お題:100の踊り 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1215字

役に立つ踊り
「いや、いらないだろそんなヤツ!」
 戦士タルトスは声を荒げる。
 ここは迷宮の街ファーフィ。タルトスはこの街のダンジョンを攻略し、名を上げようとする冒険者の一人だった。
 幼馴染で治癒士の心得を持つセファ、ファーフィの街で知り合った探索士のディルと三人でパーティを組み、日夜ダンジョンを踏破しようと悪戦苦闘を繰り広げている。
 そんな中、ディルが「新しいメンバーを入れよう」と言い出した。
 迷宮探索は第三層まで進んだものの、それより先は三人で探索するには厳しい様子だった。状況を打破するために追加メンバーを募るのは、ダンジョンを探索する冒険者としては一般的な対応である。
 そうして連れてきたのが、ミオナという小柄な少女だった。
 やせっぽちで幼く見える彼女の職業を聞いて、タルトスは冒頭の叫びを上げたわけである。
「何だよ、踊り子って!? ダンスが何の役に立つんだよ!?」
 ミオナは困ったようにディルの顔を見上げる。
「役に立つんだよ」
 ディルはいたって冷静な口調で応じた。
「ミオナはセルファナ流暗黒舞踏という流派で修業をしてたんだ。その踊りは、戦いの中で色々な効果を及ぼすんだよ」
 にわかには信じがたい、とタルトスは頭を振った。
「それなら、素直に魔道士を雇った方がよくない?」
 ここまで静観していたセファが口を挟む。
「いや、魔道士にはできないようなことができるんだって」
 なあ、と言われてミオナはやっぱり困ったような顔でうなずいた。どうやら困り顔がミオナの普通の表情らしい。 
「えっと、わたしは、その、100個くらいの踊りを覚えてまして……」
 100? とタルトスは難しい顔をした。数だけ聞けばすごいが、こういう売り込みをかけてくる時は、大抵の冒険者が話しを持っていると知っているからである。
「その中には傷を癒したり、毒を浄化したりするのもあって……」
「傷を治すのも解毒もわたしができるけど」
 その専門職であるセファが鼻を鳴らす。
「えと、だったら、魔物を寄せ付けないとか、一番近い階段を探すとか……」
「それはディルができるよ」
 ミオナは「えー」とディルを見上げる。ディルは少し渋い表情になった。
「じゃ、じゃあ魔物を倒したり……」
「戦士がいるしなあ。ねえ、タルトス」
 おう、と力こぶを作ってみせる。
「俺をそのダンスで倒したりとかできねえんだろ?」
「ま、まあ……そうですね……。1対1だと厳しいです……」
 はん、とタルトスは肩をすくめる。
「話になんないじゃねえか。何が魔道士にはできないこともできる、だよ?」
「まあまあ、そう言わずに……。ミオナ、他にも特技があるだろう?」
「いや、ないですけど……。踊りしかないですけど……」
 その踊りだよ、とディルはうながし、一つミオナに踊ってもらうことになった。
 その踊りは確かに見事であったが、かわいいだけだたのでおかえりいただいた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:100の踊り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:240字
「ヒャッハー!!」 モヒカンの男がハリセンを掲げ高らかに笑う。 数年前、世界は、悪の組織、モヒカンズに征服されてしまった。 そして、モヒカンズのボス、モヒカンヘ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:腐った排泄 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:704字
山本『暗い部屋が怖い。狭い場所が怖い。高いところが怖い。締め切った場所が怖い。自分が怖い』--- この夜目が覚めるのは何度目だろう。次目覚めるのは朝、家族の起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺と帝王 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1144字
そいつはディフォルメされたコウモリのような見た目をしていた。身長は50センチ程か、キャラクターグッズとして発売されていたら、女子中学生が目を輝かせて「かわいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢いガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1043字
「これ見てくれよ……」 サワダはそう言って自分の右手の甲を指し示す。毛だらけの手の甲には、ぽつぽつと何か針で突かれたような傷跡がいくつもあった。「どうしたんだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:未来の信仰 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1082字
「未来の世界ではすべての宗教は消滅しているだろう」 とある学者が発表したこの言説は、消滅を言い渡された宗教界から激しい反発を受けることになる。「そういうところが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦いぬるぬる 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1256字
男の子の出す白いアレを、わたしは飲んでみたいと思っていた。 その話をすると、訳知り顔でユリはこう言った。「あんなの美味しいもんじゃないわよ。苦くてさ、蕁麻疹も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命の家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1165字
「わたし、家事がトクイなんですよねー」 彼女はにこやかにそう言った。 なるほど、それは褒められるべき能力なのだろう。しかし、それをアピールする場面は今ではない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:メジャーな本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1377字
「この本はとてもメジャーな本なんですよ」 そう言って後輩が持ってきた本は、聞いたことのないタイトルだった。「『星屑の物語』……。作者は、……誰?」「知らないんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:きちんとした星 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1143字
「先生、きちんとした星が描きたいんだけど……」 自由帳を持ってそんなことを言ってきたのは、この1年2組の中でも物静かな外村くんだった。この子が自分から話しかけて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える宇宙 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1213字
アリサは三好くんのことが好きらしい。 よりにもよって三好くんかよ、と思わなくもないわたしは、とりあえず理由を聞いてみた。「顔。あと、背が高い。運動神経もいいし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉