お題:暗黒の魔法使い 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1419字

魔法使い戦争
「『闇の魔法使い』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」
「もうタイトルからして嫌な予感しかしないけれど、一応聞くわ」
 大鷺高校文芸部の真倉エミリは、部活動の一環として周辺の幼稚園や認定こども園、図書館などでオリジナルの絵本や紙芝居の読み聞かせを行っている。
 しかし、その内容というのが筆舌尽くしがたい悪意に満ち溢れているため、巷では「暗黒童話」などと呼ばれ、恐れ親しまれている。
 同高校の美術部で、エミリの友人である七條露子は、その絵本や紙芝居の挿絵を担当しているほか、書かれた作品の試し読みも行っていた。
 存在が有害指定図書とも言われる友人の扱いに思うところはあるものの、その「暗黒」ぶりの一端を担っているのが露子自身の挿絵であることは否めない。下手に制限をかけると、エミリが「暗黒童話」によって発散している黒い部分が、別の方向で暴発しかねないとも思う。今でも十分腹黒いし、これ以上となると自分の身が危ないかもしれない。
 そういうわけで、露子はエミリのやることにあまり待ったを掛けないようにしていた。
「で、どういう話? ファンタジー?」
「それは聞いてのお楽しみよ」

 この世には二種類の魔法使いがいます。
 暗黒に染まった闇の魔法使いと、そこまでではない魔法使い……。

「そこまでではない、って何?」
「半端野郎ね」
「辛辣!」

 暗黒に染まった闇の魔法使いは、多くの人に迷惑をかけています。
 それは、そこまで暗黒ではない闇の魔法使いたちにとっては辛いことでした。
 何故なら、暗黒に染まった闇の魔法使いが人に迷惑をかけることで、そこまでではない闇の魔法使いたちも同じように迷惑な存在だと思われるからです。

「ややこしいわ! 光の魔法使いとかにしたらいいじゃん」
「いいえ、どっちも闇の魔法使いでないと意味がないの」

 闇の魔法使いは、魔法使いをこじらせすぎています。
 だから、満員電車で露骨に女の人のにおいをかいだりします。
 そこまでではない闇の魔法使いたちも、魔法使いをこじらせているので、こっそり女の人のにおいをかいだりもしますが、それはあくまで自然な形を装っています。
 しかし、闇の魔法使いたちが露骨に鼻をふがふがさせるので、いつの間にか「女の人のにおいをかぐ」も痴漢の一種となってしまいました……。

「はい待っておかしい」
「出たわね」
 あまり待ったを掛けないようにしているが、それは心がけの話であり、結局待ったを掛けてしまうのが、七條露子という人間であった。
「魔法使いこじらせるって何? てか満員電車て……。魔法どこ行ったの?」
「ちょっと言ってる意味がわからない」
「いや、明確でしょうが!」
 首を横に振るエミリに、露子は声を荒げた。
「魔法使いって何よ? これって、現代が舞台なの?」
「どこのファンタジーに満員電車が出てくるの?」
「だったら、どこの現代劇に魔法使いが……」
 いや結構出てくるか、と露子は言葉を引っ込めた。
「もしかして、この魔法使いって、童貞ってこと?」
「あら、やっと気づいたの?」
 30歳を過ぎて童貞だと魔法が使えるようになる、という俗説があったのを露子は思い出した。
「え、で、これにおいかぐのが痴漢で、どう進めるわけ?」
「基本的に、魔法使いは女性に触れないものよ。だから、においをかいでいたのに、って魔法使い間で抗争が起きるのよ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺と帝王 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1144字
そいつはディフォルメされたコウモリのような見た目をしていた。身長は50センチ程か、キャラクターグッズとして発売されていたら、女子中学生が目を輝かせて「かわいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢いガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1043字
「これ見てくれよ……」 サワダはそう言って自分の右手の甲を指し示す。毛だらけの手の甲には、ぽつぽつと何か針で突かれたような傷跡がいくつもあった。「どうしたんだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:未来の信仰 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1082字
「未来の世界ではすべての宗教は消滅しているだろう」 とある学者が発表したこの言説は、消滅を言い渡された宗教界から激しい反発を受けることになる。「そういうところが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦いぬるぬる 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1256字
男の子の出す白いアレを、わたしは飲んでみたいと思っていた。 その話をすると、訳知り顔でユリはこう言った。「あんなの美味しいもんじゃないわよ。苦くてさ、蕁麻疹も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命の家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1165字
「わたし、家事がトクイなんですよねー」 彼女はにこやかにそう言った。 なるほど、それは褒められるべき能力なのだろう。しかし、それをアピールする場面は今ではない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:メジャーな本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1377字
「この本はとてもメジャーな本なんですよ」 そう言って後輩が持ってきた本は、聞いたことのないタイトルだった。「『星屑の物語』……。作者は、……誰?」「知らないんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:きちんとした星 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1143字
「先生、きちんとした星が描きたいんだけど……」 自由帳を持ってそんなことを言ってきたのは、この1年2組の中でも物静かな外村くんだった。この子が自分から話しかけて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える宇宙 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1213字
アリサは三好くんのことが好きらしい。 よりにもよって三好くんかよ、と思わなくもないわたしは、とりあえず理由を聞いてみた。「顔。あと、背が高い。運動神経もいいし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉