お題:トカゲのブランド品 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:615字
[削除]




今日は舞踏会の日。僕達には縁のない話だけど、衣装について少し揉めている

「今日は、派手な緑の尻尾を付けるべきだ!!」

長男はいつも尻尾を誇示している。曰く、尻尾がある男はモテるらしい。

「兄さんは何を言ってるの?真に大切なのは清潔感だ。こういう時こそ立派な緑のネクタイをつけるべきだ。」

次男はこう言う。男は清潔感のあるネクタイこそが紳士の嗜みだと。

そんな、揉めている二人を尻目に、僕も衣装に悩んでいた。こういう時は、二人を参考にするべきなのかもしれない。

「兄ちゃん!僕も二人みたいに立派な尻尾とネクタイを付けるよ!」

すると、兄達はこちらを振り向く。その表情からは焦りが見られるが何を困っているのだろう?

「おい!!おまえが俺達のような立派なトカゲになれるわけないだろ!!」

「そうだ!それに、兄よりも立派になりたいなんて生意気だそ!!」

焦りの表情から一転。眉間にシワを寄せ、必死にこちらを止めようとしてきた。

「そんな!!僕を除け者にしないでよ!こうなったら絶対立派な尻尾とネクタイを付けてやる!」


――そんなこんなで舞踏会――

いつも定期的に行われる舞踏会。しかし、いつもと違う光景が広がっていた。
立派な尻尾を靡かせ、これまた立派なネクタイをした青年のようなトカゲがいたのだ。

「あぁ!なんと素敵なお方!!是非、結婚を……」

すると、青年はこう答えた。

「え、僕。女だよ?」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:トカゲのブランド品 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:988字
久々に実家に帰ってみると、友達が皆、トカゲのブランド品を身につけていた。トカゲのブランド品といっても、トカゲの革素材とかそういうものではない。トカゲの絵がワッペ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:1039字
その装備が世に出回った時、リザードマン界に戦慄が走った。 冒険者向け防具最大手の「アイオロス・ワークス・ギルド」の発売した新型レザーアーマー、その名も「アクア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
過去の記憶 ※未完
作者:浅井浩二 お題:見憶えのあるエリート 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:257字
ふと俺がテレビをつけるとちょうどサッカー選手の特集が行われていた。 サッカー……俺には3年前までの記憶がない。その時に俺の教え子を名乗る人物が来て俺がどんな教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:JP(入江純平) お題:鳥の弔い 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:277字
木村は変わった人間だ。見た目だけを考えていえば、同年代の男に比べて少し細めなだけで特段特筆すべき部分があるわけではない。しかし、彼と話したことのある人間ならば、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:君と正義 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:872字
「今月末で辞めるから私」ある日の訓練終わり、同じ正義クラブ埼玉支社に通っていた中野さんがそのような事を言って僕はびっくりした。「え?マジで?」中野さんはすでに辞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かもめ お題:マンネリな雑草 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:486字
今日もまた、雑草を殺していく。また来たのか、と雑草が笑う。我らが高校の野球部コーチは、俗に言われる「鬼コーチ」である。鬼コーチは小さな失敗にも怒号を飛ばし、ペナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:素朴な職業 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:399 人 文字数:446字
言葉を解する花を造って欲しいといわれた。ロゴスは陽となりますがよろしいですかと尋ねると、かまわないと返事がきた。意思を持つことになりますが、と重ねて念を押すと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かっこいいパソコン 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:213 人 文字数:995字
東北の夜は思っていたよりも涼しかった。帰省した私は、そのことに結構驚いていた。そしてそのとき、「ああ、私はいつのまにか関東圏の暑さが普通のことだと思っていたんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:これはペンですか?違うわ、それは絵描き 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:908字
「はあ!」夏のイベントに間に合うように、早めに同人誌を作れって、そんで早めに入れて前割してもらえって毎年、毎年言っているのに、今年も私は招集された。招集されたと 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい虫 必須要素:オリーブオイル 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1483字
猛暑の中スーパーへ行ったのはやはり間違いだったらしい。平日の休みで気分が高揚してしまったのが運の尽きかもしれない。両手に保冷バッグを持ちながら、夏の暑さを凌ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の年賀状 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2228字
僕が配達業を始めて数年経つ頃には、日本から年賀状というものは姿を消していた。 物心ついた時には既に、物流やらサーバー技術やらが急速な発展をしており、仕事用の文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:猫の武器 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:649字
学校からの帰り道、自分が住んでいるマンションのすぐそばの家がネコを飼っている。 そいつは白い毛で包まれて、目が細くてとても可愛らしいやつだ。初めてそいつを見た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の瞳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:966字
呪術師は荒い息をなんとか鎮めようと苦労していた。 深呼吸を繰り返し、咳き込み、そこでようやく足を止めることを自分に許すことにした。 立ち止まると、それまで「歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放流 ※未完
作者:匿名さん お題:でかい大地 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:243字
目の前に広がる果てしない地平。清々しいその光景を見て、紗矢は呟く。「……広すぎ」 そして頭を抱え、その場に踞ってしまった。 どこか束縛されない場所に行きたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文鳥先生! ※未完
作者:匿名さん お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1706字
事実は小説よりも奇なり、とはよく言うが。これは一体全体どうしたことだろう。 「うげえ、つまんなっ。逆にどうしてこんなものが書けるんだ!?」 帰宅した私はかばん 〈続きを読む〉