お題:刹那の部屋 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:317字

刹那の部屋
FBを開けてしばしくつろいでいた
好きだった女性の既婚という文字
お、、、僕は言葉を失った...
自分の知らないとこで今日もまたひとつ変わる
知ったときはもう遅い
その女性にかける言葉は...1つもない
既婚でも会って食事して普通に楽しんでるよ
そんなことを話す友人も過去にいたけれども
僕はいわゆる普通な関係ではないように思う
投稿をみて、モヤモヤとした感情
おそらく今同じ感情を頂いたのは僕だけだろう
しかし全世界的にこういった事態に
行き場の無い気持ちを抱える人は多いにちがいない
この経験を経て、生きるとは何か
何をどう今後にいかしていくのか
嫌でも部屋の中で色々考えさせられる
人生は刹那的な事実の積み重ね
楽しんでいこうぞ
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:いわゆる暴走 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:915字
はじめのうち何が起こったのかわからなかった。ぼくを含めたクラス全員、全員、口をぽかんと開けて状況を見つめているだけだった。とてつもないことが起こっている、という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:打算的な希望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:851字
「これ言ったの、お前だけだから」そう言われて頬を染める私は、きっと愚かで可哀想なんだろう。そして自分を可哀想と思うのは、きっと悲劇のヒロインぶって・・・・・・と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:愛すべきバラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:833字
僕は、ふらりと居酒屋に立ち寄った。 取引相手先からの帰りだ。もう日はとっくに暮れている。 最寄りの駅で電車に乗らなければならないのだが、家に着いたら、シャワー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
断罪 ※未完
作者:えむろ お題:10の処刑人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:522字
誰しもが聖人ではない。あるいは偉大な聖人として多くの群衆から崇められる聖人であっても、多かれ少なかれ罪を犯し、それを心に抱えながら人は生きている。しかし、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
レメ ※未完
作者:サトT お題:団地妻の液体 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:550字
これから突入する。いいか、三秒後だ。 その言葉にそれぞれがうなずく。 さん、にい、いち。 男は扉を突き破り、内部へと侵入を図る。 「ポルマトの自警団だ! 直ち 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:サトT お題:バイオ心 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:535字
それは今朝、突如として起こった。ベッドの上で深い眠りについていた僕は飛び起きた。心臓に激痛が走ったのだった。休日だというのにこんな早朝に起こされるのは不愉快な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
王子様 ※未完
作者:ビビリ お題:暴かれた王子 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:529字
女子高 演劇部の王子 透けるようなきれいな黒髪のショートヘア、切れ長の目もと、健康的なきめの細かい肌、長い手足。桜の花も散りかけの頃、ローファーのかかとを鳴らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:unique お題:猫の衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:518字
懲役700年。 私が言い渡された判決だ。 人間の平均寿命が80年程度だとすると相当なものだ。 どれだけ経ったのだろう――。 静かな牢獄。 ある日を境に受刑者ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見知らぬ夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1271字
「最近暖かくなってきたねえ」「そうだね、もう春だね」 それは何の変哲もない、悪く言えば面白みのない会話だった。「春はいい季節だよねえ。花粉症さえなければ。暖かく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:重い命日 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:667字
命日が憂鬱だ。 ある意味、通夜・葬式の日よりも重いかもしれない。 ただし、その理由は、死者には無かった。 「まだ結婚しとらんのか」 挨拶後の第一声がそれだった 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:未熟な挫折 必須要素:美しい情景描写 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:619字
ヤドカリは遠くを見ていた。目の先には大きな殻があった。そこへたどり着きたいなそう思いながら使い古した殻を背負って海沿いの道路沿いを歩いていた。ビューと強い風が吹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:悲観的な螺旋 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:108字
上を見上げて君を待つひらっひらひらと舞い落ちる羽それはゆっくりと窓から差し込む光を散らしながら下から見上げる私は蟻を待つ蟻地獄のよう待てど来ないけど動けない飛べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:紅茶と壁 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:100字
自宅で匠は考え事していた。すると、なにやらのぞき込む顔が現れた。「なんだ、あの彼女か。」疑問がはれて匠はもやもやが晴れた。そして再び考え事にもどった。不安そうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:うわ・・・私の年収、体験 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:427字
年収をみて哲は生活を考えたどうにかしてお金を増やさなきゃ哲はなぜこのような事態なのかわからなかったこれでは何もできないではないか鬱鬱したので町に出向いたすると皆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:プロの敗北 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:514字
昔昔、ある食料の豊かな山に虎と狼と羊が住んでいました。羊はいつもお腹を空かせていました。というのも食べたいものを他の二匹に取られてしまうからです。そこで羊は、ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:素人の昼下がり 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:122字
ああ道がわからないもうじき夜になるただでさえ迷っているのに夜がさらに迫って辺りは真っ暗になったああ神は私を味方しないそして間も無く青年は逝った彼は素人だったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:清い足 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:238字
がさがさ仕事おわらないよ~おっ!?なんだい助けてあげようか?ありがとう、これお願いばたんまだ仕事をやってたのか助けようか?ありがとう、これお願いねかきかきまわり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:狡猾な湖 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:283字
湖には宝が沈んでいたあるとき勇者が宝をとりに湖にむかったするとそこに看板があったこの湖で帰ってきたものはいない勇者は怖くなり引き返そうとしたが村人になっていいわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:天国のババァ 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:181字
天国のババァは異文化交流が好きだったとにかく自分と違うものを求めていた外国人がいる場所に行っては物足りなさを感じていたのだ「もう天国じゃだめだ、そうだ地獄へ行こ 〈続きを読む〉