お題:オレだよオレ、怒り 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1190字

義憤
「もしもし、オレなんだが……」
 詐欺か、と思うような電話だったが、わたしは何故かそのまま電話を切れなかった。
 その日は何だか寂しい夜だった。校舎裏の情景が頭にこびりついて離れなかったからかもしれない。
「ねえ、誰なの?」
「オレだよ。オレの名前を君は忘れてしまっているけれど」
「忘れてしまっている?」
「そうだよ。昔はきっと知っていたはずの名前だよ」
「名乗ってくれれば思い出せるかもしれないのに」
 それはできない、と「オレ」は言った。
「思い出してくれないと、もう意味がなくなってしまう。他の多くの人と同じように、君はオレを忘れてしまったまま大人になる」
「そうして大人になったらどうなるの?」
「普段はヘラヘラしているくせに、SNSでゲームの運営や政治家や有名人にクソリプを飛ばすような大人になってしまう」
 具体的かつとても俗っぽいことを「オレ」は言った。
「何も知らないのに、『仕事しろ』とか『お前なんて最低だ』とか、もっとひどいことも、向こうに人間がいることも忘れて振り回してしまうんだ」
 地獄だな、とわたしは思った。
 そして、その地獄はSNSの上だけじゃない、正に今日の校舎裏で繰り広げられていたのだ。
 暗い。鈍い。そのくせわたし達に逆らった。気持ち悪い。何様のつもり。どういう考え。お前なんていらない。いらないんだ。
 アカウントや電子空間というクッションもなく、ただただ目についてしまったという理由で、人間性を排除されなくてはならない。
「そういうことに対して、君はどう思う?」
「……おかしいよ」
「じゃあ、もうすぐオレの名前も思い出せるだろう」
 電話は来た時と同じように唐突に切れた。発信元は、わたしの番号からだった。

 今日もまた、校舎裏で地獄が始まる。
 壁際に追い詰められ、なじられる。小突き回されながら、財布を取り出させ、中身を全部奪い去る。
「シケてんねえ。これで稼いだら?」
 スマホを取り上げ、出会い系に登録させる。写真を送れば、血に飢えたピラニアのような男どもがすぐに食いついてくるだろう。
「……なあ、もう止めね?」
 わたしの一言に、壁際にいたあいつも、それを取り巻いていたトモダチたちも、一斉にこちらを向いた。全員が意外そうな目でこちらを見ていた。
「止めね、って……こいつ許してやんの?」
「許すも何も、何もしてねーじゃん、こいつ」
「でも昨日、あんたもやってたじゃん。今更いい子ちゃん気どんの? 空気読めてなくない?」
「元は言えばさ」
 わたしは「いい子ちゃん」などと言い出したサオリをにらんだ。
「あんたが授業中にスマホいじってんのがよくないんだろ? だから、没収もされるし、恥もかかされる。サオリ、あんたのけじめのなさだろうが」
 サオリは怯んだようだった。
 そこでわたしは、あの「オレ」のなをおもいだしたn
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚い男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:436字
「今、幕が上がる。」そう、君が呟いた。次の瞬間、目の前には薄汚い男たちが一斉に中央の塔に向かって走る。わけが分からないまま、その光景を眺める。薄汚い男たちは、汗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:孤独な笑い声 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:941字
声が聞こえてきた。小さな子どもの声だ。鳴いている。いや、泣いている。いや、哭いている。雑踏の中で掻き消えそうな。でも確かにその叫びは祈りはひしひしと私に突き刺さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:イギリス式の花 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:860字
美化委員会が学園の手腕を握るのはおそらくイギリス仕様にした学園のデザインによるもの。 文化祭でいったことのある妹の学校はドラマや、アニメなどに出てくるよくある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な冬 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:311字
世間は大掃除も終えて、後はいよいよ新年を待つだけとなった。しかし、その青年は夜も更けているというのに、未だ何かをやり残したような顔でいる。「もう年が明けちゃうよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した列車 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:482字
俺の彼女だった愛佳は、電車が好きだった。いつも一緒にデートプランを考えていたが、最後は決まって夕方であるこの時間でこの丘を通過する電車を見ることになっていた。俺 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:彼女が愛したパイロット 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:685字
目の前で改札に吸い込まれていく磁気定期券を見て、昨日もこの後ろを通ったと思う。目の前の後頭部、黒いショートカットの後ろ側、見覚えがある背中だった。磁気定期券が吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ダイナミックな団欒 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:502字
段々と陽が沈んでいく。秋なら、私たち女性陣は眩しくて仕方なかっただろうけれど、年も明け春の気配が迫った今日は、もう日差しは席までは届いては来ない。 意外そうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日食べた孤島 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
おなかが空いていたからと言って、あれはなかった。絶対、腹を下すってと誰かが止めていたらこうはならなかった。今朝は下痢を繰り返し、どんより不調だ。「おまえ、昨日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:未熟なぐりぐり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:465字
「子どもの時の自分に会いたくない?」いきなり幼馴染の優実から聞かれた。「ええー?」正直どうでもいいよクソが、と思いながら愛想笑いしてみせる。そうしたら信じられな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
三度は無く ※未完
作者:朱根標 お題:来年の土地 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:453字
今年もまた、移動の季節が来た。俄かに家々が慌ただしくなり、道々が簡素になっていく。今年という表現には些か語弊ががあるかもしれない。その部族に一年365日がきっち 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な想い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1185字
高山くんの告白を、アキコは断ったらしい。 高山くんと言えば、クラス一のイケメンと言うわけではないが、まあ三番ぐらいには入る。別に暗いとかそういうわけでもないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今度のブランド品 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1375字
「あいつ絶対、パパ活とかエンコーやってるわ」 木村がそう断言するのは、必修の科目が同じ太田という女子のことだった。「見たかよ、あいつの財布? あんなもん大学生が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:意外!それは諦め 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1313字
「恋に悩める君に、絶対に告白に失敗しない方法を教えてあげるわ」 いきなり目の前に現れたお姉さんは、そんなことを言い出した。 この人は恋の女神らしい。なるほど、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:調和した野球 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:800字
バンディッツは追い込まれていた。 オールスター前のスミドロンズとの首位攻防戦、9回裏ワンナウト満塁、犠牲フライでもサヨナラの場面。前半戦をどうしても首位ターン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の食堂 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1072字
わたしの勤める会社の周辺には、「食堂」を冠する飲食店が3つある。 「食堂・五郎八」は和食を中心にした昔ながらの食堂で、おじさんが多い。 「元気食堂」は自然食を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夏の妻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3616字 評価:0人
うだるような暑さの中、ユウコが彼氏であるタツオの家を訪ねると、玄関の鍵が開いていた。 いるのかな、と思って「来たよー」と言いながら戸を開けると、知らない女が奥 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:走る撃沈 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1162字
「僕とつきあ……」「無理ですごめんなさい」 みなまで言わせぬ無慈悲なお断り。あまりのことに傍で見ていて吹きそうになった。 断って三田さんが去った後、俺は茂みから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:女同士のわずらい 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:901字
はぁ? ふざけんなよ。 Twitterの投稿を見て、ユウコはベッドの上で頬を引きつらせる。 カナのやつ、デートってどういうことだ? 「映画館デートなう。電源オ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:弱い空想 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1226字
「俺の空想ロボの無限ミサイル! ズドドドーン、はいお前の死亡ー」 ケントくんの空想ロボの反則的なミサイルが、僕の空想を焼き尽くしていく。「弱ッ! 小倉の空想、ザ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:官能的な娘 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:957字
「性的魅力をもっとアピールするアイドルグループを作ればいいと思うんですよ」 国民的アイドルグループの企画会議で、突拍子もないことを言い出したのは、映像作家のステ 〈続きを読む〉