お題:トカゲのブランド品 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:615字
[削除]




今日は舞踏会の日。僕達には縁のない話だけど、衣装について少し揉めている

「今日は、派手な緑の尻尾を付けるべきだ!!」

長男はいつも尻尾を誇示している。曰く、尻尾がある男はモテるらしい。

「兄さんは何を言ってるの?真に大切なのは清潔感だ。こういう時こそ立派な緑のネクタイをつけるべきだ。」

次男はこう言う。男は清潔感のあるネクタイこそが紳士の嗜みだと。

そんな、揉めている二人を尻目に、僕も衣装に悩んでいた。こういう時は、二人を参考にするべきなのかもしれない。

「兄ちゃん!僕も二人みたいに立派な尻尾とネクタイを付けるよ!」

すると、兄達はこちらを振り向く。その表情からは焦りが見られるが何を困っているのだろう?

「おい!!おまえが俺達のような立派なトカゲになれるわけないだろ!!」

「そうだ!それに、兄よりも立派になりたいなんて生意気だそ!!」

焦りの表情から一転。眉間にシワを寄せ、必死にこちらを止めようとしてきた。

「そんな!!僕を除け者にしないでよ!こうなったら絶対立派な尻尾とネクタイを付けてやる!」


――そんなこんなで舞踏会――

いつも定期的に行われる舞踏会。しかし、いつもと違う光景が広がっていた。
立派な尻尾を靡かせ、これまた立派なネクタイをした青年のようなトカゲがいたのだ。

「あぁ!なんと素敵なお方!!是非、結婚を……」

すると、青年はこう答えた。

「え、僕。女だよ?」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:トカゲのブランド品 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:988字
久々に実家に帰ってみると、友達が皆、トカゲのブランド品を身につけていた。トカゲのブランド品といっても、トカゲの革素材とかそういうものではない。トカゲの絵がワッペ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:1039字
その装備が世に出回った時、リザードマン界に戦慄が走った。 冒険者向け防具最大手の「アイオロス・ワークス・ギルド」の発売した新型レザーアーマー、その名も「アクア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:JP(入江純平) お題:鳥の弔い 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:277字
木村は変わった人間だ。見た目だけを考えていえば、同年代の男に比べて少し細めなだけで特段特筆すべき部分があるわけではない。しかし、彼と話したことのある人間ならば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:君と正義 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:872字
「今月末で辞めるから私」ある日の訓練終わり、同じ正義クラブ埼玉支社に通っていた中野さんがそのような事を言って僕はびっくりした。「え?マジで?」中野さんはすでに辞 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かもめ お題:マンネリな雑草 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:486字
今日もまた、雑草を殺していく。また来たのか、と雑草が笑う。我らが高校の野球部コーチは、俗に言われる「鬼コーチ」である。鬼コーチは小さな失敗にも怒号を飛ばし、ペナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:素朴な職業 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:446字
言葉を解する花を造って欲しいといわれた。ロゴスは陽となりますがよろしいですかと尋ねると、かまわないと返事がきた。意思を持つことになりますが、と重ねて念を押すと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:純白の会話 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:671字
ボクの母さんはいわゆる教育ママと呼ばれる人種だ。 幼稚園入学前から問題集とにらめっこし、こと面接練習ともなると目の色を変えて、聞こえのいい言葉を並べては、ボク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かっこいいパソコン 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:995字
東北の夜は思っていたよりも涼しかった。帰省した私は、そのことに結構驚いていた。そしてそのとき、「ああ、私はいつのまにか関東圏の暑さが普通のことだと思っていたんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:これはペンですか?違うわ、それは絵描き 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:215 人 文字数:908字
「はあ!」夏のイベントに間に合うように、早めに同人誌を作れって、そんで早めに入れて前割してもらえって毎年、毎年言っているのに、今年も私は招集された。招集されたと 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな水 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:954字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は”貿易摩擦”です。 ファーウェイのCFOが逮捕されました。報復として、何故かカナダ人が逮捕されましたwww。逮捕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚い男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:436字
「今、幕が上がる。」そう、君が呟いた。次の瞬間、目の前には薄汚い男たちが一斉に中央の塔に向かって走る。わけが分からないまま、その光景を眺める。薄汚い男たちは、汗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な冬 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:311字
世間は大掃除も終えて、後はいよいよ新年を待つだけとなった。しかし、その青年は夜も更けているというのに、未だ何かをやり残したような顔でいる。「もう年が明けちゃうよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した列車 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:482字
俺の彼女だった愛佳は、電車が好きだった。いつも一緒にデートプランを考えていたが、最後は決まって夕方であるこの時間でこの丘を通過する電車を見ることになっていた。俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の深夜 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:412字
この空間は長い静寂に支配さらていた。目の前には顔色一つ変えないあいつがいた。こんなことになったきっかけは些細なことだった。ただ、俺とあいつが所属しているクラスで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい百合 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:159字
私は目の前にある綺麗な白い体を指でそっとなでてみると、体は恥ずかしげに揺れてその反応が可愛くて何回も触れてしまう。風が吹くとその体は求めるようにこちら側へ寄り添 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と会話 必須要素:火星 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:572字
『メーデー、メーデー、聞こえてますか。未来の僕へ。僕は今、うちゅうひこうしをめざしています。いっぱいいっぱいやらないことがあるけれど、夢に向かって頑張ります! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる計画 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1095字
きっかけが何だったのかは覚えていない。 だけど彼女は海の絵を描きだしたし、先生は髪の毛を減らし始めたし、僕はもみあげを伸ばしだした。 僕らのスタートには、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中の百合 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:951字
甘栗色の髪も、真っ白で透き通るような肌も、淡い桃色の唇も。貴女の全てが愛おしい。ずっとずっと触れていたい。貴女を私だけのものにしたい。どこにも行って欲しくない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:反逆の微笑み 必須要素:オリーブオイル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:925字
「ワシらの守るべきものはただひとぉつ!」 眼光するどいジジイが言う。彼は剣豪である。 そしてその剣豪の弟子であるククリは、息を飲みながらジジイの言葉を待った。「 〈続きを読む〉