お題:きちんとしたぬるぬる 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:1033字

雑草料理
「え、雑草を料理したい?」
 うん、梅平ゆみみはうなずいた。
「ゆみみの好きなね、岩下くんが、雑草が好きなんだって!」
 わたしは一瞬悩んだ。
 岩下という男については知らないが、彼の言う「雑草が好き」は十中八九食べる方ではないだろう。
「わかった、何とかやってみよう」
「ホント? やったー!」
 ゆみみは飛び跳ねて喜んだ。今大学一年生のゆみみだが、二浪しているのでもうすぐ21歳のはずだ。成人済みの女性がすべきムーブではないし、かなりイラッときた。
 そのイラッとくる感じが、わたしが「雑草を料理してみせよう」と思い立った原因でもある。
 岩下某に罪はないが、せいぜい雑草を食わされてゆみみのヤバさをわかるがいい。
「じゃあ、とりあえず雑草を集めようか」
「うん!」
 わたしはゆみみと庭に降りた。
 梅平家の庭は広い。この大きな家で、ゆみみは蝶よ花よと育てられ、今のイタイイタイ性格になったようだ。
 わたしとゆみみの付き合いは去年からで、その時は家庭教師と生徒の関係だった。今は既に彼女を教える職からは解き放たれ、友人関係と言えるが、ゆみみはわたしのことを先生と呼んでいる。
「先生、雑草ってこれかな?」
 ゆみみは鉢植えを持ってきた。ゆみみの母親が育てている花だろうことは明白だ。
「いやいや、庭に直接生えてるの、いっぱいあるじゃん」
 え? とゆみみは首をかしげる。このお嬢さんの世間知らずぶりはわざとやっているのではないか、と思うほどだし、多分大学でも思われているのだろうが、友人関係とは言え先生と呼ばれている手前、わたしは指導しなくてはいけない気持ちになって、ゆみみの足元に生えた草を引っこ抜いた。
「こういうやつよ」
「これって、土じゃないの? 土に雑草って生えてるの?」
 大学一年生のセリフだとすると、文部科学省の役人が全員泣きながらJKリフレに貧困調査へ行くぐらいに混乱させるものであるが、安心してほしい、こいつは平均未満の青点女だ。
「土じゃないの、植物よ。こういうのを抜いていきましょう」
 そうは言っても土に触るのを嫌がるゆみみにそんな作業はできないので、わたしがほぼほぼやった。ただの庭の草むしりになった感はあるが、ここからが本当の地獄である。
 集めた雑草の束をバケツの中に入れてすり潰していくと、何だかぬるぬるした液体ができてきた。
「これを鍋で煮て、食べさせるといいよ。きっちりぬるぬるになったし」
 うん、とゆみみは微笑んだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:団長 お題:きちんとしたぬるぬる 制限時間:30分 読者:222 人 文字数:920字
手にまとわりつく感触は冷たくもない暖かくもない。「物好きだな」 彼の声が煙とともに吐き出された。紫煙は当てもなく、ひどく不安そうに天井へと向かっていく。私に向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:きちんとしたぬるぬる 必須要素:輪ゴム 制限時間:30分 読者:292 人 文字数:454字
ようやく手に入れた。 ケチなお母さんからもらえる少ないおこづかいを1ミルも使わないでためて、 1サイクルかかってようやく買えた。 ぼくはこの日をずっと楽しみにし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺と帝王 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1144字
そいつはディフォルメされたコウモリのような見た目をしていた。身長は50センチ程か、キャラクターグッズとして発売されていたら、女子中学生が目を輝かせて「かわいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢いガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1043字
「これ見てくれよ……」 サワダはそう言って自分の右手の甲を指し示す。毛だらけの手の甲には、ぽつぽつと何か針で突かれたような傷跡がいくつもあった。「どうしたんだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:未来の信仰 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1082字
「未来の世界ではすべての宗教は消滅しているだろう」 とある学者が発表したこの言説は、消滅を言い渡された宗教界から激しい反発を受けることになる。「そういうところが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦いぬるぬる 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1256字
男の子の出す白いアレを、わたしは飲んでみたいと思っていた。 その話をすると、訳知り顔でユリはこう言った。「あんなの美味しいもんじゃないわよ。苦くてさ、蕁麻疹も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命の家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1165字
「わたし、家事がトクイなんですよねー」 彼女はにこやかにそう言った。 なるほど、それは褒められるべき能力なのだろう。しかし、それをアピールする場面は今ではない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:メジャーな本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1377字
「この本はとてもメジャーな本なんですよ」 そう言って後輩が持ってきた本は、聞いたことのないタイトルだった。「『星屑の物語』……。作者は、……誰?」「知らないんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:きちんとした星 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1143字
「先生、きちんとした星が描きたいんだけど……」 自由帳を持ってそんなことを言ってきたのは、この1年2組の中でも物静かな外村くんだった。この子が自分から話しかけて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える宇宙 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1213字
アリサは三好くんのことが好きらしい。 よりにもよって三好くんかよ、と思わなくもないわたしは、とりあえず理由を聞いてみた。「顔。あと、背が高い。運動神経もいいし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉