お題:オレだよオレ、怒り 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1190字

義憤
「もしもし、オレなんだが……」
 詐欺か、と思うような電話だったが、わたしは何故かそのまま電話を切れなかった。
 その日は何だか寂しい夜だった。校舎裏の情景が頭にこびりついて離れなかったからかもしれない。
「ねえ、誰なの?」
「オレだよ。オレの名前を君は忘れてしまっているけれど」
「忘れてしまっている?」
「そうだよ。昔はきっと知っていたはずの名前だよ」
「名乗ってくれれば思い出せるかもしれないのに」
 それはできない、と「オレ」は言った。
「思い出してくれないと、もう意味がなくなってしまう。他の多くの人と同じように、君はオレを忘れてしまったまま大人になる」
「そうして大人になったらどうなるの?」
「普段はヘラヘラしているくせに、SNSでゲームの運営や政治家や有名人にクソリプを飛ばすような大人になってしまう」
 具体的かつとても俗っぽいことを「オレ」は言った。
「何も知らないのに、『仕事しろ』とか『お前なんて最低だ』とか、もっとひどいことも、向こうに人間がいることも忘れて振り回してしまうんだ」
 地獄だな、とわたしは思った。
 そして、その地獄はSNSの上だけじゃない、正に今日の校舎裏で繰り広げられていたのだ。
 暗い。鈍い。そのくせわたし達に逆らった。気持ち悪い。何様のつもり。どういう考え。お前なんていらない。いらないんだ。
 アカウントや電子空間というクッションもなく、ただただ目についてしまったという理由で、人間性を排除されなくてはならない。
「そういうことに対して、君はどう思う?」
「……おかしいよ」
「じゃあ、もうすぐオレの名前も思い出せるだろう」
 電話は来た時と同じように唐突に切れた。発信元は、わたしの番号からだった。

 今日もまた、校舎裏で地獄が始まる。
 壁際に追い詰められ、なじられる。小突き回されながら、財布を取り出させ、中身を全部奪い去る。
「シケてんねえ。これで稼いだら?」
 スマホを取り上げ、出会い系に登録させる。写真を送れば、血に飢えたピラニアのような男どもがすぐに食いついてくるだろう。
「……なあ、もう止めね?」
 わたしの一言に、壁際にいたあいつも、それを取り巻いていたトモダチたちも、一斉にこちらを向いた。全員が意外そうな目でこちらを見ていた。
「止めね、って……こいつ許してやんの?」
「許すも何も、何もしてねーじゃん、こいつ」
「でも昨日、あんたもやってたじゃん。今更いい子ちゃん気どんの? 空気読めてなくない?」
「元は言えばさ」
 わたしは「いい子ちゃん」などと言い出したサオリをにらんだ。
「あんたが授業中にスマホいじってんのがよくないんだろ? だから、没収もされるし、恥もかかされる。サオリ、あんたのけじめのなさだろうが」
 サオリは怯んだようだった。
 そこでわたしは、あの「オレ」のなをおもいだしたn
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mint お題:去年の唇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
埃っぽい棚周りを小型の箒で一通り叩いてから扉を開いた。去年にここを一時離れてからまともに掃除の一つもしてなかったので、古臭いカビの香りが辺りに舞う。咳を一つし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:緒方あきら お題:打算的な天使 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:905字
いるはずのない人を探すのです。 選ばれた特別な人を探すのです。 そうして私たちは迎え入れていきます。 天使として。 悪魔として。 神として。 奴隷として。 い 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かたい民話 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1160字
「第二次××市・町おこし計画?」 手渡された資料の表紙を見て、塚田は顔をしかめた。 またやるのかよ、と呟き、自分の机の上にその紙束を放り投げた。 塚田は××市の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲの小説合宿 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1177字
「リザードマンが持ち込みを?」 王国で第三位の規模を誇る出版社、ゲッテルベルク出版の下にやってきたコートの男、その素顔はまごうことなきリザードマンであった。「は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:安全な計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1061字
「リンゴが3個載ったカゴが5つ並んでいます。リンゴは全部で何個ありますか?」「……どうしたの、急に」 いきなり小学二年生レベルの計算問題を繰り出す真倉エミリに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3212字 評価:4人
先輩はひどく非合理な人間だ、と僕は思う。「ねえ?」 テーブルを差し挟んで向かいに座る先輩は、だらっと身体を突っ伏したまま僕に話しかけてきた。 僕は返事せずに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アブノーマルな螺旋 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1092字
誰にも言っていない秘密がある。 わたしのおへその上には、ねじがついているのだ。 ねじは突き出ていて、完全に中には収まっていない。ぴょこんとねじの頭、半ドーム状 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ワイルドな足 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1052字
改造人間専門の研究所「キマイラファクトリー」を訪れたのは、陸上選手を名乗る青年だった。「足の筋を事故で切ってしまった。日常生活に支障はないものの、もう陸上はで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:団地妻の豪雪 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1152字
訪問販売なんて業態が、何故今も残っているのだろうか。 俺はそんな疑問を自分の職業に対して抱えていた。 今は大抵の家のインターホンにもカメラがついていて、相手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:緑の囚人 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1378字
森の中に、その人はいた。 茂みの中に隠れるように伏せていたので、最初はわからなかった。 「おい」と声をかけてきて立ち上がった時は、何か大きな野生動物のように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:素朴な女祭り! 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1238字
田中は童貞なのだが、周りの人間をバカにしている。 「女と寝てみたい」と言いながら、他のそれができた人間を下に見ようとしているのだ。「そういうのよくないぜ」 田 〈続きを読む〉