お題:夜と太陽 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:726字

透過体質
変死体の報を受けて、
私は日の出とともに現場へと向かった。


到着するやいなや、被害者の様子を確認する。

「こりゃぁ、ひどい」

横たわった男性の全身を覆うやけど。
それが被害者の死因なのは明らかだった。

「しかし、どういう事だ?」

被害者は着衣のまま、全身に火傷を追っているのだ。

「誰かが被害者を殺害した後、着火、消えた所に服を着せたのか?」

私は鑑識に所見を伺う。

「やけど以外に外傷はありません。
もし、この状態で服を着せ替えようものなら、皮膚がただれ落ちると思われます。
しかし、そういった物は見当たりません。」

「となると、考えられるのは……」


「服を来たままの全身やけどです。」

そうなると、気になるのはその手段だ。

「一体どうやってそんな事を……。」


「蒸気のようなものの可能性もありますが、
その場合は着衣に何らかの痕跡が残るでしょう。
死後1時間ほどしか経過していないと見られますので、
完全に蒸発したりする事もないはずです。」


「ううむ、手詰まりか……。」

その時、別の鑑識が何かを持って現れた。

「こちら、被害者の遺留品です。」

そう言って渡されたのは一冊のメモ帳だった。

「気になることが書いてはありますが、
これが役に立つかはわかりません。」

私はそのメモ帳を開いてみると、ほぼ白紙状態のメモ帳に一言だけ何かが書かれていた。

『太陽が沈まない。遮ることができない。』


私は脳裏に浮かんだ奇天烈な推理を打ち消すように
思わず声を荒げた。

「何だこりゃ、くだらん。」


そんな事はありえない。あるはずがない。
被害者が、太陽光の遮蔽物の影響を全く受けない特異体質でもない限り。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけ小説家たち 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1255字
「……ということで、小説家の休日の特集記事を掲載しようと思いまして、是非先生の休日に密着取材させてもらいたいわけなんです」 新進のウェブメディア「お前有名人じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:綺麗な監禁 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1040字
どうして扉の外側から鍵がかかっているのか。一体どういう仕組みなのか。どういう意図でこんな扉を作ったのか。そんなことを考えつつも、別に不自由なさそうだからおとな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:難しい雑草 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1015字
無意味に生きることすら許されてはいない。死んだように生きている。だけれども、やはり死んでいるのだから、もう死ぬことすらすらできない。望んで起きたことなのか、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:哀れな微笑み 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
夏休みのキャンプ地で写真を拾った。不法放棄ゴミの中にあったものらしい。おそらく接近した台風のせいで飛ばされてきて、うちの車のフロントガラスに張り付いたのだ。半分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真夏の朝の夢 ※未完
作者:イグモ@小説 お題:絵描きのお嬢様 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:304字
あの人に出会ったあの夏の一日を、私は今も昨日のことのように思い出すことが出来ます。夏休み三日目の早朝、いつものランニングコースにも飽きてきた私は、町はずれの小高 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:苦しみのピアニスト 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:792字
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!」 飛行機の中で、そんな場面に遭遇するとは思いもしなかった。 私は多少なりとも医学の知識を持っていたが、医者ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:失敗の宿命 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1234字
受験に失敗した僕は裏取引に応じるしかなかった。 叔父は今まで積極的に接触したことはなかったけれど、きっと大丈夫。「こんにちわ」 インターホンを鳴らすと年老いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:彼女の嵐 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:848字
「ブッチャーが入場してきそうなこった!」「意味わかんないよその例え!」 どこの世界にも悪意や呪いというのは変わらないというわけだろうか。どうしてこんな馬鹿げた存 〈続きを読む〉

歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエの即興 小説


ユーザーアイコン
タケル ※未完
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:愛すべき門 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:590字
「いってきまーす。」「ちょっと、香住!朝ごはん食べたの?」「時間が無いからいいー!」母親の声を背中に、私は玄関の扉を開けた。「うう、寒いッ……。」昨日の天気予報 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:空前絶後の船 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:541字
「ここを、こうやって、こうすると……ほら!」小さな手を器用に使って笹の葉を折る女の子。そうして出来上がったのは可愛らしい笹舟だった。「はい、どうぞ。」そう言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:でかい即興小説 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:659字
これまでに私が見た即興小説というのは、推敲ほぼしていないものばかりなので、やはりどうあがいてもスケールの小ささが目につく。加えて、限られた時間内で書き上げられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
HoneyRain ※未完
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:奇妙な霧雨 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:596字
「もう売り切れだって?」近所のコンビニを訪れた私は素っ頓狂な声を上げてしまった。本日発売のコンビニ限定フレーバー。『蒲焼のタレ』コーラ。蒲焼のタレとコーラの味は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:宗教上の理由で俺 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:666字
「いったい誰だ、楊枝を無駄遣いしたやつは!?」学食のテーブルの上に散乱した無数の楊枝。どれもが真ん中でポッキリと折られている。これでは奥歯に詰まった何かを取るこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:楽しい曲 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:412字
私は集中したい時には必ず聞く曲がある。その曲はいわゆる「マーチ」と呼ばれる分類だ。某チョコレート菓子にも使われる、この「マーチ」。「マーチ」は楽しい曲の代名詞と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
他律的空腹 ※未完
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:昼の超能力 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:548字
「馬鹿なっ……。まだ11時前だぞ?」就業中の私を突然襲った空腹。そのあまりの空きっぷりに私はデスクに突っ伏した。「どうして、こんなに腹がへるんだ?」朝ごはんはし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:夜と太陽 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:726字
変死体の報を受けて、私は日の出とともに現場へと向かった。到着するやいなや、被害者の様子を確認する。「こりゃぁ、ひどい」横たわった男性の全身を覆うやけど。それが被 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻(イビツバナ)@エブリスタ・ストリエ お題:ひねくれた軽犯罪 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:443字
僕は夜に小をもよおしたら、必ず行く場所がある。ーーそれは、隣の家の花壇。その花壇には、特に珍しくもないモッコウバラが植えられている。僕は周りに人気がないのを確認 〈続きを読む〉