お題:彼女と雑草 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1332字

イタイイタイ二人と雑草魂
「ねぇ、岩下くんって何が好きなのかな?」
 ゆみみの問いにわたしは「え? わたしに聞いてんの?」とつい聞き返してしまった。
「そうだよ。ねぇ、岩下くんって何が好きなのかな?」
 肯定即繰り返し。どんだけ自分のことばっかり考えてんだよこいつは、とわたしは苛立った。
 梅平ゆみみは、そういう女だった。ゆみみというのはニックネームでもなんでもなく、本名、紛れもなく戸籍や学生証に記載されている名前だ。
 正直、脳みそのかなりの部分がお花畑でできているんだろうな、と思わせる名前だ。そして、梅平ゆみみはその通りの性格をしている。
 これを「かわいい!」という男もいる。男と女は、正直別の生き物ではないかと思うぐらいの見解の隔たりだ。確かに見てくれはいいが、中身は目に痛い極彩色の花が咲き乱れていて、とてもじゃないが「かわいい」なんてものからは程遠いように思う。
「ねぇ、何かな? 何が好きだと思う?」
 知らねーよ、と言いたくなる。そして、実際に知らない。
 岩下くんというのは、うちの学部にいる野球バカのことだ。坊主頭で、何か金属の棒をかつて振り回していたらしい。今も野球好きらしいが、別に体育会の野球部に入っているわけでもなく、ただただ「どこそこのチームは監督の采配が悪い」とか「どこそこのチームはコーチが無能で若手が育たない」、挙句「あんなんでプロなんだったら俺の方が上手い」などとほざく始末だ。
 自称「俺は甲子園にも行った高校球児」とのことだが、それがウソだということはとっくにバレている。そういうイタイイタイなのであったな野球バカが、岩下くんである。
 ゆみみはどうやら、この岩下くんが好きらしい。イタイイタイ同士でお似合いであるが、何故にわたしを間に挟むのか。わたしはアレか、緩衝剤か何かなのか。互いのイタイイタイなのである棘が刺さらないようにするための。
「お願い、岩下くんに聞いてみて! ゆみみから直接じゃ……きゃっ」
 何が「きゃっ」だ。こっちは「ぐへー」と言いたいのに。
 そう思いつつも、付き合いのいいわたしはちゃんと調べてやった。岩下と直接話すのは正直面倒くさいので、周りのヤツに聞いた。もっとも、岩下にはまともに友達がいないのでそれも苦労したが。
「わかったよ、岩下くんの好み」
「本当?」
 ここで「ありがとう」の一言もないのが、ゆみみという女である。
「『雑草魂』だって」
 ゆみみはきょとんとした。
「え、何それ?」
「『雑草魂』。ちょっと前の野球選手のモットーっていうか人生哲学? みたいなやつ」
 ちょっと前、といったがあの選手はまだ引退してなかったかもしれない、と思い直したが、野球の「や」の字もわからないゆみみに説明してもしょうがないだろう。
「ゆみみよくわかんないけど、そっか、雑草か……」
 数日後、ゆみみと岩下くんがデートしたという話を聞いた。
 それから後、岩下くんはしばらく大学に来なかった。入院していたらしい。
 原因はまさか、と思ってゆみみに問いただすと、彼女は「そうだよ」と不思議そうにうなずいた。
「雑草が好きみたいだからね、ゆみみ雑草でスープを作ってご馳走したんだ」
 お腹イタイイイタイになったんだろうな。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ざ冷凍わ お題:彼女と雑草 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:1049字
僕の彼女は草むしりが好きらしい。前に一度どうして草むしりなんかが好きなのか聞いたことがある。「世界の真理に近づいた気がするのよ」と彼女はその時答えた。「よくわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:彼女と雑草 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:720字
「ハハコグサ美味しい! ハハコグサ美味しいよぉ!」文字通り道草を食ってる女子高生と遭遇したのは六月の半ば、肌にまとわりつくような湿気が煩わしいことこの上ない季節 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女と雑草 必須要素:イケメン 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:863字
「あなたはいつも嘘をつくのね」 恋人からそう言われた竹地シンジは押し黙った。 彼らはちょうど京都を旅行中で、散歩がてらに風雅な土産物屋を物色しているところで、シ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:腐った排泄 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:704字
山本『暗い部屋が怖い。狭い場所が怖い。高いところが怖い。締め切った場所が怖い。自分が怖い』--- この夜目が覚めるのは何度目だろう。次目覚めるのは朝、家族の起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺と帝王 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1144字
そいつはディフォルメされたコウモリのような見た目をしていた。身長は50センチ程か、キャラクターグッズとして発売されていたら、女子中学生が目を輝かせて「かわいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢いガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1043字
「これ見てくれよ……」 サワダはそう言って自分の右手の甲を指し示す。毛だらけの手の甲には、ぽつぽつと何か針で突かれたような傷跡がいくつもあった。「どうしたんだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:未来の信仰 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1082字
「未来の世界ではすべての宗教は消滅しているだろう」 とある学者が発表したこの言説は、消滅を言い渡された宗教界から激しい反発を受けることになる。「そういうところが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦いぬるぬる 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1256字
男の子の出す白いアレを、わたしは飲んでみたいと思っていた。 その話をすると、訳知り顔でユリはこう言った。「あんなの美味しいもんじゃないわよ。苦くてさ、蕁麻疹も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命の家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1165字
「わたし、家事がトクイなんですよねー」 彼女はにこやかにそう言った。 なるほど、それは褒められるべき能力なのだろう。しかし、それをアピールする場面は今ではない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:メジャーな本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1377字
「この本はとてもメジャーな本なんですよ」 そう言って後輩が持ってきた本は、聞いたことのないタイトルだった。「『星屑の物語』……。作者は、……誰?」「知らないんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:きちんとした星 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1143字
「先生、きちんとした星が描きたいんだけど……」 自由帳を持ってそんなことを言ってきたのは、この1年2組の中でも物静かな外村くんだった。この子が自分から話しかけて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える宇宙 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1213字
アリサは三好くんのことが好きらしい。 よりにもよって三好くんかよ、と思わなくもないわたしは、とりあえず理由を聞いてみた。「顔。あと、背が高い。運動神経もいいし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉