字
『年々増え続ける交通事故。加速する高齢化に伴い、事故件数と被害者数は、うなぎのぼりとなっています。中でも昨年、自治体別死亡事故全国一となった福岡県K市では、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:syromid お題:オチは悪魔 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:573字
「あ、それね、人間使用不可なんですよう」女がいきなり話しかけてきた。ここは歓楽街の路上である。なんだこいつ?ラリってんのか?茶髪にさらさらのストレートヘア。小柄 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ファンミ@G+難民 お題:うるさいぺろぺろ 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:707字
ぺろぺろとは怪物の名前である。その名の通り、ただひたすらぺろぺろし続ける生き物である。いや、生き物と言ってしまうのは少し問題か。彼らは生殖もしなければ、食事も排 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もうんたいん「YSI」 お題:今日のゲストは大学 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:465字
「はい、今日は会議をしたいと思います」高校がそう言い始める。「会議って言っても俺たちじゃ施設をどうにかすることもできないし、会議する意味あるか?」「小学校に同意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日向白猫@物書き お題:青い秀才 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:622字
植物は学習する、と古い言葉で書かれた石版があった。蔦が表面を覆い、そこ以外の文字は風化し、読むことはできない。蔦は猛烈な速さで石版を覆い尽くし、燦々と照る日光か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青木零と宮島治子 お題:許されざる孤独 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:408字
マンホールの底に子猫が一匹落ちた。親猫とその兄弟が、狼狽えている。落ちた子猫は足をくじいて、みゃあ、とか細い声を上げていた。マンホールの底には水たまりがあり、お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青木零と宮島治子 お題:彼女が愛した時計 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:394字
いつもそこに、その時計はありました。朝家を出る時。ご飯を食べる時。パッと顔をあげると、その時計は必ず目に入るよう設置されていました。ここで家族が穏やかに過ごした 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死のコメディ 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:783字
"人を選ぶ商売"っていうのが世の中にはあります。代表的なのはPCメーカーのAppleですね。ググると信者とアンチの終わりのない論争で溢れかえっています。一昔前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:凛とした狼 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:98字
旧約聖書は好きだ、予言ではないけどどこか退廃しているイメージわたしは仮にあの方舟に乗った数少ない証言者だとしたらおどろくかね。まあ偶然乗り合わせたただの老狼で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く始まり 必須要素:コミケ 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:441字
とある日に、はじめてコミケとやらに暇つぶしがてらに寄ってみた。とくに目的もなかったし、現地で仲間がいる訳でもなし早々に帰ろうと思っとったんだけど、輝く始まるって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな終身刑 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:587字
「船長、北に怪しい船があります。」若い船員が私を呼ぶ。私は船員から双眼鏡を受け取り、示された方角を確認した。「旋回する。あの船に近づいてはいけない。」私は直ちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の夜 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:480字
空が茜色に染まっていた。もうすぐ、日が落ちる。 僕は、冷え込みが激しくなってきた季節の空を恨めしく見上げて、マフラーに顔をうずめる。それでも露出した顔が、針に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのあるおっさん 必須要素:抜け毛 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:381字
週に3回、18時からの4時間が私に割り当てられた仕事の時間だ。利用者数の多い都市部駅中のコンビニに暇な時間はない。大勢の他人が各々様々な品物を抱え列をなして私の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
送別会 ※未完
作者:匿名さん お題:生かされた宴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:410字
俺の送別会が昨晩、駅前の居酒屋で開催された。来週からは、全く土地勘のない地方で、全く経験のない仕事をすることになっている。今回の人事異動は完全に左遷人事だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な多数派 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:611字
「また、会えるよね?」 1人の少女は悲しいそうな表情で問いかける。「うん。サマーバケーションとか長い休みの日だけになるけどね」 腹をくくった様な表情でもう1人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:純粋な電車 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:772字
昔のことで、記憶が朧気だけれどたしか夢でみたんだ。あれはたしかこんな話だったとおもう。夢のなかでは割と普通に忌みきらわれている電車があって、それはただただ絶望し 〈続きを読む〉