お題:彼女と雑草 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1332字

イタイイタイ二人と雑草魂
「ねぇ、岩下くんって何が好きなのかな?」
 ゆみみの問いにわたしは「え? わたしに聞いてんの?」とつい聞き返してしまった。
「そうだよ。ねぇ、岩下くんって何が好きなのかな?」
 肯定即繰り返し。どんだけ自分のことばっかり考えてんだよこいつは、とわたしは苛立った。
 梅平ゆみみは、そういう女だった。ゆみみというのはニックネームでもなんでもなく、本名、紛れもなく戸籍や学生証に記載されている名前だ。
 正直、脳みそのかなりの部分がお花畑でできているんだろうな、と思わせる名前だ。そして、梅平ゆみみはその通りの性格をしている。
 これを「かわいい!」という男もいる。男と女は、正直別の生き物ではないかと思うぐらいの見解の隔たりだ。確かに見てくれはいいが、中身は目に痛い極彩色の花が咲き乱れていて、とてもじゃないが「かわいい」なんてものからは程遠いように思う。
「ねぇ、何かな? 何が好きだと思う?」
 知らねーよ、と言いたくなる。そして、実際に知らない。
 岩下くんというのは、うちの学部にいる野球バカのことだ。坊主頭で、何か金属の棒をかつて振り回していたらしい。今も野球好きらしいが、別に体育会の野球部に入っているわけでもなく、ただただ「どこそこのチームは監督の采配が悪い」とか「どこそこのチームはコーチが無能で若手が育たない」、挙句「あんなんでプロなんだったら俺の方が上手い」などとほざく始末だ。
 自称「俺は甲子園にも行った高校球児」とのことだが、それがウソだということはとっくにバレている。そういうイタイイタイなのであったな野球バカが、岩下くんである。
 ゆみみはどうやら、この岩下くんが好きらしい。イタイイタイ同士でお似合いであるが、何故にわたしを間に挟むのか。わたしはアレか、緩衝剤か何かなのか。互いのイタイイタイなのである棘が刺さらないようにするための。
「お願い、岩下くんに聞いてみて! ゆみみから直接じゃ……きゃっ」
 何が「きゃっ」だ。こっちは「ぐへー」と言いたいのに。
 そう思いつつも、付き合いのいいわたしはちゃんと調べてやった。岩下と直接話すのは正直面倒くさいので、周りのヤツに聞いた。もっとも、岩下にはまともに友達がいないのでそれも苦労したが。
「わかったよ、岩下くんの好み」
「本当?」
 ここで「ありがとう」の一言もないのが、ゆみみという女である。
「『雑草魂』だって」
 ゆみみはきょとんとした。
「え、何それ?」
「『雑草魂』。ちょっと前の野球選手のモットーっていうか人生哲学? みたいなやつ」
 ちょっと前、といったがあの選手はまだ引退してなかったかもしれない、と思い直したが、野球の「や」の字もわからないゆみみに説明してもしょうがないだろう。
「ゆみみよくわかんないけど、そっか、雑草か……」
 数日後、ゆみみと岩下くんがデートしたという話を聞いた。
 それから後、岩下くんはしばらく大学に来なかった。入院していたらしい。
 原因はまさか、と思ってゆみみに問いただすと、彼女は「そうだよ」と不思議そうにうなずいた。
「雑草が好きみたいだからね、ゆみみ雑草でスープを作ってご馳走したんだ」
 お腹イタイイイタイになったんだろうな。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ざ冷凍わ お題:彼女と雑草 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:1049字
僕の彼女は草むしりが好きらしい。前に一度どうして草むしりなんかが好きなのか聞いたことがある。「世界の真理に近づいた気がするのよ」と彼女はその時答えた。「よくわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:彼女と雑草 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:720字
「ハハコグサ美味しい! ハハコグサ美味しいよぉ!」文字通り道草を食ってる女子高生と遭遇したのは六月の半ば、肌にまとわりつくような湿気が煩わしいことこの上ない季節 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女と雑草 必須要素:イケメン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:863字
「あなたはいつも嘘をつくのね」 恋人からそう言われた竹地シンジは押し黙った。 彼らはちょうど京都を旅行中で、散歩がてらに風雅な土産物屋を物色しているところで、シ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かたい民話 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1160字
「第二次××市・町おこし計画?」 手渡された資料の表紙を見て、塚田は顔をしかめた。 またやるのかよ、と呟き、自分の机の上にその紙束を放り投げた。 塚田は××市の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲの小説合宿 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1177字
「リザードマンが持ち込みを?」 王国で第三位の規模を誇る出版社、ゲッテルベルク出版の下にやってきたコートの男、その素顔はまごうことなきリザードマンであった。「は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:安全な計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1061字
「リンゴが3個載ったカゴが5つ並んでいます。リンゴは全部で何個ありますか?」「……どうしたの、急に」 いきなり小学二年生レベルの計算問題を繰り出す真倉エミリに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3212字 評価:4人
先輩はひどく非合理な人間だ、と僕は思う。「ねえ?」 テーブルを差し挟んで向かいに座る先輩は、だらっと身体を突っ伏したまま僕に話しかけてきた。 僕は返事せずに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アブノーマルな螺旋 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1092字
誰にも言っていない秘密がある。 わたしのおへその上には、ねじがついているのだ。 ねじは突き出ていて、完全に中には収まっていない。ぴょこんとねじの頭、半ドーム状 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ワイルドな足 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1052字
改造人間専門の研究所「キマイラファクトリー」を訪れたのは、陸上選手を名乗る青年だった。「足の筋を事故で切ってしまった。日常生活に支障はないものの、もう陸上はで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:団地妻の豪雪 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1152字
訪問販売なんて業態が、何故今も残っているのだろうか。 俺はそんな疑問を自分の職業に対して抱えていた。 今は大抵の家のインターホンにもカメラがついていて、相手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:緑の囚人 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1378字
森の中に、その人はいた。 茂みの中に隠れるように伏せていたので、最初はわからなかった。 「おい」と声をかけてきて立ち上がった時は、何か大きな野生動物のように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:素朴な女祭り! 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1238字
田中は童貞なのだが、周りの人間をバカにしている。 「女と寝てみたい」と言いながら、他のそれができた人間を下に見ようとしているのだ。「そういうのよくないぜ」 田 〈続きを読む〉