お題:トカゲのブランド品 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:615字
[削除]




今日は舞踏会の日。僕達には縁のない話だけど、衣装について少し揉めている

「今日は、派手な緑の尻尾を付けるべきだ!!」

長男はいつも尻尾を誇示している。曰く、尻尾がある男はモテるらしい。

「兄さんは何を言ってるの?真に大切なのは清潔感だ。こういう時こそ立派な緑のネクタイをつけるべきだ。」

次男はこう言う。男は清潔感のあるネクタイこそが紳士の嗜みだと。

そんな、揉めている二人を尻目に、僕も衣装に悩んでいた。こういう時は、二人を参考にするべきなのかもしれない。

「兄ちゃん!僕も二人みたいに立派な尻尾とネクタイを付けるよ!」

すると、兄達はこちらを振り向く。その表情からは焦りが見られるが何を困っているのだろう?

「おい!!おまえが俺達のような立派なトカゲになれるわけないだろ!!」

「そうだ!それに、兄よりも立派になりたいなんて生意気だそ!!」

焦りの表情から一転。眉間にシワを寄せ、必死にこちらを止めようとしてきた。

「そんな!!僕を除け者にしないでよ!こうなったら絶対立派な尻尾とネクタイを付けてやる!」


――そんなこんなで舞踏会――

いつも定期的に行われる舞踏会。しかし、いつもと違う光景が広がっていた。
立派な尻尾を靡かせ、これまた立派なネクタイをした青年のようなトカゲがいたのだ。

「あぁ!なんと素敵なお方!!是非、結婚を……」

すると、青年はこう答えた。

「え、僕。女だよ?」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:トカゲのブランド品 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:988字
久々に実家に帰ってみると、友達が皆、トカゲのブランド品を身につけていた。トカゲのブランド品といっても、トカゲの革素材とかそういうものではない。トカゲの絵がワッペ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:1039字
その装備が世に出回った時、リザードマン界に戦慄が走った。 冒険者向け防具最大手の「アイオロス・ワークス・ギルド」の発売した新型レザーアーマー、その名も「アクア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
過去の記憶 ※未完
作者:浅井浩二 お題:見憶えのあるエリート 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:257字
ふと俺がテレビをつけるとちょうどサッカー選手の特集が行われていた。 サッカー……俺には3年前までの記憶がない。その時に俺の教え子を名乗る人物が来て俺がどんな教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:JP(入江純平) お題:鳥の弔い 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:277字
木村は変わった人間だ。見た目だけを考えていえば、同年代の男に比べて少し細めなだけで特段特筆すべき部分があるわけではない。しかし、彼と話したことのある人間ならば、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:君と正義 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:872字
「今月末で辞めるから私」ある日の訓練終わり、同じ正義クラブ埼玉支社に通っていた中野さんがそのような事を言って僕はびっくりした。「え?マジで?」中野さんはすでに辞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かもめ お題:マンネリな雑草 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:486字
今日もまた、雑草を殺していく。また来たのか、と雑草が笑う。我らが高校の野球部コーチは、俗に言われる「鬼コーチ」である。鬼コーチは小さな失敗にも怒号を飛ばし、ペナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:素朴な職業 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:387 人 文字数:446字
言葉を解する花を造って欲しいといわれた。ロゴスは陽となりますがよろしいですかと尋ねると、かまわないと返事がきた。意思を持つことになりますが、と重ねて念を押すと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:純白の会話 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:671字
ボクの母さんはいわゆる教育ママと呼ばれる人種だ。 幼稚園入学前から問題集とにらめっこし、こと面接練習ともなると目の色を変えて、聞こえのいい言葉を並べては、ボク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かっこいいパソコン 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:995字
東北の夜は思っていたよりも涼しかった。帰省した私は、そのことに結構驚いていた。そしてそのとき、「ああ、私はいつのまにか関東圏の暑さが普通のことだと思っていたんだ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の何でも屋 必須要素:一人称 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:510字
大金が手に入った。それもケタがおかしいほどである。なので今は後の人生を大金で過ごしている。幸せかと言われれば、そうは思わないが安全安心なのでプラマイゼロだ。なぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のサーブ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:672字
ポーン、ポーンとボールが跳音が響く。テニスコートにいるのは二人だけだ。それもそうだろう。今は別に部活の時間ではなく昼休みだ。そうでなくとも、こんなセミが割れるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:肌寒い深夜 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:435字
いつも見ている番組を知らせるアラームが鳴る。それは明日が今日となる時間だ。「あぁあ、やっちゃった」 けれど、その日はいつもと違っておうちじゃなくて、何年ぶりか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:希望の沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:224字
人目に付かないだろうと選んだ校舎裏は、下校時刻を過ぎていることもあり、想像より寂しく感じた。これからの事を考えると胸がつっかえうまく息ができない。 これじゃい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい駄作 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:749字
今、地中から顔を出したのはモグラだ。土の中にも三年。このモグラの寿命は三年だったはずだ。ということを僕が知っているのは僕が生物学者であるから、ではなく、僕には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の母 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:288字
母親というものにすごく憧れていた。 私は母子家庭で育ったというのもあり、母は母親役はもちろん、父親役もこなしてくれた。母親はこんなに強いんだなと思ったのはこれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い、と彼は言った 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:454字
どこかで轟音が鳴り響く。「始まったか……」 草むらの陰で作戦遂行の命を待つ男は、悲しげな声でそうつぶやく。 止まらない無線。静まらない荒野。終わらない戦争ーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:明日の列車 必須要素:とんかつ 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:479字
明日は月曜。僕らのかいせん日。僕の家族はいつもよりちょっとだけ早く寝る。明日からのたたかいに備えるのだ。明日の朝、太陽が昇ったら僕らはたたかいの準備をする。お父 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の嫉妬 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:551字
二人が付き合った。その日の夕方に下駄箱で幸せそうな二人に聞いた。告白は親友からだった。相談をよく聞いていたので経緯も、告白の詳細も、何もかも知っていた。報告は二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、発言 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:518字
ある日相談を受けた。後輩の女の子だ。どうやら恋愛相談のようだ。「どうかしたの?」あまり話をしそうになかったのだこちらから聞いてみた。「実は…私付き合っている人 〈続きを読む〉